2017年11月12日

失踪日記 [1]

失踪日記
失踪日記

吾妻ひでおの名前って俺がネットで見たのって、けいおんとスタッフとファンdisツイートで炎上した時だから、それですら結構に昔だなW
中の人の5人の内、3名は既婚者になった位にはW

けいおん!/ K-ON: SEASON 1
けいおん!/ K-ON: SEASON 1

>人気漫画家『けいおん!』を批判「空虚だ。不気味。気持ち悪い」2009年10月18日
https://rocketnews24.com/2009/10/18/%E4%BA%BA%E6%B0%97%E6%BC%AB%E7%94%BB%E5%AE%B6%E3%80%8E%E3%81%91%E3%81%84%E3%81%8A%E3%82%93%EF%BC%81%E3%80%8F%E3%82%92%E6%89%B9%E5%88%A4%E3%80%8C%E7%A9%BA%E8%99%9A%E3%81%A0%E3%80%82%E4%B8%8D%E6%B0%97/

ニュース見出しには煽りの為か人気漫画家とあるが、その頃のネットの反応も「誰?」って感じだったし。

現実逃避とかトンチキな批評してたけど、おまいうだろWWW
大昔の「ニューウェーブ」とやらには、日常系ってのが理解できなかっただけ。
だからリアル失踪してたんだろと(苦笑)

これ、2005年の本か。
当時、何でこれの存在知ったんだっけかな?
ネットではなかったと思う。TV BROSのレビュー紹介記事か何かだったかなー?
数ページが丸々引用で掲載されてたと思う。
ネットなら、その画像状態で拡散してそうなもんだし。

マンガ家って仕事の現実を伝える意味でそういう価値はあるとは思う。

あと読んでみて思ったのは「マンガ」ってのはこうだったなーって。

巻末対談で、とりみきが指摘してるけど、4段割りでコマの中に全身像を背景と共に描く事で、情報の密度が高い。

冒険ダン吉はマンガというより絵物語だけど島田啓三のマンガを見ると、コマの中に全身像を背景と共に描くって確かにされてたし。

冒険ダン吉 (少年倶楽部文庫) (文庫版) 全4巻 完結セット [コミックセット]
冒険ダン吉 (少年倶楽部文庫) (文庫版) 全4巻 完結セット [コミックセット]

のらくろの頃は既に3段だった記憶。

のらくろ漫画全集 (1967年)
のらくろ漫画全集 (1967年)

サザエさんとかも最近、意識して読んでるんだけど、コマの中に全身を収めて、ポーズで情景や感情を伝える工夫がされてる。

サザエさん 全45巻 完結コミックセット (朝日文庫)
サザエさん 全45巻 完結コミックセット (朝日文庫)

遡れば北斎漫画や鳥獣戯画まで行きそうだけど。

北斎漫画[肉筆未刊行版]
北斎漫画[肉筆未刊行版]

調べる学習百科 鳥獣戯画を読みとく
調べる学習百科 鳥獣戯画を読みとく

手塚のロストワールドで映画演出をコマ割りに活かす技法が入った時はマンガの進化だと思われたかもしれないけど、

ロストワールド メトロポリス (手塚治虫文庫全集)
ロストワールド メトロポリス (手塚治虫文庫全集)

今の顔やバストアップだけが続くマンガが溢れてる状態ってマンガとしては凄く退化してるねと。

ヒップホップ応援団 1 (少年マガジンコミックス)
ヒップホップ応援団 1 (少年マガジンコミックス)

長谷川町子が「掲載される誌面にもよるが、如何に広い世代に解って貰うかがマンガでは重要」って話を対談か何かでしてた記憶があるのだが、今の雑誌に書かれているものは描いてる側が自分で満足してるだけで
受け手側が解らないと「今日の客はダメだ」とかぬかすお笑いみたいな状態じゃね?って位に退化してると思う。

長谷川町子は風刺画などの1コマを究極とし、4コマ以上に引き延ばす方は楽としていたけど、
ダラダラ引き延ばすだけの薄まった連載マンガで、大コマだらけのを見てると、TL上で1コマイラスト眺めてクスッと隙間時間に笑う方が楽だから、そりゃあ雑誌も単行本も売れねえだろうなあと。
無理やりの搾りかす出されても旨いって思う訳ねえし。

吾妻ひでおのホームレス体験と、ガスの配管工時代とは、そういう環境に置かれたらそうなるのなとは思いながら読んだが、

手塚ですら「遅虫」と言って殴った壁村耐三に暴力ふるわれ恫喝されながらチャンピオンで連載してた時期の話は「だろうね」としか。

マンガ作品を振り返ってみるに吾妻ひでおってSFだのの何かしらのパロディ元ありきでしか描けてないなって気づいた。
とりみきや、ゆうきまさみもパロディ描いてた頃の方が俺は好きで、そういうタイプの方が活きる人も居ると思う。アニメで言えば押井とか庵野とか。
オタクはオタクだけにウケるものは作れるけど、尖るほど先細りだし。
その辺が「シン・ゴジラ」が「君の名は」に勝てない理由。

シン・ゴジラ Blu-ray2枚組
シン・ゴジラ Blu-ray2枚組

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション
「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション

シン・ゴジラもTV放送されれば観はするけど、どうせつまんねえと思うんだよなー。
移動可能な巨大生物が線路の上しか走れねえもので倒せるわけねえだろ。作戦考える奴、無能というよりバカだろ?とか話聞いてるだけでも思うし。

まあ誰がどう金使おうと勝手だから経済回してください。
俺は不味いものを金払って食うのは絶対に嫌だけど。

で、この巻のラストは筆者がアル中治療していた時の体験を描いてる訳だけど、
また今度って言いながら出てないのかな?と思ったら、8年越しで出てたのな。

>『失踪日記2 アル中病棟』を語る
http://matogrosso.jp/aruchu/aruchu-01.html

失踪日記2 アル中病棟
失踪日記2 アル中病棟

posted by wolf_howling at 03:19 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

マンガでわかる統計学

マンガでわかる統計学
マンガでわかる統計学

「マンガでわかるか」といえば、知る事ができても解るとは別という感じ。

用語や数式を「これを使う」と言い切ってるだけで「何故?」への説明がほぼない。

>ひとことで説明するのはかなり難しいのです


と言い切って、用例を挙げてるだけなので、実質的には全く解る事にはならないかと思う。

Excel使えば良いって話も何度も出てくるんだけど、
そう言うなら計算式載せてる事自体が論理的には無駄じゃね?関数だけで足りるし!

極論言えば「AIにやらせればいい」で「ブラックボックスになっちまう」だろ。

「理解」と「認知」は別物。

原理を解ってないのなら理解じゃないので、やっぱり「わかってない」だろ。

スマホ使ってる人がみんな、プログラム書けたり、チップ作れたりって事とは別だし。
基礎理解が無ければ本質的にフルで使いこなす事は無理だよ。

それと

>算出はパソコンが普及するまでは大変だった

>90年代初めくらいまでは


って書いてあるが、Excelしか表計算ソフトを知らない世代?

Lotus 1-2-3とかマルチプランとかもMS-DOS時代にも既にあったがなと。

実際にその時代を生きてなかった人が一部の年寄りからの伝聞を鵜呑みにして断言するのもどうかと。
それこそ偏差を全く考えてないし裏もとってない論理と行動じゃねえの?(苦笑)

俺はコレは「マンガでわかる」本としては薦められない。

だーけーどー、
井上いろはってマンガ家作品としての「マンガ技法としてはソコソコ上手い」と思った。

そして、このマンガって数年前に何で知ったんだっけ?ってのを下記サイトみて、

>井上いろは公式サイト
http://www.geocities.co.jp/Playtown/1484/iroha/

R25の広告レビューだったか?とか思い出したり。
http://www.geocities.co.jp/Playtown/1484/iroha/r25.jpg

段抜き技法が割と多めなんだけど、横書き台詞=左綴じマンガなのでコマ遷移を考えると32ページ目の最下部は読みづらいから直した方がいいにせよ。

何かしら全てのコマにギャグを入れようという心意気がなんというか「懐かしい感じ」がした。

マンガって複数の絵のレイアウト集合体である一方で、一つ一つのコマに何かしらの意味が無ければおかしいんだけど、今のマンガってgdgdと引き延ばす事ばかりしてる薄められた連載漫画だらけなのでホントダメだなってこういうの見ると感じる。

昔は限られた誌面でどうやって情報を詰めこんで伝えるかという表現技法が大切だったんだよなーと。
今ではWebのおかげでデータ容量なんてある意味で放題状態。
一方で訴求力としてTL上では一コマの方が短時間で直観的に刺さるしバイラル拡散もしやすいという面白い回帰をしてると思う。
基礎的なキャッチーな表現力の高い人の方が漫画家として生き残りやすい世の中にまたなるのではなかろうか?
(Web方面に自力で出てきてる位のリテラシ前提で、ちゃんとマネタイズできるオウンドメディアを持ってる人に限られるが。)

解説ものの場合はゴチャゴチャとした描き込みは不要だし、マンガである以上、エンタメとして平易に楽しくうけとれる事が必須で、自己満足アートとは商業マンガは違うって話で。

なので、学習マンガとしては微妙なんだけど、
井上いろは先生のマンガを読むって感じで続刊も読んでみるかな?W

マンガでわかる統計学 回帰分析編
マンガでわかる統計学 回帰分析編

マンガでわかる統計学 因子分析編
マンガでわかる統計学 因子分析編

posted by wolf_howling at 02:21 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

君主論 (まんがで読破)

君主論 (まんがで読破)
君主論 (まんがで読破)

このシリーズ、孫子は酷すぎたけど、

>孫子の兵法 (まんがで読破) 古典と全く無関係なデタラメ中華風の妄想マンガ
http://read.seesaa.net/article/452761813.html

孫子の兵法 (まんがで読破)
孫子の兵法 (まんがで読破)

これもある意味で似たようなもんだな。
「君主論」じゃなくて、ただの「マキャベリ伝」だし。

時代背景説明を追加してるのはいいけど、
皇帝ってノドに説明要るか?と思いつつ見れば、
「古代ローマを統治する大統領のような存在」って
「ウソ」じゃん!

