2021年04月17日

ゴルゴ13(9)『ラオスのけし』『デス・バレイ』『内陸地帯』『誕生日に白豚を殺せ!!』『暗い街灯の下で』

ゴルゴ13(9) (コミックス単行本) - さいとう・たかを
ゴルゴ13(9) (コミックス単行本) - さいとう・たかを

『ラオスのけし』は1971年2月の発表作品。脚本協力は森幸太郎。

概要として、ゴルゴはCIAから麻薬王を殺す依頼を受ける形だ。

作中でCIAは
「けし栽培地として名高いラオスのジャール平原をめぐって、ラオス政府軍とパテト・ラオ(ラオス愛国戦線)軍、それに北ベトナム混成軍との死闘が、何回となくくり返されている」

といい、

GRU(ロシア連邦軍参謀本部情報総局)工作員は

「アメリカ空軍は、1ヶ月のべ12500機の戦闘爆撃機を投じ、ベトナム北爆を上まわる大量の爆弾をジャール平原にただきこんだ。
にもかかわらずジャール平原はパテト・ラオ軍に完全に制圧されるにいたっている」


と語る。

米軍が中立国であるラオスに無責任にバラ撒いた爆弾総量は200万トン以上。
ラオス全人口の約1割、30万人以上がラオス空爆でアメリカ人に大量虐殺された。
クラスター爆弾や地雷は現在でも不発弾としてこの地域を脅かしている。

作中に元フランス外人部隊が出てきてゴルゴをおちょくった挙句にボコボコにされているが、
ラオスやベトナムがフランス植民地支配を受けてきた仏領インドシナだった歴史背景もちゃんと匂わせている。

フランス人は自分たちで争わない: フランス外人部隊日記 日記シリーズ (ノンフィクションライトノベル文庫) - 大仏見富士, ロボットマナブ
フランス人は自分たちで争わない: フランス外人部隊日記 日記シリーズ (ノンフィクションライトノベル文庫) - 大仏見富士, ロボットマナブ

この作品が掲載された1971年にはまだラオスは内戦中で、
1975年のベトナム戦争のサイゴン陥落をうけ、ラオス首都ビエンチャンで2万人もの反右派住民デモが起きた。
王国軍は解散となりパテト・ラオ側が勝利した形となった。

サイゴンのいちばん長い日 (文春文庫 (269‐3)) - 近藤 紘一
サイゴンのいちばん長い日 (文春文庫 (269‐3)) - 近藤 紘一

北ベトナム軍とパテト・ラオ、つまりはインドシナ半島で共産勢力が勝利した。
現在においてもラオスはラオス人民革命党による一党独裁体制の社会主義共和制国家だ。

この敗北に至る事を躍起になって止めようとしていたのがアメリカ。
ラオス内戦についてはCIAが画策担当していた。

そしてこの話ではCIAが麻薬売買で軍資金を得ている組織を叩くようにゴルゴに銘じている「様に見える」。

だが実態としてCIAは「エア・アメリカ 」というフロント企業をつくり黄金の三角地帯で自らが麻薬や武器の空輸を行っていたのだ!

エア★アメリカ HDマスター版 [DVD] - メル・ギブソン, ロバート・ダウニー・Jr, ナンシー・トラヴィス, レイン・スミス, デヴィッド・マーシャル・グラント, ケン・ジェンキンス, ロジャー・スポティスウッド
エア★アメリカ HDマスター版 [DVD] - メル・ギブソン, ロバート・ダウニー・Jr, ナンシー・トラヴィス, レイン・スミス, デヴィッド・マーシャル・グラント, ケン・ジェンキンス, ロジャー・スポティスウッド

1972年にアルフレッド ・ウィリアム・マッコイによりアメリカCIAによる麻薬密売は明らかにされた。

>CIA麻薬密売の申し立て - Allegations of CIA drug traffickingWikipedia site:ja.wikiarabi.org
https://ja.wikiarabi.org/wiki/Allegations_of_CIA_drug_trafficking

>アルフレッドW.マッコイWikipedia site:ja.wikiarabi.org
https://ja.wikiarabi.org/wiki/Alfred_W._McCoy

ヘロイン―東南アジアの麻薬政治学 (1974年)上下2巻 - アルフレッド・W.マッコイ, 堀 たお子
ヘロイン―東南アジアの麻薬政治学 (1974年)上下2巻 - アルフレッド・W.マッコイ, 堀 たお子

しかしフィクションながら、既に松本清張が1969年に連載した『象の白い脚』という作品でアヘン密売にCIAが関与している陰謀を描いている。
証拠が公にされるまで時間はかかったものの当時でも周知の事実だったのだろう。

ゴルゴはアメリカから請け負った形で共産勢力側の麻薬組織をターゲットにしたとして描かれているが、
結果論的にはCIAという麻薬密売組織が商売敵を殺し屋に襲撃させたギャング抗争だったわけだ。

P+D BOOKS 象の白い脚 - 松本清張
P+D BOOKS 象の白い脚 - 松本清張

posted by wolf_howling at 15:58 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

最近の記事