2007年11月14日

ポパイのアリ・ババと40人の盗賊 日本語吹替え版

ポパイのアリ・ババと40人の盗賊 日本語吹替え版
http://streaming.yahoo.co.jp/c/t/00290/v01862/v0186200000000370908/

ポパイのアラジンと魔法のランプ 日本語吹替え版
http://streaming.yahoo.co.jp/c/t/00290/v01862/v0186200000000345569/

ポパイの船乗りシンドバッドの冒険 日本語吹替え版
http://streaming.yahoo.co.jp/c/t/00290/v01862/v0186200000000345567/

ポパイはミッキーより前のアニメなので当然著作権は50年以上どころかしっかり70年経過してるんで保護期間満了してるんだけど、カラー作品だな。

このフライシャー兄弟版よりは俺はハンナ・バーベラ版の方が馴染みが深い。
昔はテレ東で「まんがのくに」ってのでアメリカアニメの強引な吹き替え版をやってて、それをやたらと見てた。

カトゥーンのモーションが良くかけてるのと、背景画が美麗なのに驚いた。

まー、ディズニーのケースだけど、戦争中にもアニメーターがギャラが少ないとかストライキやったりしてる位、金に関してはハッキリしてる分、品質管理もしてたんだろな。

今、ハリウッドの脚本家がストライキやってるけど、日本だと声優や俳優のストはあったけど、アニメータとか脚本家はそんな感じで纏まってないからね。
で、PだのDだの側の「制作委員会」とか言ってる連中は搾取するばかりで、韓国にアウトソースしたりして、品質も劣化しジャパニメーションは滅ぶと。
国策でコンテンツが儲かるとか力入れるとか文化庁の役人は言ってるくせに、創り手の恩恵が薄すぎるから枯れちまうんだろと。
儲かる仕組みが無いところに仕事はねえよ。

そういや、声優といえば、この日本語吹き替えは当時の「なんてこったーい!」って声と違って、肝付兼太だな。

下記のDVDはタイトルが微妙に違うけど、中身はフライシャー兄弟版で同じ筈。
これはチョーさんがあててるんだ(W それも聞いてみたい気がするなー。


ポパイのアリババ退治【日本語吹替版】
ポパイのアリババ退治【日本語吹替版】長島雄一 水谷優子 島香裕

アイ・ヴィ・シー 1998-01-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る

posted by wolf_howling at 02:52 | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事