2019年09月07日

『アルゴ』(ARGO)(2012年)

アルゴ [DVD]
アルゴ [DVD]

つまらん。映画としての出来もクソ。

こんなのがアカデミー作品賞とか、ナショナリズムでの出来レースじゃん。他のノミネート作に失礼すぎる。

監督のベン・アフレックや、製作のジョージ・クルーニーなんて、所詮、バットマンやER訳者の範囲で私語としてれば名優でなくとも不通レベルってだけなのに。

ジャスティス・リーグ  ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
ジャスティス・リーグ ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

ER 緊急救命室 I 〈ファースト・シーズン〉 セット1 [DVD]
ER 緊急救命室 I 〈ファースト・シーズン〉 セット1 [DVD]

ファンタジーばっかりで飽き飽きしてきた層へのニーズが見込まれる実話モノとして「イランアメリカ大使館人質事件」を下地にしているものの、
「どうせ助かる」って周知の話がサスペンスなんかになるかっての!

しかも、誇張して事実と違って追加してる演出がいちいちマヌケでさー。

観光客のフリをして写真を撮りまくってたらイランのバザールの人達が怒るとか、
飛び立とうとする飛行機をパトカーが追いかけるとか。

脚本家のクリス・テリオって無能すぎねえか?
こんなのがアカデミー脚色賞? ハリウッドって低レベルだよなー(苦笑

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 (期間限定出荷/スペシャル・パッケージ仕様) [Blu-ray]
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 (期間限定出荷/スペシャル・パッケージ仕様) [Blu-ray]

映像のテンポも悪いし。

シナリオがダメ。映像がダメ。

ひいてはアカデミー賞はクソって話になるわな。

付録でついてる本物へのインタビュー映像の方が尺は短いのに内容は十分に伝わる。

まあ本物のCIAもあまりにマヌケなんだけど。

求職中のアメリカ人外国語教師が政情不安定なイランにいるとか、
農業関係者が冬の最中に調査にくるとか
「CIAは何を考えているんだ」と救出された当人たちが唖然としたほどのバカげた提案だらけだった。
映画製作者案に変装するってトンデモ案が全員一致の賛成で採用されたのは他の2案が問題外だったから。

ジョーは人質を残したまま逃げたくなくて反対したそうだ。

「暴力的な革命の最中でもハリウッドの連中なら来かねない」って随分とクレイジーな点を評価されたもんだなW

革命防衛隊は外国人よりも資産を海外に持ち出そうとしているイラン人を見張り、口論していたそうだ。
そんなだから、こんな雑な作戦でも逃げられたんだろうな。

映画では作戦にOKが出ていないのにCIAが勝手に作戦を実行して、
旅券予約がとれてもいないのに空港に行くとか、あまりなバカ脚本なんだけど。

現実では出発前に飛行機が故障して3時間の足止めと言われる。
そっちについては映画はノータッチ。
何方が緊迫感出るかもわかんねえのかよ!

ただリアル側は他の便も予約してあったので、そちらに乗り換える段取りだった。
でも航空券が1枚1万ドルもしたとの事で2枚を持ち歩くのも、それはそれで危険だったそうだ。

結局、20〜30分で修理は終わったそうだ。

折角、事実を元にしてるのに映画のシナリオの方がクソだな。

インタビューにはカーター元大統領も出てるんだけど、

アンタがキッシンジャーの言いなりで
パーレビ国王をアメリカに受け入れたりしなければ、
こんな事件がそもそも起きてねえんだよ!


カーター、パレスチナを語る―アパルトヘイトではなく平和を
カーター、パレスチナを語る―アパルトヘイトではなく平和を

この映画は「何故こうなったか」はアメリカの都合が悪いから描いていない。

アメリカにポチ外交やってたパーレビがイラン革命に対して自分でジャンボジェットを飛ばしてエジプトのサダトの所に亡命した。
アメリカとしては、革命を潰して後にパーレビを送りかえせば、アメリカの言いなりになる属国が元通りになるって思惑は明らか。
大使館への不法侵入はして良い訳がありえないが、
一方でイラン側からすれば自分の国を捨てて逃げた国王を、これまで自国を言いなりにしてきたアメリカが庇ってるのがあからさま過ぎたから怒ったわけだ。
自分達で仕掛けておいて、やり返されたらテロリスト扱いって、毎度のアメ公の手口だよなー。

そんなアメリカではあるが、一定期間が過ぎれば政府の極秘資料も日の目を見て公開される点では自由の国であり、
この奇妙な計画も周知されて映画になるわけだが、
実際はカナダの協力ありきだろ。

なにしろCIAは無能だから「イランの新年が3月後半に始まることを知らずに」ビザを偽装して作ってしまい、
カナダ大使館員が気づいたおかげで、メンデスは予備パスポートからビザを変造した位だからな。


そういうアメリカ人やCIAが無能!って事は映画の中では都合が悪いから全く描かれてなかったよなー。

そして、やたらとイラン人が女性を突き飛ばすって暴力シーンを何度も入れる過剰演出を繰り返してるけど、
Metooで腐りきってるハリウッドが、他所に言える事かと。

フランス人の性 なぜ「#MeToo」への反対が起きたのか (光文社新書)
フランス人の性 なぜ「#MeToo」への反対が起きたのか (光文社新書)

映画冒頭は大使館が機密書類を破棄するシーンから始まって、マヌケなラスト近くに何故か、書類にデカデカと職員の顔だけが描かれてるのを子供がシュレッダーにかけられたのから再生して兵に報告をするシーンがある。

何でそんな書類を大使館が作ってるんだよ!
監督も脚本家も、こんなのに賞を出すアカデミーとやらもバカだろ!

としか言いようがないんだけど、

調べてたら、シュレッダーにかけられた大使館の機密書類の写真を見つけた。

Shredded_Documents_of_US_Embassy.jpg

そして
「イラン当局が主婦や子供たちを動員して、時間をかけ復元されてアメリカの機密情報はイランに渡る事になった」のは本当だと知った。

さて、嘘っぱちハリウッドが間抜けなCIAの尻拭いをして、有能なカナダについてあまりに控えめな作品なわけだが。

リアル側でこの「アルゴ」という仮想映画はどういうものだったかなんだけど。

CIAが作ったポスターはコレ。

Argo_poster.gif

そして、脚本はロジャー・ゼラズニイSF小説『光の王』を原作としてたそうだ。

光の王 (ハヤカワ文庫SF)
光の王 (ハヤカワ文庫SF)

ゼラズニイ映画は「世界が燃えつきる日」や「ドリームスケープ 」があるけど

世界が燃えつきる日 特別版
世界が燃えつきる日 特別版

ドリームスケープ HDニューマスター・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
ドリームスケープ HDニューマスター・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

ゼラズニイはCIAから「アルゴ」の原作使用料を貰ってよかったんじゃないの?

この件が公になったのは1997年で、ゼラズニイが亡くなったのは1995年だけど。

アルゴ<エクステンデッド・バージョン>【Blu-ray】 [ ブライアン・クランストン ] - 楽天ブックス
アルゴ<エクステンデッド・バージョン>【Blu-ray】 [ ブライアン・クランストン ] - 楽天ブックス

posted by wolf_howling at 22:35 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

最近の記事