2016年02月16日

『幸せの1ページ』原題 Nim's Island(2008年アメリカ)

幸せの1ページ [DVD]
幸せの1ページ [DVD]

作業しながらなんとなくテレビつけてたら日テレ映画天国で始まって、ペープサート風の映像が気になったので観始める。
こういう偶然があるのはアナログメディアのメリット。

でも原題はNim's Islandなのに何で日本の映画関係者がつける邦題ってのはセンスの欠片も無ければ、興味喚起にも結び付かないような出来の悪さなんだろと。
まあ優秀な人材は映画関係なんて○○○な方面には当然行かないんだろうなと。

でも「ニムの島」でも何が何やらだろうな。
原作が児童文学なのは動物と女の子がアシカやペリカン、イグアナ達とコミュニケーションとれることから解るけど、引きこもりの女性作家が…って設定で俺が想起したのはロマンシングストーン。

ロマンシング・ストーン 秘宝の谷(テレビ吹替音声収録)HDリマスター版 [DVD]
ロマンシング・ストーン 秘宝の谷(テレビ吹替音声収録)HDリマスター版 [DVD]

でも出だしは良かったんだけど話運びのテンポが子供向けなせいか相当にゆったりな上に、尺は限られてるのに話を盛り込みすぎだと思うんだよなー。
観光による自然環境破壊問題ガーはいいけど、父娘二人にせよ外界から来た人間が住んでモノ食ってクソしてるだけでも十二分に別の菌類とか持ち込んでる事になるだろうにと。
あんまり盛り上がらないので中途からキャプテンプラネットでも出す位で丁度いいんじゃないか?と思うようになった。(苦笑)
「プラネットパワー、コンバイン!キャプテーンプラネット!」{Go!プラネット!」

Captain Planet & Planeteers: Season One [DVD] [Import]
Captain Planet & Planeteers: Season One [DVD] [Import]

それと俺、ジョディ・フォスターが大嫌いでさー。
思わせぶりな予告編だののせいで「コンタクト」を映画館に観に行ってしまって「これが詐欺って奴だな。金と時間かえせ!」ってマジで思った。このクソ映像だけはネタバレしまくって被害者を一人でも減らす。「宇宙探査して宇宙の果ての先に行ってみたら宗教的な天国に繋がってて死んだ親父が居て再会しました。」なんてオチ、SFとして誰が納得するかバーカ!

コンタクト [Blu-ray]
コンタクト [Blu-ray]

これも映像や映画として観ちゃうとダメな類かもしれないなーとも。
CGである程度想像できる範囲ではどんな映像でも創れる時代だからこそ、個々人の自分なりのイメージで物語を描いたものが良いって事も今となっては多いと思うんだよなー。

秘密の島のニム
秘密の島のニム

posted by wolf_howling at 03:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近の記事