2019年08月05日

ターザン2(2005年)OVA版

ターザン2 [DVD]
ターザン2 [DVD]

はいクソ〜!

ディズニーのターザン前日譚だけど、アレ自体面白くもなんともねえ作品だからなあ。

ターザン MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ターザン MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

ターザンの育ての母であるカーラ以外のキャラが性格が悪い奴しかいない!
そして出てくるキャラクター達は殆どゴリラなんだけど、
ゴリラはアメ公ほど性格悪くねえだろ(苦笑)

ゴリラからの警告「人間社会、ここがおかしい」
ゴリラからの警告「人間社会、ここがおかしい」

台詞も2割方は「ワー!」ばっかり。

キャラに魅力がなくてシナリオがダメ。
約束を守らないのに他者に依存するターザン。
トラブルメーカーが自らが招いた危機から他者を助けた所で、
この冒頭に描かれてる事の裏付けになってしまっているだけ。

つまりはトラブルメーカーがいなければ事件が起きていないから、マッチポンプ的に事件を解決された所でめでたしにはならない。
ターザンがいなければ危ない目に遭わないで済んだ者が多いじゃん!

出来の悪いシナリオ作品で、どんなに作画を綺麗にしようと無意味!

それはただの映像であって、映画という総合芸術の娯楽コンテンツではない!

既に90年代のディズニー作品や日本アニメでも傾向は見られたのだが、作画に力を入れる一方で脚本、文芸があまりにおろそかで、作品というのも相応しくないようなのが量産され、コンテンツ数は増えたものの、名作と呼ぶに相応しい完成品は年に1本もない状態だ。

ここでデジタルテクノロジの発達が映画を良くすると勘違いしている多くの者がいる。

簡易な撮影や合成、ノンリニ編集は制作時間を短縮し、コスト削減につなげる事もできるだろう。

「映像編集の考え方」 〜経験と映画から紐解く〜 第一版
「映像編集の考え方」 〜経験と映画から紐解く〜 第一版

だが手描きのアニメだから売れないのではなく、3DCGと莫大な製作費&広告宣伝費をかけているから名作になるわけではない。

このOVA版ターザンでもデジタル合成シーンはある。

つまりは「物語」がダメなら、どんなに絵が綺麗だろうが、ヌルヌル動こうが「つまらない」=駄作でしかない!

ターザン&ターザン2 3枚組限定セット (初回限定生産) [DVD]
ターザン&ターザン2 3枚組限定セット (初回限定生産) [DVD]

posted by wolf_howling at 03:47 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

最近の記事