2015年01月25日

ハピネスチャージプリキュア!第49回「愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス!」(最終回)

映画ハピネスチャージプリキュア!人形の国のバレリーナ DVD特装版
映画ハピネスチャージプリキュア!人形の国のバレリーナ DVD特装版

世界各国にプリキュアチームが存在する世界観ってのはもっと生かせる面白いアイディアだと思ったけど、神様ネタってだけで最初から嫌な予感しかしなかったんだよな。

軽めの御気楽キャラたちでのチーム開始。

影を持ったシリアス寄り仲間編入。

お姉さんキャラ参入と離脱。

は良いとしよう。

でも女性脚本家なせいか三角四角を超えた五角関係までに至る恋愛ドロドロでホントに興味失せた。

エントリ起こすどころかツイートしてたのは子安武人の無駄無駄+ボーボボ・・・もといオレスキーの出演回位で、今回のシリーズは後半は特に殆どみなかった。

ラストの盛り上がりっていうかオチは今回含めて読めたし、三幹部の決着を如何つけるかなと思ったら、
何重ものボス敵のせいでなんかあっさり・・・
と思ったら、最終回だけ観て良かったわ!!!(エントリかいてる丁度このリアルタイム!)




たくさんの人と「出会って」「繋がって」「ハッピー」・・・キュアプリンセスの数年後が心配です・・・SNSとか近づかない方が良い(W

でもねー、ラストバトルも結局なんかなあ・・・

こないだTogetterで見かけたのだが

>ハピネスチャージプリキュア 〜愛の全肯定が業として描かれたヒーロー
http://togetter.com/li/772039#c1755606




>エロス(エロース)…エッチな意味ではなく、「誰か特定の人に向けた愛」の意。
>アガペー…全人類に平等に向けられる愛。


これみて俺もこうつぶやかざるを得なかった。




シリーズ全部は観てないけど、プリキュアのラスト分類は

初期の「悪を殲滅」

映画ふたりはプリキュア MaxHeart [Blu-ray]
映画ふたりはプリキュア MaxHeart [Blu-ray]

プリキュア5自体は幹部たちの扱いは違うが、フレッシュプリキュア以降一番多いのが「改心、浄化で相手が善に」

Yes!プリキュア5 GoGo! Blu-ray BOX Vol.2 (完全初回生産限定)
Yes!プリキュア5 GoGo! Blu-ray BOX Vol.2 (完全初回生産限定)

まあこの辺は高木渉演じるブンビーと、キュアパッションの存在がターニングポイントだと思う。

フレッシュプリキュア!【16】(最終巻) [DVD]
フレッシュプリキュア!【16】(最終巻) [DVD]

スマプリ、ドキプリもここに分類できるかなと。

そしてややトリッキーな「和解(?)」の3通りじゃないかと。

特にスイートプリキュアは「悪堕ち→浄化」に加えて、何かしらの悪の種が尽きないっていう今回のラストでも問われてた問題について、まあ伏線諸々からはオッサン的には想像もついたんだけど、そう来たかって締め方だった。

スイートプリキュア♪ 【DVD】 Vol.16
スイートプリキュア♪ 【DVD】 Vol.16

そんな分類だが話がスケールアップするインフレが過ぎるとハートキャッチどころかハートブレイクショットでボス敵ねじ伏せてんぞ!って違和感ラストや今期みたいに「愛」の連呼になっちまうんだろうなーと。

【Amazon.co.jp限定】改訂版 馬越嘉彦 東映アニメーションワークス  イラストカード付き
【Amazon.co.jp限定】改訂版 馬越嘉彦 東映アニメーションワークス イラストカード付き

世界の定義をそれぞれどう線引きしてるのかはまちまちにせよ、宇宙や星々ってスケールを取り入れてる作品ほどインフレになりがち。
で「最強の」無限シルエット、「無敵」のフォーエバーラブリーってフォームチェンジした上に、仲間たちがラストバトルで空気に・・・これどうなんだろね。
愛を押し売りしつつも仲間との協力での勝利って感じが全く無いんだけど…