これアメリカ大統領が日本みたいな「属州」も支配してるみたいな皮肉か?(苦笑)

しかも教皇領ができたのはカール大帝の親の「ピピンの寄進」からだって高校で世界史取ってれば絶対に習うレベルだろ!

幾ら「たかがマンガ」にせよ12ページ目と13ページ目で早々に大嘘を羅列されると、その後に続く内容も「どーせこのマンガは全滅だろ」って早々に判るわな。

P.158なんてロレンツォ・デ・メディチの息子達に

三男 心優しきジュリアーノ
次男 畏きジョバンニ
って書いておいて、隣に
三男 愚かなピエロ
って書いてある。

何で三男が二人いるんだよ! 長男って言葉知らないのかよ! どっちが愚かだよ!

知識や常識以前に編集者も全く仕事してねえな。

フィレンツェ史(上) (岩波文庫)
フィレンツェ史(上) (岩波文庫)

作中でマキャベリが持ち上げてるチェーザレ・ボルジアにせよ、「マジョーネの乱」起こされたりで、別に優れた人物でも政治力がある人物でもなんでもない。「普通以下」レベルのただの「暴君」だろ。普通以下程度が凄く見えるって事は見てる側がゴミって事だよ。
このマンガだと妙な描かれ方してるルイ12世の走狗にすぎねえじゃん。

チェーザレ・ボルジアを知っていますか?
チェーザレ・ボルジアを知っていますか?

しかもフィレンツェ攻略しようとチェーザレ・ボルジアがしたのを仲裁したのがルイ12世だろ。
作中だとチェーザレ・ボルジアが訓練した民兵ガーとか言ってるが、チェーザレ・ボルジアが実際に率いてて反乱起こされたのってコンドッティエーレ=「傭兵」だろ。
マンガの都合で史実をあまりにも歪曲してる上に非論理過ぎる。

しかも、その反乱鎮圧した武勲のある部下をわざわざ頭から真っ二つにして吊るし首にするパフォーマンスで事態鎮静化をはかるって事は、ただの自己責任逃れの為には成果を出している味方ですら犠牲にするクズにしかすぎないわけで。

親の教皇が熱病で死んで、自分も病気になったのが「運」だと?

違うね!!!

自分の健康管理もできない奴がリーダーだの、君主だのにはふさわしくないってだけだろ!
というか一説には毒を盛られたって話まである。
つまり、残虐にやりたい放題やった奴はそういう目に遭うって事だ。


何より間抜けなのがライバル教皇と密約をかわそうとして捕縛された事。
(この点も、マンガの描写は史実からすれば虚偽)、
その後に弟殺しの罪でパクられた後に逃亡するも戦場で野垂れ死にしてるのがチェーザレ・ボルジア。
これまたこのクソマンガは其処もぼかして胡麻化してる。

何よりチェーザレ・ボルジアが君主に相応しくない一番の要素は、
政敵や教会関係者を次々と粛清し財産没収を繰り返すなどの愚行を繰り返した事。
「多くの人から恨みを買うようなことを散々繰り返してる事」こそが奴を滅ぼした。


自分の意見は通しながら、誰からも恨みを買うことなく丸く収める力こそが「政治力」だろうが!!!


つまりエゴイストの無能ボンボンが責任逃れをしただけなのを賛美するってサイコパスがマキャベリズムそのもの。
無能を無能とせず賛美する思考停止。
つまりは「君主論」でなく「衆愚論」だろと


キチガイや罪人相手じゃなければ敬意を払う事はある程度のマナーだ。
しかし、いい年こいてるのにダメ人間に心酔するような奴に一角の人物になるようなのはいねえよ!

あと、この作中のマキャベリもやたらフィレンツェはダメだダメだって言いいまくりだけど、
「おめーも当事者だろ無能!」って話で。

何より真っ先に無能なマキャベリがサイコパス書物を出したにせよ、
コイツ自身は「君主どころか、人生の成功者ですらねえだろ」って誰もがツッコミを入れなければいけない所だろ。

外務官僚マキァヴェリ
外務官僚マキァヴェリ

中曽根って政治家は座右の書を「君主論」だって公言してたけど、
奴は国家元首でありながらロンヤス外交どころか風見鶏って言われてた。

田中角栄と中曽根康弘 戦後保守が裁く安倍政治
田中角栄と中曽根康弘 戦後保守が裁く安倍政治

原発推進してた元首相が今は党を外れて手のひら返して原発反対だの言ってやがるけど、奴の時にポチ外交って言葉が出来て、挙句の果てあのバカと腰ぎんちゃくは北朝鮮の将軍に米までくれてやってた雑魚だからな。

池上彰が読む小泉元首相の「原発ゼロ」宣言
池上彰が読む小泉元首相の「原発ゼロ」宣言

永田町の暗闘 日本を裏切った政治家たち
永田町の暗闘 日本を裏切った政治家たち

近々選挙だが、民主主義なのか、衆愚政治になるのかは選んでる側にも責任がある。
このマンガ作者の描くマキャベリみたいに「日本はダメだ」とかいいまくってて、でも何も具体的には打開策を出せないようなのを愚民っていうんだよ。

北朝鮮に断固とした態度だの、何年も同じことを馬鹿みたいに散々口だけでくりかえして、実態は放置してただけの結果がICBMやSLBM、核開発をこのレベルまで進められちゃう奴がいる。

財政再建って言いながら国の借金を増やして若い世代と未来に負担を丸投げする老害。
本来は福祉目的税だった消費税を導入したあとは福祉を削って借金返済に使ってるような嘘吐き。

そういう過去に実際に散々やらかしてきた奴らは歴史から学んで選ばないって当然の行為は最低限でも必須だろう。

資本論/君主論 (まんがで読破Remix)
資本論/君主論 (まんがで読破Remix)

posted by wolf_howling at 10:07 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

戦争論(まんがで読破)

戦争論 ─まんがで読破─
戦争論 ─まんがで読破─

学研まんがっぽい技法で描いてるこのシリーズを初めて見た気もする。

原作が原作なので仕方ないけど。

「自国の意志を相手に強制する暴力行為」

「自分の〜」って書いちゃってる辺りは徐に微妙。

「自分」って独裁者が戦争やってるケースとは限らないんだけどね。


そして現代についての事もふれているので、そうなると、じゃあ「サイバー戦争は暴力なのか?」とかまた俺みたいに揚げ足を無限にとれる奴もいるから、妙に話を広げなくてもいいのにとも思った。

「戦争の最高法則 武力による決定」も同様にサイバーの場合は武力っていうの?とかとか。

「絶対的戦争」だけど、核兵器はボタン一つで敵を死滅させる武器を開発した事に等しいし、更なるICBMと潜水艦発射可能な核ミサイルのおかげで(このマンガで全く触れてないのがアホちゃうか?と思う)、「冷戦」という疲弊を抱えつつ「暴力の極限行使」をやったが最後、自分達もただでは済まないので、それは使わずに情報戦とテロでの削り合いという、別のものにとっくになってるので、200年も前の理屈を鵜呑みにする必要はそもそもに皆無。

冷戦史 -その起源・展開・終焉と日本-
冷戦史 -その起源・展開・終焉と日本-

同様に傭兵に対してナポレオンが国民軍をつかった事での精神論だのも当然論外だよね。

1億総火の玉とかぬかしてたバカ共が負けて、核兵器をもってる側に70年経っても言いなりでポチ外交やってるのが現実なんだから精神論が無意味なのは言うまでもない。

クラウゼヴィッツ曰くの「防御の方が攻撃より強いって理屈」も、核兵器やサイバー攻撃の場合には全く通用しないよね。

ZERO DAY
ZERO DAY

あと、戦術論でなく戦争論だといいつつも、戦術論レベルのスケールの話が相当に多いよね。


そして、このシリーズお馴染みで、後半は便乗商法マンガの分際で原作改悪してる連中の精神論が酷い。

ナポレオンは「武は精神に負ける」なんて言ってないだろ。

「世界には二つの力しかなく、それらは剣と精神の力だ。
そして最後は、精神が必ず剣に打ち勝る。」


とは言ったが、

それだってそれを鵜呑みにするようなバカを操り人形にする嘘っぱちにきまってんだろが!!!

