2020年08月10日

藤子・F・不二雄 SF短編 <PERFECT版>(3)俺と俺と俺

藤子・F・不二雄SF短編<PERFECT版>(3)俺と俺と俺 - 藤子・F・不二雄
藤子・F・不二雄SF短編<PERFECT版>(3)俺と俺と俺 - 藤子・F・不二雄

75〜76年作品。

ドラえもんが1974年の打ち切りを乗り越え、てんコミ単行本化で大ヒットした後で安定期に入る。
心にゆとりが出来てきたせいか、バッドエンドものも鬱の精神状態から導き出されたものと違い、計算された演出をする余裕ができている。

ドラえもん(6) (てんとう虫コミックス) - 藤子・F・不二雄
ドラえもん(6) (てんとう虫コミックス) - 藤子・F・不二雄

例えば「ウルトラ・スーパー・デラックスマン」は消化不良気味だった1970年の「カイケツ小池さん」を発展させた上で、ちゃんとしたオチを付けている。

藤子・F・不二雄SF短編<PERFECT版>(1)ミノタウロスの皿 - 藤子・F・不二雄
藤子・F・不二雄SF短編<PERFECT版>(1)ミノタウロスの皿 - 藤子・F・不二雄

この巻では小学館の学習雑誌掲載作品も収録されている
5年生向けの「なくな!ゆうれい」、
沖縄海洋博の開催時に連動した「ぼくのオキちゃん」、
「世界名作童話」はパロディのオムニバスもので、浦島太郎で「タコ」をイジメている3人の子供は、ジャイアンとスネ夫と、のび太(眼鏡はかけていない)だったり、ジャイアンが主人公の他愛ない軽めのギャグものまである。
「ヘンゼルとグレーテル」では
「わたしゃ、食べるひと」
「じゃあ、ぼく食べられるひと!?」

というセリフがあるが、これはが1975年当時に「ハウス シャンメン しょうゆ味」」のCMに「私作る人、僕食べる人」というキャッチフレーズがあり、当時の婦人団体から抗議を受けて放送打ち切りとなった日本初の事例となった。



なのに、あれから45年も経過しているのに

ポテトサラダ手作り事件はコロナ話題以外に碌なネタもないマスコミを1カ月以上経過しても未だに賑わせているが、

>『母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ』お惣菜コーナーで遭遇した、高齢男性と子連れの母親のやり取りに様々な声「作るの面倒臭い類なのに…」
https://togetter.com/li/1556170

TBSアナウンサーの国山ハセンは手間をかける事が愛情とのくだらない持論で炎上し「手間をかけなくていい」支持派側が現状に至ってTwitterでは優勢。

>「ポテサラ論争」でTBS国山ハセンアナが番組出演者から集中砲火…「手間暇=愛」説を掲げたところ…
https://www.chunichi.co.jp/article/88673

「自分で料理もしない上に、ポテチやアイス等の既製食品を口にしたことがない人間」なんて現代日本に何人いるの?
この時代錯誤連中の持論の意味は「手作りで衣食住をまかなえない老害や男は愛情も欠落している存在だから人道を外れており社会不適合」って自らの首を絞めるブーメランにならねえか?

川光商事 マッシュポテト 170g ×5個
川光商事 マッシュポテト 170g ×5個

話をレビューに戻す。

ブラックなだけでなく、ユーモアも徐々に入ってきているものの、まだ取り扱われるダーク側のネタは
土地問題、人生の選択とやり直し願望、ノストラダムスの詩が悪用された終末論などは相変わらず。

ノストラダムスの大予言 迫りくる1999年7の月人類滅亡の日 (ノン・ブック) - 五島勉
ノストラダムスの大予言 迫りくる1999年7の月人類滅亡の日 (ノン・ブック) - 五島勉

そんな中、「光陰」という作品。
苗字が「藤木」と「安野」にはなっているが、藤子不二雄のFとA両氏の似顔絵が禿げ頭になっている事でも伺えるモデルだ。
昔話に花を咲かせる中で「寺山」は寺田ヒロオ、つのだじろうは「角石」、「赤坂」は赤塚不二夫と伺える。

ベレー帽をかぶられていたものの、亡くなられた62歳の時でも藤子Fはつるっぱげではなかったし、存命中の藤子Aもまだ頭は薄い様子はない。

藤子F氏は自宅で執筆中に鉛筆を持ったまま意識を失われ、3日後に亡くなった。

御二方が禿げ頭の御爺さんになるまで存命されて、ゆっくりと話せる時が本当にあればなあと思わずにいられない。

藤子・F・不二雄SF短編<PERFECT版>(3)俺と俺と俺【電子書籍】[ 藤子・F・不二雄 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア
藤子・F・不二雄SF短編<PERFECT版>(3)俺と俺と俺【電子書籍】[ 藤子・F・不二雄 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア

posted by wolf_howling at 07:13 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

最近の記事