2019年09月06日

マンガの読み方が解らない人達が増える理由

先日書いたエントリが作品レビューと言うよりも「子供用コンテンツ喪失」の話題に逸脱したので別途纏め直したいと思った。
検索したら流石にツッコミ所満載の記事を見つけてしまい、ついカッとなってやった。後悔はしていない。公開はする。

>藤子・F・不二雄大全集 [32]初期SF作品
http://read.seesaa.net/article/469645107.html

たまたま似たタイミングで、このTogetter記事を見つけた。

>児童向け作品は漫画への入口だが保護者が買うかどうかに懸かる。
https://togetter.com/li/1398817





数年前に集英社の最強ジャンプ編集長が苦戦してる事を講演で話してたのを横耳で聴いた。
(会場内の通りすがりだったのと、他の仕事の最中だったので。)

というか、児童用マンガって言うけど、
絵が雑で下手だから原稿料も安い作家が描いてるマンガ掲載雑誌って状態なら「不要」だけどな!


そもそもコロコロ以前に昔に幼児がマンガに触れる機会は「新聞マンガ」と「小学館の学習雑誌」があった。

サザエさんとドラえもんが代表と言っていいだろう。そして現在も鉄板!

よりぬきサザエさん 全13巻セット
よりぬきサザエさん 全13巻セット

ドラえもん(1) (てんとう虫コミックス)
ドラえもん(1) (てんとう虫コミックス)

小栗かずまたって1974年東京生まれなのに、流石にサザエさんの連載は見ないにせよ、他の新聞4コマとかでそういう原体験ないの?

まあ長谷川町子や、藤子・F・不二雄を超えようってのは現段階の漫画家には無謀過ぎる目標だよな。
それにしたって「丁寧に絵を描く」姿勢位は学び取れよと。

線や構成が雑で汚らしい作品を買って子供に読ませようって親はそりゃあいねえよ!

花さか天使テンテンくん 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
花さか天使テンテンくん 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

「子供が漫画を読まない」以前に、今、溢れかえってる殆どのマンガが藤子F作品に比べれば明らかに「読みにくい」んだよ!

「マンガの読み方が解らない子供」の話題がバズったのは下記ツイ波及で、既に2012年1月と、結構に前の話になってる。

>漫画を「読めない」子どもが増えてる。間を想像して話を読み進めることができない
https://togetter.com/li/240365

更に上記キュレーション内のツイで



これがホントと仮定したら単純計算で2002年。21世紀になったら読めない子が増えたという事になる。

この辺、ちゃんとしたデータらしいものは、ざっと検索しても見つからないし、斜陽業界の出版関係者が上げて来るデータは偏向甚だしくて使い物にならない。

上記のネット上の話題を否定する為に出版社が出した記事が下記。

>コロコロ編集長に聞く“マンガを読めない子どもが増えている”の真偽
https://ddnavi.com/news/215595/a/

>「読めない子が増えているとは思いません。『コロコロ』1号あたりの発行部数は今年の年末号で130万部に達する見込みで、昨年の平均より約50万部の増加です。しかもより低学年の読者が増えている。小学生以下に関して言えば、“マンガ離れ”も感じませんね」(村上編集長)。


角川ダヴィンチのライター曰く

>この出版不況下、1号あたり50万部の伸びは相当すごい。全盛期の150万部(1997年)と比べても遜色ないと言っていい。ご存じの通り、背景には13年1月号から連載を開始した『妖怪ウォッチ』の功績があるが、コンテンツ自体の人気に引っ張られただけではないだろう。『妖怪ウォッチ』のゲームソフトが発売されたのは13年7月、アニメ版開始が今年1月。つまりゲームやアニメより、『コロコロ』のマンガ連載が先だったのだ。


先にあったマンガは売れてなくて「アニメありき」で後から人気になった証拠そのものだろ!


と流石に指摘した。

コロコロの「その後」発行部数がどうなったか。
https://www.weblio.jp/wkpja/content/%E6%9C%88%E5%88%8A%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF_%E7%99%BA%E8%A1%8C%E9%83%A8%E6%95%B0

2013年
1〜3月  616,667 部
4〜6月  573,334 部
7〜9月  560,000 部
10〜12月 620,000 部

2014年
1〜3月  673,334 部
4〜6月  820,000 部
7〜9月  960,000 部
10〜12月 1,116,667 部

2015年
1〜3月  1,050,000 部
4〜6月  970,000 部
7〜9月  920,000 部
10〜12月 896,667 部

2016年
1〜3月  870,000 部
4〜6月  806,667 部
7〜9月  790,000 部
10〜12月 843,333 部

2017年
1〜3月  763,333 部
4〜6月  776,667 部
7〜9月  763,333 部
10〜12月 800,000 部

2018年
1〜3月  786,667 部
4〜6月  726,667 部
7〜9月  716,667 部
10〜12月 663,333 部

2019年
1〜3月 623,333 部

>ブームこそ命『コロコロコミック』が切望する次の「妖怪ウォッチ」2017年5・6月号
https://ironna.jp/article/6635?p=2

ということで妖怪ウォッチのオワコン化については自覚してると。

妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている -Switch
妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている -Switch