暴力を延々と加え続けられて耐えられる精神なんてありえねえだろ?
将軍の手駒として銃弾の雨の中に飛び込むバカを躍らせる言葉にすぎねえよ。


そもクラウゼヴィッツが妄信してるヘーゲル弁証法だって「哲学」の一つにすぎないものであって、

ヘーゲルの弁証法 (フィロソフィア双書)
ヘーゲルの弁証法 (フィロソフィア双書)

「哲学」なんてフワフワしたものを現実や論理に無理に当てはめようとしてる「お前がそう思うんならそうなんだろう。お前ん中ではな」ってだけのものだろ。


数学や科学みたいに「これが正解!」「真実はいつもひとつ!」がない。

1000ピース ジグソーパズル 名探偵コナン 真実はいつもひとつ(50x75cm)
1000ピース ジグソーパズル 名探偵コナン 真実はいつもひとつ(50x75cm)

何より「そうかもしれん、そうでないかもしれん」なんて矛盾だらけで、気分の問題の個人的感想ごときで人の命を多数扱う戦争についてとやかくしようってのに元々無理がある。

「目的が政治で、戦争は手段」って言いながら、将軍を内閣に入れるって提言なんてすれば、矛盾しまくりのデタラメ書いてる奴。全くアウフヘーベンできてねえって叩かれて当然だろ。
シビリアンコントロールとミリタリーコントロールを分けておかない限りは、確実に軍事政権になる事を歴史から学べない奴はバカ。

カエサルやナポレオンが不毛な戦争を産まないだって?
あんな連中は侵略戦争に国民を利用した私利私欲のハゲとチビにすぎねえよ!
こういう「輩」を妄信崇拝する精神薄弱こそが危険極まりない。


テロに関してだって冷戦以降に生まれたものでも何でもないだろ。
サイバーテロはコンピュータを無効化するものじゃねえよ!
むしろコンピュータを利用して行う攻撃だろうに。


「アインシュタインの予言」の第4次大戦を例示しながら、核廃絶がおきえないって意見も、有名人がいう事なら鵜呑みにしてるマンガ作者の思考停止の象徴。
人間が第3次大戦に生き残りさえすれば黒色火薬作る技術だって残るだろ。
論理思考能力がないってのはかくも平気で矛盾を立て続けに描いて平気なオツムだって話だよな。

思考停止してる奴が「考える事をやめては問題は解決しない」って、どの面下げてだ?ブーメランすぎる!
「下手の考え休むに似たり」って言葉があるが、考えてるだけなら脳内に留まってるからまだしも、
愚かな行為を煽って伝播拡散する輩が一番始末におえない。

他所にレッテル貼りしてるけどアメリカやロシアこそが「ならずもの国家」だろと。

ならずもの国家アメリカ
ならずもの国家アメリカ

挙句が半島北のデブと、金髪デブの口喧嘩を延々とやってる真っ最中。
そんな連中に米くれてやったり、言いなりのポチ外交してる総理大臣やそれを支持した連中なんてのは衆愚政治の末路の証明。

大国は核武装してるから戦争を避けてる?テロの攻撃の矛先は民間人だって?
東京やセルビアやアフガンへの空襲で成す術もない民間人を大量虐殺してるのはアメリカって国なのは歴史的な周知の事実だろ!

アフガン空爆の意味 (あかね文庫)
アフガン空爆の意味 (あかね文庫)

自国が動かなくてもCIAだのが金や武器を供与した結果が、中米紛争とか。
イランイラク戦争ではイラクのフセインに肩入れして、次にフセインを湾岸戦争で攻撃。
挙句がイラン・コントラ事件だろ。

イラン・イラク戦争
イラン・イラク戦争

司令官たち―湾岸戦争突入にいたる“決断”のプロセス
司令官たち―湾岸戦争突入にいたる“決断”のプロセス

というかクラウゼヴィッツの戦争論自体、実績を上げた訳でも何でもない小物の戯言で、
理屈こねた所で現実から学べないバカにつける薬は無いって話。

日本国憲法/戦争論 (まんがで読破Remix)
日本国憲法/戦争論 (まんがで読破Remix)


posted by wolf_howling at 06:53 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

マクベス (まんがで読破)

マクベス (まんがで読破)
マクベス (まんがで読破)

「きれいは汚い、汚いはきれい」から始めねえのかよ!と冒頭にツッコミを入れたくはなったものの、
まあ絵が雑な点を除けば、それなりにマンガはしてたかな。

でも原作もシェイクスピア作品の中でも一番短いから、原作読んでもそんなに負担ではないと思うし、
映画版とかで見れば良いような気もする。

シェイクスピア全集 (3) マクベス (ちくま文庫)
シェイクスピア全集 (3) マクベス (ちくま文庫)

マクベス [DVD]
マクベス [DVD]


posted by wolf_howling at 06:03 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

遠野物語 (まんがで読破) 文化の良し悪しとか何様?

遠野物語 (まんがで読破 MD126)
遠野物語 (まんがで読破 MD126)

まんがで読破シリーズは、どれもマンガとして下手くそなのばっかりだけど、
一番酷いのは「孫子の兵法」にせよ、

>孫子の兵法 (まんがで読破) 古典と全く無関係なデタラメ中華風の妄想マンガ
http://read.seesaa.net/article/452761813.html

このマンガも最後に精神論になっちゃう辺りは、なんか請け負ってるマンガ家が皆、精神的に病んでるの?って思うレベルで頻度が高い。

何でこのシリーズは無理に一本の話でマンガにしようとするのかね?

P.76右下の「あおり」が全く描けてない事から、作者は実物じゃなくて絵を見て絵を描いてる人って事はわかる。

そして、その隣のページの記述だけど、俺も一応、頭に白髪も少し混じっては来る年齢だけど、俺がガキの頃の関東の親戚が暮らしてる千葉だの山梨だのの田舎でも、泥鰌やコイとか普通に近くの田んぼや水路でとってたもんだけどな。ザリガニをバケツ一杯とったら、婆さんが「天婦羅にしようか?」っていったりとかもな。(流石に食べなかったが。)
だから若い人が描いてるんだろうってのも判る。

一番酷いのはラストで「文化の良い所、悪い所」って言い方をしちまってるところ。

文化ってのは良し悪しじゃねえだろ!

このマンガが技法的に下手くそって批評と、とにかくマンガは悪書だから焼けってのは全然違うだろ?

単なるファンタジーものとしてなら中途半端な作品ながらも、こじつけようと努力はしてる感はあるけど、伏線の見せ方とか、夢オチとか、挙句に精神論に加えて文化に善悪とか、いいかげんにしろと。

これも遠野物語って冠さないで、下手くそな独りよがりのファンタジーマンガとしてチラシの裏として勝負しろよと。
柳田國男や佐々木喜善に対してあまりに失礼じゃね?

やっぱ「本物のプロのマンガ」の方を読む事をお勧めする。

水木しげるの遠野物語/水木版妖怪大戦争 (水木しげる漫画大全集)
水木しげるの遠野物語/水木版妖怪大戦争 (水木しげる漫画大全集)

posted by wolf_howling at 13:17 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リア王 (まんがで読破)

リア王 (まんがで読破)
リア王 (まんがで読破)

シェイクスピアの戯曲は中学生時代に読んだので、別にマンガにしたら解りやすくなるって程まで複雑な話か?とは思いながら眺めてみた。

このマンガ作者の嗜好がモロにキャラデザインに反映してるな。
リア王とゴネリルがクズだってのは解るけど、エドマンドの方がこの作者はエドガーより好きだろW

確かにマンガのキャラデザインには悪役とか解りやすさも必要だけど、この場合、役割でなくて、マンガ書いた奴が好きか嫌いかでしかない。

元々、悲劇なんだけど、時折、ギャグっぽいコマを入れてるのは、この作者としてはこの原作が嫌いでついついやってしまっているのだろう。

だけど、そういう作者のただの感情論と、物語を如何に効果的に技法として表現するかって事は無関係。

心技ともに精進してくれとしか。

シェークスピア:《リア王》[Blu-ray Disc]
シェークスピア:《リア王》[Blu-ray Disc]

posted by wolf_howling at 11:56 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

古事記(まんがで読破) 瞬時で論破!独善解釈を押し付ける歪んだカルトコミック

古事記 (まんがで読破)
古事記 (まんがで読破)

真っ先に書いておくと、
この本は古事記の知識が既にある人や、論理的思考能力があって陳腐な嘘を速攻論破できる人以外が眺める場合、大間違いの嘘知識を覚えてしまう危険性があります。

日本神話をザックリ知りたいって方で、このシリーズがどうしてもいいという方には日本書紀の方をお勧めします。

>日本書紀 (まんがで読破) 
http://read.seesaa.net/article/453321213.html

マンガの出来としても読み進めにくくて冒頭しか読んでないけど、あまりにひどい!

レビュー書くためにこんなのをストレス感じながら時間を無駄にしつつ2回目眺めるなんて絶対に嫌なのでメモを追加する形で、このトンデモ本を暴き立てる。

出だしは学研のひみつシリーズよろしく現代っ子たちが知識を深めようとって始まりだが、

いる?いない?のひみつ (学研まんが 新・ひみつシリーズ)
いる?いない?のひみつ (学研まんが 新・ひみつシリーズ)

その後かとにかく酷い、酷すぎる。

その1
・「神話は目に見えない事を表現」だのいって、それを「真意」だの言いだす。

それを裏付ける論理側は一切なし!
仮説→実証って当然の道理をふむことなく、いきなり全く裏付けの理屈もない事を真理だの言い出す。

何処のカルトだよ?


その2
・「ビッグバン以前のコンマ何秒という世界」「驚くほど、科学的な考え」
なんて台詞がある。

ビッグバン以前がどうだったかはいまだに諸説あるのに、それを既に決まている事かのように発言。
こんな非科学を科学的とぬかす奴、オツム大丈夫ですか?ダメなんじゃないですか?

