2015年06月18日

ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン 第9話「ワン・ミニット・ビフォア・ザ・タヌキ Part.1」

ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1
ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1

再生:345,649
コメント:23,006
マイリスト:1,986

アニメ カテゴリ前日総合順位:26位(過去最高:2位)


斎藤千和の「Take this!」が発音良すぎて逆にそうは聴き取れない(w
格ゲーとかの声っぽいつもりなんだろうけど。
紙芝居箇所も本来は昔のアクションゲームとかを意識させたかったりもあるんじゃないのかねえ?

1話目の時に「インフェルノコップ知らねえの?」とか無理な擁護してた狂信者も居たけど、



元々、忍殺にバカフラのお笑い要素とかイラネエから!
リアル低予算を誤魔化す方便にしては陳腐すぎる。
逆に今だとドット画で滑らかなモーションとか描ける職人の方が希少種だろうからレトロゲーム風をマジにやろうとするとコストは桁違いになると思う。

短編アニメで尺が短かろうと「オレのバイオ・イアイドは無敵だぜ!」の連呼!これ必須!
ノトーリアスいいよね、馬鹿で(W
なんかサバイバー道場って大将のサワタリからして狂人だから、まだ頭が働いてそうなのってフロッグマンしかいないのによくもまあチームとか・・・って、マトモに回ってないからキョートではあんなになって当然だよな(苦笑)

サワタリに関俊彦キャスティングってコスパ悪いというか、ミスキャストじゃね?
なんかこれだけキャリアがあっても関俊彦って陰鬱キャラの抑えた演技って下手だよね。
いまだにジリオンのJJ時代と変わんない感じが。



関俊彦の守備範囲は結局、朗らかな土井先生かとか、



コミカルなモモタロス、



シュラトの熱血系の畑なんだろうと思う。






やっぱ人間なのでどうしたって向き不向きあるのは仕方ない。

昔、マーメノイドって深夜アニメで島本須美さんが悪の女王様、草尾毅が悪騎士のレギュラーやってて、MAD並に違和感凄くて逆に笑えた位だった。



三石琴乃が昔から「悪役やりたい、やってみたい」って言ってたけど、アイスクイーンとかにしても、そのキャスティングにする必然性が無いんだよねー。他にもっと悪の女王様がピッタリな人はいくらでもいて、逆にセーラームーンはいまだにやっぱり誰も他に代役が効かないだろと。





フォレスト・サワタリは狂気からのオーバーなシリアス緊張感をキープする事で滑稽な領域にまで至るっていうギャグキャラだから、冷静なキャラでもないし、熱血だけのキャラでもない。凄く難しいけどね。
子供が空想で何らかの段差や、床の色とかの境界で「この下は底なし沼ね!」とか「この先は火山の火口だから落ちたら死ぬのね」ってゴッコ遊びをマジにしてる幼稚さからくる滑稽を客観的に伺わせる感じで「ブービートラップに気を付けろ!」「ここは地獄だぜ」とかやってる風だと思うんだわ。

それに対して「何言ってんだこのキチガイ」ってツッコミじゃなくて、「解ったぜ大将!だがオレのバイオ・イアイドは無敵だぜ!」って全く噛みあってない会話にすらなってないコミュニケーションをするノトーリアスとのツーマンセル。

凄く殺伐としてる殺人鬼なのに、戦争ゴッコをしている幼いバカ兄弟みたいなアトモスフィアと、その狂気故の悲哀を感じさせるサイコ―のコンビだったんだなあとあらためて思った。

あとサワタリのデザインなんだけど元技術者ってギャップを、わらいなくはデザイン時に考慮したんだろうけど、バイオパンダ狩りとかして暮らしてる連中のリーダーなのに線が細すぎてヤワすぎる。というか普通にベトコンの小柄なのにタフで、マッチョな米兵ども側を逆にを追いつめて殺すことで恐怖のどん底に叩き落とすという恐怖の対象としてのギャップの方が必要だと思われ。
やっぱデザイン的にもコレジャナイなんだよなあ。

まあアニメに出番あるだけマシか。デッドムーンはマダー?
って低予算紙芝居アニメにカーアクションとかムリだな・・・。

ニンジャスレイヤー デッドムーン ブッダコスモス×ネズミハヤイDIII Tシャツ アナザーカラー サイズ:XS
ニンジャスレイヤー デッドムーン ブッダコスモス×ネズミハヤイDIII Tシャツ アナザーカラー サイズ:XS

posted by wolf_howling at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近の記事