2016年05月19日

アイスウィンド・サーガ 2 ドラゴンの宝

アイスウィンド・サーガ 〈2〉 ドラゴンの宝 (〈D&Dスーパーファンタジーシリーズ〉)
アイスウィンド・サーガ 〈2〉 ドラゴンの宝 (〈D&Dスーパーファンタジーシリーズ〉)

2作目の訳者の説明がまた何考えてんだって感じで2004年の書籍なのに前書きで

>「みなさんはスターウォーズを知っていますか?」


だとよ。

何処の誰に向けてる作品なのこれ?

おまけに続く文がおめでてえのが

>「1977年の作品ですから30歳以上の人なら映画館で」


だの書いてあって漢字全部にルビふってある。

30歳以上の児童で映画館にルビふって貰わなきゃ読めない存在って誰なの?
大きなオトモダチですらないよな?

この小説家、翻訳家とか称する風見潤って何者?と思って検索したら・・・

>風見潤 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A2%A8%E8%A6%8B%E6%BD%A4
>風見潤(かざみ じゅん、男性、1951年1月1日 - 生死不明


生死不明 !!!

>菊地秀行は、2015年1月時点で風見が数年前から消息を断って久しいことを言及


消息不明 !!!

こらまたすげえ状態だな。
その生死不明、消息不明の作者の作品をクトゥルフブームだからってクトゥルー・オペラ出版しちゃうとか・・・

クトゥルー・オペラ 邪神降臨 新装版 (クトゥルー・ミュトス・ファイルズ)
クトゥルー・オペラ 邪神降臨 新装版 (クトゥルー・ミュトス・ファイルズ)

「著作権者と連絡が取れないため、著作権料は信託されている」って書いてあってもそれ証明する方法ねえじゃん?!だって著作権者自身が契約してないんだから料率すら決められない筈だろ!
これなんぼ被親告罪だからって営利法人がこんなことやっていいの?

会社概要に経営者も資本金も書いてないような所が出してるのか・・・
ttp://www.soudosha.jp/kaishagaiyo.html

出版業界の闇が深すぎる・・・

とまあ、調べたら随分な事も解ったが、生死は知らないがその人宛にもレビューはさせて頂く。

折角サルバトーレ自身がキャラがつかめてきてるのに、この風見潤てのの文章がまたなあ・・・
ドリッズトの台詞が「あとでね」とか「ありがとうよ」とか妙に中途半端に丁寧。しかもこれ殺戮本能で目に炎を宿しながらとか、戦闘中の台詞なんだぜ!
「あとでな」「ありがとよ」って1文字違うだけでもキャラの言葉遣いで印象はガラッと変わる。
児童書って事で簡易平易な文章文体を心がける事と、文章表現力は全く別物。

児童書といえばわざわざルビふって「あがったり、下(くだ)ったり」って表記があったりしやがる!
「あがったり」の反語は「さがったり」
「くだったり」の反語は「のぼったり」

だろ!

小学校出てんのか?この自称小説家と自称編集者は???

英語の訳し方にしてもなあ。

>「ぼくは走れるぞ」


に対して

>「おれはにげない」


って掛け合いがあるんだが推測するに「run」ってかいてあるんだろうけど「走る」って翻訳は変だろ。
この場合の「run」は「逃げる」って意味の方だろ。
「逃げられるぞ」
「俺は逃げない」

って形じゃないとコミュニケーションとしても言葉としても掛け合いとして成立しないじゃん。
英語力だけじゃなくて、日本語やコミュニケーションについても相当問題あると思う。

1巻のほうだけど、

>「女に名誉がわかってたまるか」


とか言う蛮族ウルフガーに対して、粗野なドワーフ共にそだてられた人間のみなしご少女キャッティ・ブリーが

>「おちんちんがついてなきゃ、名誉を語る資格はないって言うの?」


って台詞も原文どうだかは調べる気もしねえが”日本語で”口の悪い下品な荒くれが使う言葉なら「金玉」でいいだろ。

美少女から「金玉」って言葉が出てくる方がウルフガーも読者も「うへぇ」って思う筈。

・読者ターゲットがしょっぱなから不明瞭
・文章表現は子供をばかにしてるレベルに幼稚
・日本語として子供に読ませるにはどうなの?ってレベルの箇所だらけ

戸田奈津子じゃねえけど、英語がなんとなく解るってのと文章力や才能があって翻訳ができるってのは別。

それとそもそも内容がなー、Amazonでも絵本・児童書カテゴリの書籍で悪党が女攫ってハーレム作ったり、主人公達がやたらと刃物で敵の喉をついて血まみれにしながら殺すのが連綿と続くってのを児童に推奨するわけ?
自称編集者ってただのコンテンツブローカーどもも何も考えてねえっつーか、内容読んでねえだろ!?
ハリポ便乗してターゲット全然違うのでコケて、結果絶版。作者も日本じゃ売れねえなって思うって最悪の出版形態だな。流石は角川。

