2019年05月28日

L'INCAL アンカル (ShoPro Books) アレハンドロ・ホドロフスキー / メビウス

L'INCAL アンカル (ShoPro Books)
L'INCAL アンカル (ShoPro Books)

アレハンドロ・ホドロフスキーって『エル・トポ』や

エル・トポ HDリマスター版 [Blu-ray]
エル・トポ HDリマスター版 [Blu-ray]

『デューン』の監督やろうとして失敗した人じゃん!

ホドロフスキーのDUNE/リアリティのダンス 初回生産限定版 Blu-ray BOX
ホドロフスキーのDUNE/リアリティのダンス 初回生産限定版 Blu-ray BOX

主人公の辿る数奇な運命とバトルの連続、そしてSFスケールの大きさも成程といえる。

その物語の作画をバンド・デシネのメビウスが作画してるんだから、確かに納得の結構な作品だと思った。

読みながらメビウスってとんがり帽子とテラノドンがホント好きだよなと。アルザックとかどうしても想起する。

メビウス/アルザック・ラプソディ [DVD]
メビウス/アルザック・ラプソディ [DVD]

俺が読んだのは2010年版で、何故、このコマを表紙に選んで装丁してんのかなー?って思ったが、ラストまで読んで「成程ね」とは少し思った。

まあインフレ気味に事件のスケールアップが進むと、終わらせ方としてはこうせざるをえないよねえ。
読みながらどうすんだろう?って思ってたけども。

この版には前日譚「ソリューンの誕生」が収録されているが、執筆された順番的には後でも、物語の時系列で差し込んでもらいたかった気も…。

この本の欠点としては大型書籍の部類なのにフキダシの中の文字の級数がもっと上で良いと思う。読みづらくて仕方ない。DTPデザイナーや編集者がヘボ。

メビウス略歴や主要作品リストに加えて、谷口ジローと藤原カムイの特別対談なども収録されている。

藤原カムイが神保町「すずらん通りのはずれ」にある洋書店を谷口ジローが源喜堂って言ってるけど、

源喜堂は小川町だから全然場所が違うと思う。

>源喜堂書店について
http://www.genkido.jp/about.html

「すずらん通りのはずれ」で嘗て書泉ブックマートがあった駿河台を更に小川町側に行くところにある「崇文荘書店」の方だろうと思う。

>崇文荘書店 店舗案内
http://www.subun-so.com/04.annai.html

谷口ジローは

>「孤独のグルメ」とか、ああいうものがが海外でうけるとは思わなかった


って自身で言ってるけど、確かになあと。

孤独のグルメ 【新装版】
孤独のグルメ 【新装版】

そもそも「孤独のグルメ」はドラマだので話題になる前に、SPA!で連載したあと、単行本は全1巻で3刷で絶版になる位に不人気だった。

孤独のグルメ Season7 DVD-BOX
孤独のグルメ Season7 DVD-BOX

ブレイクした切欠は文庫版が出た後に、ふたばちゃんねるでコラとして弄られて井之頭五郎の認知がネット上でミーム的に広がって、
それすらお結構経過した2012年にドラマ化って流れだからな。

海外人気って言っても韓国や台湾とかだし。

当初に万カツサンドやアームロックで喜んでたのは20世紀の頃、まだ電気街だったアキバに行ってたオタク位じゃねえの?

「孤独のグルメ」の打ち切りが1996年で、

1997年にメビウス原作で、谷口ジロー作画の「イカル」ってのがあったけど、1部だけで打ち切り。

イカル
イカル

藤原カムイは「LOVE SYNC DREAM」を描いてた頃か。

LOVE SYNC DREAM(ラブシンクドリーム) 1 (リュウコミックス)
LOVE SYNC DREAM(ラブシンクドリーム) 1 (リュウコミックス)


2015版「アンカル」は解説集『アンカルの謎』を併録してるのか。ふむ。

アンカル
アンカル

posted by wolf_howling at 15:44 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

最近の記事