2007年12月05日

蕎麦蜂蜜と乳幼児での注意!研究発表の鵜呑みは危険!

下記は取り扱い注意!!

>子どものせき、市販薬よりはちみつが効果ある可能性=米研究
http://www.excite.co.jp/News/odd/00081196751506.html

ソースとしての掲示で、これを俺は決してオススメしません!!!

>関連業界の出資で設立された米農務省傘下の「米国蜂蜜(はちみつ)協会」から資金提供を受けて

ここでもう科学的判断の公平性欠いてるじゃねーか!!

>『はちみつは1歳未満の乳幼児には適さない。

これ、超重要!!!

ボツリヌス菌の芽胞が蜂蜜には含まれる可能性があって、
胃酸の分泌量が大人と違う、消化器官が大人より短い、また腸内細菌が十分な繁殖をしていない乳幼児は幼児ボツリヌス症にかかる危険性がある。

>気をつけて損は無い食べ物の話
http://www.eonet.ne.jp/~aiwakai/higehakase.htm

>乳児ボツリヌス症 Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%84%E3%83%AA%E3%83%8C%E3%82%B9%E7%97%87#.E4.B9.B3.E5.85.90.E3.83.9C.E3.83.84.E3.83.AA.E3.83.8C.E3.82.B9.E7.97.87

>蜂蜜について因果関係が明白になっている

厚生省からは蜂蜜は『一歳未満の乳児には与えてはいけない』旨の通達がでてる。


あと、アレルギーのある場合、蜂蜜で症状悪化の危険性が。

この発表のケースはよりにもよって蕎麦はちみつだし、

蕎麦アレルギーの重度の方では蕎麦が微量でも亡くなる方もいるので要注意!!!

>離乳食 与えてはいけない食品 Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%A2%E4%B9%B3%E9%A3%9F#.E4.B8.8E.E3.81.88.E3.81.A6.E3.81.AF.E3.81.84.E3.81.91.E3.81.AA.E3.81.84.E9.A3.9F.E5.93.81

* そば、イカ、タコ、エビ、カニ…初期まで。
* もち…中期まで。後期以降でも細かく刻んで与える。
* 卵白…中期〜後期まで。
* にんにく…後期まで。
* はちみつ…満1歳まで。


しかも、なぜ子供限定なの?
のどの雑菌の繁殖を押さえるだのって意味からすれば、大人でもいいわけであって、「非論理非科学」だろこれ。

命に関わる危険のある内容でいいかげんなことを広めることは許されないと思うんですが。

大人用の市販のうがい薬も一概に勧められない理由としては、ヨードとかだと、口内の無害な常在菌も死んじゃうので、かもす陣取り合戦の関係で有害な雑菌がわきやすくなる可能性もあるので、咳止めを否定するとすればそっちの問題だろ。

>うがい薬は逆効果??
http://blogs.yahoo.co.jp/mboggie82/47482705.html

>京都大学の研究だそうですが、風邪予防にうがいを一日3回すると、何もしなかった群に比べ、風邪の発症を36%抑制することが可能であるが、ヨード含有のいわゆるうがい液を使用するとその効果がなくなってしまう


俺自身は蜂蜜も蕎麦も好きだけど、人や扱いによっては取り返しがつかないこともあるってのは知識として持っておいて損は無いはず。

posted by wolf_howling at 03:30 | TrackBack(1) | 科学の威力だ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

離乳食 アレルギーについて
Excerpt: 生後241日離乳食47日目の火曜日。 おかゆ大さじ4〜5 解凍 。 納豆 レンジでチン 小さじ2くらい。 ほうれんそう 少々 。 お出掛けの用意で バタバタ してたので(言い訳)、 こ...
Weblog: 離乳食に困っているあなた!その解決法は・・・
Tracked: 2007-12-05 08:49

最近の記事