2019年10月14日

藤子・F・不二雄大全集 [36]  しゃっくり丸 / やじさんきたさん

寓話っぽい時代劇の珍道中と、藤子F版の東海道中膝栗毛。

藤子・F・不二雄大全集 しゃっくり丸/やじさんきたさん
藤子・F・不二雄大全集 しゃっくり丸/やじさんきたさん

1957年1月号〜12月号に講談社『幼年クラブ』連載。

まだ侍や殿様がいる時代設定。
生まれてからずっと、しゃっくりが止まらない少年剣士しゃっくり丸は、背丈も小さい男の子だけど、とんでもない力持ち。
しゃっくりを止めようと、びっくりするものを探して冒険の旅に出ます。
旅先で知り合い友人となった怪力ばんえもんとの珍道中。
悪い代官や殿様を懲らしめ、山賊や海賊を退治。
ワガママわんぱく若様や、しゃっくり丸にそっくりな臆病若様とも旅先で仲良くなります。

グリム童話「こわがることをおぼえるために旅にでかけた男」が元のアイディアであろう。

白雪姫: グリム童話集T (新潮文庫)
白雪姫: グリム童話集T (新潮文庫)

グリム童話の方の主人公は怖いもの知らずで、人間としては強い方だけど、
しゃっくり丸と、ばんえもん、あと腕白殿様の怪力はマンガ表現的な桁違い。
どの登場人物も粗忽な所はあるけれど、ひょうきんで最終的には悪者たちもドジをやらかして負ける。

しゃっくり丸と、ばんえもんは藤子Fの児童作品主人公たちらしく心優しい。

読みだした当初は、しゃっくり丸の、しゃっくりが止まる理由も同じオチかな?と思ってたのだが、
最終回には「なるほど!」と思わされた。
其処にも藤子Fの児童作品主人公らしさを強く感じた。


「やじさんきたさん」は講談社『たのしい一年生』に1959年9月号〜1960年1月号まで連載のもの。

流石に東海道中膝栗毛をラストまでは連載してない。
それどころか、竹光を売りつけられたり、狐と勘違いして山賊を退治したり、オンボロ宿を救う事になったりと、珍道中の内容はオリジナル。

絵のタッチというか、きたさんのキャラ造形が「藤子・F・不二雄大全集 山びこ剣士/竹光一刀流ほか」の収録作品の短編ギャグもの時期に似ている。

>藤子・F・不二雄大全集 [38] 山びこ剣士 / 竹光一刀流 ほか
http://read.seesaa.net/article/470775615.html

藤子・F・不二雄大全集 山びこ剣士/竹光一刀流ほか
藤子・F・不二雄大全集 山びこ剣士/竹光一刀流ほか

でも、馬場のぼるテイストとも違うし、

馬場のぼる作品集 絵本のしごと 漫画のしごと
馬場のぼる作品集 絵本のしごと 漫画のしごと

『タンクタンクロー』の阪本牙城や

タンク・タンクロー
タンク・タンクロー

杉浦茂めいている。

杉浦茂の摩訶不思議世界 へんなの…
杉浦茂の摩訶不思議世界 へんなの…

徐々に独自の藤子Fタッチになりかけてるんだけど、誰ににてるんだっけ?と思ってたのだが、

後書きが山根青鬼で「ああなるほど!カゲマンの連載誌つながりがあるとはいえ、やるなあ編集者!」と思った。

名たんていカゲマン 1 (ぴっかぴかコミックス)
名たんていカゲマン 1 (ぴっかぴかコミックス)

まあ内容は山根青鬼赤鬼と藤子不二雄が同じ富山出身で、双子漫画家と親友漫画家コンビという奇妙なスタイル作家で互いにライバル的に高めあっていたという内容に尽きてたけど。
山根青鬼がドラマのカゲマンはみてない。CMだけ見たか書いてあって、マンガの実写版との相性の悪さはさもあろうと思った。
俺は、そんなものが存在する事すら知らなかったけど。
でも、検索しても出てこないので、アニメ版『探偵少年カゲマン』の内容がドラマ的って言いたいのかな?

探偵少年カゲマン 登場編 1 [DVD]
探偵少年カゲマン 登場編 1 [DVD]

しゃっくり丸/やじさんきたさん (藤子・F・不二雄大全集) [ 藤子・F・不二雄 ] - 楽天ブックス
しゃっくり丸/やじさんきたさん (藤子・F・不二雄大全集) [ 藤子・F・不二雄 ] - 楽天ブックス

posted by wolf_howling at 04:20 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

藤子・F・不二雄大全集 [43]  ロケット五郎/ロケット=ボーイ

藤子・F・不二雄大全集だから仕方ないのかもしれないけど、マンガじゃなくて原作者が別にいる絵物語。

藤子・F・不二雄大全集 ロケット五郎/ロケット=ボーイ: 藤子・F・不二雄大全集 第4期
藤子・F・不二雄大全集 ロケット五郎/ロケット=ボーイ: 藤子・F・不二雄大全集 第4期

久米みのる=久米穣で、数々の児童文学や推理小説、SFなどを翻訳していた作家が物語を書いて、
それに藤子Fが挿絵をつけている。

ロスト・ワールド (冒険ファンタジー名作選)
ロスト・ワールド (冒険ファンタジー名作選)

とはいえ、子供を意識しすぎたせいか稚拙な内容で、正直読んでてツマラナイ。

子供に解り易い平易な表現という事でなく、ギミックや展開がデタラメで雑だ!という事だ。


但し、後の藤子Fの「すこしふしぎ」やドラえもんの、ひみつ道具に通じるようなアイディアは散見できた。

ドラえもん最新ひみつ道具大事典 (ビッグ・コロタン)
ドラえもん最新ひみつ道具大事典 (ビッグ・コロタン)

「ロケット五郎では」
・空気より軽い金属
・夢を映像化する箱
・磁石のN極とS極を塗る
・塩水だと卵が浮く、何でも浮かび上がる薬品
・日本近海の海底火山を活性化させる人工島爆弾
・スピード成長光線と、わか返り機
(車のサスペンションにも効いているので時間経過させる光線)

一応、科学っぽい表現もしてあって

>碍子は、電気を通すようになり、高圧電流は、碍子の外側を通ってアースしてしまった。


とかも有りはする。

だが、元々ロケット五郎は久米穣の父の久米元一が考案した物語だ。そちらは中村猛男が絵を描いていた。

シャーロック=ホームズの冒険 (21世紀版・少年少女世界文学館 第8巻)
シャーロック=ホームズの冒険 (21世紀版・少年少女世界文学館 第8巻)

少年探偵江戸川乱歩全集〈36〉影男
少年探偵江戸川乱歩全集〈36〉影男


そのせいか、「ロケット=ボーイ」の方が後発なのに、久米穣の独自作品側の方が、出来が酷い。

体の隙間にある空気をガスに変える光線とか言ってるが、ガスって言葉が難を指すか、翻訳家としての用法もデタラメだろう。

敵基地に潜入する方法はトロイの木馬作戦にせよ、撃墜した敵機のタイヤが残っていたからといって、それを自分の基地に持ち帰るバカはいないだろう。

インドのロケットボーイが使う武器にいちいち
「これは古代インドの魔術を使った」とか枕詞をつけてる。
それ、科学じゃねえじゃん!古代人とお前たち、同レベルじゃん!


マジック=ガンという武器名称も、何の説明もなくダイヤル=ガンになってたり、とにかく雑。

超人ロボットたちがロケットボーイたちを制圧するのに、わざわざ関節をはずして残してあげるとか、謎の行動すぎる。
数ページ後には「おおぜいの人の命がうしなわれた」とか平気で書いてるし!

人類からの正解征服を淫行している超人ロボットが「老人をせめることはやめろっ。」って言うとか馬鹿すぎるだろ。
むしろロケットボーイや、弱点を伝えようとする老人から始末しろよバーカと。

珍奇で幼稚なセンスが色々と光るトンデモ武器は出てくる。

毒矢ピアノ
とかWWW

一番、馬鹿馬鹿しくて唯一笑ったのは

悪人の味方ブラックジャイアント

>悪人がピンチになれば、風のようにあらわれて、たすけるのだ。
>わしが来たからには安心しろ。


こういうセリフが書けるセンスは、むしろ正気を疑うW

後書き書いてる奥さんも、自分の主人の自慢たらたらで、藤子Fについては数行。
やっぱどういう人間なのかはアウトプットには出ちまうんだよ。

藤子・F・不二雄大全集 ロケット五郎/ロケット=ボーイ (藤子・F・不二雄大全集 第4期) [ 藤子・F・ 不二雄 ] - 楽天ブックス
藤子・F・不二雄大全集 ロケット五郎/ロケット=ボーイ (藤子・F・不二雄大全集 第4期) [ 藤子・F・ 不二雄 ] - 楽天ブックス

posted by wolf_howling at 10:37 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月09日

藤子・F・不二雄大全集 [38] 山びこ剣士 / 竹光一刀流 ほか

読みやすい。台詞が簡潔。児童マンガとして面白い。

藤子・F・不二雄大全集 山びこ剣士/竹光一刀流ほか
藤子・F・不二雄大全集 山びこ剣士/竹光一刀流ほか

1956〜58年作品なのでパッと見に藤子F作品には見えないし、絵柄は古く見える。

手塚フォロワーの藤子Fだが、本作品らのタッチは武内つなよしの赤胴鈴之助(1954年〜1960年)に寄せているのも解る。

赤胴鈴之助 (1)
赤胴鈴之助 (1)


収録作品は剣士ものなのだが、バトルより、時折のコミカルさが光るのと、主人公たちの優しさが感じられる点は正に藤子F作品の持つ味わいな事は確かだ。

「竹光一刀流」
「山びこ剣士」(前/後編)
「海の快剣士」
「電光豆剣士」
「かげろう剣士」
「宝さがし武勇伝」

という時系列収録だが、タイトルにしてある「山びこ剣士」はストーリーもなかなか!
「ゆかい時代まんが」とあるが、瓜二つの少年城主と敵国侍とのドラマは攻城戦についての展開は結構に引き込まれる。
藤子Fが自身を「僕は短編作家」と言っていたのも、大長編ドラえもん等はプロットを描いている途中のアイディアから徐々に外れて行ってしまうのと、あっけない唐突な結末に特徴があるからだろうことが、この作品でも象徴的で、次から次の展開の途中が一番面白くて、読了感は正直イマイチだった。

