2007年09月13日

猪瀬直樹と田原総一朗は裏金擁護

>「政治とカネ」の報道は魔女狩りと化している - ビジネススタイル - nikkei BPnet
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/inose/070911_7th/index.html

猪瀬直樹ってここまで頭が悪いとは思わなかった。


>政治家は身ぎれいでなければいけない」……これは確かに正しい。

>事後法の考え方で、おかしい。初めから1円と法律で決めてあれば守らなければいけないが、そうではないからだ。


これ、明らかに矛盾したものいいじゃん!

それと下記の文でも明らかにコイツと田原総一朗の感覚が問題なのは

>未公開株の譲渡は違法ではない

>この未公開株を配ったことが、リクルート事件の始まりとなった。じつは、配ること自体に違法性はなかった。当時は、信頼できる財界人に未公開株を持ってもらうのは、常識の範囲内だった。


コイツの考えではルールとして以前にモラルとしてあるべきものも、法律になってなければ何をやっても構わない。むしろ常識とほざいてるわけですよ。

法律は破ってねーだろ、文句あんのカヨ!って事だろ。

何処のチンピラの言い草だよ!ガキみてーなことぬかしてんじゃねーぞ!

法律って欠陥だらけのものの穴を抜けて、一般人の力の及ばないところで営利活動を行う事が合法だから構わないって言い草なわけだよ。

モラルハザードした奴らがどの面下げて、作家面、記者面だよ。
親はどんな躾をしてこんな性格破綻した人格形成人間育てたんだ??


>「もう仕事をしてくれ」という民意をないがしろにしている。


政治家が金や女関係で綺麗な事が前提で選出されてるんだから、
その骨子が嘘偽りの塊だったんだから、これは仕事以前の問題だろ!
何処に、政治家と金の流れをいい加減にしろなんて民意があるんだよ!
民意だのいいながら独裁者みたいに勝手にきめつけてんじゃねーよ!
おまえこそ空気読め!!

>仮に、国会議員全員を徹底的に調査したら、共産党と公明党の議員を除いてみんな引っかかるだろう。


これは政治的な牽制をマスを通じてテメーもアジしてるってことだよなー(苦笑)

何より、一部の政治家は清廉潔白にできているとしたら、金まみれの政治家の方がちゃんと出来てない理由にならないって言えるじゃん。
脳内で論理的思考ここまでできてないってのも珍しい。正気なのこの人??

道路俗を批判したのは所詮、売名行為の演技だったってことだな。

田原の本の宣伝してくれって記事を広告費用も払わずにこじつけて書こうとして本性出ちゃいましたってか。

何より田原を褒めながら日経に記事書いてマス批判だって!

間抜けにも程がある。


--追記

政治のホンネとタテマエというのは、例えば外交などで全てを馬鹿正直にぶちまけて台無しにすることの無いように等というのは解ります。
それは政治としての当然のテクニックでしょう。

一方で、政治と無関係に私服を肥やすために=公の事とは無関係であまりにも私的な営利の為に、
事務所の経費を虚偽計上して、鉄砲玉や家族にお勤めさせたり、
秘書が突発的に自殺したり、
更には現役大臣自身が自殺したりってのは
「誰にでもよくある間違い」や「政治家自身がやってない」って自称ジャーナリストの言い訳としてはあまりにも浅いのではないかと考えます。

>共産・公明の議員だって必ずしも清廉潔白じゃないだろうし、それ以外の政党にだって清廉潔白な御仁はいる筈だから。

お察しの通りです。
ここで猪瀬が共産・公明の名前を出さなければいけない理由が裏にあるとしか思えません。
田原の書籍によせてとしての内容で、自分が藤波と関係があることを述べているので、そちらからの何らかの働きかけがあったのかもとも読めます。

posted by wolf_howling at 14:07 | TrackBack(0) | ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事