>「小学生は任天堂の3DSというゲーム機でユーチューブを見ているんですね。そこで私たちは2015年末から『コロコロチャンネル』という動画配信を始めました。『コロコロコミック』の編集者が新しいゲームやホビーの遊び方やマンガの描き方を説明するほか、アニメも見逃した子どもたちのために配信しています。毎日最低1本は何らかの動画を配信するという方針です。これが人気になっており、チャンネル登録者数が10万件を超えました。


でも、そのYoutubeチャンネル登録者数のうち「コロコロを購読してる子供」はどれくらいなんだろうか?
大人がZOIDSやイナイレを懐かしく思って観てる層もあるだろ。

現在チャンネル登録者数 388,717人らしいけど、
https://www.youtube.com/channel/UCKtxF3ufOkuJohTeKyNbYrQ
動画再生数は週次では万の桁まで、つまりはアクティブユーザは1割しか居ない状態で、登録者数だけを前面に出して自慢しても所詮、マスゴミのやり口「情報操作」よな。

『コロコロコミック』では20年以上前から、年に1回、1月にビッグアンケートという、設問が100くらいある詳細な読者アンケートをとっているのですが、今年の集計データを見ると、『これからやってみたいこと』の1位が動画配信でした。


100問もチマチマ答えてくれるのは一般的な顧客層じゃないよな!

とはいえ、極端にコアなファン層ニーズですら


『将来なりたい職業』の1位が『本やマンガの仕事』で、これは大変嬉しい結果ですが、2位が『ゲームの仕事』、そして3位が『ユーチューバー』でした。ユーチューブは小学生たちにとって相当身近になっているのですね。


コレも順位なんかより、内訳の数字や比率側の方が注目しなければいけない数字だよなー。
全くデータが読めていない。

『デジコロ』は、3DSのゲーム機の中でコンテンツを販売しているニンテンドーeショップに『コロコロコミック』のマンガ2作品を出品しているものです。『でんぢゃらすじーさん邪』と『ケシカスくん』で、それぞれマンガに着色をし、音声をつけて1話100円で販売しており、すでに20話くらいアップされています。制作に費用がかかって今のところは赤字ですし、子どもたちに課金というのはハードルが相当高い。


こうやって出版関係者というデジタルコンテンツ素人が無駄な事やってるよなと。
子供がYoutubeを観るのは「無料だから」だよ!

しかも1話100円とか普通の電書から比べたって酷い割高じゃねえか!
大人も読まねえよ!

こうやって、メディア利点が何かを解らず、自らの利点を他メデイアに間違った形で持ち込めば、ますます子供が漫画から離れるだけだよなー。

しかも3DSってとっくに生産終了してる。

>ニンテンドー3DS|任天堂
https://www.nintendo.co.jp/hardware/3dsseries/3ds/index.html
>LINEUP. すべて生産終了しました。

何よりニンテンドーeショップって

>ニンテンドーDSi / DSi LLの「ニンテンドーDSiショップ」サービス終了に伴う払い戻しについて
https://www.nintendo.co.jp/support/information/2016/0331.html
>2016年3月31日にお知らせいたしましたとおり、ニンテンドーDSi / DSi LLでご利用いただけるショッピングサービス「ニンテンドーDSiショップ(以下、DSiショップ)」の各サービスを、段階的に終了させていただくこととなりました。


1年以上前にサービス終了するのをハードメーカー公式が宣言してるのに、其処に製作費かけてコンテンツ突っ込むとか、リテラシ無しが自滅してる有様を周囲に自分で広めてる状態だぜ?

