2017年10月04日

ビッケと空とぶバイキング船 

ビッケと空とぶバイキング船 (評論社の児童図書館・文学の部屋)
ビッケと空とぶバイキング船 (評論社の児童図書館・文学の部屋)

会話が多いと文字数少なくても行数は増えるからか、ページ数稼いでるんじゃねえの?って位にくどい所もこの巻は多い。

子供向けの平易な書き方にしてるのに、これだけくどくどしい感じがするのは、リフレイン技法というよりも下手くそかよって感じを受ける。


原作とアニメ作中のフラーケ族の比較だが、
原作側で力持ちとされているゴルムの役回りがアニメ版だと大きなファクセがしていた活躍にあたるような気もする。

TINY HUGE LINE 小さなバイキング ビッケ 第1弾 ビッケ/ウローブ/ファクセル (ノンスケールソフトビニール塗装済み完成品)
TINY HUGE LINE 小さなバイキング ビッケ 第1弾 ビッケ/ウローブ/ファクセル (ノンスケールソフトビニール塗装済み完成品)

アニメのゴルムは「かーんげきー!」って口癖のキャラだし。
原作のウルメは敵として出てくる王にたいしてゴマすりな詩を詠んでおだてる事などで活躍したりはしてる。

オーガニック TINY HUGE LINE 小さなバイキング ビッケ 第3弾
オーガニック TINY HUGE LINE 小さなバイキング ビッケ 第3弾

原作のチューレはビッケやハルバルの批判もするけど自分で代案を出せないタイプの人間として描かれているが、アニメ版ではチューレと仲が悪くてケンガばかりしているスノーレの方が滝口順平さんの声でチクチクと嫌味を言ってた印象もあるので、コレもキャラが逆転している感じがある。
原作のスノーレはビッケの親友でピンチを体力側で救ったりもしてる。

TINY HUGE LINE 小さなバイキング ビッケ 第2弾 チッチ/スノーレ/チューレ (ノンスケールソフトビニール塗装済み完成品)
TINY HUGE LINE 小さなバイキング ビッケ 第2弾 チッチ/スノーレ/チューレ (ノンスケールソフトビニール塗装済み完成品)

原作ではブレーデって名前のついてるフラーケ族が出てきてるけど、アニメにはレギュラーキャラでは存在しない。原作側も少なくともこの巻までの間では二言台詞があるあけで、ほぼモブ。

ビッケと空とぶバイキング船 (評論社の児童図書館・文学の部屋)
ビッケと空とぶバイキング船 (評論社の児童図書館・文学の部屋)

posted by wolf_howling at 13:04 | Comment(0) | 児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

最近の記事