2016年10月21日

DRIFTERS 第3話

DRIFTERS Blu-ray BOX(特装限定生産)
DRIFTERS Blu-ray BOX(特装限定生産)

Web配信で1話2話まとめて観たことと、リピートして観る価値を感じなかったから、今回の放送でOPED初めてみた。予告はどうしてるのかだけは気になったが、現物みて別にこれなら見なくても良かったなと。

これあれだ。
ニンジャスレイヤーと同じで、わざわざ映像化して失速する方のパターンじゃね?

ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン 4 殺 [DVD]
ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン 4 殺 [DVD]

どっちもホント、原作を台無しにする下手くそな二次創作だなーと。

監督が映像はどう魅せるとヒットするかって感覚がズレてる。

オルテ語なんか作っても、初回だけならともかく、ずっとこれやろうっての?バカじゃねえの?
映像を見る側からすれば字幕追うのが煩わしいだけだろ。
副音声や板買った奴の方での差別化ー、俺あたまいいーとでも思ってんのか?
映像を売る商売の感覚だとそうなのかもしれねえが、映像を創る側のセンスとしてはあまりにありえねえだろ。

おかげで原作者がフォローしなきゃいけないとか、ありえねえって!




ツカミで「あーこれめんどくせえーーー!」って思われたら、もう続きは見られないのが普通。
アニメのプロなの?映像で好き勝手やってる芸術家気取りの間違いだろ?

こういうの見ても、視聴率を小手先ネタだけで稼ごうとか以前に作品の品質をマトモにする方が先じゃね?と。




今回見ていちいちイライラしたのは「廃棄物」の「はいきぶつ」って呼び方。

「漂流者」を「ドリフターズ」って呼ぶ形で統一してるんだから、常識や論理思考能力があるのなら、普通は「廃棄物」って呼ばないで「エンズ」側で統一する形で合わせるべきだろ。
「十月機関」も「オクト」だろうし。
監督が日本語や基本的な論理レベルで整合性からして「こりゃあ変だ」って違和感を感じないって話だわな。
センス以前に常識身に着けようや。

しかも1クール程度じゃこれプロモのレベルもたかが知れてるだろ。
本編も関ケ原2回戦目を終わった後はどうするんだろうね?

マンガはあんなに面白いのに、映像側は見ていていちいち不快になる。
大体、豊も信長も声の音程が話し方でいちいち合ってないし、演技力もコレジャナイ。
俺は脳内再生は今後もCV若本規夫だから。

斎賀みつきはいいけど、今後もセリフってどーせほぼ「ゲンジバンザイ」だけだろ(苦笑)

今回、ドリフとエンズの皆さん勢ぞろい状態で声を聴いたが、「あーあの人ね。」とは思ったけど「これはキャラとしてグッとくるな!」って感じは全くなかったなあ…

黒王の楠大典だけは中田譲治っぽくていい(比喩がW)

HELLSING OVA I-V Blu-ray BOX(期間限定生産)
HELLSING OVA I-V Blu-ray BOX(期間限定生産)

posted by wolf_howling at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近の記事