2014年の観測結果から唱えられている説では

>実は存在、ビッグバン以前 宇宙誕生の痕跡を初観測
https://www.nikkei.com/article/DGXBZO70332450U4A420C1000000/

>ビッグバン以前に、極小だった宇宙全体が一瞬で急膨張する「インフレーション」現象が起きていたとする説が、宇宙誕生の謎を説明する理論として有力視されている。


これまでは、ビッグバン以前は時間があっても無意味なのでカウントしない=ビッグバン以前は時空間なかった説があり、一方でそれ以前に時空間があったとしてもそれがどれ位の広さや時間経過だったかは誰も知らない。

つまりは「コンマ何秒という世界」だったかなんてのは誰も現状で立証し得ない事をこのマンガは断言しちまってる。

フィクションだから出鱈目やり放題だと思ったら大間違いだぞ!

フィクションだからーって開き直るんだったら、「このクソマンガは古典や科学の名を騙る嘘八百なので読む価値ないです」って冒頭に掲示しておけば?


その3
科学でない事の次は論理の破たん例を挙げよう。

「あなにやしえをとこを」「あなにやしえをとめを」
の話でこのマンガのオリジナル女性キャラが「これって男尊女卑じゃない」というセリフに続くのが、
・「まさか」とか否定をした後に「性別による役割」って書いちゃってる。

この事例は明らかに生物学性差でなくてジェンダー論じゃねえか!

聖書も1回読んでみれば男尊女卑の酷い差別書籍だってのは明白。

ドレの旧約聖書
ドレの旧約聖書

それを非論理で捻じ曲げて隠蔽するってのは後ろ暗い、現代において良いイメージでないと都合が悪い事があるからでは?

2007年に厚生労働大臣が「産む機械」とか発言するレベルでまで男尊女卑は存在し続けており、
況や70年前戦争やってた頃に現人神だなんだって言ってた連中の狂信者の時代も、古代の蛮人の頃も男尊女卑やってた事は「事実」だろ。

論理思考能力と客観性があれば「男尊女卑について、この書物や宗教ではあからさまだね」っていう事の方が寧ろあまりにも自然。


そして「宇気比(うけい)」については「誓い」もしくは「受け霊」だの書いているが、五男三女神については「何故、スサノオが女神を産んだことで勝ちなのか」というのに対して
・「女神は陰気の表れ」
だの書いてあるけど、

この似非マンガと違ってホンモノの古事記の側にはスサノオが
「我が心清く明し。故れ、我が生める子は、手弱女を得つ。」って言ってる。

「たおやめ」は益荒男(ますらお)の対語で「なよなよとした女性」という意味だ。

つまりは、これまたスサノオの言動からして男尊女卑そのもの。

陰陽ガーなんて古事記には書いてない。
そして古事記に書かれている言葉の方を無視して身勝手極まりない解釈をつけ、

「それぞれの解釈でいい」とか書いておきながら
「これは科学だー」だの「男尊女卑でない」だの、
非科学と非論理極まりない事をこの本は「断定」してしまっている。


・「死体や老廃物から神や物が生まれるのは日本独特の表現」
だのも書いているが、
中国の盤古、バビロニアのティアマットみたいな簡単に思い当たる位には有名なのが幾つもあるのに、こんな安っぽい嘘までかいてるのかよ!

中国の神話伝説〈上〉
中国の神話伝説〈上〉

シュメル神話の世界―粘土板に刻まれた最古のロマン (中公新書)
シュメル神話の世界―粘土板に刻まれた最古のロマン (中公新書)

・「製鉄の際に川の水が変色する」「その頃から環境汚染がはじまっていたのでしょうか?」
だと。

コレ書いた奴、脳内で妄想するだけで、全く現実見たりフィールドワークとかしねえ奴だろ?

俺が島根を旅行した時に、雨がふってた。
バスガイドはこれが「八岐大蛇で有名な斐伊川です。」って言ってただけだけど、
増水してたせいかしらないが、ちゃんと赤茶色い川の色だった。
「これが大蛇の血かあ」って俺は感心したもんだった。
普通に雨が降れば土の鉄分が出る地質なのに、鉄穴流しによる環境汚染だって?
環境汚染だのってフレーズで読者に嘘を吹き込もうとか、いちいちやることやることの心根が薄汚すぎないか?

とまあ、冒頭だけでこれだけの酷さのオンパレード。先は読みたくないが批評するからには仕方ない。

何より、奥付をみて、これが刷数を重ねている事をみてゾッとした。


冒頭にも書いたが、日本神話をザックリ知りたい方で、どうしてもこのシリーズがいいという方には日本書紀の方をお勧めします。

>日本書紀 (まんがで読破)
http://read.seesaa.net/article/453321213.html

日本書紀 (まんがで読破)
日本書紀 (まんがで読破)

古事記/日本書紀 (まんがで読破Remix)
古事記/日本書紀 (まんがで読破Remix)

posted by wolf_howling at 20:04 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本書紀 (まんがで読破)

日本書紀 (まんがで読破)
日本書紀 (まんがで読破)

古事記は神話重視で物語寄りに対して日本書紀は歴史や伝承の集約記録と書きながら、絵的には謎の和風ファンタジーな装束になってるものの、これだけの数の人物をキャラデザインして、それなりに描き分けられてる点だけはマンガ技術的には評価できる。

そして一番評価できる点は、
欠史八代は根強い実在説もあるが、実証不能=架空とか。
倭迹迹日百襲姫命と邪馬台国の卑弥呼との比較同一視説があるが、箸墓古墳は宮内庁管理で調査がされていない=研究が進まない為に実態は不明とか。
同じく卑弥呼と江戸時代は同じと考えられていた神功皇后も伝説の域を出ず、朝鮮支配していた記述については実証できるものがないし、大和朝廷が朝鮮侵攻した年代とのギャップについて七支刀が送られたのは西暦327年、高句麗で419年につくられた広開土王碑についても書き、生没年が170〜269年というめっちゃ長生きした設定にしてる神功皇后の時代とすら全然被ってない事も書いてある。

ラストに「史実としてとらえるには注意が必要」とキッパリかいてある点が何より評価できる。

だーけーどー。

そこまで言うなら「聖徳太子」って呼び方は平安以降のものとか、このマンガの中でも使われてる私兵の肖像画は8世紀以降のもので誰を描いた絵かの裏は全く取れていないとかそういう事まで、エッチングの絵まで使うのなら書いておくべきだと思う。

>あの「聖徳太子」が教科書から姿を消すワケ
http://toyokeizai.net/articles/-/118796

>聖徳太子が歴史から消える日〜 『世界一受けたい授業』河合敦さんが教える、日本史教科書のミステリー
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48884

源頼朝とか武田信玄とか西郷隆盛の肖像が当人って証拠が無いからギルティって扱いなんだから、

源頼朝 全2巻合本版
源頼朝 全2巻合本版

戦国武将 武田信玄 扇子 唐木 刺繍入り扇子袋付
戦国武将 武田信玄 扇子 唐木 刺繍入り扇子袋付

さつま小鶴 西郷徳利 陶器入り 小正醸造 芋焼酎 25度 720ml
さつま小鶴 西郷徳利 陶器入り 小正醸造 芋焼酎 25度 720ml

嘘を教えて後から修正なんてのは戦中教育やってたクズともと変わんない訳だから
「科学的に証明」ができないのは全部、許可書から消すべきだろ。

文献に書かれてるかどうかなんてのは何の物理的な実証能力も持たない。
フィクションを目にしたことないのかと。

そういう点で、このマンガは「史実」って事との距離感が割と真面目に描かれている作品だと思った。

なのに、同じシリーズなのに古事記の方は酷すぎ!

古事記の方は冒頭数ページから早々にカルト臭漂うトンデモ本だったので、追って別エントリで批判させてもらう。

>古事記(まんがで読破) 瞬時で論破!独善解釈を押し付ける歪んだカルトコミック
http://read.seesaa.net/article/453322875.html

古事記/日本書紀 (まんがで読破Remix)
古事記/日本書紀 (まんがで読破Remix)

posted by wolf_howling at 18:50 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

史記 (まんがで読破)

史記 (まんがで読破 MD128)
史記 (まんがで読破 MD128)

個人的に画風やキャラデザインは俺の好みじゃないけど、頑張ってコンパクトにまとめようって姿勢と、本来はこのマンガ家はギャグものをやりたいんだろうなあってのは読み取れた。

鄭問の東周英雄伝は紀伝体なのでマンガのキャラや迫力演出としては抜群なんだけど、何処の地方なのかとか、何時の時期の人なのかとかは解り難いんだよな。

[まとめ買い] 東周英雄伝(モーニングコミックス)
[まとめ買い] 東周英雄伝(モーニングコミックス)

その点、これは編年体なので、流れをざっとこういうので掴んで後に、個々に気になった人物や国を掘り下げるってアプローチには向いていそうな気はした。

故事成語にもふれてはいるが、
臥薪嘗胆の「臥薪」は描いてないで胆舐めて「にげえ」って言ってるだけで「これが故事に言う「臥薪嘗胆」」はねえだろとは思った。

ページの都合もあるんだろうけど明らかにこれは説明不足。

史記の中では「臥薪嘗胆」なんてそもそも書いてない。
「臥薪」の記述は「史記」には書かれてなくて「十八史略」に書かれている。

十八史略 (ちくま学芸文庫)
十八史略 (ちくま学芸文庫)

でも、「史記」には「嘗胆」は書いてあるので、
「史記」のマンガなら「嘗胆」側しか描いてないのは「合っている」んだけど、
そこで故事に言う「臥薪嘗胆」って書いちゃったら、じゃあ「臥薪」って何だよになっちゃう。

個人的には国語や古典のテストにも有名過ぎて殆ど出ないような「臥薪嘗胆」って故事成語はすっぱり端折っちゃう編集の仕方が「史記」に拘るのならブレもなくて正解だろう。

だって臥薪嘗胆の意味を知ってても、夫差や勾践や春秋五覇なんて殆どの人が言えねえんじゃねえの?


