2017年06月11日

「ウルヴァリン:SAMURAI」

(スチールブック仕様)ウルヴァリン:SAMURAI [Blu-ray]
(スチールブック仕様)ウルヴァリン:SAMURAI [Blu-ray]

ウルヴァリン:X-MEN ZERO+ウルヴァリン:SAMURAI DVDセット(2枚組)(初回生産限定)
ウルヴァリン:X-MEN ZERO+ウルヴァリン:SAMURAI DVDセット(2枚組)(初回生産限定)

過去のX-MENシリーズのハリウッドムービーがやってるアレンジも、原作アメコミ側ではメインメンバーなのを尺の都合で端役扱いにしたり、「ファイナル ディシジョン」みたいな妙な幕引きや行方不明にしたりで尻切れトンボにするって原作崩壊もあるけど、

(スチールブック仕様)X-MEN:ファイナル ディシジョン [Blu-ray]
(スチールブック仕様)X-MEN:ファイナル ディシジョン [Blu-ray]

「ウルヴァリン:SAMURAI」はマシな方かな。

俺は「これアキバというか万世橋側だな」とか解るけど、一方で「日本を舞台にー」だのは別にどうでもいい。っていうのも細かい事言ったら、ロケしての画と時代背景が時系列からするとおかしくなる。原作は82年作品だしねえ。
逆に映画的にはその日本にフォーカスした序盤がやたらかったるい。アクションシーンですら見ててかったるい。人間とミュータント戦ってれば、どっちが勝つかなんて明白すぎる。
バトルシーンで良いのは真田広之が剣を使いだしてからで、その辺は流石なんだけど、原作の方を先に知ってるから真田広之の役柄的には「アレ?」って思う。だけどラストバトルに仕組まれたギミックで割とリカバリされた。

原作側のフグ毒だのの展開も要らないしなあ。そういう安っぽい御涙頂戴でキャラを使い捨てにするのは俺は嫌いなので。

原作知ってた分で「へー、シルバーサムライってこうアレンジしたのか」って思ったから、これはこれでアリかなーと。

マーベル ユニバース 3.75インチ アクションフィギュア コミックパック/ウルヴァリン & シルバー・サムライ(WOLVERINE #2)
マーベル ユニバース 3.75インチ アクションフィギュア コミックパック/ウルヴァリン & シルバー・サムライ(WOLVERINE #2)

逆に「ベイマックス」観て、「なんだよ、サンファイアもシルバーサムライも出てこねえのかよ!」って俺は思う位だけども。

ベイマックス MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ベイマックス MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

ハズブロ マーベルレジェンド 6インチ アクションフィギュア X-MEN ウォーロックシリーズ サンファイア / Hasbro 2017 MARVEL LEGENDS WARLOCK SERIES SUNFIRE【並行輸入版】MCU レジェンズ エックスメン
ハズブロ マーベルレジェンド 6インチ アクションフィギュア X-MEN ウォーロックシリーズ サンファイア / Hasbro 2017 MARVEL LEGENDS WARLOCK SERIES SUNFIRE【並行輸入版】MCU レジェンズ エックスメン

Big Hero 6: Brave New Heroes
Big Hero 6: Brave New Heroes

それとラストが俺的には「まさか!・・・おーーー!」って感じで良かった!
これは「ファースト・ジェネレーション」のあの1カットが活きる!

でもシリーズ観てない人は「???」ってなると思う。ラストだけでなく「途中に度々カットインしてくるこの女の人誰?」って思うだろうし。
だから3部作の最終章である「ファイナル ディシジョン」を観た後に「ファースト・ジェネレーション」を観てから「ウルヴァリン:SAMURAI」観て、

(スチールブック仕様)X-MEN:ファースト・ジェネレーション [Blu-ray]
(スチールブック仕様)X-MEN:ファースト・ジェネレーション [Blu-ray]

その次に「フューチャー&パスト」を観ると上手い事繋げてあるのが良く解る。

X-MEN ブルーレイBOX(4枚組)『X-MEN:フューチャー&パスト』劇場公開記念(初回生産限定) [Blu-ray]
X-MEN ブルーレイBOX(4枚組)『X-MEN:フューチャー&パスト』劇場公開記念(初回生産限定) [Blu-ray]

原作をわざわざ金と人手と時間使って劣化させてる時には猛烈に叩くけど、俺は原理主義者じゃないのでアニメや実写の改変結果がプラスアルファ的に良い場合はそれはそれでアリ。

でないとX-23って元々アニメシリーズ「X-メン エボリューション」のオリジナルキャラで、それで人気があったからアメコミ側にその後に起用されて、遂にはハリウッドムービーの「ローガン」に出てくるまでになった。

コトブキヤ X-23 MARVEL美少女 X-23 1/7スケール PVC塗装済み完成品
コトブキヤ X-23 MARVEL美少女 X-23 1/7スケール PVC塗装済み完成品

MARVELでなくてDCコミック側だけどカートゥーン『バットマン・ザ・アニメイテッド・シリーズ』のオリジナルで創作された脇役ハーレイクインが人気が出て

DCアクションフィギュアバットマンアニメイテッド #11 ハーレイ・クイン(ザ・アニメイテッド・シリーズ版) 6インチ プラスチック製 塗装済みアクションフィギュア
DCアクションフィギュアバットマンアニメイテッド #11 ハーレイ・クイン(ザ・アニメイテッド・シリーズ版) 6インチ プラスチック製 塗装済みアクションフィギュア