線の荒れ具合やタッチから、俺は末尾側の方が古い作品かとも思ったのだが、多分に多忙や様々な画風を試していた時期のせいなのだろうか。

武内つなよしだけでなく、福井英一や馬場のぼる、

イガグリくん (漫画名作館)
イガグリくん (漫画名作館)

馬場のぼる作品集 絵本のしごと 漫画のしごと
馬場のぼる作品集 絵本のしごと 漫画のしごと

そして寺田ヒロオの影響が感じられる。

スポーツマン金太郎〔完全版〕―第一章―【上】
スポーツマン金太郎〔完全版〕―第一章―【上】

寺田ヒロオと言えばトキワ荘で、巻末後書きが、よこたとくお。

電気のひみつ (学研まんが ひみつシリーズ)
電気のひみつ (学研まんが ひみつシリーズ)

石ノ森章太郎が主宰する漫画研究会「墨汁一滴」の話や、赤塚不二夫との同居。つげ義春との交流からのデビュー。

ペンブックス27 石ノ森章太郎とサイボーグ009 (Pen BOOKS)
ペンブックス27 石ノ森章太郎とサイボーグ009 (Pen BOOKS)

赤塚不二夫が語る64人のマンガ家たち 立東舎文庫
赤塚不二夫が語る64人のマンガ家たち 立東舎文庫

改訂版 ねじ式 つげ義春作品集
改訂版 ねじ式 つげ義春作品集

身の回りの事に無頓着な石ノ森章太郎がトキワ荘で食中毒で倒れて、石ノ森の世話をするために赤塚不二夫がトキワ荘へ引っ越すって、腐女子に聴かせたら薄い本作られそうな位に親友だなこの人達って思ったり。

よこたとくおは鈴木伸一と森安なおやが引っ越した後のトキワ荘に入居。

W藤子不二雄、石森章太郎、赤塚不二夫とのトキワ荘には、つのだじろうや永田竹丸が通い組。

恐怖新聞(1)
恐怖新聞(1)

まんが トキワ荘物語(祥伝社新書288)
まんが トキワ荘物語(祥伝社新書288)

よこたは石森、赤塚と仲が良く、(藤子達はやや先輩格)、共に仕事をしたり映画を観たりしたそうだ。

石森の部屋には、手塚治虫が不意に訪ねて来るので緊張した事と、
トキワ荘で「○○氏」と呼び合うのは手塚治虫の呼び方の真似だったとも書いてある。

W藤子不二雄が母親たちを郷里から呼んで同居する話も。

Fの母親は丸っこい方。
Aの方は痩せて物静かな方。
W藤子と正反対だったというのも知らなかった。

その頃のW藤子は近所の兎荘を仕事場としていたが、園山俊二と麻雀をうったりもしたと。

ギャートルズ (1)
ギャートルズ (1)

そして、この後書きでも、藤子Fの簡潔ながら説明が成立している台詞の見事さが絶賛されている。

藤子・F・不二雄大全集 山びこ剣士/竹光一刀流ほか (藤子・F・不二雄大全集 第4期) [ 藤子・F・ 不二雄 ] - 楽天ブックス
藤子・F・不二雄大全集 山びこ剣士/竹光一刀流ほか (藤子・F・不二雄大全集 第4期) [ 藤子・F・ 不二雄 ] - 楽天ブックス

posted by wolf_howling at 20:41 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

藤子・F・不二雄大全集 [28] モジャ公 ーSFは何度死ぬ?ー

講談社『週刊ぼくらマガジン』1969年創刊号(11月18日)から連載された。

藤子・F・不二雄大全集 モジャ公
藤子・F・不二雄大全集 モジャ公

ぼくらマガジンは1971年に廃刊となるが、廃刊寸前に『仮面ライダー』を掲載していた雑誌だ。

仮面ライダー(1) (石ノ森章太郎デジタル大全)
仮面ライダー(1) (石ノ森章太郎デジタル大全)

他の連載作品も廃刊後はマガジン本誌にうつるものの、前身の「ぼくら」から連載されていたタイガーマスク。

タイガーマスク(1) (週刊少年マガジンコミックス)
タイガーマスク(1) (週刊少年マガジンコミックス)

さいとう・たかをのバロム・1

[まとめ買い] バロム・1
[まとめ買い] バロム・1

永井豪の魔王ダンテが掲載されていた雑誌だ。

魔王ダンテ 1 (KCフェニックス)
魔王ダンテ 1 (KCフェニックス)

確かにハクション大魔王や、天才バカボンも掲載されていたのでギャグまんがが無かったわけではないのだが、

ハクション大魔王 DVD-BOX
ハクション大魔王 DVD-BOX

天才バカボンBOX 1~7(7点7冊セット) (竹書房文庫)
天才バカボンBOX 1~7(7点7冊セット) (竹書房文庫)

モジャ公も「ぼくら」という少年誌名とは乖離したダークでハードな読者層という、多分に編集者の意向をうけてか、グロ含めたブラックジョークは多目だ。

「恐竜の星」の回ではロボットのドンモが恐竜にボリボリ、バリバリとの擬音で食われ、
口から血しぶきのようなものまで撒き散らしてる絵のコマの後に

>空夫「ざんこく…」

モジャラ「これはギャグまんがじゃなかったのか?」

空夫「作者は頭がおかしいんだ!」

モジャラ「少しでも人気を取ろうと思って。」


という、藤子Fの「だったらこれならどうだ!(笑)」的なヤケクソっぽいブラックジョークや第四の壁突破もある。

ドラえもん てんとう虫コミックス 14巻収録「無人島へ家出」で、
のび太が10年の歳月を無人島で過ごした後に

>「どうなってんの?ぼくがおとなになったら、このまんがおしまいじゃないか! うわー」


とメタ発言するのは、あまりの意外性から子供心にも残る最高のコマ&ギャグなんだけど、それに似たものは既に使っていたんだなと。

ドラえもん (14) (てんとう虫コミックス)
ドラえもん (14) (てんとう虫コミックス)

本作に出てくるオットーという宇宙人は、フォルムがドラえもん「未知とのそうぐう機」に出てくるハルカ星人に継承されている。
アザラシと思われて、のび太ママに箒で掃きだされてるアノ人(笑)一つ目になってはいるけどね。

ドラえもん(17) (てんとう虫コミックス)
ドラえもん(17) (てんとう虫コミックス)

モジャ公のマンガ概要は地球人の空夫が、宇宙人モジャラ、ロボットのドンモと宇宙に「家出」する概要。

割と陰鬱展開の繰り返しででギャグもスカッとする感じはない。
この全集では表紙を後ろに纏めて掲載しているせいで、解りにくいが、本来は藤子Fには珍しく続き物でのストーリー構成作品。

でも、藤子F自らが「僕は短編作家」と言い切るだけあって、やはりモジャ公 は中途半端な印象を受ける。
続編だからこそのサスペンス仕立てのつもりも、「どうせ…」って展開が読めちゃうので、
迫真のグロシーンとかも「結局は無事だろ」と無駄な引き延ばしに見えてしまう。

グロといえば、全集の中でもこの本は、打ち切り作品なのと単行本収録時の書き直し個所があるので掲載方法が割と変則的。

P599では鳥の様な顔をした宇宙人が、隣にいた(=おそらく何らかの知人であろう)豚のような宇宙人を死体からとったナイフで「ちょっと 切れあじをためさせろ。」とズブと刺し殺してしまう。
P600で路に倒れている死体に豚宇宙人の死体を重ねて「いかす!」という鳥頭も、背後から襲われ死亡して更に死体として重なる。

印象的なブラックユーモアなのだが、てんコミでは許されなかったのだろう。

この編集方法だけど俺は、各扉絵はしかるべきそのままの場所で掲載すべきだと思う。
台詞の入っている扉絵もあるので、それら1ページの大コマの持つ演出の魅力があったのに、それを後ろに纏めて「特別資料室」だの銘打って並べるとは、編集者が無能の事例がまた一つ形になって残った。

ところで、巻末近くには『たのしい幼稚園』掲載の殆ど2ページもののカラー作品が載ってる。
コレの出来が見事!
やっぱり、藤子Fは「児童向け」「短編」「メルヘン的な明るい愉快」が圧倒的な方なのだと、正に明暗を分けた象徴的なものになっている。

「すこしふしぎ」にしても意図して重苦しくしようとしてるので出来はイマイチだなあって思ってた作品が
「うちゅうまんが モジャ公」で沈んだ気持ちが明るくなる事で救いがある構成に偶然なっている。

「うちゅうまんが モジャ公」最終回は
ロケットが墜落して壊れ、泣いている3人に始まり、「ここはなんという星かしら?」と言ってみるも、
トナカイ型ロケットに乗ったサンタと出会い「ここは地球だよ」と教えられる。
「そらお」は家に帰る。

だけど、そのラストのコマで笑ってしまうのが、
「ただいま」とプレゼントと共に空から降ってくる3人を微笑みながら迎えてるのが、ぼくら版の父母のデザインと違って、
眼鏡をかけた見覚えのあるママ…

これ、のび太のパパとママだろっ!!!WWW

「うちゅうまんが モジャ公」は1970年1月号〜12月号掲載。
つまりは、奇しくも小学館の学年別学習雑誌1970年1月号にドラえもんが掲載開始されていたので、
打ち切りマンガであるモジャ公 の方はキャラの統一すらも最終回にはテキトーにする位には「雑な扱い」なのに笑ったのと、
もしかしたら「サンタさん!これ、ドラえもんのいる家だよ!」ってオチになるのかも?とか、
解ってる人向けのリドルストーリーにも思えた。

さて、エントリのサブタイとしてつけた「SFは何度死ぬ?」について。

本作には中央公論社の愛蔵版によせた藤子F自身のあとがきが掲載されていて、
「あとがきにかえて ”モジャ公”誕生の顛末」で

>言われる前に自分で言っとくけど、実はこのモジャ公は”21エモン”の二番煎じです。


から始まる。

21エモン (1) (てんとう虫コミックス)
21エモン (1) (てんとう虫コミックス)

