2008年01月12日

BACCANO!第2話 老婦人の不安をよそに大陸横断鉄道は出発する



http://www.gyao.jp/sityou/catelist/pac_id/pac0008183/

GyaOマイリストに1話目予約登録しといたのに、もう流れてやがる・・・

で、仕方なく2話目からみてみたが、なんか映像屋自身はスタイリッシュなロードムービー気取りたいんだろうけど、

OPのインストゥルメンタルにローマ字ダラダラ並べてもキャラなんて誰一人記憶に残らないし、

本編はじまりゃ、逆にキャラうぜえええ!!!
呆れて、「ながら」で横で流してる状態でも、まだ、うぜええ!!!

もう観なくていいやと。1話目観なくて30分得した。1日の48分の1得した。

原作もので1クールものってホントにテンポ悪い。

映像化してる連中の詰め込みすぎ、改悪劣化しすぎ。

そして、逆にアニメオリジナル作品はユルユル展開とスカスカストーリー。

映像化以前にストーリーテリング能力が無い奴は、動く絵を作ってるだけで、アニメ創ってる事にはならんだろ。

映像しか気にしない連中が自称「カントク」だのDだのPだのやってるから、自転車操業で乱発乱造繰り返して、使い捨てコンテンツみたいなのしかでてこねえんだろなーと。

まー、原作モノは出版屋とのクロスメディアとか言いながら碌なマーケ戦略もなしに双方が好き勝手やってるだけで、シナジーなんてないのが現状だし。

出版不況もジワジワ来て、雑誌廃刊、出版社倒産なんてこのあとザラになるだろう。

まー編集屋っていいながら、パクリも放置とか何の編集行為もせず、客観性も持たず、中抜きピンハネだけしてる商売で稼ごうなんてのの方が存在意義無いほうが当たり前だし。

デジタルで文章や絵とか映像追ってるだけで事足りるからな。

紙屋もテレビ屋もプライドばっか高くて、自分の現状に目をそむけて、今更Webと組むにしても、上から見下ろすみたいな態度でいまだに居るし。
身の程知っとけ。連中に1000万プレーヤーなんて価値ねーだろ。

仲良くモノ創りしたいってんなら、それを嫌がる人間はいないだろうけど、
今や旧メディアってのが明確なのに、使ってやるみたいな態度だのバジェット支払いだのじゃ、誰も組みたがらなくて当たり前。
別にWeb側は自給自足でいけますからねぇと。


BACCANO! 1/アニメーション[DVD]

posted by wolf_howling at 21:24 | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事