2008年01月03日

復活の日




草刈正雄/復活の日 DTSプレミアムBOX(限定)

http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0047050/

これは重いし、切ないんだけど、面白い。

27年前の邦画なのに、今のドラマだのの劇場版だのなんかより遥かにスケールでかい!!
南極ロケとか、実物の潜水艦使っての撮影とか。
OP曲と南極の風景の物悲しさ。

小学生だった俺はなんか悲しい映画だなぁって観てた程度だけど、
年食って、世界中が戦争大好きなバカどもに脅かされてるって現状も知ったし、
AIDS、SARS、エボラだの恐ろしいばかりの殺傷力、感染力を持つVIRUSの存在も知ったし。

バイオテクノロジやナノテクだのも当時の比じゃないのが現状だしね。

にしても、なんで日本人はVIRUSの事をウイルスっていうようになってんだかなー。
まだ昔のビ−ルスって発音の方が英語の音、あえてカタカナでかくとバイルスって感じの方にはまだ近いよな。

だけど、東京の死者総数の方がユーラシア側より多いってのもSF的な考証としてはおかしい。医療の保健体制や検疫にも差があるし。さほど東京って所はそういうのは酷くはないよ。よっぽど海外の方が酷い。
でも、世界的な興行だのの事で気を使ってんだろな。その辺が日本人らしいというか。

でも、海外の評価は草刈正雄の演技は評価されてないけど、日本の諸々の場面をカットしちゃってるせいで安っぽいパニック映画にとらえられてて損してるらしい。
http://www.tohokingdom.com/reviews/carrozza/virus.htm
ちゃんと日本の諸々のシーンが入ってる方が個人個人の動機が明確だし、多岐川裕美の演技なんて誉められてるのにシーンが少ないとかまで言われてる。

結局、自分達に自信を持たないで、外国に媚びた結果が興行収益の失敗だったんじゃないかな。
深作欣二の映像とかも綺麗さを誉められてるし。

で、アイアムレジェンドとか新しいのもあるけど、

やっぱ人と人との大切さとか、戦争の愚かしさとかこれは良く出てる。

小松左京のは日本沈没、首都消失、さよならジュピターとか科学の外的要因起因の危険と人間が戦う姿なんだけど、これの場合は明らかに人間のせいだしな!!


日本沈没(上)


日本沈没(下)


 この商品は送料無料です。 小林桂樹/日本沈没 TELEVISION SERIES プレミアム・ハザードBO


首都消失(上)


首都消失(下)


首都消失 《デジタル・リマスター》


さよならジュピター(上)


さよならジュピター(下)


三浦友和/さよならジュピター スタンダード・エディション

ABC兵器とか持ってる連中ほどこういう作品みて心入れ替えろと言いたい!!

あー。ドラマ版の日本沈没みたいなぁ。どこぞ配信してほしい。


『日本沈没(DVD)』


復活の日 (ハルキ文庫)
復活の日 (ハルキ文庫)小松 左京

角川春樹事務所 1998-01
売り上げランキング : 12352

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
こちらニッポン… (ハルキ文庫) 果しなき流れの果に 首都消失 (下) (ハルキ文庫) 日本沈没 上    小学館文庫 こ 11-1 継ぐのは誰か? (ハルキ文庫)

posted by wolf_howling at 10:24 | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事