2014年12月29日

タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密

タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密 3D&2Dスーパーセット [Blu-ray]
タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密 3D&2Dスーパーセット [Blu-ray]

出だしから似顔絵って事にして原作の絵を出すとかやってて同一人物だって風な演出をわざわざしてるけど、自分たちで無理がある、コレジャナイって思ってる証拠だろと。不気味の谷に落ちてるし。

タンタンの冒険 -デジタルリマスター版- 【なぞのユニコーン号 レッド・ラッカムの宝】 [DVD]
タンタンの冒険 -デジタルリマスター版- 【なぞのユニコーン号 レッド・ラッカムの宝】 [DVD]

恐竜や大猿と違って、スティーヴン・スピルバーグやピーター・ジャクソンはCGでできる表現のリアルの意味を勘違いしてるな。

ジュラシック・パーク アルティメット・トリロジー  [Blu-ray]
ジュラシック・パーク アルティメット・トリロジー [Blu-ray]

キング・コング [Blu-ray]
キング・コング [Blu-ray]

ポーラー・エクスプレスの動きのつまらなさはトム・ハンクスがオーバー演技しかできない大根役者ってだけじゃないだろうに。

ポーラー・エクスプレス [Blu-ray]
ポーラー・エクスプレス [Blu-ray]

実写のクロマキーやブルースクリーン合成よろしくモーションキャプチャーやってみましたってだけだろ。
荒牧伸志作品が中身スカスカなのにいまだにCGでやってますって事だけが売りみたいなザマと同じで。

アップルシード アルファ【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アップルシード アルファ【完全生産限定版】 [Blu-ray]

別に見てる側は今更CGである事とかモーションキャプチャーなんて撮影の都合はどうでもいい。
「映像」じゃなくて「映画」が面白いかどうかだけだ。

ジェームズ・キャメロンはCGが使いたいのではなくてコストや表現の面で必要だから使うわけだし、
イノベーターとして成功してるのと3Dがヒットしたから俺もみたいな連連中とは根本が違うんだなと。

アバター エクステンデッド・エディション [Blu-ray]
アバター エクステンデッド・エディション [Blu-ray]

これは製作費を135億かけて374億の収益は大コケっていう興収ではないが、他の作品に比べれば利益率が低いから2作目とか3作目だの最初は言ってたのも立ち消えになったんだろうな。

加えて映画は別に3Dじゃなくていいって事でもあるだろう。
ユニバーサルはロバート・ゼメキスのベオウルフがコケたのと、ゼメキスとスピルバーグ製作のモンスター・ハウスがやはり製作費ばっかかかって利益率が低かったのとで出資を降りて、バカなSONYが代わりに出資ってのでも映画の創り方や収益についての感覚が違うって判る。

モンスター・ハウス [DVD]
モンスター・ハウス [DVD]

ベオウルフ/呪われし勇者 ディレクターズ・カット版 [Blu-ray]
ベオウルフ/呪われし勇者 ディレクターズ・カット版 [Blu-ray]

確かに原作のバンドデシネは子供の読み物としては高品質なストーリーだけど、PJが絡めば指輪物語もホビットもバトルものにされちまうの見れば解るように、

ホビット 決戦のゆくえ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]
ホビット 決戦のゆくえ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]

なんていうかハリウッドムービーは原作というストーリー面がネタギレの一方で、グローバルにビジネスしようとしても戦争キチガイのギャング国家って実情はプロパガンダで誤魔化しが効かなくなってきてる限界に加えて、アメ公のセンスが世界の中では浮いてきてて通用しなくなってきてる感じがする。

切れ者の子供とダメな大人ってのは毛唐の子供には面白くおもえるアリガチ構図だけど、日本だと子供はひくんじゃないかな?

チョーさんの演技はパーフェクトだけど。

俺は日本のマンガもアニメもゲームもなんかもう面白くなくなってきてるので、ガキの頃の「まんがのくに」からの延長でカートゥーンだのみて、20年以上ほどアメコミ眺めてるけど、異文化の違う価値観を楽しんでる感じだし(おかげで連中の家族関係やボーイスカウトあるあるとかもこうなのねとか解るようになってきた)。

でもジョン・ウィリアムズのフルオケ楽曲も古臭さばかりが匂うなーとも。
過去の実績は認めるけど流石に数十年進歩も変わりもないのはどうかと。

ジョン・ウィリアムズ・グレイテスト・ヒッツ 1969-1999
ジョン・ウィリアムズ・グレイテスト・ヒッツ 1969-1999

この作品がダメなのは古臭いアメ公好みのジェットコースタームービー的なアクションをずーーーっとやってる事。緩急がないから延々と主人公たちのピンチのシーンが続いても飽きて入ってこない。大体、上映時間の尺があるかぎり、どうせ主人公は死なないし。スピルバーグやゼメキスの映画って特にそう。
しかも、別に闘ったり宝の争奪戦やってても個々人の利得絡みでの争いに過ぎないから誰が勝とうと死のうと他人事で全く感情移入できない。毛唐ってあれだけ個人主義なのにこういうのには感情移入できるのかね?

で、このアメ公のハリウッドムービーリズムがバンドデシネの坦々としたリズムを殺してる。

そういえば、原作のTINTINはフランス読みはタンタンでいいんだけど、
英語版で聴くと「ティンティン」連呼してるよ(苦笑

>誰も言わないからハッキリ言うけど『タンタンの冒険』は『チンチンの冒険』が正解だからね
http://rocketnews24.com/2011/11/10/150629/

タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密 ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密 ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

posted by wolf_howling at 02:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近の記事