2017年04月15日

新番組 アトム ザ・ビギニング 第一話「鉄腕起動」

解読不能(TVアニメ(アトム ザ・ビギニング)オープニングテーマ)(初回限定盤)
解読不能(TVアニメ(アトム ザ・ビギニング)オープニングテーマ)(初回限定盤)

つまんね。

これ、ロボットを高出力兵器として開発しようってのと、機械に人間の心をってライバル関係の博士が二人ってのは、手塚自身セルフリメイクのジェッターマルスで用事足りてる。

♪時〜は2015年

で既に過去の話だけど。

ジェッターマルス DVD-BOX
ジェッターマルス DVD-BOX

というか、新しい事に挑みもせず、便乗商売や焼き直しをやってる=開発をしてないのなら、未来はないよなー。

そしてセリフ回しから設定からいちいちが古臭いんだよなー。

老害がでばって、新人の作品発表のチャンスを摘み取ってるんだから、未来はないよなー。

ロボットが普及してる社会なら着ぐるみに人間が入る必要なんて、そもそもにしてないし。

AIをただのバズワードにしちまってるザマみても、金集めの企画通すための薄っぺらさだけが・・・。

メカトロとAIってのはシンギュラリティ的に個々に専門性を必要としている事をジェッターマルスの1977年に既に設定表現されてたのに、なんか過去の創作作品に詳しいオタクってだけで、実際の現在の科学研究開発を調査しないクラスタが作品つくってもあまりに薄っぺら過ぎて説得力も何もねえし。

まあその作品の骨子となる知識もリサーチ力もない作家は設定自由なファンタジー作品に逃げてるわけだけど、流石にそっちもこれだけ掃いて捨てる程に溢れかえってるとなると、もういらねえわって話だよなー。

一方でSFは実際の先端科学が高度かつ先鋭化しすぎてるので、IoT開発現場でもなかなか人材いなくて大変なわけだけど、一方で横断的な知識やプロジェクト運営能力のある人間に金出さねえから家電屋は傾くしかねえわけで。

研究開発費の使い道をこの10年間違えた結果が今のザマ。

そもそも他人が既にやってる事なんざどーでもいーんだよ。
テメーが何をしたいかじゃねえの?

マネシタ電気や、二次創作だけでビジネス回る訳ねえ。

[まとめ買い] アトム ザ・ビギニング(ヒーローズコミックス)
[まとめ買い] アトム ザ・ビギニング(ヒーローズコミックス)

posted by wolf_howling at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449046300
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

最近の記事