末尾近くになったら枠の解説で
虞美人が自害した記述は史記にないとか、
高祖というのは当人が名乗ったのでなく死後つけられた名前とか、
細かいフォローを入れてはいるので、
この作品はそれなりに原典を意識しつつ、如何に「マンガ」にするかというクリエイティブを見せている感じは受け取った。

「天道是か非か」なので中高生の頃に眺めてみるといいかもしれない。

横山光輝のはマンガとしての読みやすさ、わかりやすさはぶっちぎりだけど、長いからね。

史記 全11巻セット (小学館文庫)
史記 全11巻セット (小学館文庫)

posted by wolf_howling at 03:21 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

リトル巨人くん

リトル巨人くん1
リトル巨人くん1

eBookJapanの全巻無料読み放題名作リレーで読んだ。
https://www.ebookjapan.jp/ebj/free/campaign/yomihodai/?dealerid=30077

小学館の学習雑誌で連載初回を読んだ俺だが、流石に最終回の頃までは読んでなかった。

やたら美化されたジャイアンツ像が今読むと、長嶋に殴られて壁をブチ破る番場蛮並にギャグ同然だが、

侍ジャイアンツ 番場蛮~魔球列伝 PPVDVD
侍ジャイアンツ 番場蛮~魔球列伝 PPVDVD

実名選手を使って好き勝手できた時代だった事も今となっては懐かしい。

まあ後になっての作品でミラクルジャイアンツ童夢くんもありはしたけど。

ミラクルジャイアンツ童夢くん(1) (石ノ森章太郎デジタル大全)
ミラクルジャイアンツ童夢くん(1) (石ノ森章太郎デジタル大全)

コレの連載が始まる前までやってた野球狂の詩の「女性でもワンポイントリリーフならプロで通用する」という水島新司のアイディアで水原勇気が誕生したわけだが、多分に子供向けマンガとして小学生のプロ野球選手という「マンガ」的なもののヒントになっているのではなかろうか。

野球狂の詩 DVD-BOX[キャラクター編+水原勇気編]
野球狂の詩 DVD-BOX[キャラクター編+水原勇気編]

色々な意味でマンガも日本のプロ野球にも良い時期だったのではなかろうか?

こういうマンガ的な事を現代でやれば子供にも笑われてしまうだろうし、
内山まもるの画風は劇画とマンガの中間的なものでリアルとギャグが併存できる利便性もあった。

水島新司は出てくる選手を似せようと思ってないのかって位に似顔絵は下手くそだが、内山まもるのこれは美化しまくってはいるけど、ぱっと見にも似顔絵としてどの選手だか暗別できる位には特徴をとらえていて似ている。(岡田と落合は全然似てないけど。)

そら、そうよ ~勝つ理由、負ける理由
そら、そうよ ~勝つ理由、負ける理由

采配
采配

兎に角、出てくる選手が懐かしい!
マルカーノやラインバックにブリーデン。

大洋もホエールズ時代で田代にシピンとか。

王の756号で盛り上がってた時代だなとも。

時代と言えば5巻 P.51に「ラテカセ」が書かれてたり。

ラテカセ
Copyright c 内山まもる

当初は小学生投手設定にリアリテイ(?)を持たせる為かリリーフだったのが、先発も行い色々とやってるものの、「巨人君ボール」とかを出したのは巨人の星の再放送での人気再燃の影響だと思う。

巨人の星 Special Blu-ray BOX 1(期間限定生産版)
巨人の星 Special Blu-ray BOX 1(期間限定生産版)

しかし、魔球を出すも原理は何ら説明されず、開発に苦労した回のあとは使わずで、その時だけの単なる思い付きだった様子。

6巻で江川が出てくる。
この作品ではギャグキャラ扱いなのだが、江川事件は小学生でも知っており、ドラフトの公平性をうやむやにしてまでゴリ押ししたナベツネ球団の汚さは世間の知る所であって。

プロ野球 ドラフトスキャンダル事件簿 (別冊宝島 1911 カルチャー&スポーツ)
プロ野球 ドラフトスキャンダル事件簿 (別冊宝島 1911 カルチャー&スポーツ)

しかも本作では小林繁が巨人の選手と戦う立場のピッチャーでなくてよかったという話を巨人くんにするという話まで7話目でやってしまっていたため、このマンガの空虚なフィクションの白々しさと現実側の薄汚さに拍車がかかった形になった。

巨人ファンだったのに阪神に乗り換えた子供たちも居たくらいだからな。

そこまでやった73年の2年後。巨人軍はチーム創設以来初めてのリーグ最下位にまで落ちぶれる。

それに合わさるかのように、7巻では唐突に左肩に打球が当たった怪我から打者転向という無茶苦茶な流れにこの作品もなる。

これ、勉強バトルマンガだった轟け一番が苦し紛れにボクシングマンガになって子供からも笑われて失速したのと同じ事をやってる。

とどろけ!一番(1) (てんとう虫コミックス)
とどろけ!一番(1) (てんとう虫コミックス)

そして監督は長嶋から藤田に。だけど何故か王助監督がメイン。。

そしてこれまた巨人の星パクリであろうライバル少年を広島、ヤクルト、阪神から出すが打ち切り。

8巻で投手にもどって2年ぶりカムバック。
タブチくんの影響かギャグ風のコマが多め。

がんばれ!!タブチくん!! トリプルヘッダーBOX(3枚組) [DVD]
がんばれ!!タブチくん!! トリプルヘッダーBOX(3枚組) [DVD]

しかし、ピッチャー返しやチームワークの話など、初期の焼き直しがストーリー的に多い。

9巻では巨人くんは投手なのでバッターとして不振って、7巻で打者に切り替えた経歴は「なかった事」に。

方向転換後にヒットしたマンガもそれなりにあるけど、(特にジャンプ系)
ネタギレだけは何ともならないなと思った。

なのに15巻みたら、小学館の学習雑誌の各年生用とコロコロコミックとで別の最終回を描いている力の入れよう!

でも、野球賭博に関与したり、脱税で実刑食らったピートローズや、
最終回付近で新人として入ってくる桑田のライバルとして出てくる清原が覚醒剤で逮捕される刺青者になってたりとか読みながらどうしても連想しちまうよね。

マンガは所詮マンガだけど、現実側が子供の夢を踏みにじるような大人だらけで、しかもそいつらが高額な収入を得ているって事の異常さの方が酷いよな。

野球の人気や、野球漫画というものが熱血からギャグへシフトしていったことをそれなりの長期連載だったことで世相も感じたりもしたが。(ひょうきん族の懺悔ネタとかあったりも)

フジテレビ開局50周年記念DVD オレたちひょうきん族 THE DVD 1981-1989
フジテレビ開局50周年記念DVD オレたちひょうきん族 THE DVD 1981-1989

ともあれマンガ的な法螺話や、スポーツマンシップだなんだ言った所で所詮って事を気にしないで楽しめた時代の懐かしさは溢れた。

リトル巨人くん15
リトル巨人くん15

posted by wolf_howling at 04:08 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

平家物語 (まんがで読破)

平家物語 (まんがで読破 MD110)
平家物語 (まんがで読破 MD110)

2012年のなので、割と読みやすくなった?
(どれもこれも原作側を俺が知ってるので比較できる訳だけど)

「あー、このシーンが2コマね」とか、「どうしてもこの人物出したかったんだろうな。」とか読んでて思った。

これまで読んだ中では割と人物相関や概要を掴むのにはいいと思った。
(キャラの書き分けはまだ微妙だけど、他のこのシリーズはもっと酷いのでマシに見える。)

とはいえ、俺は弓矢警察じゃないにせよ、那須与一の矢の構え方が酷すぎる。
小指の方に矢の先端が来る絵ってのは流石に酷すぎる。

それと、「扇のかなめ際一寸ばかり置いてひいふっとぞ射切ったる」ってシーンを扇が縦に割けてる絵なのもなー。

40代以下はこのフレーズって古典の授業で習ったりしないの?
俺、そらで出てくるけど。

全般的に割と読めたのに、このコマ見て「原作の方をちゃんと目を通してない」ってバレちゃってる。

何で原典に敬意を払って読む位の事をできないのかなー。

仕事であって、趣味でやってるんじゃないよね?
お金とって売ってるもんなんだよね?