【初回生産限定】ハリー・ポッター ブルーレイ コンプリートセット [Blu-ray]
【初回生産限定】ハリー・ポッター ブルーレイ コンプリートセット [Blu-ray]

ともあれ1冊目は戦争メインなんだけど、作戦が一人将棋すぎてあまに陳腐。
というか、俺は三国志やナポレオンみたいな史実ベースのフィクション戦記コンテンツ以外では創作の戦略戦術みて「おー!面白!」って思った事ない。

三国志 (新書版) 全60巻 (希望コミックス)
三国志 (新書版) 全60巻 (希望コミックス)

ナポレオン ~覇道進撃~ 10巻 (コミック(YKコミックス))
ナポレオン ~覇道進撃~ 10巻 (コミック(YKコミックス))

自称「戦記」だの「サーガ」だのは所詮、独り相撲のどっちが勝つか決まりきった御都合主義だから、接戦だの妙案だの全く無いし説得力ゼロ。

で、2巻はやっとD&Dらしいバービーグとの戦闘やダンジョン箇所があるんだけど、これもなんか御都合主義すぎてなあ・・・折角なんだから実際にダンジョンMAP作ってプレーヤーにやってもらった展開や作戦アイディアとか採用すりゃあいいのに。まあ自称クリエイターほど、自分の好き勝手にしたがるもんだからなあ。
バービーグがダンジョンからゴミをわざわざ捨てに出したり、キッチンや寝室らしきものがあるのが粗野っぽい巨人族にしては知能が高く、衛生観念があるのに逆に驚いた。
ダンジョン内の戦闘でも御都合すぎて許せなかったのがドリッズトが小麦粉の袋を振り回して部屋の中に粉を飛ばして相手の視界を塞ぐ行動なんだが、なんぼインフラビジョンやダークヴィジョンだがあったとしても、粉じんの前には無意味だろ!=自分自身も目標が見えなくなって当然!しかも同じ部屋でただの蛮族と黒豹も暴れてんだよね?そいつらも何も見えなくなるだろ!!!
あまりに唐突且つ不自然な行動だと怪しんでたら、やはり3巻目の伏線だった。
というか伏線の先側がありきで、それをいきなりやるのがあまりに変だから先にやっておいたってつもりなんだろうけど、どのみち先の方も狂気の沙汰並に何でそんな行動したのかの理由が無さすぎる。
最低の作戦を「してやったり。俺って頭いい」ですか?バーカ!

御都合主義といえば、主人公チートで種族として忌み嫌われているドラウを見ただけで敵が怯むって毎度の展開だったのに、入口近くの奴らを除いて急にバービーグ達はドラウを見ても平然と襲い掛かってきてる描写になってる。種族として理不尽な差別を受ける悲劇の主人公って側は盛ってるのに、戦闘の繰り返しになるとその辺を全く作者が忘れてる辺りがバトルやアクション主体が本来の好みで、センチメンタルな要素は客を釣るために無理してそれらしいこと書いてるのがバレバレ。

チートとして先に書かれていた2部「暗黒竜の冥宮」では何十というトロルの群れ相手にですら殆ど「かすり傷」しか負わなかったドリッズトがある程度というか割とピンチになるので、実際ゲームで提示されたレベルやアビリティは成長後ってつもりなんだろうけど(そっちもAD&D的には随分と「ねーよ!」的なチートなののだが)。

アイスウィンド・サーガ 暗黒竜の冥宮
アイスウィンド・サーガ 暗黒竜の冥宮

そう言えば、1巻の著者前書きをざっと眺めた時に「AD&D」の文字があって、この乱暴さとオリジナル魔法やアイテムのデタラメさにもやや納得した。

サルバトーレは5版のテコ入れでまた新作書いてるみたいだけど、そっちは考証とかちゃんとできてんのかね?テキトーなクリエイティビティを発揮とかしちまうと映画「ダンジョン&ドラゴン」みてえな大参事にだってなりうるし、

ダンジョン&ドラゴン1&2 ツインパック [DVD]
ダンジョン&ドラゴン1&2 ツインパック [DVD]

英語圏のマニア達から「ルール的にねーよ!読み直せ」的な袋叩きにあいかねないとおもうんだけど?良い意味含めてラフだったTSR時代とはもう完全に別物だぞD&Dは。

http://dnd.wizards.com/products/fiction/novels/maestro

Maestro (Homecoming)
Maestro (Homecoming)


posted by wolf_howling at 00:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近の記事