2019年07月14日

「南の海で楽しいバカンス」トーベ・ヤンソン原作のフィルムコミック風絵本

南の海で楽しいバカンス (単行本)
南の海で楽しいバカンス (単行本)

こりゃあ酷い。

コレ、Amazonも

>トーベ ヤンソン(著)


だの書いてるけど、
これ要は「アニメ映画のフィルムコミックス風絵本」じゃねえか!

書籍には

>トーベ・ヤンソン 原作


と表紙にあり、

奥付に

作者 ハンナ・ヘミラ+カタリーナ・ヘイララ


ともある。

これ映画監督と、文章を書いた人の名前じゃねえか!



そして、

ヤンソン紹介と翻訳者、監修者の肩書の下にちっちゃく

>本書はトーベ・ヤンソンの「南の島へくりだそう」ムーミン・コミックス第10巻『春の気分』富原真弓訳、筑摩書房、所収)を原作にしたフィンランドのアニメ映画「南の海で楽しいバカンス」の絵本版です。


とか書いてある。

書籍概要に真っ先に必要なのはコレだろ!



筑摩書房って良い本も出してたのに、2007年に一度潰れて以降は売る為なら手段選ばねえって事か?

あまりにガッカリしたわ。


俺が眺めたかったのはトーベのあの微妙な絵なんだよ!


春の気分 (ムーミン・コミックス)
春の気分 (ムーミン・コミックス)

Moomin on the Riviera
Moomin on the Riviera

この本で得たものは2件の事項だけ。

一つは「この作品」では「スノークの女の子」って表現な事と、

ムーミンパパが自分の名前を「私の名はフォン・ムーミン」って名乗ってるのを見つけた事。

バカボンの父親なのでバカボンパパだが本名が不明なのと違って、

深夜! 天才バカボン パパ 缶バッチ
深夜! 天才バカボン パパ 缶バッチ

ムーミンパパはムーミンの父親だからではあるものの、ムーミン谷という地域名からの名乗りと確定した。

レオナルド・ダ・ビンチが「ビンチ村のレオナルド」ってのと同じ。

レオナルド・ダ・ヴィンチ: 生涯と芸術のすべて (単行本)
レオナルド・ダ・ヴィンチ: 生涯と芸術のすべて (単行本)

ただ、ムーミンパパこと、フォン・ムーミンが住んだことで地名がムーミン谷となった可能性も排除はできないけど。

ムーミン・トロールのトロールは妖精の種別。

つまり、出身地名+種族名がムーミン・トロールということだ。

2点の内、後述については個人的に非常に価値が高い資料的情報だと思う。

でも、アニメの独自設定とか大いにありそうだから、原作とアニメ双方を確認しないとなあ。

劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス 豪華版[初回限定生産] [DVD]
劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス 豪華版[初回限定生産] [DVD]

posted by wolf_howling at 04:37 | Comment(0) | 児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

最近の記事