藤子FはオバQで作った以降のパターンは
「SF(ごく広い意味での)生活ギャグまん画」
と述べている。

新オバケのQ太郎 (1) (てんとう虫コミックス)
新オバケのQ太郎 (1) (てんとう虫コミックス)

一方で舞台が21世紀トーキョーだった事が21エモンの明暗を分けたのでしょうか、とも。

CoCと訳されるクトゥルフの呼び声 (TRPG) が1920年代アメリカ設定のシナリオでなく、クトゥルフ神話TRPG現代日本物の二次創作が動画で普及してからTRPGが再ブームになったが、やはり身近な感覚というのは大切なのだろう。

新クトゥルフ神話TRPG ルールブック
新クトゥルフ神話TRPG ルールブック

海外ファンタジーでもハイファンタジーは「ゲーム・オブ・スローンズ」で復権したが、

ハリポのようなエブリデイ・マジックの方が子供達には親しみやすいのは当然。
二匹目の泥鰌やハリポ続編がイマイチ振るわないのも、
読者の成長でエブリデイ・マジック児童書からハイファンタジードラマや映画にシフトしたのかもしれない。

ゲーム・オブ・スローンズ 第一章~最終章 ブルーレイ コンプリート・シリーズ(初回限定生産) [Blu-ray]
ゲーム・オブ・スローンズ 第一章~最終章 ブルーレイ コンプリート・シリーズ(初回限定生産) [Blu-ray]

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 [Blu-ray]
ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 [Blu-ray]

既に『21エモン』設定時の2018年を過ぎた21世紀東京に俺は住んでいるのだが、
宇宙人で地球が溢れかえる事には、ドラえもんのいる22世紀の未来にも無さそうw

>作者が面白がって書いたわりには、読者は面白がってくれなかった。

>ま、よくあるケースです。


とは口ではいいつつも、藤子Fは書き残した材料に、どうにか日の目を見せたかったのだろう。

一方でこうも記している。

>何しろ舞台は宇宙。何を書いても文句のない世界。思うままに空想の翼をひろげて楽しむことができました。「さあ、彼等はこれからどんな運命をたどるのだろう?」とワクワクしながら書いたものでした。でも結局、今度も面白がったのは作者だけということに……。


つまるところ、今を去る事30年近く前までは「SF」と称せば、科学でないにも関わらず割と出鱈目やり放題だったのだ。

当時までは早川や創元などでもSFとファンタジーに細かい区別すらないような雑な状態に等しかった。

まあそれの5年位前にも「ガンダムはSFじゃない」ってダーティーペア作者が言って、SNSもない大昔なのに炎上したりもしてた。

第1話 ガンダム大地に立つ!!
第1話 ガンダム大地に立つ!!

ダーティペア COMPLETE Blu-ray BOX [初回限定版]
ダーティペア COMPLETE Blu-ray BOX [初回限定版]

で、こないだあったのが

>「彼方のアストラ」はSFじゃない!論争に見てる人が反論『ミステリだろ?』『萩尾望都だろ?』
https://togetter.com/li/1404950

彼方のアストラ Blu-ray BOX 上巻
彼方のアストラ Blu-ray BOX 上巻

コレも昔から繰り返される古参と、ユルい設定でやりたい作家側との何度も繰り返された蛍光だよなあと。

甲賀三郎が「本格派探偵作家」として、平林初之輔は江戸川乱歩や横溝正史をつかまえて「不健全派」って呼んで抗議をうけたり。

甲賀三郎作品集: 全17作品を収録 (青猫出版)
甲賀三郎作品集: 全17作品を収録 (青猫出版)

博友社の雑誌『新青年』を廃刊にまで至らせた「探偵作家抜打座談会」事件
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%9C%E6%89%93%E5%BA%A7%E8%AB%87%E4%BC%9A%E4%BA%8B%E4%BB%B6

『SFマガジン』誌上の匿名座談会で
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%86%E9%9D%A2%E5%BA%A7%E8%AB%87%E4%BC%9A%E4%BA%8B%E4%BB%B6
編集長の福島正実、副編集長の南山宏が石川喬司、稲葉明雄、伊藤典夫は、
星新一、小松左京、筒井康隆、平井和正などをこきおろし、

星新一は

>飼い犬に手を噛まれるという話はあるが、この場合は、飼い主のほうが、犬の尻に噛みついたようなものだな

と、彼らしい皮肉を言ったそうだ。

ファンタジーについても同パターンが溢れかえる惨状について、異世界チートもの、なろう系、ナーロッパとの設定揶揄がある一方で、
擁護派からはジャガイモ警察(や、アニメ等の弓道警察)などと呼ばれる層との対立が繰り返されている。

好き勝手設定をやるために「SF」だの「ファンタジー」だのという免罪符を使いたがる作家と、
「科学知識」や「理論」からの論破から、「単なる好き嫌いでしかないもの」で誹謗中傷したい読者まで含むものの間のバトルは、
珍しくも無いし、多分にトレンドが変わった後でもまた繰り返される。


でも、モジャ公は1969年作品だけど
「スペクトルぶんせき」とかは書かれてたりも。
気使いの差ってのはあるのよ。
まあそれにしたって「知識が作家側になければなんともなりようはねえ」けど。

アポロ11号が月面着陸したのは1969年7月20日。そういう時代をバックにした「色々と自由な時代の」宇宙ものだったということ。



アポロ
アポロ


posted by wolf_howling at 05:13 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

進撃の巨人(29)

『進撃の巨人』連載10周年感謝企画「ほぼ全巻99%OFF 最終回まで一緒に読もう!キャンペーン」ってのをやってる。
http://shingeki.net/10th#present

進撃の巨人(29) (講談社コミックス)
進撃の巨人(29) (講談社コミックス)

まあ家には既に全巻あるので、キャンペーン関係なく読めるというか。

ところで「最終回まで」って、既にTV番組で最終頁は公開されてるから、何処かの終わる終わる詐欺みたいな事にはならないとも思うんだけど、

アニメはどうやって来年に終わりまで持ってくつもりなのか側が気になったり。



で、10年分29巻ていうと膨大な量に思えるかもしれないけど、再読やアニメで概要知ってれば半日で読めちゃうかな?とか。

進撃の巨人って何もダークファンタジーってだけでヒットした訳じゃ当然なくて、

諫山創のキモい絵ながらの巨人の描写最適化もあるけど、

・大コマが多い
・解説ネームが長すぎない
・時々入るギャグ


の御蔭で絵の好き嫌いは誰もがあるにせよ
「マンガ構成としてスムーズに読みやすい」事がキーだと思う。

余白を埋めなければ死んじゃう病みたいなトーンワークでの真っ黒マンガなんか、読む気起きねえし、
真っ黒マンガだけど、ネームでのコマ割とか構成もなく見開き紙芝居みたいなスカスカなのとも違う。

加えて「物語」として優れてる事が圧倒的。

連載マンガってのが現代コンテンツとして難しくなってるのは

「ちゃんと終わるのか問題」
が大きいと思う。

新聞連載のコミックストリップの模倣的に「雑誌でのマンガ掲載」も始まった筈。

小学館の学習雑誌が1922年に『小學五年生』『小學六年生』創刊して、「国民〇年生」って呼ばれてた頃も、殆どは文章での読み物で、
俺が持ってる奴だと長谷川町子のマンガが4ぺージ載ってるだけだった。

マンガ単行本ってのも日本のマンガ文化普及貢献は大きくて、雑誌ってメデイアは「読み捨てられる前提コンテンツ」だった。

放送ってものですら21世紀になった当初位まで、流したらオシマイ文化で流す側はやってるけど、録画機器ってものが出来たら、マスゴミが如何に酷い嘘吐きかの証拠がどんどん蓄積されるようになり、嘗ての出鱈目もできなくなった。

娯楽は所詮、人生の暇つぶしだ。

だが、連続ドラマや週次放送アニメなども録画されるようになると、
映画など、尺の間に=シリーズ完結することの完成度を求められるようになった。

嘗ては読み捨て前提の連載コンテンツは行き当たりばったりの矛盾だらけの展開も「その週の回」として閲覧される分には許されただろうが、現代ではそうはいかない。

嘗ては読者や視聴者からの興味を失い「いつのまにかおわってた」ものが、
データが残る分、「きちんと終わる事を求められる」ようになった。

なので、手塚連載作品に影響を受けてきた浦沢直樹のような
風呂敷を広げるだけで畳まない長期連載は「多くの読者を裏切るだけの駄作」になる。

MONSTER 全18巻 完結コミックセット(ビッグコミックス)
MONSTER 全18巻 完結コミックセット(ビッグコミックス)

その点、
進撃の巨人が優れて何時のは羽陽曲折や後付け設定もあるものの、
伏線の見事さと回収の仕方の素晴らしさに尽きる。


だが、


「終わりよければすべてよし」


であるので

「最終回がクソなら、
これまで買って損した!時間と金かえせ!」


となる。

持込してきた諫山創に「ジャンプ持ってこい」と言った大ヒット作を逃した無能編集者がいた集英社は、
長期連載を引き延ばし、挙句、新作作家の新人育成側が明らかに手薄になった。
旧いのが延々と居座って、若い人間のチャンスを潰して来たのだから当然の末路だ。
(これは有償の切手というものを貼って送ってくるアナログアンケデータに固執した結果故の失態でもあるのだが、長くなるのでまた何か別の機会に)

そしてこうなる

>ONE PIECE 尾田栄一郎が衝撃発言 「5年以内には終わりたい」
https://mainichi.jp/articles/20190903/dyo/00m/200/014000c

>「ONE PIECEはあとどれくらい続くのか?」という質問に対して、尾田さんが「5年以内には終わりたい」と語るなど、衝撃の発言も飛び出した。


ONE PIECE 94 (ジャンプコミックス)
ONE PIECE 94 (ジャンプコミックス)

