2007年07月22日

「時をかける少女」アニメ版




はい。フジテレビ。
旧作品紹介はまだしもネタバレが絡む要素までのぶちまけと、
EDカット。

人の心情が汲み取れない奴は、エンタメも報道もする価値ねーぞと。


で、作品映像はCG多用してるけど、
消火器以外は色トレしてないこの絵も動いてれば観れる訳だから、
結局は線数が少なくても観れる貞本キャラの勝利だな。

モノノ怪みたいな、動いていない誤魔化し紙芝居アニメは実際動画や映像である意味が無いわけだよな。

FlashやAfterEffectクリエータで、ちゃんと動画やモーションやってる人にはチャンスは多いぞ!

Adobe Creative Suite 3 日本語版 Production Premium 特別提供版(PRODUCTION PREM GRP) Windows版
Adobe Creative Suite 3 日本語版 Production Premium 特別提供版(PRODUCTION PREM GRP) Windows版
アドビシステムズ 2007-07-13
売り上げランキング : 9678

Amazonで詳しく見る



西山和子は薬学続けてないって事?
じゃあ全然待って無いじゃん魔女おばさん(W

ラベンダーのギミックは流石にバイオだのの発達した昨今から見れば無理が多すぎるから其処と切り離しつつ、演出こじつける為のキャスティングなんだろうけど。

「思春期の女の子には”よくあることなのよ”」って台詞に
笑いながら突っ込みいれてもらう為のキャラだけだと弱いしね(W

ストーリーだけど、ゲーム世代の「リセット」という概念がこのギミックには大きく寄与できているのだろう。
加えて、ダビングやデジタル編集という映像や音楽の製作技法も。

ともあれ、今風アレンジは成功してるし、ギミックの矛盾個所を気になりにくく修正してるのにも成功はしてるね。

(でも、実写映画に対しても筒井康隆は「シナリオ・時をかける少女」って書いて角川の撮るアイドル売り込み映画批判してたっけな−そういや)

なんだけど、まぁこの映画のカタルシスの無さが魅力の一部なんだろうけど、
報われない恋ってのはどうなんだろうねぇ。
俺は合理主義者なんで、帰らない人に操を立てて年食ってそれこそ「時間を無駄」にするよりも、ギブアップをポジティブ思考にスイッチバックする技術も必要かと。
プラトニックは美しいがそればかりでも無理は来るからなと、穢れたオヤジは言ってみる。

でも、総合評価的に観ては面白い作品として推せる。
(口汚い毒舌の俺だからココ読んでる方は「コイツが誉めてるよ!」って驚くかも(W)

「あの時ああできれば・・・」って後悔は差こそあれ万人の共通経験だろうし、

ある意味でザ・ワールドやキラークイーン バイツァ・ダストの能力を凌駕するスタンドだが(W

ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース DVD-BOX
ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース DVD-BOX小杉十郎太 大塚周夫 小林清志

角川エンタテインメント 2007-05-25
売り上げランキング : 1229

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド JOJO A-GOGO JOJO6251―荒木飛呂彦の世界 死刑執行中脱獄進行中―荒木飛呂彦短編集 ジョジョの奇妙な冒険 アドベンチャーバトルカード A ブースターパック BOX



ジョジョの奇妙な冒険 (18)
ジョジョの奇妙な冒険 (18)荒木 飛呂彦

集英社 2004-02
売り上げランキング : 13814

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ジョジョの奇妙な冒険 (19) ジョジョの奇妙な冒険 (20) ジョジョの奇妙な冒険 (21) ジョジョの奇妙な冒険 (22) ジョジョの奇妙な冒険 (23)



時間も使い方。

どんな大富豪も赤ちゃんも誰もが24時間しか持たない点では公平だ。

そして、物質、エネルギー、空間、時間の中で「不可逆」なのも時間だけだ。

ソース失念したのが悔やみなのだが、何かのアニメの台詞の
「時間は裏切らない」
というのが俺の座右の銘だ。

時間を大切に。

そのためにこそ、「良く後の事を考えて」から「ちゃんと行動に移す」ってのは必須だと思うんだよね。

刹那的快楽主義は結果コレにもっとも相反する結末をもたらす愚行。
そして、恋愛だの結婚てのは相手あっての事だけど、孤独って状態は色々あると思う訳だわ。

地球にも自分にも愛する人にもやさしくな!
(・・・アレ?どうしちゃったんだオレ?)




posted by wolf_howling at 00:49 | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事