2021年02月11日

マッハ! ニュー・ジェネレーション



雑なストーリー。
特にラストのヴィランの扱いは制作側が勘違い期待しての続編用のオチのせいか不快極まりない。

演技力だけでなく華の無い出演者たち。
数だけはいっぱいいるけど、主人公の仲間たちにも悪役にも華が無い。

それらが折角のラスト付近の迫力あるスタントアクションの足を引っ張り過ぎ。

ネタバレ含めダメな個所を指摘しよう。

勝利にカタルシスが無い。人質となった母親や弟を助ける目的は解る。
けど、残虐ファイトを見世物にするのならバトルロワイヤル的な内容に運ぶのならまだしも、

バトル・ロワイアル [DVD] - 藤原竜也, 前田亜季, 山本太郎, 栗山千明, 塚本高史, 高岡蒼佑, 石川絵里, 深作欣二, 高見広春, 深作健太, 藤原竜也
バトル・ロワイアル [DVD] - 藤原竜也, 前田亜季, 山本太郎, 栗山千明, 塚本高史, 高岡蒼佑, 石川絵里, 深作欣二, 高見広春, 深作健太, 藤原竜也

憎らしいヴィランが圧倒的に強くて主人公達がチームで戦っても次々瞬時にやられていくのに対して、ダメージ受けながらの袋叩きで勝利。

石や鉄棒も武器としてつかってるけど、だったら武術アクション関係ない殺し合いでもすればいいのに。
主犯格はピストルで襲ってくるのに、奪ったピストルで撃ち合い。

バイクアクションやカーアクションなどもあるけど、つまるところ出演者は「スタントマン」なのだと再確認させられる。

この人たちはアクション俳優でなくスタントマンを長くやり過ぎたのだろう。

負け癖のできてしまったものが勝者になりにくくなってしまう現象と同じだ。

やはりトニージャーのスター性は別格なのだと再確認した。

マッハ ! プレミアム・エディション [DVD] - トニー・ジャー, ペットターイ・ウォンカムラオ, プマワーリー・ヨートガモン, プラッチャヤー・ピンゲーオ
マッハ ! プレミアム・エディション [DVD] - トニー・ジャー, ペットターイ・ウォンカムラオ, プマワーリー・ヨートガモン, プラッチャヤー・ピンゲーオ

つまりは彼の出ていないタイ映画はスタントしか見る所がない証拠の一つになってしまっている。

マッハ! ニュー・ジェネレーション [DVD] - スパコーン・チャイモンコン, カズ・パトリック・タン, パンナー・リットグライ, スパコーン・チャイモンコン
マッハ! ニュー・ジェネレーション [DVD] - スパコーン・チャイモンコン, カズ・パトリック・タン, パンナー・リットグライ, スパコーン・チャイモンコン

posted by wolf_howling at 09:22 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

最近の記事
(04/16)ゴルゴ13(8)『マニトバ』『素晴らしきシカゴ』『デスマスクの肖像』『仮面の標的』『マッディブラッド』
(04/16)2021年04月15日の遠吼え
(04/15)2021年04月14日の遠吼え
(04/14)ゴルゴ13(7)『AT PIN−HOLE!』『Dr.V・ワルター』『国際ダイアモンド保安機構』『番号預金口座』
(04/14)2021年04月13日の遠吼え
(04/13)ゴルゴ13(6)『喪服の似合うとき』『ラブはナイフ』『17人の渇き』『激怒の大地』
(04/13)2021年04月12日の遠吼え
(04/12)2021年04月11日の遠吼え
(04/11)機動戦士ZガンダムV −星の鼓動は愛−
(04/11)ラグナロク オーディン神話伝説(2013年製作/94分/ノルウェー)
(04/11)2021年04月10日の遠吼え
(04/10)ゴルゴ13(5)(『殺意の交差』『白の死線』『スタジアムに血を流して』『飢餓共和国』)
(04/10)ゴルゴ13(4)(『査察シースルー』『WHO!?』『価値なき値』『魔笛のシュツカ』)
(04/10)2021年04月09日の遠吼え
(04/09)ブレンダンとケルズの秘密【吹替版】(2009年)フランス、ベルギー、アイルランド合作
(04/09)2021年04月08日の遠吼え
(04/08)ソーシャル・ネットワーク【吹替版】(2010年)
(04/08)2021年04月07日の遠吼え
(04/07)ゴルゴ13(3)『駅馬車の通った町』『メランコリー・夏』『猟官・バニングス』『ベイルートVIA』『最後の間諜−虫−』
(04/07)2021年04月06日の遠吼え