ちゃんとしたデジタルのプロを雇ってないからこうなる。

しかも出版のプロとしてもどうなの?ってのが、

>出版不況なのに、『コロコロコミック』が80万部も売れているヒミツ
https://www.sankeibiz.jp/business/news/170716/bsd1707161315001-n1.htm
>出版不況と言われているのに、『コロコロコミック』が好調だ。なぜ子どもたちに支持されているのか。取材を進めていくと「うんこ・ちんちん原理主義」にたどり着いた


挙句が翌年に国際問題にまで発展したコロコロ回収事件に至る。





>小学館、落書き問題「コロコロコミック」3月号の販売中止を発表…書店から回収、返金も対応 
https://hochi.news/articles/20180306-OHT1T50079.html

>「コロコロ」最新号で「チンギス・ハーンに対する不適切な表現」について編集部から読者へのコメント掲載
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1803/15/news076.html#utm_term=share_pc

この件で卑劣極まりないのが、作家には謝罪させていて



編集長だのは連載とかをズブズブの角川メディア側とやってたにもかかわらず全く触れてないで、素人以下の小学生レベル日記みたいな駄文を晒し続けてる事。

>『コロコロ』編集長のうんちん日記
https://ddnavi.com/column/corocoro/

質の低い自作コンテンツを世に平気で晒し、
あまつさえ抗議デモされるレベルで他者に不快な思いをさせたメディアなのに、
責任を負う筈の人物が一切謝罪をする事もない。

そんな人物の「作品」や「行動」。子供に対して恥ずかしくないのかね?
そんなコンテンツを子供にわざわざ金渡して読ませようって大人の家庭で育てば、そういう恥知らずな大人も増えそう。

やりすぎ!! イタズラくん コミック 1-3巻セット
やりすぎ!! イタズラくん コミック 1-3巻セット

結局は、構成や内容含めて「何を小学生に読ませたら最適化されるか」という事を作家も編集者も放棄して、なあなあgdgdな事を続けてきた結果が、
「種をまかなかったので育たなかった」って必然の結果になってる。

集英社は種をまく事の重要さに今更気づいて無料マンガアプリに注力始めたけど、
これも「そうじゃねえんだよなー」。

アプリで読みやすいメディアはページレイアウトした冊子用コンテンツと全然違うのに、スキャンした書籍用のをスマホアプリに表示した所で、最適化されてねえっての。

結局、電書やスマホでの収益化に対して不真面目なんだよ。
紙媒体のオマケ程度にしか思ってねえことが、現状の衰退を齎してるって流石に気づけよと。

で、コレも検索して見つけた位だから、出版社のマーケって如何程って感じだけど。

>「漫画の読み方がわからない人もいる」こうの史代さんが語る“漫符事典”の必要性 2018.2
https://dot.asahi.com/aera/2018021500061.html?page=2

>「外国語版の本には、最初か最後のページに、どんな順番でコマを読んだらいいのか、矢印が入った説明が載っています。そのページを読めば、初めての人でも理解できるようになっている。漫画が読めない人もいるのだから、日本でもすべてのコミックスのどこかに『漫画の読み方』を載せればいいのにと思います」


ヒット作「この世界の片隅に」も2009年までの連載作品、つまりは10年前のなわけだけど。

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)
この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

こうの史代さんって1968年生まれだけど、小学生より前にはマンガとか読んでなかったのかな?
幼稚園や、たの幼のマンガにはコマに番号がふってあって、どれを順に読むか書いてあった。
そういうのを読む手続きを得て、今の50代前後はマンガ読めてるんじゃないの?

この漫符図譜とやらも売れてる様子も…。

ギガタウン 漫符図譜
ギガタウン 漫符図譜

しかも、今、雑誌掲載やWebに描かれてるマンガのコマ割りや作法は相当に滅茶苦茶なの多いぞ。

>WEB漫画しか描かないのでタチキリやノドなどをあまり意識しない人が増え、アンソロ出すときに苦労してるらしい
https://togetter.com/li/1393561



これ、過渡期ゆえの問題な気もする。

デジタルデバイスのみでマンガを読む時代が来れば、その表現方法に最適化されるけど、
出版社が幅を利かせてる間はそれが上手くいかない。

まあ馬車や人力車が観光地にしかないのと同じで、どのみち書籍スタイルは消滅するに決まってるけど。

デジタルマンガの書き方だのもツール用法ばっかりだし。

超入門これなら描ける!マンガパースと背景の描き方の教科書 (マンガの教科書シリーズ)
超入門これなら描ける!マンガパースと背景の描き方の教科書 (マンガの教科書シリーズ)

プラットフォーム最適化とかしようとしてもアナログ固執する紙媒体世代の作家が煩わしい事ばかり言って話が全く先に進まない。

でも戦後だけでも

貸本 → 月刊雑誌 → 週刊雑誌 → 単行本

との推移でメディア内でのコンテンツは最適化されて来た。

なので、ニンゲン共は大いに無駄をしながらの試行錯誤の中ででしか最適化というのを見いだせないのかもしれない。

無駄無駄無駄ッ!

無駄無駄 半袖Tシャツ ブラックL
無駄無駄 半袖Tシャツ ブラックL

posted by wolf_howling at 03:20 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

最近の記事