現代語訳 平家物語(上) (岩波現代文庫)
現代語訳 平家物語(上) (岩波現代文庫)

ドリフターズ 那須与一 高発光スマホステッカー
ドリフターズ 那須与一 高発光スマホステッカー

posted by wolf_howling at 19:45 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

男塾外伝 紅!!女塾 最終話 紅き女達

[まとめ買い] 男塾外伝 紅!!女塾
[まとめ買い] 男塾外伝 紅!!女塾

2001年位から彼方此方でブログ書いてる俺だが、
電子ベースで連載されてるマンガの初回から最終回まで、それなりに月次でもチェックしてレビューしたのはコレが最初って形だな。
それと連載ってものを追っかけるのは時間効率諸々含めて、今後やる気もおきないので多分、これが最後になると思う。

やっぱアニメ版男塾と同じような所までしか引っ張れなかったかって感じ。

魁!!男塾 TVアニメシリーズDVD-BOX
魁!!男塾 TVアニメシリーズDVD-BOX

以前に「セインティアがなんぼのもんじゃい!」って台詞もあったが、あちらはアニメ化決定という。

聖闘士星矢セインティア翔 10 (チャンピオンREDコミックス)
聖闘士星矢セインティア翔 10 (チャンピオンREDコミックス)

こっちもオーディオドラマCDとかマーケ含めてやれば良かったのに。
(俺はCVキャステイングを空想したりもしてたW)

やっぱ、キン肉マンレディと同じで原作側がギャグとシリアスってやつだと公式パロディやるにしろ、どっちつかずになってしまうと難しいって事なんだろうなー。

キン肉マンレディー 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
キン肉マンレディー 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

折角、数人がかりで持ち上げる午後ティーのペットボトルから紅茶飲んでる巨大ゴスロリ出て来たのにW

大豪院邪子なんだろうけどW

男塾外伝 大豪院邪鬼 1
男塾外伝 大豪院邪鬼 1

にしても勿体ないよなー。

基本設定が軽いノリで、男が絶滅って設定で、では女とは?ってのを、結局、作者も女性に「漢」的なものをそのまま被せてしまう事にムリがでちゃったのかもね。答えらしい答えもないままでは走り続けられないって事なのかなー。何かしら長い事やってれば逆に見えてくるかもしれないけど。

Fateみたいな女体化やパロデイの開き直りは長年やってれば地に足が付くんだけど、

マンガで分かる! Fate/Grand Order(1) (角川コミックス)
マンガで分かる! Fate/Grand Order(1) (角川コミックス)

萌え的な開き直りとも違うし、燃え展開で引っ張ると男塾名物のギャグが民明書房だけだとツライしなあ。

民明書房大全 (ジャンプコミックスデラックス)
民明書房大全 (ジャンプコミックスデラックス)

Fateが何なのかを知らない世代がFGOで盛り上がってんだから、男塾を知らない世代が女塾は知ってるみたいな事になるまで突き抜けちまえばいいと思うんだよなー。
原作元ネタはまだまだ延々あるんだし。

ともあれ5巻完結と冒頭にも書いてあるいうことで、
サイトウミチ先生、お疲れ様でした。

八連制覇まで行かないとは、勿体ない、勿体ない。

週刊少年ジャンプ展「魁!!男塾」民明書房闘羅札(トランプ)
週刊少年ジャンプ展「魁!!男塾」民明書房闘羅札(トランプ)

posted by wolf_howling at 13:50 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガリア戦記 (まんがで読破) 塩野七生に著作権的に許可得てるのかな?

ガリア戦記 (まんがで読破)
ガリア戦記 (まんがで読破)

これまた長いものを如何コンパクトにするかってのはあるけど、他よりは相当マシだな。
(他のが酷すぎるとか?苦笑)

ガリア地図は各種族が何処にいたかとかの解りやすさもあったし。

ただ、マンガとしては色々微妙。

折角、描き起こしたって事でか、やたらとガリア地図が出てくるんだけど、
P.62とか説明スペースを上にかぶせてしまってるので地名が「ル河」なんて表示になってる。

The Spirit Collection of Inoue Takehiko SLAM DUNK vol.3 流川 楓
The Spirit Collection of Inoue Takehiko SLAM DUNK vol.3 流川 楓
(その流川ちがう。)

これ写植時代の編集者なら「リゲル河」ってのを貼り付ける位置は説明と被さって読めない所にはレイアウトなんてしないし、
デジタル原稿だとしたら、猶更、文字レイヤー位置を右に少し引っ張るだけで事足りるのをしないってのは、マンガ家も編集者もプロが原稿の可読性に細心の注意を払うって姿勢と真逆な事がよく伝わる。

歴史ものって事なら色々な注意も更に必要となる訳だが、
P.70の「衝角(ラム ram)」というものが何を指すのか解ってないで絵を描いてるので、船同士が横でぶつかり合ってる絵なんかを描いてる。

2011年の本だから多分にWikipediaで下記の絵でも見ただけで描いたんじゃねえの?

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/26/Ramm.png

衝角(ラム ram)

コレ、ぶつけてるのは船の側部でなくて先端なんだな。

>衝角 Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%9D%E8%A7%92
>衝角(しょうかく)は、軍船の船首水線下に取り付けられる体当たり攻撃用の固定武装である。


って書いてあるんだからググって文章位読めよ。

以下のは古代ギリシャの船だけど、へさきの下側が出っ張ってる奴が「衝角」だ。

青島文化教材社 オールドタイムシップス No.01 ギリシャの軍船
青島文化教材社 オールドタイムシップス No.01 ギリシャの軍船

インポート木製Sailing Shipモデルアマティam1404ギリシャbairemu
インポート木製Sailing Shipモデルアマティam1404ギリシャbairemu

敵の船の横腹に正面から体当たりして穴開けて鎮めるって戦い方の用途。

こういう事が全く分かってないのがバレバレ。

あと、冒頭の戦術戦略の描き方はまあまあなんだけど、中盤過ぎたら黒塗りのコマに白文字でナレーション書いてるだけみたいなのばっかりで、バトル表現としての迫力とか盛り上がりみたいなのがマンガなのに全くなくなってしまう。

人の命がかかってる戦争は見世物じゃねえって発想なら、カエサルみたいなただの侵略者、略奪者はクズって描き方をするだろうし。

ガリア戦記がカエサル自身の俺TUEEE小説だから主人公補正が入るのも解るけど、圧勝!とか、ピンチ!ってマンガ表現があまりに乏しい。

一方で、本家のガリア戦記は報告書を元にした遠征記録なのでローマの元老院派閥についてや、家族がどうのってのは書かれてない。

カエサル戦記集 ガリア戦記
カエサル戦記集 ガリア戦記

このマンガだと、割と其方にもページ数を割いている事が特徴的だと思った。

なので、コレってガリア戦記自体を底本にしたのじゃなくて、何かしら別のダイジェストなり解説書を参考にして書いてる感じがした。

Amazonレビューを眺めると、多分に塩野七生の「ローマ人の物語」(文庫本 第9巻と第10巻)が底本なのではと思われる。

その場合、カエサルの側は死んで2000年以上経ってるから著作権的に問題はないが、
もし塩野七生の作品を底本にして許可をえていない場合は著作権侵害に当たる可能性まであるんじゃねえの?と。

https://www.amazon.co.jp/gp/profile/amzn1.account.AHDZEAF7GWO6ERVVOYM4BMCJZN7A?ie=UTF8&ref_=cm_cr_dp_d_pdp
>登場人物の台詞回しや解説文(地の文)がほぼ塩野氏の文章そのままなのでは…と。


ってレビューもあるんだけど。

引用ってものはあるけど参考書籍も何とも書いてないので、親告罪とはいえ無断で台詞や解説の丸写しパクリならアウトなんじゃないの?

パブリックドメインになってる古典の有名作品が原作なら問題ないけど、現代創作作品を元にしている場合は何でもありにはならない事はマンガ家なり、編集者が本物のプロなら知ってる筈だけど?

ローマ人の物語〈9〉ユリウス・カエサル ルビコン以前(中) (新潮文庫)
ローマ人の物語〈9〉ユリウス・カエサル ルビコン以前(中) (新潮文庫)

posted by wolf_howling at 05:28 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

豪華本 バビル2世 1巻



文庫版と同じ巻数だが、サイズが大きい方が読みやすいので。
発刊されたのが平成5年で、ソ連崩壊後ということでか「ロシアの大統領」って台詞の改変があったりはする。
これ時代劇の大名を厳密な意味は大幅に違えど県知事みたいに変えてのと同様で全く意味ねえと思う。

最後の転落 〔ソ連崩壊のシナリオ〕
Posted with Amakuri
エマニュエル・トッド
藤原書店


それ言ったら「バベルの塔」なのに何で「バベル2世」じゃねえんだよって話まで行っちまうぞ!

アニメ版は開き直って「バビルの塔」に住んでいるって開き直りだけどなW



あまりに有名な作品なのと、アニメも再放送を何度も見たし、新作側も観てたので既に浩一少年が誰なのかは有名だが、連載として読んでいたらと仮定してみると、続き物としての引っ張り方は流石、

徐々に謎が明らかになったり、ヨミとの駆け引きとか、こういうのと、砂漠の真ん中で学生服ってシュールさに荒木飛呂彦は引かれて承太郎に学生服を着せたままディオのいるエジプトまで行かせたんだろうなと。
(当時の担当編集と旅行に行った時に編集者はエジプトが大好きだったのだが、荒木飛呂彦は埃っぽくて暑いエジプトが大嫌いだったのでボス的は必ずエジプトに居る事にしよう!って思ったそうでもあるんだけど。)



だから荒木飛呂彦はアニメ版オリジナルのパイロットスーツとかは嫌いだったそうだけど、
アニメあってこそのバビル2世でもあるだろと。

とくにこの1巻を読んでいると、アニメのOPEDで使ってるのはこのカットだ!ってコマが豊富に読み取れる。

アニメ版の方について言うまでもないが菊池俊輔楽曲の良さも抜群だよね。
OPは壮大なフルオーケストラでのイントロに始まり、
「3つのしもべ」を印象付ける歌詞と共に
天空を行くロプロスには軽やかなフルート。
海底を行くポセイドンにはホルンの力強さ。
疾走するロデムには軽快なトランペットと、弦楽重奏って、
これぞアニメのテーマソングでしょう!