>違います。そういうの嫌いなんです 尾田栄一郎氏、『ONE PIECE』の最終回について言及
https://grapee.jp/616306

>尾田さんは100巻で最終回を迎えるという噂については否定。

ただ、物語は確実に最終回に近づいており、単行本の100巻ちょっと超えたあたりで、最終回を迎えるというプランがあるようです。


やや古いデータだがONE PIECEのすげーーー雑な年次累計が約8924732部

>週刊少年ジャンプ オリコン ●ONE PIECE
http://singerberu.blog.fc2.com/blog-entry-2.html#op

**│初動...(日)│2週計.|3週計.|4週計.|5週計.┃  累計 (日数)┃発売日.│タイトル

│1301484 (3)│1819919│1987851│2080350│2137419┃2,476,305 (262)┃2018/03|ONE PIECE 88
│*265660 (0)│1502120│1728460│1822551│1881643┃2,167,146 (168)┃2018/06|ONE PIECE 89
│1441771 (6)│1720690│1835854│1905040│1950386┃2,174,407 (125)┃2018/09|ONE PIECE 90
│1514459 (6)│1801917│1914363│1993806│2051518┃2,106,874 (*48)┃2018/12|ONE PIECE 91


単行本1冊475円だから、これまた超雑に単純計算で4239247700円で約42億。

>2018年コミック市場は紙+電子で前年比1.9%増の4414億円と成長基調へ 〜 出版科学研究所調べ
https://hon.jp/news/1.0/0/21536

ということで、乱暴に言うと

マンガの10冊に1冊はワンピース。


進撃の巨人は月刊連載だけど、刊行ペースは年3冊くらいで、諫山創が筆が早い事もわかるのだが、

これまでの単行本の国内発行部数トータルで2019年4月時点で累計8000万部を突破。

まあとはいえ、マンガ歴代の中でも16位で結構な大ヒット作が終わる事になる。

>歴代発行部数ランキング | 漫画全巻ドットコム
https://www.mangazenkan.com/ranking/books-circulation.html

だが、この規模のドル箱だろうと「ちゃんと終わる」事の方がリピートするファンを掴める。
金づるを手放さないぞとズルズルと抱え込むとジャンプ同様の衰退末路を迎える。

発行部数で雑誌が単行本に抜かれている現状。
そして電書への推移。

スマホってものが表れて10年以上経過しているのに、
「マンガ自体の読まれ方が大きく転換していると」言われ続けて、どんだけ期間たってんだよバカと。

またネタギレによる、続編、リメイクなどの繰り返しも作者自らが過去作品に泥を塗る事の繰り返しも多すぎる。
今、過去ファンを引っ張れてるのってキン肉マン位しかなくね?しかも2世は完全な黒歴史扱いだし。

キン肉マン 68 (ジャンプコミックス)
キン肉マン 68 (ジャンプコミックス)

読者は衰退した末路が見たい訳ではないし、途中放棄されたくないという心情を把握すべきだ。

名作としての有終の美を飾った作品こそが永遠の命を与られるるのだ。


この点、近年ではハガレンが本当にクロスメディア含めて成功したと思う。

鋼の錬金術師全27巻 完結セット (ガンガンコミックス)
鋼の錬金術師全27巻 完結セット (ガンガンコミックス)

「進撃の巨人」もアニメとの関係はおおむね良好だと思う。

原作厨は差分あけつらったりとかくだらない事してるけど、マンガとアニメは別表現方法の別メディアだ。

アニメ側でスピーディーに概要把握して、声優さんたちの声で脳内再生しながら原作を掘り下げるって楽しみも可能なのだ!

今後読む方にはそれを強くオススメする。

そしてベビーブーム世代が50前後という事は、つまりはマンガを買い支えてるのは、老人世代って状態がそろそろ近づいている。

「これから」の世代はスマホでマンガを読むか?というと最適化されてないから読まない。
無料のゲームアプリと動画があるのに、切り刻まれた紙芝居をスマホの狭い画面で長々と見る事は無い。

俺自身もマルチメディア時代から電書は業務で関わって長い事経つが、紙媒体世代が仕切ってる限りは出版社は衰退し続けるし、
別の企業にならなければ存続も危ういと思う。

レコードやビデオテープが絶滅はしてないものの同じ道をたどる。

進撃の巨人には様々なメッセージが含まれている。

相手を理解せず憎しみあい、殺し合う愚かさとか。

でも「ジャンプ書いてこい」って言われた新人作家のデビュー作がここまで成長した経緯を見てきて、

巨大なベテラン勢が立ちはだかるマンガ業界の中で憤りの中、連載を獲得し、
自らが若くして漫画界の巨人となった跡に見る先とは?

諌山創は若いけど頭がいい人だとは思うので、
「先生の次回作にご期待ください!」が現状の業界でどうなるかは解っていると思う。

グッズやイベントなどの収入を含まず、印税だけでも年鑑数億だから、まあ滅多な事をしなければ生活できる資産は既に持ってるにせよ。

まだまだやりたい事は多いよねえ。若いし。

パクリのアフィブログが検索すると出て来るけど、キツイ場面にも効果音でダジャレやってるのを見ると

>『進撃の巨人』シリアスなシーンのギャグだけでなく、擬音にも遊び心があった→様々な見つけられた擬音が集まる
https://togetter.com/li/1403977

流石に重苦しい話の連続には流石に飽き飽きしてるって伝わるんだよなW

なので、例えつまらなくても1冊分くらいはギャグやってみるとか?

この巻の偽予告編も「夢オチ」には、ちゃんと不甲斐なさを感じてるしw

でもスクールカースト編はパロディ設定の1発ネタだと思ってたので、こんなに長く続くとは思わなかった。
頭齧ったの以外あんまりおもしろくないし。

ミカサとサシャでどつき漫才とかしてる方が面白そう。

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)
figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

月刊 進撃の巨人 公式フィギュアコレクション Vol.6 サシャ・ブラウス(立体機動Ver.) (進撃の巨人フィギュアシリーズMOOK)
月刊 進撃の巨人 公式フィギュアコレクション Vol.6 サシャ・ブラウス(立体機動Ver.) (進撃の巨人フィギュアシリーズMOOK)

進撃の巨人(29)特装版 (プレミアムKC) [ 諫山 創 ] - 楽天ブックス
進撃の巨人(29)特装版 (プレミアムKC) [ 諫山 創 ] - 楽天ブックス

posted by wolf_howling at 06:11 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

藤子・F・不二雄大全集 Uボー

藤子・F・不二雄大全集 Uボー
藤子・F・不二雄大全集 Uボー

これが未単行本化作品だったとは思えない程に良作!
新聞社の感覚だと愚かにも「読み捨てられるもの」という感覚だったのだろう。

藤子・F・不二雄のフルカラー作品で2ページもの全179本!
子供達が漫画に触れる機会の作品として素晴らしすぎる!
後書きによると、連載された「毎日こどもしんぶん」のターゲットは小学生新聞より低学年。幼稚園年長から小学校2年生がターゲット層だったとのこと。
依頼する相手は藤子F先生しか思いつかないというのは仕方ないと思う。
現状でも、もし先生が御存命なら他者は相手にもされないと思う。
そういえば藤子不二雄デビュー作「天使の玉ちゃん」は毎日小学生新聞だったな!

藤子・F・不二雄大全集 UTOPIA 最後の世界大戦/天使の玉ちゃん
藤子・F・不二雄大全集 UTOPIA 最後の世界大戦/天使の玉ちゃん

毎日小学生新聞といえば、園山俊二デビュー作であり存命の間ずっと連載していた「がんばれゴンベ」が連載されていたけど、

がんばれゴンベ
がんばれゴンベ

小学1年生なら園山俊二もOKなんだけど、幼稚園年長がOKかどうかで藤子Fへの依頼判断になるのは良く解る。

連載当時の悪書追放運動だのに対して、藤子F曰く
「いいまんがは決して活字離れなんか起こしません。フキダシの中のセリフは全部活字です。活字になじむことが大切なので、まんがだって悪いことはないのです。ちゃんと読みながら字を覚えるんです。」「そういった意味で児童まんがは、ひとつの教育の場でもあるんです。」


つまりは「教育の場でない良くない児童まんが」が溢れてるから、子供がマンガ離れするんだよ!



さて、気を取り直して名作のレビュー解説。

宇宙から遊びに来て写真に写りたがる子供のUFOであるUボーが、地球人のすすむ(設定資料には天川進とある)の家に居候するマレビトもの。

開始時の5話

円ばんはともだち
花見にとんでゆけ
学校に行こう
ぼくはUびん屋
おるすばんはどろぼうと

までは、オバQのような地球についての非常識から奇妙な行動をとるギャップギャグ系列だった。
以下で試読できる範囲。
shogakukan.tameshiyo.me/9784091434449

6話目の「まいごのこいのぼり」からドラえもん同様の「すこしふしぎ」な力でメルヘンの世界に仲間を導く。

Uボーは人を乗せて高速飛行できる能力がある。
普段は尻尾を引っ張って子供位の大きさになり、家の中で共に遊んだり暮らしたりする。
アニマライトという光線を目から出せて、それが照射されたものは大型化し、自立稼働が可能になる。
「まいごのこいのぼり」「おもちゃでドライブ」「おもちゃの怪獣」などの回で使用される。

そしてUボーはドラえもんの「ひみつ道具」と同様のものを多数もっていて、しかも機能ばかりか、全く名称も同じものまで持っている!

