2019年11月16日

わんわん忠臣蔵

わんわん忠臣蔵 [DVD]
わんわん忠臣蔵 [DVD]

忠臣蔵モチーフで雪の場面が多いのに、夏休みの特番で流されていたので「季節外れだなあ…。」と、子供の頃に観た覚えがある。

子供の頃にも思ったが、主人公が母親の敵をうつというドラマにせよ、前半が兎に角かったるい。
尺は1時間もので良い気がする。

下記を読むと手塚治虫がシナリオも無しに書いたコンテをチマチマ送って来た内容がそもそも冗長だったようだ。

>WEBアニメスタイル TOPICS -東映長編研究 第13回 白川大作インタビュー(5)メイキング・オブ『わんわん忠臣蔵』
http://www.style.fm/log/02_topics/top041207.html

>手塚さんに描いてもらった中で、展開や尺の問題でカットした部分もあるんです。


>手塚さんのコンテを元にして脚本を書いて、それから絵コンテにした。


これまた無駄手間じゃん!

>キラーは、ロックにとっては親の仇ですけど、街の犬達にとっては別に……。


だよなーー!

しかもラストバトル以前のゴロが戦ってるシーンの方が主人公より明らかに多い。

だから猶更に主人公の幼少期や、死んだと思ったら生きてた展開とか不要。

作画は丁寧で良いんだけど、不要な作画をさせてるのは尚更に無駄で勿体ないと思う。

だけどもクライマックスは結構にアクションといい見どころ。

ところどころ、バトルの間にコミカルなシーンがあるんだけど、ちょっと多すぎるよなあとも。

ギャグをどんなに入れようと「殺し合い」やってるわけだから。

バトル最中のギャグは余程に絞った方が効果的で良かったと思う。入れても2個とか。

折角、2代目水戸黄門であり、マモーの西村晃が敵役のキラーを声優として演じてるのに、台詞の殆ども「うるさいっ!」て狐に怒ってるだけだし。

ルパン三世 ルパンVS複製人間 [4K ULTRA HD] [Blu-ray]
ルパン三世 ルパンVS複製人間 [4K ULTRA HD] [Blu-ray]

あまりに敵との間でギャグが多いと、シリアスな死亡や殺しが関わる内容自体を薄める効果よりも、逆に違和感の方が際立って強くなっちゃう。

「子供向け作品だから」とかいうのなら、最初から母親の死とか、仇討ちとして相手を殺すという内容自体を改変すべきだろうし。

なのに文部科学省選定だそうだ。

潔く、シリアスとアクションで魅せるか、コミカルな作品にするかを明確にしておいた方が良かったと思う。

丁寧に作画してるだけに、本当に色々と勿体ない。

わんわん忠臣蔵 [ 堀絢子 ] - 楽天ブックス
わんわん忠臣蔵 [ 堀絢子 ] - 楽天ブックス

東映動画 アンソロジー 劇場編 - ARRAY(0x100d9510)
東映動画 アンソロジー 劇場編 - ARRAY(0x100d9510)

posted by wolf_howling at 18:19 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

最近の記事