2018年12月15日

ゴルゴ13 92巻 「6月3日の死」

ゴルゴ13 (92) (SPコミックス)
ゴルゴ13 (92) (SPコミックス)

eBookJapanの「ゴルゴ13 50周年記念 50日入れ替わり1巻分無料キャンペーン」って何時からやってたの?
https://www.ebookjapan.jp/ebj/10429/

サイトにも「いつから」「いつまで」って肝心なリリース情報が何処にも掲載されてないし。
eBookJapanのTwitterアカウントとかを検索しても出てこない。

紀伊國屋書店Kinoppyには書いてあった。
https://k-kinoppy.jp/leed/golgo_181103/web/

シーモアはちゃんと公開される日と巻が対応したページデザインできてる。
https://www.cmoa.jp/special/?page_id=181103_grg13

>キャンペーン期間 : 11/3(土)00:00〜12/22(土)23:59

もう終わるじゃん!(苦笑

プロモ企画なのに拡散されたくないってことなのかなー。

ゲーム系クラスタのツイートで「ドイツはひとつ」が昨日配信されてた事を知る。

1日限定キャンペーンなので0時過ぎた後にそれを知っても意味なしで読み逃した。

ゴルゴ13(91) (コミックス単行本)
ゴルゴ13(91) (コミックス単行本)

この辺、Twitterがリアルタイム設定してあってもニュースがちゃんと飛んでこないで、一日遅れの朝の挨拶や食事画像が飛んでくる意味なし。
公式Twitterアカウントのプロモも担当の人がどんだけ真面に活用しようとしてるのかとかはあるけど、
そのツイート効果もこうなると疑わしくなってくる。
運営自体が余計な事して改悪してユーザが離れてサービスってのはは役目を終えていくんだろうな。

即時性、速報性のあるニュースはニュースサイトより現場のソース元から参照した方が良かった時代ももう数年前に終わってそう。

挙句がアメリが大統領御用達のフェイクニュースメディアにまで零落してるからな

仕方ないので今日の無料分の92巻を読む。

ゴルゴがフィクションなのは言うまでもないけど、時代背景を映す連載漫画だけあって、時代を経て読む方が逆に面白い気がする。

「東亜共同体」
民主化した中国と、ソ連のパイプラインでの経済圏なんてのは、今現在の資本主義だけを取り入れた共産党独裁の中国と、ロシアの北方領土対応をみると、あまりにありえない、お花畑パラレルワールドかよっていいたくなるわなー。
あの連中相手に約束なんてものは何の意味も持たないからな。まーそれを言ったら、アメリカ、イギリス、フランスだって現在の暴虐ぶりをみれば同類。結局、第二次大戦の戦勝国=国連常任理事国ってのが如何に屑の集まりかって話だわなー。

日本人の知らない国連―常任理事国・PKO・国際機関の真実
日本人の知らない国連―常任理事国・PKO・国際機関の真実

「6月3日の死」
天安門事件とチベット問題についてが主題の作品。
俺はリアルタイムに放送とかを見てた世代だけど。
後輩が学生が集まっているのに戦車に乗った中国軍が緩い対応をしている様子に「御国柄ですね〜」とか呑気な事言ってたんだけど、
その数日後に、人民解放軍と称する軍隊が人民を大量虐殺する様子が報道された。

らんま1/2とかもだけど、当時の平和ボケ日本人の中には中国をユルい人々みたいな舐めた考え持ってる連中が多かったのよ。

S.H.フィギュアーツ らんま1/2 シャンプー 約130mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
S.H.フィギュアーツ らんま1/2 シャンプー 約130mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

実態は自国民を大量虐殺する事も厭わない独裁軍事国家だっての。

トランプって銭ゲバ独裁者は「弾圧する側」思考で大量虐殺を暴動呼ばわりしてやがるんだから、まあアメリカも衆愚政治で、もうオシマイだよな。

>トランプ氏、天安門事件を「暴動」と呼ぶ 米大統領選TV討論会
http://www.afpbb.com/articles/-/3080107

趙紫陽 極秘回想録 天安門事件「大弾圧」の舞台裏!
趙紫陽 極秘回想録 天安門事件「大弾圧」の舞台裏!

「所詮マンガ」なので何処からがフィクションかってのの線引きができる知識が無いととは思うが、近現代史を知りたいってのなら切欠としてもゴルゴは良いと思う。あくまで切欠としてね。司馬史観みたいにフィクション鵜呑みにしてシッタカしないように。

明治維新 司馬史観という過ち
明治維新 司馬史観という過ち

posted by wolf_howling at 04:45 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

最近の記事