2018年11月24日

「プロレススーパースター列伝」 実名とフィクション

プロレススーパースター列伝 1
プロレススーパースター列伝 1

読んでで、試合の放送をリアルタイムで観てたのが何とも懐かしく思い出す。

とはいえ、この作品は梶原一騎のマンガとしてのフィクションが非常に多い。

なのだが、実在するプロレスラーを題材にしている為にWebも無い時代の子供たちはマスメディアの情報を鵜呑みにして、アンドレが樵だったとかマジで信じていたりもしたのだ。

其の為か、Wikipediaの項目も検証に結構なボリュームをとっていて、「子供だまし」に騙された世代が事実の側に修正をしようという努力の形跡のように思われる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E5%88%97%E4%BC%9D

タイガーマスクについて「正体は佐山サトルでは?」とか作中でやってて、その後の経緯とかを知ってる大人となってからは苦笑いするしかない。

プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】 9
プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】 9

プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】 10
プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】 10

プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】 10
プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】 10

真説・佐山サトル タイガーマスクと呼ばれた男
真説・佐山サトル タイガーマスクと呼ばれた男

本作ではハンセンが「人間発電所」ブルーノ・サンマルチノの首をラリアットで折ったとされているが、
ハンセンがボディスラムを失敗した事でガチの大怪我をさせてしまったのが事実。
でも、失敗で大怪我をさせてしまったハンセンに対して、サンマルチノは良い先輩であり続けていてくれたことにハンセン自身が感謝していることを語っている。

プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】 2
プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】 2

漫画の中にはないがコレに似た事例として、キラーカーンが「アンドレの脚を折った男」として知られていたが、
実際は試合中にアンドレが足を痛めてしまって、機転を利かせたキラー・カーンがアルバトロス殺法を出して合わせた。
入院したアンドレを見舞ったキラーカーンだったが、アンドレは「キラー・カーンが骨折させた設定にしよう!」と自ら提案して、その後の対戦を盛り上げた。

プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】 6
プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】 6

これらの話の方が今となってはドラマチックだが、プロレスにはブックがないと信じていた時代には無理だろうなー。

というか「プロレススーパースター列伝」自体がどういうスタンスでやりたいのかもテキトーでデタラメなのは、キラーカーンは日本でも「蒙古の怪人」って設定だったのに「本名 小澤正志」とか平気て書いちゃってたりするんだよなー。

だから平気でハンセン編では高卒なのに、ブロディ編では大学の同級生とか作中でも滅茶苦茶。

プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】 14
プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】 14

プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】 15
プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】 15

ハンブロの全日での大暴れでファンクスや馬場鶴田が悉くパワーに押されてたのも懐かしいなー。
ジミースヌーカとブロディのタッグの時にハンセンがセコンドで入ってきて後の乱入でのウエスタンラリアートとか、インパクト凄かった。
アナウンサーの「あっ!スタンハンセンです!」って言葉には見ながら「えっ!??」って本当に思ったもんなー。

ファンクスとブッチャー戦は放送で観てたけど、
フォークで刺された複数の穴から血がサーッて流れる映像とか、現代だと放送禁止じゃないの?

プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】 4
プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】 4

キラー・コワルスキーがユーコン・エリックの「耳そぎ事件」とかだけど、これも事故でキラー・コワルスキーはユーコン・エリックを病院に見舞いに行っているし、
http://slam.canoe.com/Slam/Wrestling/Bios/kowalski.html

ユーコン・エリックの自殺も、経済的な問題で離婚した後に、結婚式を行った教会で拳銃自殺したっていうのが本来の経緯らしい。

>Yukon Eric
https://en.wikipedia.org/wiki/Yukon_Eric#Death

まあその事故の御蔭でキラー・コワルスキーはヒールとして有名になれたって事だけは事実だけど。

作中では編メインのレスラーのライバルをマンガとはいえ悪役として描きすぎてる気がするよなー。
ダイナマイト・キッドとか別にヒールじゃないし。(まーベビーフェイスでもないけど。)

爆弾小僧 ダイナマイト・キッド [DVD]
爆弾小僧 ダイナマイト・キッド [DVD]

まー、俺もハリー・レイスの戦い方は嫌いだったし、

ハーリー・レイス自伝 キング・オブ・ザ・リング
ハーリー・レイス自伝 キング・オブ・ザ・リング

反則をしないファイトスタイルもあってマスカラスは好きだった。

プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】 3
プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】 3

そして、実際の作者がなーと。

ブッチャーやハンセンの全日移籍について、新日寄りの描写をしてるけど、その蜜月だった新日にしたって「アントニオ猪木監禁事件」があったり(世界最強の格闘家とふれこみながら、作家に捕まって監禁されちゃうんだーって子供ながらに思った。)

作中にやたら「アントニオ猪木・談」って書いてあるのがネタとして弄られる位にはベッタリだったのにね。

作中ではユセフ・トルコを持ち上げる書き方を作中ではされているが『プロレスを10倍楽しく見る方法』のゴーストライターを恐喝して梶原一騎ともども逮捕されている人物。

プロレスを10倍楽しく見る方法
プロレスを10倍楽しく見る方法『プロレスを10倍楽しく見る方法』

そしてこの作品自体も梶原一騎の講談社社員への傷害事件で逮捕により打切となった。

少年マンガとか言っても書いてる側はそういう人物で、講談社も小学館もそういう人物に作品を依頼してたって事実が残る。

[まとめ買い] プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】
[まとめ買い] プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】

posted by wolf_howling at 04:41 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

最近の記事