2008年01月05日

史上空前!!笑いの祭典ザ・ドリームマッチ'08

浜田雅功は引いたかっこで司会に。

ホリケン、千原兄弟、ハリセンボンが参戦。

ぐっさんがいないけど、ホリケンは上手い意味で微妙なカードだな。

ホリケンは人気だな(WWW
そして蛍原徹と。

川田と田中。まぁいいんじゃない。

ハリセンボンと田村亮か

大竹一樹さすが!ギャンブラー。
あえて出川哲朗に挑む。

宮迫博之、三村マサカズ。3度目のOK。でもココは強い。

確かに松本人志はある意味絡みにくいし。
若手の方がやってみたいと挑むか。千原せいじと。

ゴリは遠藤章造と。

天野ひろゆきが最期まで残ったのが意外。

結局、キャイーンでは元々コンビなので、天野は千原ジュニアと。
また去年どおり田村淳とウド鈴木のコンビ。


川田広樹&田中直樹。短時間でとは思えないほどよくできてる。

天野&千原ジュニア。ジュニアのキャラ、上手くウザーくできてる。
とちったのも上手く笑いにカバーできてる辺りは天野のナイスフォロー。
まー日ごろの負担に比べればなァ(WW

ホリケン&蛍原。蛍原が憧れのホリケンワールドに入り込む異色ネタ。
でも、三村は厳しい目でみてたねー。俺見逃さなかった。
大竹ワールドには突っ込めても、ホリケンワールドには名倉しか突っ込めないか。

ゴリ&遠藤。ショートコント連続ネタ。んー。こりゃ今までの中では一番つまんないかな。
ツッコミの遠藤がボケをやったのが下手こいてる。
ボケたがって自滅か。

ボケ突っ込みが逆になって成功したコンビもあるんだけど、
(コント55号。爆笑問題。次長課長とか)
いつもの成功パターン捨ててってのはバクチすぎたよな。
今までショートコントもなかったわけだし。冒険しすぎ。


ハリセンボン&亮。
ドリームマッチ初のトリオって言ってるけど、去年、反則気味に志村けんがアナウンサー使って持ちネタ牛乳コントやってたから、実は3人ネタは初ではない。

出だしに亮がツカミを噛んだ段で「あー駄目か・・・」と思ったけど、
ハリセンボンのネタに亮が絡ませてもらってる感じで救われてたカッコに。
コンビが元々いれば確かに安定度は格段に増すよな。


大竹&出川。大竹、上手い。出川リアクションネタまで入れる程。
割とツッケンドンに見えるけど、結構優しいんだろな。大竹。
大竹は自分の好きにやらせてくれれば誰とでもいけるのと違うかな。

コンビがフィーリングカップルで決まる順も割とそういう人の良い方から決まりやすかったように見えた。(キャイーンは別だけど)


松本&せいじ。ニダ弄りネタ自体はくすぐり笑い程度だけど、最期の歌!
エキセントリック少年ボーイとかがそうだけど、こういうバカノリの即興作詞ができるあたりは流石、松本人志というところか。


ウド&淳 2度目だけあって、今回は割と良かったんじゃない。
ただ、本番で色々乗って来ると暴走気味になるウドらしいので、普段の天野はやっぱり回転が速いし機用なんだなと。


トリはやっぱり、宮迫&三村。志村の構成判断は順当だね。
クジでの順序をやめたのは正解。あれだと「えー!」ってオチで全ての締め自体がグダグダになる事も多いし。

でも、今回は「えー!」がなかったね。

宮迫、三村のボケとツッコミは持ち味出してるけど、でも、両方とも前面に出すぎだな。緩急がない感じ。押し過ぎ。

そして優勝は出川&大竹!
出川が絡んだチームの優勝だけど、でも、これは意外じゃない。
志村の審査も順当だと思う。こっちはちゃんと役回りが上手く回ってた。

三村は何度も優勝してるし、やはり実は、さまぁーずは結構、今は面白いんだな。

今回はハズレがなくて面白かった、良かった。
正にドリームマッチ。

posted by wolf_howling at 22:14 | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事