「ふたりは」とかって名称からしてコンビ技系のあるカップルプリキュアは友情ゴリ押しの証だけど、
何故かピンク&水色コンビだと最初は親友ネタなのにラストでまた水色傍観かよ!って(苦笑

エクセレントモデル ハートキャッチプリキュア! キュアマリン
エクセレントモデル ハートキャッチプリキュア! キュアマリン

まー敵にNTRれて中途から空気化した「強い絆」の「幼なじみ」青ほど気の毒ではないか(W

ドキドキ!プリキュア S.H.Figuarts キュアダイヤモンド
ドキドキ!プリキュア S.H.Figuarts キュアダイヤモンド

10年これだけ試行錯誤してのヒット鉄板は

「センターピンクは天然ドジっ子だけど仲間思いなサーバントリーダーでイザという時はキメる絶大な力を隠し持つ」

「コンビ技でなく全員協力技でトドメ」(メンバーが増えるので親友ネタは破たんしがち)

「頭脳派メンバーとしての生徒会長は吉」(しっかりもの、お姉さんキャラなどで天然センターと差別化。ボケとツッコミでバランス)

「ボーイッシュ枠オレンジは女子には不人気だってばよ(泣)」

「お嬢様、お姫様メンバーは金持ちネタもパターンで後半は明らかに空気化、もてあまし状態になるので微妙」

「闇キュアは大友は喜ぶが、女の子たちにとっては話が複雑になるので乱発は微妙」

「コミカルリリーフの悪の三幹部の浄化と、諸悪根源のボス敵が消える事でのカタルシス」

ってのがヒットパターンかな。
こういうキー押さえとけば今回みたいなシリーズよりは俺でも上手くシナリオ書いてシリーズ構成出来ると思う。

というか10年もやってれば、そろそろプリキュアに変身できる!って思ってた女の子の中にもママになってる方も要るだろうからそういうニーズ含めて俺ならママキュア出すがな。
親子で協力バトル!「ギャバン、一緒に戦おう!」っていう千葉真一ボイサーノリとか熱い!
(ババキュアのキュアフラワーはいたが)

ぷちきゃら!シリーズ ハートキャッチプリキュア! 【11.キュアフラワー(B):コッペ様付き】(単品)
ぷちきゃら!シリーズ ハートキャッチプリキュア! 【11.キュアフラワー(B):コッペ様付き】(単品)

お!代交代がラストに!シリーズだからできる事とはいえ、ライダーや戦隊レッドと同じ東映ノリだけど、あざといマーケ含めこういうファンサービス的な気遣いは重要。

ところでディズニープリンセスのヒット影響でのアイディアからの次作ネーミングなんだろうけど、

えが うごく! ディズニープリンセス しあわせの おはなし (ディズニー幼児絵本(書籍))
えが うごく! ディズニープリンセス しあわせの おはなし (ディズニー幼児絵本(書籍))

キュアプリンセスの居ないプリンセスプリキュアで良いのか???
わがまま自由奔放キャラってのも最後まで微妙に生かせずラストバトルを傍観するお姫様ではあったが・・・
キャラネーミングや起用が勇み足だった?
というかちょびっと成長してシリーズ跨いでゲスト出演とかって新要素はどうだろう?
(俺個人としては水色系は煩いので嫌いだけど改善案)

ハピネスチャージプリキュア! クリアファイル キュアプリンセス
ハピネスチャージプリキュア! クリアファイル キュアプリンセス

Go! プリンセスプリキュア キューティーフィギュア 3個入 BOX (食玩・ガム)
Go! プリンセスプリキュア キューティーフィギュア 3個入 BOX (食玩・ガム)

posted by wolf_howling at 10:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近の記事