2008年02月05日

プロジェクトイーグル




 プロジェクト・イーグル デジタル・リマスター版 / ジャッキー・チェン

ジャッキー・チェン映画で「サンダーアーム龍兄虎弟」っていう現代トレジャーハントものの続編。


サンダーアーム/龍兄虎弟 デジタル・リマスター版


サンダーアーム DVDツイン・パック(5000セット限定生産)(DVD) ◆20%OFF!

アジアの鷹ってキャラが共通なんだけど、

鷹はホークで、鷲がイーグルだろが!

原題がProject Eagle 飛鷹計劃なんで英語圏でもあった筈の香港でも翻訳やってるやつらの語学力って如何ばかリ。
これじゃバイリンガルの英語教育受けてる幼稚園児より能力低いだろ!

アクションは飛びぬけたのはない。

風洞実験室でのアクションに見せかけて、実は落下したりぶら下がってるのが見せ場だけど、それも独特ではあっても別に飛び切りスカッとするとかってモノでもない。

で俺にとって何よりハナにつくのがジャッキーが監督や脚本やってる映画で共通でみられるのが、女の人がやたらと殴られたりするシーンの多さ!

これジャッキーにそういうことが面白いとか楽しいとか思う性癖でもあるんじゃねえの!とまで思いたくなる。

いや、プロレス同様の演技やフリだなんてのは当然解ってんだよ。どうやって撮ってるのかなんて事のレベルで解るし。

ジャッキーが諸々の演出見ても助兵衛な所が自にもありそうだし、
映像側にモロ裸とかはやってないんだけどもねぇ。

確かに暴力犯罪には女の人も公平に巻き込まれるのが現実だし、ジェンダーフリーだの性差別なしだのって言うのなら、女性も公平にアクションシーンでボコられるって事にも極端な平等だの言い出せばなるだろう。

だけどもよぉ、俺は女の人が暴力振るわれるのは大嫌いなの!

男だから暴力振るわれてもいいとかってのもありえないけどさ、
俺はアクション映画やサスペンスやホラーで女性が暴力振るわれても不愉快になるだけなんだよね。

だから俺、ヒッチャーだけはルトガー・ハウアー出てようが大大大嫌い映画!
2度とみることは決してない!演出だけなんだけどあまりの悲惨さに反吐が出る。


ヒッチャー/ルトガー・ハウアー[DVD]

お姫様、お嬢様(そして殿様、坊ちゃん)だの言われてる結局、詰まるところクレクレ連中は「独力自分でなんとかせえよ」とかも確かに思うんだが、自衛ってものも様々なケースであって、甲斐性とか知識技能面とかで相互扶助ってのはできるものだと当然思ってるわけではあるんですが、
フィジカルな面てのは如何ともしがたいものがあるわけですよ。

罪も無く(コレ重要)無抵抗だの成す術のない女子供に暴力振るってるってのを認識した途端、俺はスイッチ入っちゃうんだよねー。

もう学生時代の頃で一昔以上前だけど、新宿駅でそのテの風体のオヤジが満員電車の中から、テメーがグズグズしてたくせに「降りるんだ、ドケッ!」とか言って周りの人(乗り込んできた後の人も!)を突き飛ばし始めて、ドア近くのOLらしき人の顔面に平手をあてて、横へ突き飛ばしたのを見た瞬間、俺スイッチ入っちゃって、
そいつの背後から思いっきり前蹴り。
車内からホームに蹴りだして「とっと出てけ!」って言った記憶がある。
社内暴力野郎が背中を向けて遠ざかり、振り返る間もなく電車は発車。
かくてドア近くに開いた空間も速やかに何事もなかったかのように閉ざされた。

「口よりも手が早く出る」って言葉があるが、俺は口も相当早いが、いざって時は口出す前に足が出るらしい。

そして映画ですらムカムカ来るので、リアルの暴力なんて見かけようものなら比にならない反射行動にどうやらなるらしいです。

おかげで物騒な世の中で、俺が他人かばってそういうのに巻き込まれないよう、カミサンは一緒に外出するとき、並んで歩くときなどは、俺の利き手を引止められるように常に私の右側にいるんだそうです。
俺としては瞬間的な反応が少し遅れる程度の筈ですけど。
しかも、出るのは足だろうし。



posted by wolf_howling at 17:58 | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事