コミックでも主役にまでなり、

ハーレイ・クイン:ビッグ・トラブル
ハーレイ・クイン:ビッグ・トラブル

ハリウッドムービーの「スーサイド・スクワッド」では遂にヒロインに。

ムービー・マスターピース スーサイド・スクワッド ハーレイ・クイン 1/6スケール プラスチック製 塗装済み可動フィギュア
ムービー・マスターピース スーサイド・スクワッド ハーレイ・クイン 1/6スケール プラスチック製 塗装済み可動フィギュア

あんたも出世したねえって何十年とアメコミやカートゥーン観てるとシミジミ思ったりもする。


「ウルヴァリン:SAMURAI」の映画封切り同時期にタイアップでマッドハウスが制作してた奴なんて、脚本やシリーズ構成がお粗末すぎる。

ウルヴァリン DVD-BOX(4枚組)
ウルヴァリン DVD-BOX(4枚組)

海外の掲示板でも例によって真っ先にウルヴァリンがスマートでノッポでイケメンすぎるって書かれてたよ。
確かにヒュージャックマンも2000年の1作目X-MENでキャスティング決定直後はそういわれてたけど、外見だのじゃないって意味でヒュージャックマンが演じてるウルヴァリンと違うのは、マッドハウス版のコレジャナイは、台詞とか行動原理とかが「キャラクターとしてコレジャナイ」なんだっての。

エックスメン / アイアンマン / ウルヴァリン マーベル・コミックス3作品 コンプリート DVD-BOX (全36話, 810分) Xメン マッドハウス アニメ [DVD] [Import] [PAL, 再生環境をご確認ください]
エックスメン / アイアンマン / ウルヴァリン マーベル・コミックス3作品 コンプリート DVD-BOX (全36話, 810分) Xメン マッドハウス アニメ [DVD] [Import] [PAL, 再生環境をご確認ください]

アルティメット・スパイダーマンみたいなカートゥーンのゲスト回で子供向けアレンジされててギャグまでやってても「あー、ウルヴァリンってこうゆう奴だよねWWW」って首を縦にふれるのもあるわけで。

アメコミリーフ 『マーベル・ユニバース アルティメット・スパイダーマン vs. シニスター・シックス』 #10 2017.6月
アメコミリーフ 『マーベル・ユニバース アルティメット・スパイダーマン vs. シニスター・シックス』 #10 2017.6月

日本の実写版がコレジャナイ炎上を何故に毎度毎度してしまうのかといえば、やっぱ原作への理解や掘り下げが足りないままでチラシの裏ならともかく、金とる商品として大々的にアウトプットしちまう上にマスゴミに金払ってゴリ押しするから袋叩きになるわけで。

でもまー、これも商用やマスマディア用って事で色々やってる事での不満はあった。
特に翻訳と日本語吹替と。

散々、吹き替え版の作中で「くずり」って言ってるのに

「お前は何なんだ?!」って台詞に
「ウルヴァリンだ!」って答えたら台無しだよなー。

この辺は英語版で見てれば何の問題もないんだろうけど。

シュライヒ ワイルドライフ クズリ フィギュア 14646
シュライヒ ワイルドライフ クズリ フィギュア 14646

まあ「SAYONARA」は本編でもそういってるのだろうって吹き替え版を見ても判る。
忍殺の「サヨナラ!」でなくともW

ニンジャスレイヤー(12) 〜ストレンジャー・ストレンジャー・ザン・フィクション〜 (角川コミックス・エース)
ニンジャスレイヤー(12) 〜ストレンジャー・ストレンジャー・ザン・フィクション〜 (角川コミックス・エース)

そういえば原作情報側を眺めてマリコ・「ヤシダ」ってのは何十年も前から知ってたけどそれを感じで「矢志田真理子」って書くのは、へーそうなんだって感じだった。
けど、じゃあ猶更にマツオ・「ツラヤバ」の方はどうやって漢字書くんだよってWWW

福島リラはDCの「ARROW/アロー」の方でもカタナ (Katana)をやってる位には結構、アクションはそれなりに真田広之との対決シーンでもできてる感じもしたけど、吹替も含めて「演技」って方があんまりにも・・・

スーサイド・スクワッド DCコミックス マルチバース 6インチ アクションフィギュア カタナ / SUICIDE SQUAD 2016 DC COMICS MULTIVERSE 6inch KATANA【並行輸入品】 DCコミックス 映画 スクアッド
スーサイド・スクワッド DCコミックス マルチバース 6インチ アクションフィギュア カタナ / SUICIDE SQUAD 2016 DC COMICS MULTIVERSE 6inch KATANA【並行輸入品】 DCコミックス 映画 スクアッド

同じモデル起用のTAOの方は割と吹替はマシだったようには思えたけど、比較の問題かなー。

アメコミでの日本人設定キャラの扱いは忍殺ネタっぽくて面白い事もあるけど、
真田広之はこれに出演した時に訳者でなく役者なのに「日本はこうじゃないよ!」って英語で説明して修正させてたらしい。
それでもまだこれ位だからなあ。
苦労も大変だけど日本人側が英語で発信して誤解を解いていくしかねえんじゃねえかなー。

クールジャパンなんて金集めしたい奴と政治屋と役人以外は誰も言ってねえし、海外では猶更言われてない。
ローカライズってのは難しいにせよ、相手に譲りすぎて日本の良さの方をダメにしないように注意しながらも、相手の言語だのには合わせてアピールしてくしかねえんだろうなー。

ウルヴァリン:X-MEN ZERO+ウルヴァリン:SAMURAI ブルーレイ版スチール・ブック仕様 [Blu-ray]
ウルヴァリン:X-MEN ZERO+ウルヴァリン:SAMURAI ブルーレイ版スチール・ブック仕様 [Blu-ray]

ウルヴァリン:オールドマン・ローガン (MARVEL)
ウルヴァリン:オールドマン・ローガン (MARVEL)

posted by wolf_howling at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近の記事