テレビまんが主題歌時代の楽曲は本当に工夫されてて最高。
アニソンとか呼んで取って付けの似たり寄ったり楽曲だらけの現状の悲惨さと比べると、
本当に多様な映像や音楽に触れられてたテレビの黄金時代に幼少期を過ごせて幸せ。

東映アニメーション創立60周年で今なら1話だけ公式配信されているのを無料でYoutubeで観れるので何度もOPやEDを見直してしまう。

>【公式】バビル2世 第1話「五千年前からの使者」
https://youtu.be/oP19qYdSE3g


posted by wolf_howling at 04:38 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

西遊記(まんがで読破)

西遊記 (まんがで読破)
西遊記 (まんがで読破)

西遊記に関してはもう色んなアレンジ版が出てるので、今更どうこうって事はない。

今では逆に「オッス!おら悟空」を知ってても、西遊記の方を知らない子供もいるかもしれない。

1000ピース ジグソーパズル ドラゴンボールZ オラに元気を! (50x75cm)
1000ピース ジグソーパズル ドラゴンボールZ オラに元気を! (50x75cm)

殆どの人は玄奘一行のイメージだけで、斉天大聖だった頃の話は知らない人も居るだろうし、
何より「西遊記ってどう終わったのか」を知ってる人は少ないと思う。

俺は、ながーい話を通して読んだので知ってるけど。

この本は長い話をマンガ書いてる人が気に入ったくだりだけ残して数話をピックアップして端折った形にして、如何終わったか側を伝える形に開き直った事は単巻型での出版形式を生かした上手い構成だと思った。

中国中央電視台の連続ドラマはちゃんと最後までやってたけど、連載漫画や日本の連続ドラマだと「旅はまだ続く」みたいな引きとか、天竺とは?みたいな感じで終わらせてしまってるのがあまりにも多い。

西遊記 DVD-BOX 1
西遊記 DVD-BOX 1

悟空の大冒険 Complete BOX [DVD]
悟空の大冒険 Complete BOX [DVD]

中国のテレビドラマを全部観るのも流石に大変だろうから「西遊記ってどう終わったのか」の更にざっくりを知るマンガにはなってる。

基礎的な仏の出演者や、敵の有名妖怪もさらりとだけど触れてはいるし。
でもあっさりすぎで、マンガとしての魅せ方がもう少しはあるとは思う。
だから格段に面白いって訳では全然ないけどもな。

DVDBOX 西遊記 全8巻
DVDBOX 西遊記 全8巻

posted by wolf_howling at 05:54 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

「水滸伝(まんがで読破)」読破できないので『本物』のマンガの方を読もう

水滸伝 (まんがで読破)
水滸伝 (まんがで読破)

コレは割とページ数の厚みがある本で、それなりなのかな?と背表紙は思わせる。

が!所詮、このシリーズなので全く期待しない。

むしろどうせラストまでちゃんと描けないのなら「何処までやったか」「どんなオチにするのか」って興味の方で読む。

相当に仕方ないのが英傑の数だけで水滸伝は108人いるので、連続ドラマだのにしても「誰を主人公にするのか?」が色々なパターンがある。

例えば日テレでやってた奴は中村敦夫が演じてた豹子頭林冲が主人公。
全26話しかないのに、相当に林冲メインで長々と話が続いて、最後の方は駆け足。しかも流石に108人なんて出演させてない。(敵や梁山泊や軍隊の兵を含んだら更に膨大なスケールになる。)

水滸伝 DVD-BOX
水滸伝 DVD-BOX

中国中央電視台ので日本では「永遠なる梁山泊」ってサブタイついてるのは全43話で、これまた108人全員は網羅してないものの結構頑張ってる。
三国志もだけど、そもそも戦い方がカンフーアクションなので、そういう映像目線でもちょっと面白い。



エンディングロール見るだけでこんなに英傑いるって良く解る。



本場の主役はやっぱり宋江。

で、中国では困った時に金貸してくれる兄貴がもてはやされて、
日本では武力が高い方が人気みたいなのはなんとなく解る。
宋江さえリーダーじゃなければ色々な英傑が死なないで済んだだろうにってホント思う。

このマンガは林冲が主人公で宋江は少ししか出てこない。

そういう受け入れられ易さを優先したアレンジはまあいいよ。

だけど最悪なのは、林冲を裏切って、早々に殺される陸謙なんかが何でボス敵になってんだよ!
しかも太阿の宝剣を使えるのは高廉だろ!

だーかーらー。

有名作品を元にしてるフリした意図的な大幅改変とかいらねえっての!

他人の褌て相撲取ってる分際で自己主張とかいらねえから!

便乗商売するなら身の程を知れっての!


しかも、この絵のタッチやキャラデザインが多分に、完全に原典を無視した勝手なファンタジー作品にしてた奴に似てるから、同じ作者じゃねえの?

>孫子の兵法 (まんがで読破) 古典と全く無関係なデタラメ中華風の妄想マンガ
http://read.seesaa.net/article/452761813.html

孫子の兵法 (まんがで読破)
孫子の兵法 (まんがで読破)

水滸伝のが発刊が先だから、この暴走してOKならって大暴走した結果が、中身に砂詰めて充電バッテリーだって売ってる連中と同じザマに至るって話だな。

>モバイルバッテリーを買ったらただの砂だった…―中国
http://www.recordchina.co.jp/b186471-s0-c30.html

確かに横山光輝の水滸伝や、その後に書いた三国志も、省略や色んな間違いはある。

三国志 (新書版) 全60巻 (希望コミックス)
三国志 (新書版) 全60巻 (希望コミックス)

だけど、原作を把握した上で省略したり、辻褄だのの為に改変したりしてマンガにするってのと、

原作をないがしろにして、巨人の肩に乗りながらそれを踏みつけにして自分で好き勝手するってのは大違いだろ。

マンガとしての『本物』の方がやはり圧倒的で、そちらを読む事をお勧めする。

何よりこの改悪作品ですら、黒旋風 李逵鉄牛が回り回って横山光輝キャラのデザイン影響うけちゃってるのがなあ。

ジャイアントロボの方は元を知ってると呼延灼とかにしても「ねーよWWW」って笑いながら観れるんだけど。

「ジャイアントロボ THE ANIMATION ~地球が静止する日~」Blu-ray BOX スタンダードエディション
「ジャイアントロボ THE ANIMATION ~地球が静止する日~」Blu-ray BOX スタンダードエディション

やはり紛い物やパロディを見るより何より先に「本物」の側を見ておこう。

水滸伝6巻セット 漫画文庫
水滸伝6巻セット 漫画文庫

posted by wolf_howling at 09:16 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

死者の書 (まんがで読破)

死者の書 (まんがで読破)
死者の書 (まんがで読破)

先に読んだ2冊が酷かったせいか

>孫子の兵法 (まんがで読破) 古典と全く無関係なデタラメ中華風の妄想マンガ
http://read.seesaa.net/article/452761813.html

>ドン・キホーテ (まんがで読破)
http://read.seesaa.net/article/452756862.html

コレ程度がえらくマシに見える。

内容が内容なので、宗教勧誘マンガみたいな臭いがしちまうのは聊か仕方ないが、
古代エジプトの人々の死生観がなんとなくこんなじゃねえのかねっていうマンガとしてはアリだと思う。

ミイラの作り方やカノプス壺とか、ウシャブティって埴輪みたいなものとかについては学習マンガっぽくソコソコちゃんと書いてあるし、

バーとかカーとか言っても、エジプトのオカルトって日本じゃマイナーだから知ってる人少ないでしょ?
日本でいう魂みたいなもんなんだけど。

ヘリオポリス9柱神の成立ちとかもね。

エジプトの神々とかジョジョ3部で名前は知ってても、実際はどういう神かとか知らない人の方が多そうだし。

ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース エジプト編 Blu-ray BOX<初回仕様版>
ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース エジプト編 Blu-ray BOX<初回仕様版>

ただねー。

マンガ的なアレンジというよりもオリジナルで盛ってあるのが鼻につくパートもそれなりに多かった。

ハムナプトラの影響、受けすぎだろ!って。

ハムナプトラ ベストバリューBlu-rayセット (期間限定スペシャルプライス)
ハムナプトラ ベストバリューBlu-rayセット (期間限定スペシャルプライス)

でも逆にマンガの物語としての中身は割とありがちでスッカスカだから読むのに10分もかからなかった。

ともあれ、まんがで読破シリーズってののレベルがなんとなく掴めた。

DVD 王家の谷  「冥界の書」と復活の掟
DVD 王家の谷 「冥界の書」と復活の掟

posted by wolf_howling at 12:30 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

孫子の兵法 (まんがで読破) 古典と全く無関係なデタラメ中華風の妄想マンガ

孫子の兵法 (まんがで読破)
孫子の兵法 (まんがで読破)

これはひどい!

>シリーズで1番の駄作です

ってAmazonレビューに書かれて当然な内容。

ラーメンをオーダーしたら、水に漬かったチリ紙が出された位にタイトルと違う!

孫子については「兵は詭道なり」って言葉が作中で使われてるだけで、
誰が言った言葉かすら作中には全く書かれていない!

しかも使われてるのは、この一言だけ!

この作者や編集者、出版社の感覚からしたらエシディシも「兵は詭道なり」って言ってるから、ジョジョ=「孫子の兵法」ってタイトルってロジックが成立してしまう位に出鱈目。

あァァァんまりだァァアァ!

ジョジョの奇妙な冒険ABC 2弾 【コモン】 《キャラカード》 J-154 泣き叫ぶエシディシ
ジョジョの奇妙な冒険ABC 2弾 【コモン】 《キャラカード》 J-154 泣き叫ぶエシディシ

先のドンキホーテの時に書いた原作モノがやってはいけない事を全てやってる!

