2017年10月06日

劇場版 TRIGUN Badlands Rumble

劇場版 TRIGUN Badlands Rumble
劇場版 TRIGUN Badlands Rumble

GYAOで観た。

劇場版 TRIGUN Badlands Rumble[B-ch]-動画[無料]|GYAO!|アニメ
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00066/v13326/v1000000000000028625/

トライガンは真っ白いマンガ版よりもTVアニメ版のが好きで観てたけど、劇場版なんてあったんだ。

ストーリーはチートキャラ活躍ものなのと、全部が御約束展開だけど、それを映像や演出の魅せ方でとても上手く料理してる。

悪党にせよ軽々しく主人公が殺しまくるマンガとアニメが溢れかえった後に来たチートキャラが非殺を通す話って作品で、そういう大甘な主人公の対応にイラつきながら、そういえば観ててこんな感じにイラついたっけなとかも思い出した。

なーのーにー。

新宿歌舞伎町ビデオ店爆破事件を起こしたガキがトライガンを読んでたか観てて文集に台詞をパクって書いてた事から、トライガンのアニメは特に店舗に置かれないとか放送されないみたいな差別をマスゴミのせいでうけたんだよね。メディア側はもう忘れてるだろうけど、俺は覚えてる。

>新宿歌舞伎町ビデオ店爆破事件
http://www.zakzak.co.jp/tsui-sat/tsuiseki/contents/2000_10-03/1216.html

アニメを観たりTVゲームをしてる17歳だからーとか、マスゴミは差別を繰り返し誇張した風説をまきちらしたわけだが、そのアニメもTVゲームも無かった時代の団塊世代の方が少年凶悪犯罪を多数起こしてるのが現実な訳で。

>少年犯罪データベース 少年による殺人統計
http://kangaeru.s59.xrea.com/G-Satujin.htm

何方かと言えば逆に非殺主人公キャラの作品を目にしてたって、読解力がないバカは何れにしろ犯罪やるって証拠だろうに。


キレる17歳だの、暴走老人だのマスゴミは一部だけにフォーカスして煽ってるけど、

暴走老人! (文春文庫)
暴走老人! (文春文庫)

困った老人と上手につきあう方法 (宝島SUGOI文庫)
困った老人と上手につきあう方法 (宝島SUGOI文庫)

週刊東洋経済 2016年3/19号
週刊東洋経済 2016年3/19号

何の事はない、戦前、戦中のロクでもない思想を植え付けられ、マトモな教育もうけてなかった欠陥生物どもが粗暴な振舞をしてるってだけで。
そんな連中に選挙権だの持たせたら衆愚政治に陥るのは必然だよなー。

石原慎太郎 「暴走老人」の遺言
石原慎太郎 「暴走老人」の遺言

年齢如何のじゃなくて、早く死んだ方がいいようなニンゲンモドキか、人間なのかって話だと思う。

トライガンはアクションものなんだけど、所詮マンガでフィクションだからこそ非殺主人公という矛盾もチートで可能としてる誇張選出なわけだし。

しかも暴力を止める目的の為に結局は暴力手段に頼ってる訳だから、暴力は否定してないしねえW

てことで、チート主人公とチート相棒と空気ヒロイン達はお約束な展開なので、どちらかというとゲストキャラの敵とヒロイン側が主人公な物語づくりしてるのがこの映画だし、
しかも御約束展開とはいえ、じゃあその敵の主義主張の「奪うか奪われるかだ」宣言もハナっからブレブレじゃねえかよって思いながら通して俺は観てる感じになってたので。

トライガン自身が非殺でも暴力肯定。主義主張も結局はぶれてる矛盾も、そういうのがヒューマニズムだからーとでも言いたそうだけども、結果論的にとってる行動がブレブレってのは、カッコつけた所で一貫性もない=キャラが立ってないって話だよ。

アニメのアクションとか、初期の単話の物語や演出は嫌いじゃないんだけど、通してのシリーズ構成としてみると、結局はその矛盾した風呂敷を上手くたためてないからスッキリしねえんだよね。

モヤモヤしたり、陰鬱になるのは感動して心に残るのとは全く違うので。

俺ならば「奪う奪うって言ってるお前から、俺はコレをもらってるぞ!」って事で相手を凹ませるみたいな頓智でもなんでもいいからそういうギミックが1つ位は欲しい所。
でないと矛盾とモヤモヤしか残らない。

アクションもののエンタメ観るからにはスカッとしたいのだ。

劇場版トライガン「TRIGUN Badlands Rumble」(BD) [Blu-ray]
劇場版トライガン「TRIGUN Badlands Rumble」(BD) [Blu-ray]

posted by wolf_howling at 01:16 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

最近の記事