2013年09月30日

進撃の巨人 最終回 #25「壁 -ストヘス区急襲(3)-」

DVD付き 進撃の巨人(12)限定版 (講談社キャラクターズA) [コミック] / 諫山 創 (著); 講談社 (刊)
DVD付き 進撃の巨人(12)限定版 (講談社キャラクターズA) [コミック] / 諫山 創 ...

エンドカード笑った(WWW

トリックギミックや世界観へのツッコミし放題のスカスカ作品だけど、
「アニメ版はマンガ版よりは見やすい」って事は言える作品だな。

マンガは自宅にカミサンが買ってきた全巻あるけど、絵が汚いのと、コマを使っての場面転換構成とかが稚拙すぎて読む気がしない。編集者って講談社にはいないの?

進撃の巨人(1) (少年マガジンKC) [コミック] / 諫山 創 (著); 講談社 (刊)

ラストカットで「壁ってのは実は・・・」って言いたいのかもしれないけど、相手の攻撃対象部位が頭部近くなら、攻防の機能からすると壁より落とし穴や塹壕の方が有効だからそもそも矛盾。

だいたい火薬があるなら項や延髄どうのじゃなくて榴散弾で丸ごと挽肉にしちまえよ。刀で切れる程度の強度の体なら再生どうのとか意味ない位、粉々になる。

火薬と壁の関係といえばオスマン帝国メフメト2世のコンスタンティノーブル攻略がリアル史実では外せない。ローマ帝国が滅亡したこの戦いで、壁を作っても火薬(と大砲)があれば壊せるって事が証明されたので、城壁で街を守るってのは現代ではされてない。



だから「火薬」をOKにしちゃった段階でもう設定が破たんしちゃうんだよなー。

D&Dみたいに火薬のない(もしくはまだ発明されてない)世界なら魔法含めてどんな戦いになるか試行再現できると思う。作者は一度やってみては?デジタルのミスタラじゃないTRPGの方。



アニメ観てて気になったのは街が綺麗すぎるんだよなー。
壁で囲まれた町の間は物資の移動が馬位でしか可能じゃないのに、外は巨人がウヨウヨって世界観なんでしょ?
壁の真ん中が関東平野位の広さって設定だそうだけど、衣食住が事足りすぎ。特に建築資材ありすぎ。自動車も鉄道もないのに物流と情報伝達なめてる。馬だって草がないと生きてられないぜ?
作り話にしろ、ロジスティクスってものを考えてないから無理が大きすぎる。
スペースコロニーも結局、消費を行うからには循環だけでなんて回りっこない。
貧富の差こそあれ外部から取り入れるのが太陽光だけじゃ地球規模でも中の人間を養いきれないわけだし。

壁だのがあって外に広がれないんだったら、建物って自然と高層化せざるを得ないんじゃね?
で、高い建物立てれば、外の巨人がなにやってるか、見えるんじゃね?とか(苦笑

だから建物は長持ちする石材で作ってるのは解るが、殆どの建築物は古びてボロボロになってないとおかしい。石切り場が地下にあるとかにしてもね。

地下といえば、巨人は日光がないと動けないだのって話なら、
壁じゃなくて地下都市が発達するんじゃねえの?

とか、後付け設定自体が逆に矛盾を呼ぶって悪循環繰り返してる。

作者が「これでどうかな?」って相談して、世の中に公開してしまう前に
「それって、こういうツッコミ入るよ」って言ってくれる人とか居ないのが解る。

=講談社の社員は編集って仕事をしていない。

あと今回みた巨人の格闘技だけど、同等のサイズのものと戦う機会自体が少ないのなら、その技術や知識って限りなく特殊な事態にならない限り「無駄」じゃね?
あと相手にダメージを与えたいならヤワな建築物にぶつけるんじゃなくて、裏に突きぬける事がない地面にたたきつけるのが有効だと思う。リアルのストリートファイトとかで使うと非常に危ない技術だけど。

とまあツッコミ所満載の作品なんだけど、ヒットを何故したかって解析。

ダークファンタジー需要はハガレンとかみても一定層にあるって背景と、



何も考えて作ってない雰囲気だけなのに深読みしたがる知ったかヲタクの流布のせいで流行ったエヴァみたいに「謎っぽい要素」ってのがウケたんだろうな。ちゃんとした答えのある伏線的な謎じゃない大風呂敷なのに。



まあ穴だらけ、矛盾だたけのスカスカだからオッサンが納得して読めるマンガじゃないんだけど、どんな時代にも子供はいるし、中二病のフィクションへの需要が存在する。

その点、つくづく俺はマンガやアニメ、ゲームが新しいことをやってて、新しい刺激に溢れてた時代に生まれ育って幸せだったと思う。

SFアニメだけでもマジンガーZ、ゲッター、ヤマト、999、ガンダム、ボトムズ、マクロス、エヴァってリアルタイムで視聴してこれたのはラッキーだし、マイコンでの自作からファミコンを経てスマホに至るゲームの発達を体感してきた。毎週連載されて進行する北斗の拳がない学生時代とか、俺には想像つかんわ。



作品からこの作者がエヴァ世代なのは解る。
「逃げちゃダメだ」なダメ主人公とか、暴走して相手を食事とかの構図とかモロ。

さて、アニメが終わるけど、今後コンテンツを失速させない為に必要なのは「再放送」だと思う。
人は飽きるのも忘れるのも速いからねえ。

ヤマト、ガンダム、エヴァすべてをリアルタイムで通ってきた俺だが
それぞれ初回放送の視聴率は散々でも、再放送でヒットしたという共通点がある。





結局、フリークエンシーを失った途端に失速は必須。
しかも連載してる原作近くまでアニメのストーリーは進んじまってるんだから、
セリフが暗記される位まで散々流し続けた方がいいと思う。

進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [Blu-ray] / 梶裕貴, 石川由依, 井上麻里奈, 谷山紀章, 神谷浩史 (出演); 荒木哲郎 (監督)
進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [Blu-ra...

posted by wolf_howling at 01:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近の記事