オールカラー版 ドラえもん ひみつ道具ずかん (コロタン文庫)
オールカラー版 ドラえもん ひみつ道具ずかん (コロタン文庫)

「紙ひこうきにのって」の話を筆頭にスモールライトは頻繁に出てくる。(ビッグライトに当たるのは「デカライト」と呼ばれる。)

ドラえもん ひみつ道具マジック スモールライト
ドラえもん ひみつ道具マジック スモールライト

「どこでもドアー」という回があるが、ドラえもんの「どこでもドア」とは違って機能的には通り抜けフープ。

UDF どこでもドア(ノンスケール PVC製塗装済み完成品)
UDF どこでもドア(ノンスケール PVC製塗装済み完成品)

ドラえもん 通り抜けフープ ウォールライト 壁掛けセンサーライト
ドラえもん 通り抜けフープ ウォールライト 壁掛けセンサーライト

しかしUボーは「ぬけあなわ」という通り抜けフープ同様機能の道具も持っている。

Uボーの持つ「どこでも表札」が「どこでもドア」に類似した機能を持つ。

「万能きびだんご」は「桃太郎印きびだんご」と同様。

一番くじ ドラえもん ひみつ道具 チャームくじ 桃太郎印のきびだんご フィギュア ストラップ アクセサリー 藤子不二雄
一番くじ ドラえもん ひみつ道具 チャームくじ 桃太郎印のきびだんご フィギュア ストラップ アクセサリー 藤子不二雄

「ピストルクリーム」は12巻「けん銃王コンテスト」の「空気ピストル」

ドラえもん (12) (てんとう虫コミックス)
ドラえもん (12) (てんとう虫コミックス)

ドラえもんの「ホームメイロ」は「めいろつくり機」として類似した機能の物が出てくる。
「ホームメイロ」はドラム型だが、「めいろつくり機」は地球儀の様な球形。

Uボーの「ぼうけんめがね」はドラの「オーバーオーバー」に類似。

「入道雲をのぼろう」の回には名称が同じ「くもかためガス」が。ドラえもんでも度々出てくるので、雲に乗ってみたいという願望が藤子F先生は強かったんだろうなあ。

映画ドラえもん のび太と雲の王国【映画ドラえもん30周年記念・期間限定生産商品】 [DVD]
映画ドラえもん のび太と雲の王国【映画ドラえもん30周年記念・期間限定生産商品】 [DVD]

「エレベーター豆」は「ジャック豆」と同様。この回も「くもかためガス」が活躍。

Uボーの「あたり矢」は本来はゆっくり飛行しながらも必ず目的物に命中する矢なのだが、ドラの「はこび矢」と同様の使用方法も可能。

ドラの「実用ミニカーセット」に似た物が、Uボーでは「ドライブごっこ」の回に出てくる。
でも、自動車教習所等のシミュレータシステムとドローンを組み合わせれば、これって今現在でも実現可能だよな。

「地図でひとさがし」回の道具のようにリアルタイムではまだ無理だが、Googleストリートビューとある意味では似ている。

道具の話からはやや外れるが「なんでもラジコン」の回にはボルテスVと思しき玩具が描かれている。
ボルテスVは77年作品で、この回は79年に掲載されたもの。まだ色々と五月蠅くなかった時代を感じさせる。

ACTION TOYS ミニディフォルメシリーズ ボルテスV 全高約130mm ABS製 塗装済み 可動フィギュア
ACTION TOYS ミニディフォルメシリーズ ボルテスV 全高約130mm ABS製 塗装済み 可動フィギュア

まあ本作中で観ているテレビ番組としてみたいな形でドラえもんやオバQも客演してたりはするんだけど。

藤子F作品は最終回に別れを描くものも多い。
俺が知ってる中では、一旦、打ち切りがあって後にファンからの苦情が小学館に押し寄せて復活した、ドラえもんを筆頭に

STAND BY ME ドラえもん
STAND BY ME ドラえもん

パーマン、

藤子・F・不二雄大全集 パーマン コミック 全8巻完結セット (藤子・F・不二雄大全集)
藤子・F・不二雄大全集 パーマン コミック 全8巻完結セット (藤子・F・不二雄大全集)

ジャングル黒べえ、

ジャングル黒べえ (藤子・F・不二雄大全集)
ジャングル黒べえ (藤子・F・不二雄大全集)

4じげんぼうPポコ

モッコロくん 4じげんぼうPポコ パパは天さい!ほか (藤子・F・不二雄大全集)
モッコロくん 4じげんぼうPポコ パパは天さい!ほか (藤子・F・不二雄大全集)

バウバウ大臣とか

藤子・F・不二雄大全集 みきおとミキオ/バウバウ大臣
藤子・F・不二雄大全集 みきおとミキオ/バウバウ大臣

バウバウ大臣は「数百年かけて星を買いに行く」というマレビトに「僕たちそんなに生きてられないよ」と笑う地球人一家だが、
「必ず皆さんは転生しているので、見つけに来ます」と言って去っていくという一風変わった終わり方だ。
(再開できる余地を残している感じもしなくもない。)

マレビト達は用事があって帰るという内容が多い中、Uボーもそうなのだが、
彼はすぐに戻って来れる糸電話をすすむくんに渡すので「さようなら」と言うものの「別れ」ではない形。

これも再開の余地を残していた感がある。

1979年に終了している理由も不人気だったわけではなく、多分に同年のテレビアニメ版ドラえもんの大ヒットと、

ドラえもん タイムマシンBOX 1979(12枚組) [DVD]
ドラえもん タイムマシンBOX 1979(12枚組) [DVD]

それを受けての1980年からのコロコロコミックでの大長編ドラえもん等での多忙が、
週刊単位でのカラー作品制作が難しくなったことの理由だろうと思われる。
1979年に小学館とシンエイ動画が藤子Fにドラえもん長編映画化を持ちかけたからだ。

大長編ドラえもん (Vol.1) のび太の恐竜 (てんとう虫コミックス)
大長編ドラえもん (Vol.1) のび太の恐竜 (てんとう虫コミックス)

大ヒットしたオバQを玩具販売がやや下火になったとして打ち切ってしまった小学館と

オバケのQ太郎 1 (てんとう虫コミックス)
オバケのQ太郎 1 (てんとう虫コミックス)

その後なかなかヒット作に恵まれずスランプに陥った藤子fは、双方とも2度目の大ヒットを絶対に逃す訳にはいかなかったのだろう。

しかし長編作品よりも、「僕は短編作家」と自身でも断る藤子Fの真骨頂は、この2ぺージマンガであるUボーの方だと俺は思う。

藤子・F・不二雄大全集 Uボー (藤子・F・不二雄大全集 第2期) [ 藤子・F・ 不二雄 ] - 楽天ブックス
藤子・F・不二雄大全集 Uボー (藤子・F・不二雄大全集 第2期) [ 藤子・F・ 不二雄 ] - 楽天ブックス

posted by wolf_howling at 19:05 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンガの読み方が解らない人達が増える理由

先日書いたエントリが作品レビューと言うよりも「子供用コンテンツ喪失」の話題に逸脱したので別途纏め直したいと思った。
検索したら流石にツッコミ所満載の記事を見つけてしまい、ついカッとなってやった。後悔はしていない。公開はする。

>藤子・F・不二雄大全集 [32]初期SF作品
http://read.seesaa.net/article/469645107.html

たまたま似たタイミングで、このTogetter記事を見つけた。

>児童向け作品は漫画への入口だが保護者が買うかどうかに懸かる。
https://togetter.com/li/1398817





数年前に集英社の最強ジャンプ編集長が苦戦してる事を講演で話してたのを横耳で聴いた。
(会場内の通りすがりだったのと、他の仕事の最中だったので。)

というか、児童用マンガって言うけど、
絵が雑で下手だから原稿料も安い作家が描いてるマンガ掲載雑誌って状態なら「不要」だけどな!


そもそもコロコロ以前に昔に幼児がマンガに触れる機会は「新聞マンガ」と「小学館の学習雑誌」があった。

サザエさんとドラえもんが代表と言っていいだろう。そして現在も鉄板!

よりぬきサザエさん 全13巻セット
よりぬきサザエさん 全13巻セット

ドラえもん(1) (てんとう虫コミックス)
ドラえもん(1) (てんとう虫コミックス)

小栗かずまたって1974年東京生まれなのに、流石にサザエさんの連載は見ないにせよ、他の新聞4コマとかでそういう原体験ないの?

まあ長谷川町子や、藤子・F・不二雄を超えようってのは現段階の漫画家には無謀過ぎる目標だよな。
それにしたって「丁寧に絵を描く」姿勢位は学び取れよと。

線や構成が雑で汚らしい作品を買って子供に読ませようって親はそりゃあいねえよ!

花さか天使テンテンくん 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
花さか天使テンテンくん 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

「子供が漫画を読まない」以前に、今、溢れかえってる殆どのマンガが藤子F作品に比べれば明らかに「読みにくい」んだよ!

「マンガの読み方が解らない子供」の話題がバズったのは下記ツイ波及で、既に2012年1月と、結構に前の話になってる。

>漫画を「読めない」子どもが増えてる。間を想像して話を読み進めることができない
https://togetter.com/li/240365

更に上記キュレーション内のツイで



これがホントと仮定したら単純計算で2002年。21世紀になったら読めない子が増えたという事になる。

この辺、ちゃんとしたデータらしいものは、ざっと検索しても見つからないし、斜陽業界の出版関係者が上げて来るデータは偏向甚だしくて使い物にならない。

上記のネット上の話題を否定する為に出版社が出した記事が下記。

>コロコロ編集長に聞く“マンガを読めない子どもが増えている”の真偽
https://ddnavi.com/news/215595/a/

>「読めない子が増えているとは思いません。『コロコロ』1号あたりの発行部数は今年の年末号で130万部に達する見込みで、昨年の平均より約50万部の増加です。しかもより低学年の読者が増えている。小学生以下に関して言えば、“マンガ離れ”も感じませんね」(村上編集長)。


角川ダヴィンチのライター曰く

>この出版不況下、1号あたり50万部の伸びは相当すごい。全盛期の150万部(1997年)と比べても遜色ないと言っていい。ご存じの通り、背景には13年1月号から連載を開始した『妖怪ウォッチ』の功績があるが、コンテンツ自体の人気に引っ張られただけではないだろう。『妖怪ウォッチ』のゲームソフトが発売されたのは13年7月、アニメ版開始が今年1月。つまりゲームやアニメより、『コロコロ』のマンガ連載が先だったのだ。


先にあったマンガは売れてなくて「アニメありき」で後から人気になった証拠そのものだろ!


