2020年01月13日

【劇場版】オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー



やっぱ米村正二って辛口レビューの俺が認める数少ない脚本家だな。悪くない。

とはいえ、企画やってるPの白倉伸一郎が盛り込み過ぎ。

ジェネラルシャドウを倒すのが脈絡もなく唐突に出てくる2人と2機には驚くけど、

謎の大幹部 シャドウ出現!
謎の大幹部 シャドウ出現!

サービス過剰というか白倉伸一郎が自分が好きだから出したって感。

アポロガイスト、シャドームーン、ジャーク将軍、キングダーク、ドラスはディケイド再利用にせよ、
大神官ダロム含め「何の為に出てきたの?」って位に出番も活躍も無い。

またブラック将軍役として福本清三を監督の金田治が起用した結果も映像的に全く納得が行かない。

5万回斬られた男 福本清三に学ぶ
5万回斬られた男 福本清三に学ぶ

丹羽又三郎に連絡をつけられなかったにせよ、せめて目の周りに化粧入れて大きく見せて似せるとか出来そうなものを、全くそういう努力をしてないのが映像から明確に解る。つーか、ちゃんと原典のブラック将軍を見てねえだろと。
つまりはJAEの金田治が立場や権限を「悪用」しアクション俳優の先輩である福本清三を起用することが前提になっていて、
「ブラック将軍の映像を撮る」という本来の監督の仕事をしていない。


こういう身内感や個人のホビーの二次創作を公式として人様の目にふれさせて金をとるなんてことを繰り返してたら、
それこそ仮面ライダーの魂は失われる。

オタクだからこそ解るみたいな事を繰り返してればニッチどころか必ず先細になるし、
そもそも自らのクオリティチェックにも厳しくないヌルいウチワウケ作品では
ネットのグローバル時代に海外で勝負できないだろ。ゆでガエルって事になる

危機感なき茹でガエル日本-過去の延長線上に未来はない
危機感なき茹でガエル日本-過去の延長線上に未来はない

・脈絡ゼロのPの趣味で出した客演出演
・サービス過剰で使いこなせなかった悪役キャラ
・監督の立場悪用で起用した役者が浮きすぎてる


この欠点さえなければとても良い映画だと思う。

経営者や監督という責任を取るべき立場の連中に現場で物申せる空気がないと企業も作品もどんどん腐ってしまう。
コンサルじゃねえけど外部から客観的なツッコミいれないといけなくなる。

オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー [ 渡部秀 ] - 楽天ブックス
オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー [ 渡部秀 ] - 楽天ブックス

オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー【DVD】
オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー【DVD】




posted by wolf_howling at 14:44 | Comment(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

最近の記事