2015年05月20日

水木しげるの世界幻獣事典(1994)

水木しげるの世界幻獣事典
水木しげるの世界幻獣事典

ズゥーやフォービなど、絵の多くは小学館入門百科シリーズの世界妖怪大百科の絵に色を付けた再録。

水木しげる 世界の妖怪大百科
水木しげる 世界の妖怪大百科

だけど掲載されているのは古事記の八岐大蛇や聖書に出てくるレビヤタン(リバイアサン)などの神話レベルから、

古事記 (岩波文庫)
古事記 (岩波文庫)

ドレの旧約聖書
ドレの旧約聖書

鼻行類やアントライオンのような意図的なパロディフィクションまでが収録されている。

鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活 (平凡社ライブラリー)
鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活 (平凡社ライブラリー)

なので統一感も無く相当な寄せ集めの雑さを感じる。流石、アサヒ(苦笑)

しかも、ポルキュスをヨナ書の大魚だって書いてあるけど、あれに名前なんてあったか?とおもったが、

>ポルキュス/水木しげる妖怪映像原画集・妖鬼化(ムジャラ) | 水木しげるの妖怪画を驚異の映像化! 妖怪動画サイト:妖鬼化(ムジャラ)
http://sg-tv.jp/items/m_item.phtml?item_id=1760&item_detail_id=3380

>【カテゴリー】 アジア


・・・ってザマで、アマヒコ(天彦)をカタカナを読み違えてアマビ「エ」にしちゃうがごとく例によって学術文献とかと同等に扱っちゃいけないテキトーさが、シゲさんと周囲の人達(苦笑)

水木しげる 妖怪フィギュア 大百怪 怪帰録 5、アマビエ(彩色版)単品
水木しげる 妖怪フィギュア 大百怪 怪帰録 5、アマビエ(彩色版)単品

でも、河童の項目に

「抜いた尻子玉は税金として竜王に納めるともいわれる。」


って表記を見て笑わせてもらった(W

例えば「雷がヘソを取りにくる」ってのは多分に雷雨が降る時は寒冷前線が通過して急激な気温低下が起きるので腹を冷やさないようにという意味での言い聞かせの意味だろうと思う。

河童の場合は溺死体の肛門が開ききっている現象とか、便所で長々と用をたしていると、厠の下に潜んでいて性犯罪を行うものなどへの注意喚起の為に尻子玉も考案されたものだと俺は考えている。

ただ、雷や河童はそれらを入手した後、どうしてるの?何に使ってるの?って用途は誰からも説明されないじゃん?

でも俺の場合、幼児時代にとある絵本で雷が集めたヘソ(エスカルゴ状態になってた)を鍋で調理してたので「ヘソは雷の食用なのか?!」と子供心におもった事があった。

一方で尻子玉については数十年も用途不明で来たのだが、河童の租税だったんだね(W
アホノミクスみたいに増税されると尻子玉抜かれる犠牲者が増えるんだろうなあ。
まあ竜王は人間と同等にバカじゃないだろうけど。

とはいえ・・・竜王は尻子玉を集めて・・・何に使うんだ!?という新たな謎が誕生(WWW

まーこういうユルさがシゲさんの味だな。


にしても、カイチやルフ、クエレプレだのが出てくるから1995年発売の女神転生デビルサマナーの種本の一つだったんだろうなあと

真・女神転生デビルサマナー アトラスベストコレクション
真・女神転生デビルサマナー アトラスベストコレクション

posted by wolf_howling at 02:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近の記事