2019年05月17日

はじめ人間ギャートルズ 第1話「ハジメンカリーンの巻」「マンモギャーの巻」

ハジメンカリーンの巻 / マンモギャーの巻
ハジメンカリーンの巻 / マンモギャーの巻



TMSアニメ55周年公式チャンネルでの配信を観た。

俺は学研版の「はじめ人間ギャートルズ」1巻は持ってるんだけど、
第2話「ピカピカイシンの巻」「キビキビシラーの巻」は割と原作に沿ってる内容なのをこれで確認できた。



漫画サンデーでのギャートルズの頃は父ちゃんや、「隣」にあたる若者キャラクターたちがエロとバイオレンスのギャグ原始生活を行ってるのを描いた内容だが

ギャートルズ (1)
ギャートルズ (1)

学研と小学館の学習雑誌では主人公がゴンになる形となる。
園山俊二は「花の係長」とかも書いているけど、

放送開始40周年記念 想い出のアニメライブラリー 第80集 まんが 花の係長 Blu-ray  Vol.1
放送開始40周年記念 想い出のアニメライブラリー 第80集 まんが 花の係長 Blu-ray Vol.1

持ち味としてはデビュー作であり、亡くなられる前年まで44年にも渡って連載された「がんばれゴンベ」も持つ、
とぼけたギャグに加えて、思いやりや温かみがある、ほのぼのとした味わいが特徴だと思う。

がんばれゴンベ 第1集 ゴンべ修行の旅に出るの巻
がんばれゴンベ 第1集 ゴンべ修行の旅に出るの巻

独特の作品が描ける人が作家であり、何かの模倣の寄せ集めみたいなのしか創れない状態なら、其処にクリエイティブはない。

こういう独自性の高いものを受け入れる余裕が嘗ての出版や放送にはあったが、それがない現状ではWebに敗北して当然。
でもWebのミームの中での作品発掘はソーシャルフィルタリングとかである程度の最適化もできるものの、
個人が趣味で無償公開してるものすら叩きに行くカスが多すぎるからな。しかも金払ってる客ですらもないのに。
有料のネトフリやハリウッドも物語ネタ切れで原作モノ寄りの焼き直しを映像化してるだけだから、多様性や独自作品てのは実は育たないよなー。

色々と「おおらか」だったころの良さを懐かしさと共に思いだす。

はじめ人間ギャートルズ Blu-ray BOX 1<初回仕様版>
はじめ人間ギャートルズ Blu-ray BOX 1<初回仕様版>

posted by wolf_howling at 03:48 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

最近の記事