2021年10月24日

「新・藩翰譜 森一族」 思わぬ良作を発掘

なんとなくで詠んだマンガだったが、色々と感心する所があった。

森一族 2(再興編)―新・藩翰譜 (ビッグコミックスゴールド) - 久保田 千太郎
森一族 2(再興編)―新・藩翰譜 (ビッグコミックスゴールド) - 久保田 千太郎

主人公「森長直」の死をもってのラストは打ち切りを感じさせる余韻もない急ぎ足での幕引きではあるものの、
全16話と短さもサクッと読めるので、現代にはマッチしている感もある。
単行本出版されていた1996年はバブル崩壊といえど、まだ遥かに経済的には余裕の時代だったがため、当時はウケなかったのだろう。
その分、今の時代に読むと丁度いいかもしれない。

バブル―日本迷走の原点―(新潮文庫) - 永野健二
バブル―日本迷走の原点―(新潮文庫) - 永野健二

タイトルが「森一族」なので、森蘭丸や「鬼武蔵」森長可の戦国時代の活躍話かと思って読んでみようかとおもい、読み始めたのだが、

森蘭丸 - 中村扇雀, 坂東好太郎, 山村聰, 宮城野由美子, 広岡三栄子, 宮城千賀子, 小林桂三郎
森蘭丸 - 中村扇雀, 坂東好太郎, 山村聰, 宮城野由美子, 広岡三栄子, 宮城千賀子, 小林桂三郎

森長可 信長も一目置いた若き猛将「鬼武蔵」 (PHP文庫) - 谷口 研語
森長可 信長も一目置いた若き猛将「鬼武蔵」 (PHP文庫) - 谷口 研語

読み始め直後に江戸元禄時代の話と即時判明する。
世界史に類を見ない狂気法律「生類憐れみの令」を出したクズ将軍である徳川綱吉の時代だ。

逆張りで目立とうとするインチキ歴史屋が綱吉を擁護したりしてやがるが、
世界レベルの恥を褒める価値観はナチシンパと同類だからな!

犬公方という狂気の沙汰だけでなく、幕府の財政悪化を招き、悪貨を広めて経済混乱を巻き起こした結果からも明白が過ぎる。
暗君なのは揺るぎようもない事実!!!

折たく柴の記 (岩波文庫) - 新井 白石, 明, 松村
折たく柴の記 (岩波文庫) - 新井白石, 明, 松村

徳川幕府ができてからは外様大名ではあるものの清和源氏の流れをくむ森一族は森長可や森蘭丸の活躍した戦国時代から名門武家として知られていた。

しかし、主人公の甥である森長成が幕府から受けた命令は現在の中野駅付近に約30万坪にもおよぶ「お犬小屋」をつくれというものだった。

これは犬公方の狂気だけでなく、参勤交代と同様に徳川幕府が大名たちを経済的に疲弊させる事も目的とされている。
(本作でも参勤交代の経費削減を如何にしたかは描かれている。)

超高速! 参勤交代 Blu-ray - 佐々木蔵之介, 深田恭子, 伊原剛志, 寺脇康文, 上地雄輔, 知念侑李(Hey!Say!JUMP), 柄本時生, 六角精児, 市川猿之助, 石橋蓮司, 陣内孝則, 西村雅彦, 本木克英
超高速! 参勤交代 Blu-ray - 佐々木蔵之介, 深田恭子, 伊原剛志, 寺脇康文, 上地雄輔, 知念侑李(Hey!Say!JUMP), 柄本時生, 六角精児, 市川猿之助, 石橋蓮司, 陣内孝則, 西村雅彦, 本木克英

広大な犬小屋には莫大な資金が必要なため、美作津山藩18万6500石の藩費だけではなんともならず、商人達から借金をして資金調達を行う。

借金を抱えた形ではあるが何とか犬小屋は完成するも、今度は藩主が乱心として取り潰しの危機に。

古い時代の家臣達は、幕府と戦って散ろうと主張する。
綱吉の腰ぎんちゃくである柳沢吉保は大名同士の戦闘衝突での疲弊を目論み、播磨「赤穂藩」に森家の明け渡し対応をさせる。

森長直は組織や領民を守る為にあえて改易後、2万石の立藩で生き延びる道を探る。

そして、徳川綱吉の時代で、赤穂藩が関わるあまりに有名な事件が…。

忠臣蔵[上] (徳間文庫) - 森村誠一
忠臣蔵[上] (徳間文庫) - 森村誠一

マンガとして誇張演出されたバトルシーンなどもあるが、
「カッとなってやった」浅野内匠頭や、
本来なら幕府の綱吉を攻撃すべきところを、吉良上野介をターゲットとしてテロ事件を起こした赤穂浪士の末路とは違い。
(他の儒学者が賛美助命を薦めたのに対して、荻生徂徠が切腹させるべきと主張しているシーンが本作にもある。
柳沢吉保がそれを心中で褒めているコマもあるため悪役に加担してる風にも描かれているが、
実際、幕府として助命したらダブスタになるだろうし、浪人たちが武士として死ねるなら彼らの本望だろというバランスの取れた具体策は当時の裁定としては最良策だろう。)

知の巨人 荻生徂徠伝 (角川文庫) - 佐藤 雅美
知の巨人 荻生徂徠伝 (角川文庫) - 佐藤 雅美

森長直が無茶ぶりに対して辛抱や工夫で、如何に屑政権と対応し、家や人々を守ったかという物語な点が興味深い。

「悪は滅びる」ものでないので、「蔓延る悪と如何に理性的に対応するか」というのは一読の価値があると思う。

森一族 上 - 久保田千太郎, ほんまりう
森一族 上 - 久保田千太郎, ほんまりう

森一族下 (ゴマブックス×ナンバーナイン) - 久保田千太郎, ほんまりう
森一族下 (ゴマブックス×ナンバーナイン) - 久保田千太郎, ほんまりう

posted by wolf_howling at 03:37 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

最近の記事