2020年04月04日

赤い影法師(上)大活字本/ 柴田錬三郎

赤い影法師 (新潮文庫) - 錬三郎, 柴田
赤い影法師 (新潮文庫) - 錬三郎, 柴田

上下巻に分冊されたタイプの大活字本で読んだ。

山田風太郎の魔界転生が影響を受けた柴錬の先行作品てことで興味を持って読んだが、成程なかなか。

魔界転生 山田風太郎ベストコレクション【上下 合本版】 (角川文庫) - 山田 風太郎
魔界転生 山田風太郎ベストコレクション【上下 合本版】 (角川文庫) - 山田 風太郎

寛永御前試合の各対戦に絡む忍者の思惑は前半ではまだ解らないものの、
出場者と主催者の徳川家光以外にも出てくる出てくる。服部半蔵と柳生宗矩、春日局。そしてまさかのアノ人やソノ人まで!
でも、まだ大久保彦左衛門出てこないんだけど?

怪傑! 大久保彦左衛門 ―天下の御意見番の真実 (集英社新書) - 百瀬 明治, 上遠野 充
怪傑! 大久保彦左衛門 ―天下の御意見番の真実 (集英社新書) - 百瀬 明治, 上遠野 充

作中でも柴田錬三郎は寛永御前試合を巷説と言われていると前置きしながらも、

>しかし、巷説の方が、記録よりも、事実を正しく伝えている場合があるのを、われわれは太平洋戦争中に、痛い程思い知らされた。

と現人神だの大本営発表だののインチキや情報捏造などに対して皮肉をいいつつ、だから「あったこと」として話を進めている。

大本営発表 改竄・隠蔽・捏造の太平洋戦争 (幻冬舎新書) - 辻田 真佐憲
大本営発表 改竄・隠蔽・捏造の太平洋戦争 (幻冬舎新書) - 辻田 真佐憲

寛永御前試合の10番勝負へのエントリー選手は諸説あるものの、この作品では

第1試合 妻片久太郎時直(天真正伝香取神道流) VS 浅山内蔵助重行(浅山一伝流)

平法―天真正伝香取神道流 - 大竹 利典
平法―天真正伝香取神道流 - 大竹 利典

護身術―浅山一伝流体術伝書 横浜伝 - 岩城 英男
護身術―浅山一伝流体術伝書 横浜伝 - 岩城 英男

第2試合 樋口十郎兵衛(馬庭念流) VS 森田五兵衛(中条流)

日本の古武道  馬庭念流剣術 [DVD] - 樋口定広
日本の古武道 馬庭念流剣術 [DVD] - 樋口定広

樋口定ロは1703年つまりは元禄=江戸時代中期に生まれた剣術家だけどねw

[まとめ買い] 中條流不動剣 - 牧秀彦
[まとめ買い] 中條流不動剣 - 牧秀彦

第3試合 正木市之丞(柳生十兵衞三厳))(江戸柳生) VS 石川新太郎(柳生新太郎厳方)(尾張柳生)

柳生新陰流を学ぶ 江戸武士の身体操作 (剣道日本) - 龍夫, 赤羽根
柳生新陰流を学ぶ 江戸武士の身体操作 (剣道日本) - 龍夫, 赤羽根

武士の刀法を極める 分かる! 出来る!  柳生新陰流 第1巻 初級習い編 [DVD] - 赤羽根龍夫
武士の刀法を極める 分かる! 出来る! 柳生新陰流 第1巻 初級習い編 [DVD] - 赤羽根龍夫

第4試合 遠藤由利(長刀術、宝山巴流) VS 鴨甚三郎利元(鞍馬古流)

第5試合 菅沼新八郎(大捨流) VS 羽黒山自念坊

日本の古武道  タイ捨流剣術 [DVD] - 山北竹任
日本の古武道 タイ捨流剣術 [DVD] - 山北竹任

第6試合 佐川蟠竜斉(拳法) VS 関口弥太郎氏暁(柔術。関口新心流)

陳元贇の研究 (1972年) - 小松原 濤
陳元贇の研究 (1972年) - 小松原 濤

日本の古武道  関口新心流柔術 [DVD] - 関口芳太郎
日本の古武道 関口新心流柔術 [DVD] - 関口芳太郎

説得力を増すために割と地理的にリアルな描写を入れているのが都心在住者からすると、あそこかと解るので個人的には面白かった。

例えば

>市ヶ谷の八幡宮


とあるのは亀岡八幡宮の事だ。

>市谷亀岡八幡宮
http://www.ichigayahachiman.or.jp/

忍岡(しのぶがおか)というのはその後の描写で不忍池がでてくるので忍岡を知らない人も理解はできると思うのだが、要は上野の山の事だ。

上野忍岡遺跡 (東京国立博物館平成館(仮称)外溝工事地点) - 東京国立博物館建設工事遺跡発掘調査団
上野忍岡遺跡 (東京国立博物館平成館(仮称)外溝工事地点) - 東京国立博物館建設工事遺跡発掘調査団

実在する刀術書「観智院本銘尽」とか「新刊秘伝抄」とかに書かれているとされることを入れるのも説得材料を補強している。

>銘尽〈(観智院本)/〉 めいづくし〈(かんちいんぼん)〉
https://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/165845

家康伊賀越えの説明個所があって

徳川家康 逃げて、堪えて、天下を盗る (PHP文庫) - 岳 真也
徳川家康 逃げて、堪えて、天下を盗る (PHP文庫) - 岳 真也

この作品では本多忠勝が山口光広を旧知で尋ねたとある。

本当は長谷川秀一が自ら案内してて、長谷川秀一が山口光広の父親の多羅尾光俊と旧知で山口光広は兄の多羅尾光雅と共に甲賀衆を率いて家康を警護した。

長谷川秀一は織田家奉行衆だったが本能寺の後に家康の伊賀越えを手伝ったものの、豊臣家家臣になったので小牧・長久手の戦いでは徳川軍や織田信雄の軍と戦った。
朝鮮出兵の文禄の役に参加して死んだ武将だ。
伊賀越えを手伝わなければよかっただろうにね。

でもまあ山口光広は家康の味方って事で秀吉から養父である山口長政の領地没収とか食らったんだけど、家康から600石貰ったので小牧・長久手では徳川方だったから、地政学とかもあるだろうけど個々人の身の振り方次第だよな。

で、史実だと服部半蔵こと服部正成は伊賀越えで何したかっていうと、
護衛時に一揆の百姓に道をあけろって言ったら、
逆襲されて馬ごと堀へ転落。槍で足をグサグサに刺されて気絶。
家臣の芝山小兵衛が服部正成は死んだと思って家康に報告。
せめて遺体は回収しようと戻ったら、
まだ生きてたので介抱されながら逃げ帰ったwww


ブザマねw

でも御蔭で逃げられた家康からは役職を貰って出世。

ちなみに服部半蔵正成の墓は新宿区の西念寺にある。

Amazonで検索してみて映画版もあったのを初めて知った。

赤い影法師 [DVD] - 大川橋蔵, 大友柳太朗, 大川恵子, 近衛十四郎, 大河内傳次郎, 小沢茂弘
赤い影法師 [DVD] - 大川橋蔵, 大友柳太朗, 大川恵子, 近衛十四郎, 大河内傳次郎, 小沢茂弘

posted by wolf_howling at 19:02 | Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

最近の記事