2007年08月07日

ソフトバンク・メディア・アンド・マーケティング記者の著作権への異常感覚

>mixiがYouTubeと組む理由
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0708/06/news049.html

実質は「収益の目処も無く模倣動画サービス始めてみたものの・・・」って事でしかないように思う。
ただでも大変なサーバのお守り考えれば、mixi動画自体はアウトソースなら方向修正し切り捨てるべきなのに、
有料会員以外にも無料化とか、真逆のいさぎ悪い対応を選択している。
ハンドルきり損ねたミスはミスと即時に認めたほうがいいのに。

一方、この記事の書き方が酷すぎると思う。

>違法コンテンツはわざわざmixi動画に上げなくてもYouTubeから引用すればいい

なーにが“著作権リスク”のアウトソーシングだ!
これはただの見てみぬ振りの「責任転嫁」だろ!
これがソフトバンク・メディア・アンド・マーケティングの著作権への感覚ですか?

この岡田有花って記者はネトラン擁護側ってレベル見てもどういう思想の持ち主かよくわかる!
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0708/06/news077.html

Winnyやぶっこぬきツールだののことは都合よく無視編集してんじゃねーよ!

あんなのが「心のふるさと」ですか。
お里が知れるってのはこのことか!

posted by wolf_howling at 12:58 | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事