>ドン・キホーテ (まんがで読破)
http://read.seesaa.net/article/452756862.html

「既にある原作人気に便乗」
「原作への感謝どころかロクな把握もしない」
挙句に「他人の褌で相撲取ってる分際で、自己主張しようとオリジナル設定だの余計な事する」


以前、実写版キャシャーンの監督が興収出したのに作品評価は低いとされているだの言ってるけど、人気作品に便乗した挙句に泥塗った騙し討ちで金とられたら、以降の作品にだって悪評ってのは着いて回るのがフツーだろ。

タツノコヒーローズ ファイティングギア 新造人間キャシャーン (再販)ノンスケールPVC&ABS製塗装済み可動フィギュア
タツノコヒーローズ ファイティングギア 新造人間キャシャーン (再販)ノンスケールPVC&ABS製塗装済み可動フィギュア

あの頃映画 松竹DVDコレクション CASSHERN
あの頃映画 松竹DVDコレクション CASSHERN

このマンガも何処の誰だかが好き勝手に作った低品質なオリジナルがやりたければ
他所でやれと!
何で名著を騙ったんだろうな?

先ず、読破だの言ってるけど、とにかく読みづらい!

インチキな国家名称や各キャラの漢字の読みにくさ、覚えにくさが真っ先に酷い!
キャラの描き分けも中途半端な技量。
解りやすいマンガとしてのセンスが欠片も感じられない。

興味ある方は国名とかはこちらを参照されたし。俺は面倒すぎてやる気が起きない!

>ファンタジーの戦術 まんがで読破 孫子の兵法:拑の会戦〜狄VS爰〜
http://blog.livedoor.jp/death6coin/archives/51754572.html

しかも、その常用漢字ですらないインチキ国家名に都度ルビふるでもすればまだ読みやすさは向上するがそういう基本的な編集の心遣いもない。
そして、兵法で重要な戦略や戦術がタダの妄想!
6つある国に囲まれてる中央の国がいきなり外部から初めに攻め落とされるって、相手はテレポート能力でも使えるのかよ!
挙句は、自分の砦の目の前で火計だの、投石機を防衛用の武器として使うだの、武器や戦術知ってればアリエネエー!って内容が続く。

物売るっていうレベルじゃねぇぞ!
こういうのこそ脳内に留めておくか、チラシの裏にでもってレベル。


図書館で借りて良かったわ。
やっぱ買い物ってのは中身をちゃんと確かめてからで、
本当に手元に置きたいとかってもの以外に金払っちゃダメだよな!


しかも部数が出たのか出なかったのかは知らねえけど、抱き合わせの再録までして売ってる!

この下の表紙にも注意が必要だな。

孫子の兵法/論語 (まんがで読破Remix)
孫子の兵法/論語 (まんがで読破Remix)

posted by wolf_howling at 11:42 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドン・キホーテ (まんがで読破)

ドン・キホーテ (まんがで読破)
ドン・キホーテ (まんがで読破)

ドンキホーテは小学生時代に文学全集だかで読んで、中学の時に岩波文庫のを読んだ。

ドン・キホーテ 全6冊 (岩波文庫)
ドン・キホーテ 全6冊 (岩波文庫)

その後に20代になって子供用にはどんなアレンジをしてあるのだろうと岩波少年文庫を読んでみた。

ドン・キホーテ (岩波少年文庫 (506))
ドン・キホーテ (岩波少年文庫 (506))

そして更に年をとってから、今度はマンガ版はどんなアレンジをしてあろのだろうと読んでみた。

てな感じで色々と読んで比べてる俺からのレビューだが、
このマンガ版は及第点には及ばない。
編集も機能していると思えない。
子供にも勧められない。


との結論。

原作のあるものを他のメディアにする場合、マンガ化、アニメ化、実写化、ゲーム化など色々あるが、

二次創作で一番良いのは原作の意図を汲み取り、オマージュとして敬意を払いつつ、別メディアであることを生かした拡張表現を行う事で効果を最大にする事ができれば、原作厨に叩かれず、新規顧客層へのマーケに認知を広め、収益的にも拡大を齎す事が出来る。


一方で
邦画がよくやる最悪のやり口は
「既にある原作人気に便乗」
なのに「原作への感謝どころかロクな把握もしない」
挙句に「他人の褌で相撲取ってる分際で、自己主張しようとオリジナル設定だの余計な事する」
結果は必然的な炎上と、騙し討ちされた観客からの金返せ!という当然の評価。


このマンガだと、アクセルとブレーキがおかしいので、リズムが損なわれている。

というのも、最初は多分にこのマンガ作者はマンガを描き始めた段では多分にドンキホーテという主人公が嫌いだったのではなかろうか?
マンガ的な誇張表現はあるものの、主人公なのに描き方が雑なのが伝わる。
サンチョにしてもそうだ。

多分に、一通り作品に目を通すなどのの把握を行わず、あらすじ的な概要の段でキャラクターデザインを行ったのではなかろうか?

一方で原作者であるセルバンテスの思惑は、冒頭だけを読んだだけの読者に対しては成功している証拠だ。

そもそもセルバンテスは何故ドンキホーテを書いたか。

セルバンテスは暦がグレゴリオ暦としては別日ではあるがシェイクスピアと同じ日付に死んだ人物である。
ミゲル・デ・セルバンテス グレゴリオ暦1616年4月23日に死亡。
ウィリアム・シェイクスピア 1616年4月23日(グレゴリオ暦5月3日)に死亡。

シェイクスピアのルネサンス文学には宮廷劇のハムレットには亡霊、マクベスには3人の魔女、夏の夜の夢には妖精王オベロンと女王ティタニアにパック、テンペストには空気の精エアリエルが出てくる。
王や騎士、妖精が出てくる所謂、現代で言う「ファンタジーもの」の要素があり、それがヒットしてた。

一方でセルバンテスは読書大好き少年だったが、レパントの海戦で被弾して左手をやられながらも長年の従軍をし、しかも度重なる捕虜としての投獄や脱獄失敗を繰り返す。そして無敵艦隊の敗北により失業。
その後、税金未納で豚箱の中にいたセルバンテスが着想を得て、貧乏しながら家族を養うために書いたのがドンキホーテ前編だ。

散々に現実に苦しめられていたセルバンテスからすれば、ファンタジー演劇のヒットは現実逃避に映ったのではなかろうか?

だから騎士道物語にうつつをぬかし、現実と物語の区別がつかなくなってしまったドンキホーテを愚かな人物としてdisって笑いものにしてもらう事が本来のセルバンテスの狙いなのだ。

このマンガにも「コスプレ?」って台詞があるように、当時の人でもコミケだのでもないのに鎧を着て其処らをウロウロしてれば、おいおいヤベー奴だぜ!って思われる変なオジサン。それがドンキホーテだ。

ところがである。

この道化はスペインだけでなく英語、仏語に翻訳されるほどに人気者になってしまった!
そして贋作まで出る始末。
かくて続編が書かれて、その中で贋作をドンキホーテ自身の口を借りてセルバンテスは無関係とし、ドンキホーテが目指していた行先までサラゴサからバルセロナに変更している。
そして、メタフィクションとしてドンキホーテ前編を読んだ人物が作中に出たりもしている。

なのだが、このマンガだとそういう所を生かせていない。
確かに長い話だし、前半はドンキホーテ自身と関係ない短話も入って居たりなので、端折れるけども、その端折り方も下手。

それと最大の問題はラストである。

多分にこのマンガの描き方からして、作者自身も最初は変なジジイでしかなかったドンキホーテが気に入って来たのか丁寧な書き方になっている。

それとサンソン・カラスコのデザインはナディアに出て来たサンソンのパロディのつもりだろうとか俺は読んだんだけど、

ふしぎの森のマリー (アニメージュ文庫―ナディアストーリーズ)
ふしぎの森のマリー (アニメージュ文庫―ナディアストーリーズ)

コイツの扱いで原作で端折ってはいけない箇所がばっさり無くなっている。

そしてラストである。

セルバンテス自身も道化として創ったキャラのドンキホーテではあったものの、長らく作品を書くうちに愛着がわいたのだろう。彼の口を借りて色々と批判も行っている。

しかし、本来の話としてはファンタジー小説を読みまくって随時コスプレしてるドンキホーテはセルバンテスが否定しなければいけない人物像である。
騙されやすい粗忽な面もあるものの、現実をちゃんと見ているサンチョ・パンサが夢想家のドンキホーテとセットであるからこそ回る話だった筈だ。

そして、このマンガのラストは最期の最期でセルバンテスの意図を裏切り、ドストエフスキーが絶賛した形でなくしてしまった。

マンガ家という職業からすると、ドンキホーテのラストはシビアに映ったかもしれない。
だからといって原作を歪曲し台無しにしたことは許されるものではない。

まんがで読破シリーズとやらはタイトル数もそれなりにあるみたいだが、既に1冊目で俺の中の評価は
原作人気に便乗した商売。って判断になった。

ロシナンテや、マンブリーノの兜とかも辛うじて軽く触れられてるだけだし。

Veronese (ヴェロネーゼ) ドン・キホーテ サンチョ・パンサ 馬 ブロンズ風 フィギュア
Veronese (ヴェロネーゼ) ドン・キホーテ サンチョ・パンサ 馬 ブロンズ風 フィギュア

posted by wolf_howling at 08:33 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の記事