と流石に指摘した。

コロコロの「その後」発行部数がどうなったか。
https://www.weblio.jp/wkpja/content/%E6%9C%88%E5%88%8A%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF_%E7%99%BA%E8%A1%8C%E9%83%A8%E6%95%B0

2013年
1〜3月  616,667 部
4〜6月  573,334 部
7〜9月  560,000 部
10〜12月 620,000 部

2014年
1〜3月  673,334 部
4〜6月  820,000 部
7〜9月  960,000 部
10〜12月 1,116,667 部

2015年
1〜3月  1,050,000 部
4〜6月  970,000 部
7〜9月  920,000 部
10〜12月 896,667 部

2016年
1〜3月  870,000 部
4〜6月  806,667 部
7〜9月  790,000 部
10〜12月 843,333 部

2017年
1〜3月  763,333 部
4〜6月  776,667 部
7〜9月  763,333 部
10〜12月 800,000 部

2018年
1〜3月  786,667 部
4〜6月  726,667 部
7〜9月  716,667 部
10〜12月 663,333 部

2019年
1〜3月 623,333 部

>ブームこそ命『コロコロコミック』が切望する次の「妖怪ウォッチ」2017年5・6月号
https://ironna.jp/article/6635?p=2

ということで妖怪ウォッチのオワコン化については自覚してると。

妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている -Switch
妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている -Switch

>「小学生は任天堂の3DSというゲーム機でユーチューブを見ているんですね。そこで私たちは2015年末から『コロコロチャンネル』という動画配信を始めました。『コロコロコミック』の編集者が新しいゲームやホビーの遊び方やマンガの描き方を説明するほか、アニメも見逃した子どもたちのために配信しています。毎日最低1本は何らかの動画を配信するという方針です。これが人気になっており、チャンネル登録者数が10万件を超えました。


でも、そのYoutubeチャンネル登録者数のうち「コロコロを購読してる子供」はどれくらいなんだろうか?
大人がZOIDSやイナイレを懐かしく思って観てる層もあるだろ。

現在チャンネル登録者数 388,717人らしいけど、
https://www.youtube.com/channel/UCKtxF3ufOkuJohTeKyNbYrQ
動画再生数は週次では万の桁まで、つまりはアクティブユーザは1割しか居ない状態で、登録者数だけを前面に出して自慢しても所詮、マスゴミのやり口「情報操作」よな。

『コロコロコミック』では20年以上前から、年に1回、1月にビッグアンケートという、設問が100くらいある詳細な読者アンケートをとっているのですが、今年の集計データを見ると、『これからやってみたいこと』の1位が動画配信でした。


100問もチマチマ答えてくれるのは一般的な顧客層じゃないよな!

とはいえ、極端にコアなファン層ニーズですら


『将来なりたい職業』の1位が『本やマンガの仕事』で、これは大変嬉しい結果ですが、2位が『ゲームの仕事』、そして3位が『ユーチューバー』でした。ユーチューブは小学生たちにとって相当身近になっているのですね。


コレも順位なんかより、内訳の数字や比率側の方が注目しなければいけない数字だよなー。
全くデータが読めていない。

『デジコロ』は、3DSのゲーム機の中でコンテンツを販売しているニンテンドーeショップに『コロコロコミック』のマンガ2作品を出品しているものです。『でんぢゃらすじーさん邪』と『ケシカスくん』で、それぞれマンガに着色をし、音声をつけて1話100円で販売しており、すでに20話くらいアップされています。制作に費用がかかって今のところは赤字ですし、子どもたちに課金というのはハードルが相当高い。


こうやって出版関係者というデジタルコンテンツ素人が無駄な事やってるよなと。
子供がYoutubeを観るのは「無料だから」だよ!

しかも1話100円とか普通の電書から比べたって酷い割高じゃねえか!
大人も読まねえよ!

こうやって、メディア利点が何かを解らず、自らの利点を他メデイアに間違った形で持ち込めば、ますます子供が漫画から離れるだけだよなー。

しかも3DSってとっくに生産終了してる。

>ニンテンドー3DS|任天堂
https://www.nintendo.co.jp/hardware/3dsseries/3ds/index.html
>LINEUP. すべて生産終了しました。

何よりニンテンドーeショップって

>ニンテンドーDSi / DSi LLの「ニンテンドーDSiショップ」サービス終了に伴う払い戻しについて
https://www.nintendo.co.jp/support/information/2016/0331.html
>2016年3月31日にお知らせいたしましたとおり、ニンテンドーDSi / DSi LLでご利用いただけるショッピングサービス「ニンテンドーDSiショップ(以下、DSiショップ)」の各サービスを、段階的に終了させていただくこととなりました。


1年以上前にサービス終了するのをハードメーカー公式が宣言してるのに、其処に製作費かけてコンテンツ突っ込むとか、リテラシ無しが自滅してる有様を周囲に自分で広めてる状態だぜ?

ちゃんとしたデジタルのプロを雇ってないからこうなる。

しかも出版のプロとしてもどうなの?ってのが、

>出版不況なのに、『コロコロコミック』が80万部も売れているヒミツ
https://www.sankeibiz.jp/business/news/170716/bsd1707161315001-n1.htm
>出版不況と言われているのに、『コロコロコミック』が好調だ。なぜ子どもたちに支持されているのか。取材を進めていくと「うんこ・ちんちん原理主義」にたどり着いた


挙句が翌年に国際問題にまで発展したコロコロ回収事件に至る。





>小学館、落書き問題「コロコロコミック」3月号の販売中止を発表…書店から回収、返金も対応 
https://hochi.news/articles/20180306-OHT1T50079.html

>「コロコロ」最新号で「チンギス・ハーンに対する不適切な表現」について編集部から読者へのコメント掲載
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1803/15/news076.html#utm_term=share_pc

この件で卑劣極まりないのが、作家には謝罪させていて



編集長だのは連載とかをズブズブの角川メディア側とやってたにもかかわらず全く触れてないで、素人以下の小学生レベル日記みたいな駄文を晒し続けてる事。

>『コロコロ』編集長のうんちん日記
https://ddnavi.com/column/corocoro/

質の低い自作コンテンツを世に平気で晒し、
あまつさえ抗議デモされるレベルで他者に不快な思いをさせたメディアなのに、
責任を負う筈の人物が一切謝罪をする事もない。

そんな人物の「作品」や「行動」。子供に対して恥ずかしくないのかね?
そんなコンテンツを子供にわざわざ金渡して読ませようって大人の家庭で育てば、そういう恥知らずな大人も増えそう。

やりすぎ!! イタズラくん コミック 1-3巻セット
やりすぎ!! イタズラくん コミック 1-3巻セット

結局は、構成や内容含めて「何を小学生に読ませたら最適化されるか」という事を作家も編集者も放棄して、なあなあgdgdな事を続けてきた結果が、
「種をまかなかったので育たなかった」って必然の結果になってる。

集英社は種をまく事の重要さに今更気づいて無料マンガアプリに注力始めたけど、
これも「そうじゃねえんだよなー」。

アプリで読みやすいメディアはページレイアウトした冊子用コンテンツと全然違うのに、スキャンした書籍用のをスマホアプリに表示した所で、最適化されてねえっての。

結局、電書やスマホでの収益化に対して不真面目なんだよ。
紙媒体のオマケ程度にしか思ってねえことが、現状の衰退を齎してるって流石に気づけよと。

で、コレも検索して見つけた位だから、出版社のマーケって如何程って感じだけど。

>「漫画の読み方がわからない人もいる」こうの史代さんが語る“漫符事典”の必要性 2018.2
https://dot.asahi.com/aera/2018021500061.html?page=2

>「外国語版の本には、最初か最後のページに、どんな順番でコマを読んだらいいのか、矢印が入った説明が載っています。そのページを読めば、初めての人でも理解できるようになっている。漫画が読めない人もいるのだから、日本でもすべてのコミックスのどこかに『漫画の読み方』を載せればいいのにと思います」


ヒット作「この世界の片隅に」も2009年までの連載作品、つまりは10年前のなわけだけど。

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)
この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

こうの史代さんって1968年生まれだけど、小学生より前にはマンガとか読んでなかったのかな?
幼稚園や、たの幼のマンガにはコマに番号がふってあって、どれを順に読むか書いてあった。
そういうのを読む手続きを得て、今の50代前後はマンガ読めてるんじゃないの?

この漫符図譜とやらも売れてる様子も…。

ギガタウン 漫符図譜
ギガタウン 漫符図譜

しかも、今、雑誌掲載やWebに描かれてるマンガのコマ割りや作法は相当に滅茶苦茶なの多いぞ。

>WEB漫画しか描かないのでタチキリやノドなどをあまり意識しない人が増え、アンソロ出すときに苦労してるらしい
https://togetter.com/li/1393561



これ、過渡期ゆえの問題な気もする。

デジタルデバイスのみでマンガを読む時代が来れば、その表現方法に最適化されるけど、
出版社が幅を利かせてる間はそれが上手くいかない。

まあ馬車や人力車が観光地にしかないのと同じで、どのみち書籍スタイルは消滅するに決まってるけど。

デジタルマンガの書き方だのもツール用法ばっかりだし。

超入門これなら描ける!マンガパースと背景の描き方の教科書 (マンガの教科書シリーズ)
超入門これなら描ける!マンガパースと背景の描き方の教科書 (マンガの教科書シリーズ)

プラットフォーム最適化とかしようとしてもアナログ固執する紙媒体世代の作家が煩わしい事ばかり言って話が全く先に進まない。

でも戦後だけでも

貸本 → 月刊雑誌 → 週刊雑誌 → 単行本

との推移でメディア内でのコンテンツは最適化されて来た。

なので、ニンゲン共は大いに無駄をしながらの試行錯誤の中ででしか最適化というのを見いだせないのかもしれない。

無駄無駄無駄ッ!

無駄無駄 半袖Tシャツ ブラックL
無駄無駄 半袖Tシャツ ブラックL

posted by wolf_howling at 03:20 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月04日

藤子・F・不二雄大全集 [32]初期SF作品

初期SF作品 (藤子・F・不二雄大全集 第3期)
初期SF作品 (藤子・F・不二雄大全集 第3期)

絵柄を見てまだ手塚治虫の影響が抜けてない感じがしたので、読むのを一寸躊躇った。

手塚治虫のロストワールドが既存のマンガ技法に映画などのクローズアップやパンなどカメラアングルカット技法を取り入れて発表当時は画期的だと言われたものの、じゃあ読んでみるかと思ったのも30年前だけど、古臭すぎて読む気が起きなかった。

ロストワールド
ロストワールド

だけど、藤子F作品はターゲット年齢層が明確に打ち出されているので「そういうもの」として読めた。
というか、
現代のごちゃごちゃと不要な背景まで描きこんでわざわざ見苦しい画面にしてるマンガモドキが雑誌に溢れかえってる惨状からすると、
あまりにもスムーズに読みやすい!

