2019年12月16日

石ノ森章太郎萬画大全集 [3-29](Kadokawa Comics) 「S・Pハーレー(1)」



アリが蟻酸を出しているのを子供に解り易い表現にするにせよ「どく」とか書いてしまってるのはアウトだろと思いつつ、
ヒキガエルが卵を産んでいる絵には監修からの指摘が入ったらしく「みずのなかでたまごをうみます」とか添え書きがあったりと、
詳しいんだかテキトーなんだか色々と雑!WWW

1976年 - 1978年のS・Pハーレーって 石ノ森章太郎版の他に
『4年の科学』の山田ゴロ版
『5年の科学』の土山よしき版
があるので、
遭遇学年によっては逆に石ノ森版を読んでいない人もいるんだなあと今更。

下記サイトの編集方法が良く解らんが、石ノ森章太郎[原作]の山田ゴロ作品としてしまってて、
https://mangaseek.net/work/27566.html

石ノ森章太郎のリストには入ってない扱いの酷さ…。
https://mangaseek.net/person/165.html

にしても大全集と銘打ちながら作品一覧サイト無いとか角川クオリティよなー。
4万する高額商品だろうと売った後は放置ってやり口の結果がバレバレ。

講談社の石ノ森章太郎デジタル大全には『チックンタックン』はあるけどS・Pハーレーはない。
http://ishinomori.jp/series.html?sid=12

チックンタックン(1) (石ノ森章太郎デジタル大全)
チックンタックン(1) (石ノ森章太郎デジタル大全)

作品一覧にも検索結果にもない!
http://kc.kodansha.co.jp/title_list?code=ishinomori

その辺は公式からして作品一覧から漏れてるとかなあ。
https://ishimoripro.com/%e4%bd%9c%e5%93%81%e3%83%92%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc/

これ、出してる連中や扱ってる連中の知識量がその程度って事としか思えんわ!

掲載していたのは「学研の科学」なので「もう一度見たい!あのころの学研」で電書化される可能性も残されている。

チクタク大冒険 1 (もう一度見たい!あのころの学研)
チクタク大冒険 1 (もう一度見たい!あのころの学研)

雑誌版は朱墨を使った2色刷りなのに、モノクロ収録されているから非常に絵が可愛そう。
昆虫紹介のページで「カラーだったら」という台詞まであって、何の為の全集や収録なのかと思う。
デジタルではその辺を気にしなくても良い点が印刷物に比べて圧倒的だが。

でも電子書籍にしたところで、印刷可能でないと無意味なページが相当にある!

当時の雑誌らしく、雑誌そのものを切り取って工作したりとかのアイデイアが割と多目。

だけどねえ。本を大切にしたい子供だった俺はそれを切り取らずにとっておいたもんだよ。

なのに引越しで親に1年から6年までのを学習を含め全て廃棄された…。

子供に買い与えた物だとしても、子供に与えた後には親だろうと勝手に捨てる権利は無い!

石ノ森章太郎 萬画大全集 第03期セット
石ノ森章太郎 萬画大全集 第03期セット

posted by wolf_howling at 04:49 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

最近の記事