2007年11月30日

私的録音録画小委員会でのダウンロード違法化には反対

俺も著作権侵害てのは大問題で、特にコンテンツ製作屋やソフト製作屋には死活問題だと思う。
でも、楽譜版権屋だの右のものを左に持ってくだけで関税よろしく金を取ろうと寄生してる連中こそ有害だと思っている。

>「ダウンロード違法化」に反対意見集まるが…… 埋まらぬ「権利者」vs.「ユーザー」の溝
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0711/28/news132.html

>「個別の項目について賛成・反対を言い合うだけでは意味がない」という意見も出、例えば「違法サイトからの複製を違法とするなら補償金制度は縮小する」とか、逆に「違法サイトからの複製を合法とするなら、補償金制度は拡大する」といった、制度全体について建設的に議論していくべき


結局、カスラックとか放送屋はDRMだの技術的な工夫もせず、モノ創りしてる側の仲介やってる程度なのに、何をしたって金よこせってだけ!

>「『情を知って』の基準があいまい」


ごもっとも!気分で違法合法決めようってのかよ!魔女裁判や宗教裁判かよ?!

>「ダウンロードに限定するとのことだが、ストリーミングとダウンロードを切り分けるのは難しく、適用範囲がストリーミングに広がる危険性もある」


そもそもストリーミングなら録画されないなんて思ってるシロートの浅はかさだよな。

>「違法サイトと適法サイトの区別は、ユーザーからは分からない」という意見について、日本レコード協会などは「『適法マーク』を制定し、知らずに罪を犯すリスクをユーザーに負わせない」と説明してきた。これに対して個人から「動画投稿サイトや海外のサイトなどはそういったマークを付けることができず『適法市場』から不当に締め出される」といった意見が多く寄せられた。


どうせ、適法マークだので金を取ろうだのって算段なんだろ。
こんなじゃタックスヘブンみたいにコンテンツロンダリングなんてのも今後あるかもな。

>「私的複製による経済的不利益はそもそも存在するのか」という根本的な部分について議論が尽くされていないという意見も、ユーザーやメーカー側などから多数出ている。


これを証明しないと、呼吸することにCO2出したとかって言って環境税かけるみたいなもんだぜ。

>『権利者に不利益を及ぼさない複製だけが出来る媒体』というのは存在しない


だったら、メディアに載せず街頭演奏だので録音禁止にして小銭でも稼いでろよ!!

>JEITAは「全ての地上波放送がデジタル化され、DRMがかかる2011年には、録画に関しては補償金が不要になるはず」と主張するが、日本民間放送連盟やNHK、JEITAは「デジタル放送のDRMは権利者が積極的に私的利用を許容する意図を持ってはいない」とし、補償は必要としている。


んー。この記述変じゃない?JEITAは主張したことに自分で反対してるの??あきらかな誤記では。

それ以外はこの長い書記的記事はGJでした。岡田有花さん。
グループ企業のYahoo社長の井上に噛み付く気概を見せた以降、何かジャーナリズム的に開眼した?(W


>ダウンロード違法化などに7,500件の意見集まる、私的録音録画小委員会
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/11/28/17668.html

>日本民間放送連盟が「放送番組を一度でも録画されれば、放送番組の二次活用を行なうにあたり、正規品の購入や再放送の視聴が妨げられる」


とか言ってて、ビデオやレコーダーのCM流すコイツラにロジックは存在しない。

>著作権と著作隣接権は違うよ。(全然ではないけど)違うよ。
http://blogs.itmedia.co.jp/kurikiyo/2007/11/post_9c9b.html?ref=rssall

まーたエイベックソか。
のまネコであれだけ問題やらかして、ニコ動と組むとか支離滅裂なことやってて、どの面下げて。

>著作権そして実演家の著作隣接権はクリエイター保護という要素が強いのに対して、レコード会社・(有線)放送事業者の著作隣接権は産業政策的な要素が強く、性質が異なる


むしろ、中抜き連中をパスして流通させるWebの仕組みがあればレコード会社や放送屋の理屈は通らない。

ブロガーと、ブログ提供ASPの著作隣接権問題の時も思ったが、
たとえば鉛筆作って売ってる人間が全ての絵画の著作権を持ってるとかって主張をすること並に、横流ししてるだけの連中の言い分はおかしいって。

posted by wolf_howling at 00:13 | TrackBack(0) | 自由なモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事