2019年07月04日

「わが闘争」  まんがで読破

わが闘争 ─まんがで読破─
わが闘争 ─まんがで読破─

まんがで読破シリーズなのに絵が普通のマンガレベルに上手い画力なので逆に驚いたW
マンガとしても読みやすい。誰が描いてるんだろう? 
このシリーズが酷いのは作家名を載せさせないんだよねー。

ヒラコーとか諌山を感じさせるテイストだけど、この本が出たのが2008念で、

「HELLSING」の連載終了が2008年11月。

HELLSING 全10巻 完結セット (ヤングキングコミックス)
HELLSING 全10巻 完結セット (ヤングキングコミックス)

進撃の巨人は2009年10月に連載開始だからなあ。

進撃の巨人(29) (講談社コミックス)
進撃の巨人(29) (講談社コミックス)

俺は「わが闘争」の邦訳版は読んだ事が無いので本編とマンガの比べようもないんだけど。

内容はヒトラーの生い立ちから、ミュンヘン一揆失敗で逮捕され、獄中でこれをヘスによる口述筆記で執筆させる流れまで。

プロローグとエピローグは追記されてる創作個所だが、割とあっさり。特にラストが2ぺージ位しかなくて拍子抜けした。

第二次大戦での敗戦でドイツ国内では禁書扱いとなったがヒトラーが自殺して70年経過したので2016年1月1日に著作権が切れた。
パブリックドメインとなった時には話題にもなった。

だけど、このマンガが出版されたのは先にも書いたが2008年。
そして角川文庫では1973年から売ってるそうだ。
著作権ガーと普段言ってる出版社どもが著作権侵害を大っぴらにやってる証拠がこうやって残る。
非親告罪だから訴えられなければいいってやり口は違法アップロードしたり海賊版出してる連中と同じじゃねえの?

わが闘争(上)―民族主義的世界観(角川文庫)
わが闘争(上)―民族主義的世界観(角川文庫)

posted by wolf_howling at 02:17 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

最近の記事