2018年08月07日

カムイ伝 豪華愛蔵版(2) 

カムイ伝 全15巻完結セット(ハードカバー) 【コミックセット】
カムイ伝 全15巻完結セット(ハードカバー) 【コミックセット】


豪華愛蔵版では全4巻の分厚い本を読み進める訳だけど、

オチも知ってるし「流石にもういいか」って感じに。

正助達が才気と努力で問題を解決する
 → 武士が手下を使って内輪もめを煽るなどで潰す

の繰り返しばっかりが延々と続くだけだし。

どんなに陰惨な描写を過激にして繰り返そうと「飽きた。」

都度、何らかの新しい要素は加えて変化させてるつもりだろうけど、結局は「パターン」でしかない。

俺が感情移入できるキャラは赤目と夢屋しかいないし。

赤目も彼が助けようとするキャラクターにせよ報われないのは解ってるので、

「どうせ陰惨な最期をむかえるだけだろ、
ばかばかしい」
って流石になる。

アホくささだけがつのる。

協力&暴力で世の中変えようってのなら、早々に横目を潰してしまえばいいだけだろ。
初期のカムイにすら勝てなかったキャラを長らえさせて妨害を繰り返させてるんだから、
敵対してる忍者のカムイも赤目も阿呆って意味で無能ってことになる。

悪役を減らしてしまうと物語がかけあいにならないにせよ、
有能な戦士が害悪になる人間を放置しっぱなしにするわけがない。

色々な意味でのバカと悪賢い奴しか出てこないので、勝負事にみせかけようとしても噛み合わないし。

必ずバカが惨い目にあうのが繰り返されるだけ。

自滅したがりのバカに同情する気は俺にはない。

左卜全の最期も全く何の役にもたってない結果になる活躍にせよ、
アクションシーンらしい盛り上がりと、彼なりの「死に様」の見せ方をみたので、もうこれでいいやと。

で、この作品の左卜全は漁師のクシロと暮らしている間は弓の腕を活かして漁を行いながら「愉快愉快」とか言って暮らしてるんだけど、
「あの人は今」状態の白土三平とダブった。

>ビッグに聞く:第8回 白土三平 狩猟が生活の一部に 「カムイ伝 第三部」は…
https://mantan-web.jp/article/20180424dog00m200049000c.html

というか、もう連載してた初期のこの段でパターン繰り返しだし、もう流石に話が書けないだけだろ。

ビッグコミックでやってた第二部も連載当時に眺めてたけど、同じパターンの繰り返しなので数話読んだだけで読まなくなった。

決定版カムイ伝全集 カムイ伝 第二部 全12巻セット
決定版カムイ伝全集 カムイ伝 第二部 全12巻セット

つーか「そんなにいろんな作品って続編観たいか?」

シェアードワールドとかなら別だけど、大抵が禄でもない事になってるだけだろ。

時代もタイトだし。

むしろサクッとした単作完結の良作の方が、
gdgd連載してラストもわけわかんねえ状態になったり、作者が死んで未完だらけみたいなのとかより遥かににいいだろ。

そういう意味でも連載漫画ってもののメデイアやビジネススタイルがもう時代自体に似つかわしくねえんだよなー。残念ながら。

想い出のアニメライブラリー 第56集忍風カムイ外伝 Blu-ray Vol.1
想い出のアニメライブラリー 第56集忍風カムイ外伝 Blu-ray Vol.1

posted by wolf_howling at 03:48 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

最近の記事