2020年03月28日

小学館版学習まんが 少年少女日本の歴史21 現代の日本 あおむら純 期間限定・無料

現代の日本 (小学館版 学習まんが―少年少女日本の歴史) - 幸多, 児玉, 純, あおむら
現代の日本 (小学館版 学習まんが―少年少女日本の歴史) - 幸多, 児玉, 純, あおむら

小学館版学習まんが少年少女日本の歴史 期間限定・無料本棚
https://kids-km3.shogakukan.co.jp/

改訂版扱いなのは掲載してた写真が版権に問題があったんだろうなー。
不自然にト書きだけで真っ白や灰色で空っぽなコマが凄く多い。

結構に政治漫画色が強くて人物の歴史評価に加えてバランス配慮はした方が良いと思った。

アメリカに敗戦した日本。
とはいえマッカーサーを持ち上げすぎだろこのマンガ。
「中国と戦争する」と勝手な発言して呼び戻されたみたいに描かれてるが、
ベトナム戦争でも起用継続だった上に、物量作戦以外は知らないので戦渦が上がらなかった。
挙句はマッカーサーなんて「ベトナムにも核使う」って言った殺戮キチガイでしかないわ。

ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実 - 水間 政憲
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実 - 水間 政憲

政治家主導での国同士の殺し合いの結果の貧困。
中国の防波堤として自衛隊と称した「軍隊」を持つ形にされるアメリカの顔色を窺った売国政治。
労働者からの搾取と格差。

オリンピックで盛り上げようとするものの、
所得倍増どころかオイルショック+馬鹿がトイレットペーパー買いだめだのの結果、狂乱物価へ。

そんな状況なのに収賄政治家の田中角栄のとりまきを支持して投票した愚民。
小さな政府だの言いながら財政を膨らませまくった中曽根康弘。


田中角栄と中曽根康弘 戦後保守が裁く安倍政治 - 早野 透, 松田 喬和
田中角栄と中曽根康弘 戦後保守が裁く安倍政治 - 早野 透, 松田 喬和

昭和天皇が死んで特番ばかりでレンタルビデオ屋が賑わった一方での自粛ムード。

そして

直間比率と逆進性を無視した最悪の増税である「消費税」の導入。

湾岸戦争での戦費をギャング国家アメリカのブッシュに捧げる海部俊樹。

阪神大震災の2か月後に地下鉄サリン事件


日本の危機管理はこれでいいのか―阪神大震災、地下鉄サリン事件の教訓をどう生かすか - 健一, 竹村, 淳行, 佐々
日本の危機管理はこれでいいのか―阪神大震災、地下鉄サリン事件の教訓をどう生かすか - 健一, 竹村, 淳行, 佐々

歴史からの学習能力がない連中が老化した年齢だけで選挙権持って権限行使した結果の衆愚政治に相応しい現状だよな!

数字捏造のアベノミクス。
公文書偽造した役人は自殺。
下らない運動会を東京に税金使って誘致して、競技場も碌に計画できない有様だった挙句、開始もおぼつかず損害だけが膨らんだ最悪状態。
武漢ウイルスを隠蔽し初動ミスした中国のせいで世界規模のパンデミック。


パンデミック:新たなる試練 (Pandemic) 日本語版 ボードゲーム
パンデミック:新たなる試練 (Pandemic) 日本語版 ボードゲーム

エピローグでは有名人だけでなく多くの人が歴史を作ったとか折角良いこと言ってまとめながら、

売国奴バカヤロウ吉田茂、

吉田茂=マッカーサー往復書簡集―1945‐1951 - 林二郎, 袖井
吉田茂=マッカーサー往復書簡集―1945‐1951 - 林二郎, 袖井

無能なくせに虐殺を行い、本来は味方の側にまで憲兵で恐怖政治を行った人間のクズ東条英機

東条英機―太平洋戦争を始めた軍人宰相 (日本史リブレット 人) - 古川 隆久
東条英機―太平洋戦争を始めた軍人宰相 (日本史リブレット 人) - 古川 隆久

逆賊の西郷隆盛

「西郷隆盛」を子どもにどう教えるか - 山元 研二
「西郷隆盛」を子どもにどう教えるか - 山元 研二

なんかを前面に押し出したラストのコマのせいで台無し。

絵は古臭くても批判精神があったマンガをちょっと褒めようと思った気持ちが一気にマイナス評価側に。

やはり戦中教育という洗脳をうけた連中の感性は知的論理客観的に本来あるべきマトモな感覚とは相容れない真逆なものなのだなと思った次第。

貧困者や庶民側についている表現をしている風に見えても、結局は扇動者や殺戮者を讃えてしまっているオツムの弱さが作品反映してしまって露呈してる。

少年少女日本の歴史 21/あおむら純【1000円以上送料無料】 - bookfan 2号店 楽天市場店
少年少女日本の歴史 21/あおむら純【1000円以上送料無料】 - bookfan 2号店 楽天市場店

posted by wolf_howling at 13:31 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

最近の記事