2016年02月01日

Go!プリンセスプリキュア 最終回 第50話 はるかなる夢へ!Go!プリンセスプリキュア!

Go!プリンセスプリキュア vol.2 [Blu-ray]
Go!プリンセスプリキュア vol.2 [Blu-ray]

最終回もやっぱりバトルは外せないのか。

だけど「ノーカラテ、ノープリキュア」にしては、光線や防壁だけじゃなくて割と自在な正に魔法っぽい攻守パターンを使うバトルシーンてのはこれまで無かったので良い作画もあって割と見入った。

まあ次の魔法使いへの布石なのかもしれないけど。

「魔法つかいプリキュア!」 アイロン接着ワッペン
「魔法つかいプリキュア!」 アイロン接着ワッペン

オチとしては
「相手が話しても通じないから暴力で決着」っていうハートキャッチプリキュアの酷い結末と違って

ハートキャッチプリキュア!【16】 [DVD]
ハートキャッチプリキュア!【16】 [DVD]

光ある所に影あり。じゃあどうすんの?っていうスイートプリキュアのラストを更に昇華したみたいな形だったな。まあこの方が当然いいだろうねえ。

スイートプリキュア♪ 【DVD】 Vol.16
スイートプリキュア♪ 【DVD】 Vol.16

変身アイテム返却って最終回はウルトラマンタロウを思いだすんだけど

Go! プリンセスプリキュア プリンセスパフューム
Go! プリンセスプリキュア プリンセスパフューム

ウルトラマンタロウ COMPLETE DVD-BOX
ウルトラマンタロウ COMPLETE DVD-BOX

タロウはウルトラマンの力を借りずに人間として敵を倒すってメッセージがあった。
こっちはプリキュアには自力でなるものだし、自分なりのプリンセス道(?)へ進むって感じ。

というかプリンセスプリキュア自体が途中の絶望展開と克服ってアレはサンタの正体じゃないけど、ウルトラマンやプリキュアとして戦ったり光線出したりはしないって子供ながらの自覚と決別みたいな象徴でもあったんじゃないかなあとか。

結構前だけど、ソシャゲでギルドの中にいた娘が冗談かもしれないけど「数年前までプリキュアになれると本気で思ってた」って衝撃のカキコされて、オッサンとしては急に「平日のこんな時間まで夜更かししてないでもう寝た方がいい!明日学校だろ!」って自分が学生の時は5時まで深夜ラジオを聴いて3時間睡眠で学校行く毎日だっただろお前は!って自身のガキの頃をそれはそれ的に別にして心配したりもした(苦笑)
まーメディアが変わっただけで、娯楽に時間をどれだけ如何使うかって事自体は24時間しか無い事だけはどうしようもないのでそんなに変わんないんだろうけど。
(そのゲームは長期に張り付き状態でのイベント参加を運営が推進したせいで時間が無い学生のその子はその後に引退。俺もイベント自体が同じ事の繰り返しでつまんなくなったのでやめた。)

多分に本作は「で。プリンセスって何?石油王の王妃にでもならないと現実では無理だぞ?」って事じゃなくて、自分の「プリンセス道」を探して、時には凹むけどGO!してく物語って構成としてはほぼ完ぺきにこなしたと言えると思う。
(オッサンとしてはプリンセスも王子様もどーでもえーのでそんなには観なかったが、女の子達が楽しんで喜んでればそれでよし)

一番驚いたのが、プリキュアシリーズで2期があったのは流石に進級したり、心理面で成長した様子は描かれてたけど、他のシリーズともクロスオーバーしてる、そして今後もするであろうに、明らかに「外見的にも成長した事を伺わせる描写」があった事!
ただ、これも多分にシリーズのテーマが「成長」だった事から必須な演出であり描写だったのだろうとも思える。

にしても、ラストシーンで子供が「続きはどうなったの?」って母親に聴いてるの見た時は
遂に公式でママキュア来たか!って思ったW(というか、そろそろ公式でもママキュア出していいんじゃね?まーハートキャッチではババキュアがいたけどW)

変身アイテムは返却して、しかも外見が変わるレベルで成長かー。
ネタ切れでディズニープリンセスインスパイアかと思いきや、結構やるなー東映。

でも、また会えるよ!

シリーズ劇場版で!って感じだけどW

映画Go!プリンセスプリキュア Go!Go!!豪華3本立て!!!(Blu-ray特装版)
映画Go!プリンセスプリキュア Go!Go!!豪華3本立て!!!(Blu-ray特装版)

posted by wolf_howling at 01:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近の記事