2015年07月19日

ドラゴンボール超 第3話 夢の続きはどこだ!? 超サイヤ人ゴッドを探せ!



なんか1話目で自宅警備員の悟空が働いてる!ってネットを騒がせ、
2話目がベジータ家族サービスって、まーた子供を無視したキング・リュウの脚本って感じだが、
なんか今回はただ単に「神と神」の焼き直しか。



とも思ったが、今回は細かい所が良いな。
娘が笑ってるのを見て嬉しそうなママになった18号とか、
悟飯の結婚式の写真なのに悟空じゃなくて写ってるのがピッコロとか。
(悟飯のピッコロへのリスペクトの高さを脚本家が解ってる証拠)

つーかキャラも勢ぞろいで声優陣が劇場版並に豪華なんだけど、
界王様演じてる時の八奈見乗児さんの声が柔らかすぎて色々心配せずにいれない。83歳でしょ。
ドロンボーコンビの、たてかべ和也さんが80歳で亡くなった後だし。

ドラゴンボール改の時も当然、椅子に座っての収録なんだけど、元気ってきいてたから一応安心したけど。
もうその時点で、たてかべさんは一人で階段を降りられないってきいて、俺すげえショックうけてたからなあ。
そういえばレギュラーの高齢化でドラゴンボール改の台本は分厚かったってきいた。
老眼対応で文字を大きくする必要があったから(W

だってヤムチャの古谷徹が61歳、ベジータの堀川りょうが57歳だぜ!

まあ女性陣の年齢は伏せとこうか。

でも、八奈見さん以外は何十年も前の声と変わらないように聞こえるからホント凄いよね。
(普段話してるときとか、飲んでる時はそれなりに「あー、おじいさんになっとる」って思う時もあるけど)

posted by wolf_howling at 09:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近の記事