2019年11月11日

メル・ブルックス「プロデューサーズ」(1968年)アカデミー脚本賞とか失笑ものの駄作

プロデューサーズ [DVD]
プロデューサーズ [DVD]

メル・ブルックスはやっぱ、新サイコやスペースボールみたいなパロディだけが面白い奴なんだな。

メル・ブルックス/新サイコ [DVD]
メル・ブルックス/新サイコ [DVD]

スペースボール [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
スペースボール [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

映画監督デビュー作にしろ、これはひどすぎる。

全編で86分作品なのに冒頭10分近く、スタッフだのキャストだのの紹介出してる。もう開始数分で煩わしくて早回しした。

結局、数倍速で全部眺めても概要は伝わる位に薄っぺらだし、面白くも無いので、その分の時間と電気代とか損したとしか言いようがない。

アカデミー脚本賞だのも結局、ショービジネスやハリウッドっていう、セクハラパワハラだらけのマフィアとべったりのギャング業界のウチワウケと、ヒトラーを笑いものにしたいだけのアメ公の自己満足じゃねえか。

なぜヒトラーはノーベル平和賞候補になったのか
なぜヒトラーはノーベル平和賞候補になったのか

こんなののブロードウェイ・ミュージカルまで2001年=21世紀になってからやって、それが史上最多のトニー賞12部門を受賞。

そして2005年にリメイク映画とか

プロデューサーズ [Blu-ray]
プロデューサーズ [Blu-ray]

アメリカの娯楽が如何にお寒くてグローバルでは浮いてるセンスかも解る。

しかも、このDVDは再生するとウィザード形式で日本語とか選べるけど、それはメニュー選択だけで、字幕は出るけど吹替え版は収録されていない。

BD版なら富田耕生、羽佐間道夫、納谷悟朗、小宮和枝、京田尚子、内海賢二、納谷六朗、青野武という錚々たる声優キャストなのだが…。

プロデューサーズ メル・ブルックス [Blu-ray]
プロデューサーズ メル・ブルックス [Blu-ray]

posted by wolf_howling at 00:58 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

最近の記事