2020年04月10日

小学館版学習まんが 少年少女日本の歴史10 戦国大名の争い ―戦国時代― あおむら純 期間限定・無料

学習まんが 少年少女日本の歴史10 戦国大名の争い ―戦国時代― - あおむら純, 児玉幸多
学習まんが 少年少女日本の歴史10 戦国大名の争い ―戦国時代― - あおむら純, 児玉幸多

やや時代は他より早いけど有名な北条早雲。

北条早雲1 青雲飛翔篇 (中公文庫) - 富樫倫太郎
北条早雲1 青雲飛翔篇 (中公文庫) - 富樫倫太郎

知略で頭角を現した毛利元就。
三本の矢は中国故事などのパクリと注釈入りな点が一応偉いけど、フィクションのアレを紹介するのか?とは俺は思った。

知将・毛利元就―国人領主から戦国大名へ - 池 享
知将・毛利元就―国人領主から戦国大名へ - 池 享

でも「敵に塩を送る」は端折られたんで児玉幸多って武田信玄が嫌いとか偏った視点のままでこれの監修やったのと違うか?
長野の出身者なので真田だのが信玄の部下だったのが面白くないとかって私情か?

別に善人だったとも思わないけど割と悪しざまに書かれているのが珍しい武田信玄。

武田信玄 (講談社漫画文庫) 【コミックセット】 - 横山 光輝, 新田 次郎
武田信玄 (講談社漫画文庫) 【コミックセット】 - 横山 光輝, 新田 次郎

このシリーズを読んでいれば家柄もあると解る上杉謙信。

上杉謙信 (吉川英治歴史時代文庫) - 吉川英治
上杉謙信 (吉川英治歴史時代文庫) - 吉川英治


そしてやはり、この巻では収まりきらない男、織田信長!

現代語訳 信長公記 (新人物文庫) - 太田 牛一, 中川 太古
現代語訳 信長公記 (新人物文庫) - 太田 牛一, 中川 太古

で、この巻でやたらと百姓や兵員が「いくさはいやだ」ってセリフを繰り返し繰り返し言うんだけど、
それは明治生まれで太平洋戦争を経験した児玉幸多や、あおむら純が1941年生まれだったりするからじゃないの?

確かに「太平記」と名付けられた軍着物が14世紀後半には成立してたにせよ、あれは負けた南朝寄りの内容。

私本太平記 文庫 全8巻 完結セット (吉川英治歴史時代文庫) - 吉川 英治
私本太平記 文庫 全8巻 完結セット (吉川英治歴史時代文庫) - 吉川 英治

つまりはニンゲンは自分の「負け戦」が嫌いなのだ。

戦中教育を受けてた連中が平和の尊さとか言ってるけど、それは負けたからであって、勝てる筈が無い最悪な戦略状態なわけではあるが、もし下らない仮想戦記みたいに太平洋戦争に日本が勝ってたら、いまだに団塊世代の老害どもは軍国主義者だったと思う。

実際、戦中教育だの精神論だのを洗脳されてる連中と比べたら、現代に生まれ育っている世代の死生観や平和についての考え方は絶対に違う筈。

個々人が武装していて、他人のものを平気で奪うばかりか、家族同士も殺し合ったり、人質に出すのも平気だったりの生活してた連中なんて「人命尊重」なんてレベルに思考が到達する筈ねえよ。
搾取してて豊かな大名ですらそんななんだから、食うや食わずの連中側なんて知れた事だろ。

戦国時代の連中のものの考え方は、今現在でも戦時下にある不幸な方々はいるが、其処に暮らしている市民の方々の思考ともかけ離れているものだ。むしろISだの人の皮をかぶった悪魔どもに近いものだと思う。

攻撃されて巻き込まれた側でなく戦国時代に戦争に出兵して参加していた連中は戦争を「エンジョイ&エキサイティング」していた筈だ。


ベルセルク ミニフィギュア Vol.5 ワイアルド(通常版) 単品
ベルセルク ミニフィギュア Vol.5 ワイアルド(通常版) 単品

だって赤紙だの恐怖政治での徴兵制もねえし、嫌なら逃げる事も出来た筈。

こういう点、史実だのなんだの言いながら、現代人の思考にすり替えてしまっては如何に「たかがマンガ」だからいいだろうとでも思ってやがったのかもしれないがフィクションや誇張=マンガ表現が過ぎると思う。

日本の歴史 戦国大名の争い 戦国時代 (小学館版 学習まんが・少年少女日本の歴史〔改訂・増補版〕 10) [ 児玉 幸多 ] - 楽天ブックス
日本の歴史 戦国大名の争い 戦国時代 (小学館版 学習まんが・少年少女日本の歴史〔改訂・増補版〕 10) [ 児玉 幸多 ] - 楽天ブックス

posted by wolf_howling at 01:10 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

最近の記事