2019年01月02日

映画「プリキュアドリームスターズ!」

映画プリキュアドリームスターズ! Blu-ray特装版
映画プリキュアドリームスターズ! Blu-ray特装版

TOKYO MXでなくてテレ朝だったら編集しまくりで映画館専用の演出は一通り摘まんだだろうなー。

毎度のミラクルライト演出ではあるけど、本作は第4の壁突破を相当にくどくやってる。

MXは取れ高というか尺が欲しいって理由で摘ままないで流されてるであろう状態を観てる子供たちは「?」ってなるだろうな。
板買って観たり、動画配信をPCやスマホで観てる子達も同じ状態になるだろ。

ウインド戦略とか東映にはないの?

劇場以外で観る子供の事を考えないディレクション偏向には俺は大反対。

だったらタイトルは「劇場版」ってしておくべきだろ。

ディケイドでアコギな「続きは劇場で!」って番組自体を広告としてた最終回で大炎上して苦情が殺到し、
BPOにも叱られて、テレ朝社長が謝罪する事態まで引き起こしたのから東映って企業は学習してないんじゃねえの?
(東映アニメとは会社別ではあるけど、親会社で大株主なんだから目を光らせておくべきでしょ。)

劇場版仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー
劇場版仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー

折角の映画って事でバジェットとスタッフを使えるって事から、
世界観をクロスオーバーしてるって表現として3DCG映像との切り替えをしてるのは、映像テイストがバラバラで違和感が出るのを誤魔化すアイディアだったとは思う。

3DCGは表現手法の一つに過ぎないのに何故か其方を優れてると勘違いしてる馬鹿が海外含めて多いってのも3D化の大人の事情が覗けるけど、むしろ機械と手間と暇をわざわざかけて製作費かけるのなら、アニメーションの作画ができる技術を持ってる人にちゃんと高給を支払わないとジャパニメーションと呼ばれる技法自体の継承ができなくなっちまわない?

優れた原画マンの中割して技を盗むとか、そういう工程自体も大切な事だったと思うんだけどな。
(東映アニメーションは他社よりマシだろうけど。)

3DCGのカットは多かったけど、
映画用楽曲かけてるOPとEDは本編つまんでのキリバリ編集だよね。

3DCGに工数と人と何より予算かけた結果が覗ける。
映像的にツカミとしてガッカリ、映画の物語の余韻を楽しめずラスト後にまたガッカリ。

大人の事情伺いはこの辺までにして、以降は映像本編のレビュー。

ゲストキャラが狂言回しというか映画版の主人公扱いの物語ってのも、敵キャラ側にドラマを持たせてるケース以外は「プリキュアオールスターズNewStage」シリーズの坂上あゆみからって感じ?

映画プリキュアオールスターズNewStage みらいのともだち
映画プリキュアオールスターズNewStage みらいのともだち

でも、
ただでもキャラが多いからオールスターズをやめてドリームスターズって絞り込みをした理由と論理的に矛盾してるよねー。

映画プリキュアドリームスターズ! Blu-ray特装版
映画プリキュアドリームスターズ! Blu-ray特装版

折角、プリキュア集まってるのにねえ。
話はゲストが持ってく形で、脇に押しやられるためにプリキュア集めてんの?
違うだろ!


結局、オールスター系に戻して興収は上向いて、

「映画 HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」は15年記念のお祭り効果はあっただろうけど、全員をちゃんと声付きで出したら興収は歴代ぶっちぎりだったわけだよね?

映画HUGっと!プリキュアふたりはプリキュア〜オールスターズメモリーズ〜Blu−ray [Blu-ray]
映画HUGっと!プリキュアふたりはプリキュア〜オールスターズメモリーズ〜Blu−ray [Blu-ray]

つまりは
劇場用演出とかゲストキャラや3DCGよりも「何のための長尺映像作品か」のコアコンセプトの方が重要だって証拠だろ!

んー、結局、製作&制作目線の話になっちまったか。

じゃあ声優の話。

特徴はある声だけどカスレ声で決して良い声でない山里亮太を何で起用したのかは良く解んねえし、やめとけばいいのにと思ったけど、

天才はあきらめた (朝日文庫)
天才はあきらめた (朝日文庫)

ボス戦を前に「作戦ターイム!」って言うキュアホイップに、

ボス敵であるカラス天狗が待ってあげるってギャグがあるんだけど、

「…早くしてね!」ってボソッって言ったのは多分に山里亮太のアドリブじゃね?W
ああいうのこそが「お笑いを起用するメリット」だとは思った。

笑いをとってこその、お笑い芸人だし。

映画プリキュアドリームスターズ! DVD特装版
映画プリキュアドリームスターズ! DVD特装版

posted by wolf_howling at 10:07 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

最近の記事