漫画が嫌いだったのにマンガ編集者になったマシリトが解り易いマンガを求めて色々と比較した後に「おれは鉄兵」を参考にしたというのは彼方此方で言ってるけど、

>ジャンプ「伝説の編集長」がFGO誕生に関わった“黒子”、電ファミニコゲーマー編集長と語る「才能を“超一流”に育てる極意」
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1903/26/news037_5.html

>僕も研究しているうちに読みやすい漫画と読みにくい漫画があるのが分かってきました。読みやすいものを突き詰めて残ったのが、ちばてつやさんの『おれは鉄兵』(講談社)でした。

 19ページの漫画を50回考えながら読んでコマ割りを研究したのです。これを漫画家に指導したら漫画がめきめきうまくなりました。


おれは鉄兵 (1) (講談社漫画文庫)
おれは鉄兵 (1) (講談社漫画文庫)

今更過ぎるけど「藤子F不二雄マンガの読みやすさは徹底している。」

・シンプルで解り易い
・無駄コマがない
・可愛らしさとユーモア

乳幼児期用コンテンツとしては、やなせたかしのアンパンマンがあり、

あんぱんまん (キンダーおはなしえほん傑作選 8)
あんぱんまん (キンダーおはなしえほん傑作選 8)

アンパンマンを卒業するとドラえもんへ、という流れはここ数十年のルートになっているように思う。

ドラえもん(1) (てんとう虫コミックス)
ドラえもん(1) (てんとう虫コミックス)

しかし「子供達がマンガの読み方が解らない」と言われる状態にあるのは、他メディアとの時間やフリークエンシー取り合いの中でも、マンガ自身のアーチスト気取りの読みづらさの影響は否めないと思う。

>コロコロ編集長に聞く“マンガを読めない子どもが増えている”の真偽
https://ddnavi.com/news/215595/a/

>「読めない子が増えているとは思いません。『コロコロ』1号あたりの発行部数は今年の年末号で130万部に達する見込みで、昨年の平均より約50万部の増加です。しかもより低学年の読者が増えている。小学生以下に関して言えば、“マンガ離れ”も感じませんね」(村上編集長)。

>「読者のリテラシーを低く見積もって、“より分かりやすく”という方向で変えたことはないですね。マンガ表現の流行による変遷はもちろんあるけど、1977年の創刊当時から基本的な表現方法は変わりません。編集方針としてお願いするのは『子どもはマンガを読むのが遅いので、一コマずつ背景までしっかり描くこと』くらい。かつては編集長も要らないとさえ思っていて、『コロコロ』を読んでいた当時の俺が満足する本を作れているのか? という気持ちで挑んでいました。子どもを舐めてはいけませんよ」。


で、角川ダヴィンチのライター曰く

>この出版不況下、1号あたり50万部の伸びは相当すごい。全盛期の150万部(1997年)と比べても遜色ないと言っていい。ご存じの通り、背景には13年1月号から連載を開始した『妖怪ウォッチ』の功績があるが、コンテンツ自体の人気に引っ張られただけではないだろう。『妖怪ウォッチ』のゲームソフトが発売されたのは13年7月、アニメ版開始が今年1月。つまりゲームやアニメより、『コロコロ』のマンガ連載が先だったのだ。


だからどうした!


逆にマンガから人気爆発したんじゃなくて
「アニメありき」で後から人気になった結果、マンガ側がアニメのおかげで売れたって証拠そのものだろ!

数理論理の思考能力無いの?


このライターの名前で検索しても検索結果2個しか出て来ねえ。つまりはそういうレベルと。

さて、では「その後」発行部数がどうなったか数字を見てみるか。

2013年
1〜3月  616,667 部
4〜6月  573,334 部
7〜9月  560,000 部
10〜12月 620,000 部

2014年
1〜3月  673,334 部
4〜6月  820,000 部
7〜9月  960,000 部
10〜12月 1,116,667 部

2015年
1〜3月  1,050,000 部
4〜6月  970,000 部
7〜9月  920,000 部
10〜12月 896,667 部

2016年
1〜3月  870,000 部
4〜6月  806,667 部
7〜9月  790,000 部
10〜12月 843,333 部

2017年
1〜3月  763,333 部
4〜6月  776,667 部
7〜9月  763,333 部
10〜12月 800,000 部

2018年
1〜3月  786,667 部
4〜6月  726,667 部
7〜9月  716,667 部
10〜12月 663,333 部

2019年
1〜3月 623,333 部

ブーム終焉と共に部数は約50万部ダウン、半減してるじゃねえか!
完全に「『妖怪ウォッチ』の功績で、コンテンツ自体の人気に引っ張られただけ」が明白!

妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている -Switch
妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている -Switch

コロコロ編集長と角川こそ
「子どもを舐めてはいけない」って事だろ。


検索したら、
>完売続出!話題の「幼稚園」企業コラボ付録 誕生秘話
https://hon-hikidashi.jp/enjoy/74474/
>2017年から「幼稚園」編集長


だとさ、そしてまた上記記事みても

>「企業コラボふろく」にシフトしたのは、9月号「かいてんずし つかみゲーム」から。それまでは、売上で苦戦が続いていました。なにより人気キャラがいないのが苦しくて。


何の事はない。この人はクロスメディアで「他所の力」で「物」として雑誌を売ってる。
つまりは雑誌の内容は関係ない状態になってる。

コンテンツ自体に訴求力もヒットさせる力もないって証拠。

そして、データの如く提示されている愚かしいものが。

>雑誌『幼稚園』企業コラボ付録で創刊以来初の重版
https://mag.sendenkaigi.com/kouhou/201909/from-field-of-media/016960.php

このグラフ。アンケに答えてる人だけのデータだよな。だって1歳児以下が自身で本屋に雑誌を買いにはいかねえし。
https://mag.sendenkaigi.com/kouhou/201909/images/054_08.jpg

なのに部数が重版かかったってのはどういうことか?

実態は「大きなお友達」が雑誌『幼稚園』を買ってるからだろう!

つまりは、部数は出ても「子供」という本来の読者を無視する愚行をここでも繰り返している。

少年誌を女性層に寄せて、幼稚園を大人をターゲットにした後はどうなるかはジャンプだのの有様をみれば明白だろう。
ターゲット層を広げた結果、本来の主要読者層が乖離して衰退にストップがかからなくなる。

やなせたかしや、藤子Fは本当に数十億いる人類の中でも稀な方々だったが、
出版社や編集者がそれに続く人を潰して来たんだろう。
まあスマホやタブレットが普及浸透すれば、新聞、ラジオ、テレビは役目を終える。
テキストや絵画というメディアが消失することは絶対に無いが、マンガという表現技法がこのままで良い筈がない。


さて、この書籍の収録作品は

海底人間メバル
暴風の奇術
幽霊ロケット
白魔洞の怪人
宇宙冒険児
恐怖のウラン島
あのロボットをうて
トピちゃん
宇宙鉱脈
ぼくは…うしろにつけた
さてほんとうに穴をでるには?…
ある日本人留学生からのローマ便り
星の子カロル
ふしぎなほしのぼうけん

星の子カロルは「たのしい三年生」掲載で藤子Aとの共著。
ふしぎなほしのぼうけんは「たのしい二年生」。

小学校低学年でも解り易い平易な台詞。大ゴマ使用。そしてコマの中に個々にノンブルがふってある。

見開きばかりのマンガで枠線も碌に使わずページ側のノンブルも潰してしまうような雑なのが近年非常に雑誌掲載モノで多い。
読む順番すら縦書き横書きによって見開き方向まで違う。雑に言えばアメコミとマンガは先ずそれが違う。
基本マナーすらも失えばそりゃあメディア自体が衰退するわ。
スマホやタブレットで読むマンガの作法は見開きを行って読む書籍掲載されているマンガ作法と共通個所もあれど「絶対に別物になる」筈なのだが、過渡期といってもマルチメディアだの言われた時代から電書もできてどんだけ経ってるんだよと言いたくもなるが、
出版がデジタルとの共存共栄でなく「目の敵として敵対」をしてきたm末路が現状なのだから酌量の余地なしだ。

ところで「あのロボットをうて」に「西海村」という原子力研究所があるフィクション地名が出てくる。69年2月掲載の作品だ。
東海村に日本原子力研究所ができたのが1956年。ウラン溶液をバケツで扱ってJCOが臨界事故を起こし被ばくで死者を出したのが1999年。

東海村「臨界」事故―国内最大の原子力事故・その責任は核燃機構だ
東海村「臨界」事故―国内最大の原子力事故・その責任は核燃機構だ

横山光輝マンガや、アニメ「アストロガンガー」(1972年)とかだと、原発を破壊して敵を倒すみたいな事を平気で結構描いてるんだけど、

アストロガンガー DVD-BOX 上巻
アストロガンガー DVD-BOX 上巻

この「あのロボットをうて」でも、巨大ロボット「ゴーレム」のエネルギー源としか表現されてなくて、最後に爆発するロボットの絵を見つつ
「ああ、この子や博士たちももう…」って思ってしまう。

その時代の人々の科学知識レベルを伺う資料にもなるけど、そのまんまを現代で子供達に読ませる前には、真面な科学知識がある事も前提だよなーと読みながら思った。


posted by wolf_howling at 06:28 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

DCコミックスアンソロジー DC COMICS ANTHOLOGY

DCコミックス アンソロジー
DCコミックス アンソロジー

これは素晴らしい書籍!
フルカラーで紙質もソコソコでフルカラーで税別3000円は安い!

DCコミックスの1939年から現代にいたる代表作16選のピックアップ内容も素晴らしい。

アメコミ書籍って解説が多少はされてるのはあるけど、これほど包括的且つ体系的にスマートに説明できている書籍は無い!

