2007年07月26日

JASRACのWeb動画への対応

>JASRAC、動画共有サイトにおける楽曲利用の許諾条件を発表
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070726_jasrac/

>動画投稿(共有)サービスにおける利用許諾条件について
http://www.jasrac.or.jp/release/07/07_4.html


>1.ストリーム形式によるサービスであること

えーと。ストリームならクライアント側で保存できないなんてまさか考えてませんよね?


>2.管理運営する事業者の責任において、作詞家・作曲家、脚本家、レコード会社、実演家、放送局、映像製作者その他の権利侵害を防止すること

何だよ”その他”って!
何の線引きもされてないのと同様だな。


>3.上記を実現するための技術的な手段、具体的な対策などを講じていること。
A)運営者側の責任によるアップロード作品の目視などによる事前チェックもしくは事前と同等のチェック

へー。技術云々の前に
「音楽を”目視”確認できる人」っているの?(苦笑)


明文化してるもの上がってきてるってのでみてみりゃ、
お話にならないレベルですね。

結局、権利侵害問題より金の問題だってのだけが良く伝わる文面ですね。

posted by wolf_howling at 15:50 | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事