ゴールデンエイジ(1938〜1956)

個別ヒーローのデビューと人気獲得からコンビ的なクロスオーバーやJSAチーム編成への推移。

フォーセットコミック社のキャプテン・マーベル(現在のシャザム)や

シャザム! ブルーレイ&DVDセット (2枚組) [Blu-ray]
シャザム! ブルーレイ&DVDセット (2枚組) [Blu-ray]

クオリティ・コミックス社のプラスチックマンの買収併合は書いてあるけど、

貸本漫画集(1)ロケットマン他 (水木しげる漫画大全集)
貸本漫画集(1)ロケットマン他 (水木しげる漫画大全集)

DCがキャプテン・マーベルをスーパーマンのパクリだとして世界初のコミック著作権裁判をやったってのは都合が悪いと思ったのか書いてないのが不公正だとは思ったけども。

1952年にスーパーマンがTVドラマ化。

そして精神科医フレデリック・ワーサムのコミックス排斥運動。
1954年のコミックス倫理規定委員会発足とコミックス・コードでの検閲。

シルバーエイジ(1956〜1970)
1956年の2代目フラッシュでの旧作品ヒーローの別リブートと、バリー・アレンは初代をコミックスで知っている設定。
そしてグリーンランタンもパイロットであるハル・ジョーダンになり、マルチバースでの初代と現役の共演。

1961年ジャスティスリーグ結成からの人気爆発!
1966年にはサイドキックがティーンタイタンズを結成。
1966年バットマンのTVドラマ。

バットマン TV 1stシーズン コンプリート・セット(3枚組) [Blu-ray]
バットマン TV 1stシーズン コンプリート・セット(3枚組) [Blu-ray]

(そして解説には書いてないけど、69年ワーナー・ブラザース傘下へ。)

ブロンズエイジ(1970〜1986)
1970年ニール・アダムスのグリーンランタン&グリーンアロー。

グリーンランタン/グリーンアロー (ShoPro Books)
グリーンランタン/グリーンアロー (ShoPro Books)

ジャック・カービーの「ジミー・オルセン」「ニューゴッズ」「Mrミラクル」「フォーエバーピープル」

DC Comics 33458 ミスターミラクル Earth 2: ~6インチ アクションフィギュア DC Collectibles DC公式トレーディングカード付き
DC Comics 33458 ミスターミラクル Earth 2: ~6インチ アクションフィギュア DC Collectibles DC公式トレーディングカード付き

ただ、この本にはジャック・カービー作品は収録されてないのがやや腑に落ちない気はする。
でも、俺もやや納得する面はあるのは、ジャック・カービーの手柄ってダークサイドってヴィランを生みだしたのが最大功績であって、
後々の展開を見るに、オライオン含めて他のキャラってそんなに人気があったりしてねえからなあ…。

ヒーローズ オブ DCユニバース ミニバストスタチュー/ダークサイド
ヒーローズ オブ DCユニバース ミニバストスタチュー/ダークサイド

コズミック・オデッセイ
コズミック・オデッセイ

そして1984年、アラン・ムーアのスワンプシングが新風を呼ぶ。

スワンプシング (ShoPro Books)
スワンプシング (ShoPro Books)

この本ではビバ・クライシス!との解説で86年の『クライシス・オン・インフィニット・アース』を紹介し、

クライシス・オン・インフィニット・アース (DC COMICS)
クライシス・オン・インフィニット・アース (DC COMICS)

以降をモダンエイジとしている。

でもページ右上に
モダンエイジ(1970〜1986)
って書いてあるのは、ブロンズエイジと同じ年代なので明らかにミスだよなー。

多分に
モダンエイジ(1986〜Now)って書きたかったのに、
DTPの段でコピペして、本来書くはずの修正をしない失敗したまま印刷製本して、
挙句、邦訳版もそのまま載せてるという酷い状態としか思えない。

ともあれ掲載はされてないけど紹介されてる重要作品は

フランク・ミラー『バットマン:ダークナイト・リターンズ』

バットマン:ダークナイト・リターンズ
バットマン:ダークナイト・リターンズ

アラン・ムーア「バットマンキリングジョーク」

バットマン:キリングジョーク 完全版 (ShoPro books)
バットマン:キリングジョーク 完全版 (ShoPro books)

ティム・バートン映画「バットマン」

バットマン [Blu-ray]
バットマン [Blu-ray]

1992年にカートウーン版バットマンの成功(ちなバットマン アニメイテッドシリーズから生まれたキャラがハーレイ・クイン)と、
それに続く96年スーパーマン・アニメシリーズ、2001年カートウーン版ジャスティス・リーグ。

DCコレクティブルズ バットマン アニメイテッド 6インチ アクションフィギュア ハーレイ クイン (アニメイテッドシリーズ) / DC COLLECTIBLES BATMAN THE ANIMATED SERIES HARLEY QUINN【並行輸入品】
DCコレクティブルズ バットマン アニメイテッド 6インチ アクションフィギュア ハーレイ クイン (アニメイテッドシリーズ) / DC COLLECTIBLES BATMAN THE ANIMATED SERIES HARLEY QUINN【並行輸入品】

スーパーマン アニメ・シリーズ Disc1 [DVD]
スーパーマン アニメ・シリーズ Disc1 [DVD]

ジャスティス リーグ/ジャスティス リーグ誕生! [DVD]
ジャスティス リーグ/ジャスティス リーグ誕生! [DVD]

そして、抒情詩的とはこの本は書いてはいるが、
93年に「デス・オブ・スーパーマン」でスーパーマンはドゥームズデイに殺され

スーパーマンの最期 (中公アメリカン・コミックス)
スーパーマンの最期 (中公アメリカン・コミックス)

93年にバットマンは「ナイトフォール」でベインに背骨を折られて引退。

1993年 「バットマン:ナイトフォール Pt.2 フー・ル−ルズ・ザ・ナイト」 中古アメコミ(洋書)
1993年 「バットマン:ナイトフォール Pt.2 フー・ル−ルズ・ザ・ナイト」 中古アメコミ(洋書)

94年にグリーンランタンの一人であるハル・ジョーダンは魔人パララックスとなりガーディアンズを一人残して全滅させるとか、
部数を伸ばすために注目を集め話題を呼ぶ事の方を目的にして、派手だけど、これまでの多くの人々の努力の結果である歴史的な積み重ねを台無しにしかねない事を行った。

多分にその責任者として
経営者ジャネット・カーン、社長ポール・レヴィッツ、編集長ディック・ジョルダーノの商業主義の名前を挙げているのだろう。

そして、「DCユニバースの再生:未来への錬成」へと続く。
2005年の「インフィニット・クライシス」から

インフィニット・クライシス
インフィニット・クライシス

2011年の「フラッシュポイント」以降の仕切り直しへと続く。

フラッシュポイント (DC COMICS)
フラッシュポイント (DC COMICS)

掲載されているコミック作品と、その前の解説タイトルをリストアップ。

スーパーマン
1 「虐げられし者たちの守り手」#1(1939)
 ジェローム・シーゲル/ライター ジョー・シャスター/アーティスト

ワンダーウーマン登場
2 『オールスターコミックス』#8(1941)
 ウィリアム・モールトン・マーストン/ライター ハリー・G.ピーター/アーティスト

バットマン誕生秘話
3 『バットマン』#47(1948)
 ビル・フィンガー/ライター ボブ・ケイン/ペンシラー

スーパーマンとバットマンの最大の敵
4『ワールズ・ファイネストコミックス』#88(1957) 
 エドモンド・ハミルトン/ライター ディック・スプラング/ペンシラー

2つの世界のフラッシュ
5 『フラッシュ』#123(1961)
 ガードナー・フォックス/ライター カーマイン・インファンティーノ/ペンシラー

ジャスティス・リーグ誕生秘話
6 『ジャスティス・リーグ・オブ・アメリカ』#9(1962)
 ガードナー・フォックス/ライター マイク・セコウスキー/アーティスト

ガーディアンズ誕生秘話
7 『グリーンランタン』#40(1965)
 ジョン・ブルーム/ライター ギル・ケイン/ペンシラー

デーモンの娘
8 『バットマン』#232(1971)
 デニス・オニール/ライター ニール・アダムス/ペンシラー

永遠の淵に立つ漂流者
9 『スーパーマン』#400(1984)
 ジム・ステランコ/ライター+アーティスト

破滅の予言
10 『グリーンランタン・コァ・アニュアル』#2(1986)
 アラン・ムーア/ライター ケビン・オニール/アーティスト

別々の世界
11 『アクション・コミックス』#600(1988)
 ジョン・バーン/ライター&アーティスト

スター・シード
12 『JLAシークレット・ファイルズ・アンド・オリジンズ』#1(1997)
 グラント・モリソン/ライター マーク・ミラー/ライター ハワード・ポーター/ペンシラー

症例研究
13 『バットマン:ブラック・アンド・ホワイト』#2(2002)
 ポール・ディニ/ライター アレックス・ロス/アーティスト

かつて最高なりし者、再び最高とならん
14 『グリーンランタン:シネストロ・コァスペシャル』#1(2007)
 ジェフ・ジョーンズ/ライター デイブ・ギボンズ/ペンシラー

学生総代
15 『ワンダーウーマン』#600(2010)
 ゲイル・シモン/ライター ジョージ・ペレス/ペンシラー

16 『ジャスティス・リーグ』#1(2011)
 ジェフ・ジョーンズ/ライター ジム・リー/ペンシラー

昔のコミック表現技法の参考になる作品から、アート表現としても幅広いものが取り揃えられている。

キャプテン・フューチャーのエドモンド・ハミルトンがスーパーマンとバットマンが協力してジョーカーとレックス・ルーサーのコンビと対決する話を世界で初めて書いたとか知らんかったわ!

キャプテン・フューチャー コンプリート DVD-BOX (全52話, 1300分) エドモンド・ハミルトン アニメ [DVD] [Import] [PAL, 再生環境をご確認ください]
キャプテン・フューチャー コンプリート DVD-BOX (全52話, 1300分) エドモンド・ハミルトン アニメ [DVD] [Import] [PAL, 再生環境をご確認ください]

ジム・リーのリブート版であるジャスティス・リーグは1話目のいいとこで続く!という感じでこの書籍では終わってしまってるけど、
単行本で続きは読める。

ジャスティス・リーグ:誕生(THE NEW 52!) (ShoPro Books THE NEW52!)
ジャスティス・リーグ:誕生(THE NEW 52!) (ShoPro Books THE NEW52!)

DCコミックスアンソロジー [ DCコミックス ] - 楽天ブックス
DCコミックスアンソロジー [ DCコミックス ] - 楽天ブックス

posted by wolf_howling at 07:18 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

『ウォンテッド』(アメコミ)マーク・ミラー、J・G・ジョーンズ

ウォンテッド (ShoPro Books)
ウォンテッド (ShoPro Books)

2008年のアンジェリーナ・ジョリーの映画は観てない。

ウォンテッド [Blu-ray]
ウォンテッド [Blu-ray]

2003年アメコミとして読むと、マーク・ミラーってアメコミ大好きオタクにせよ、結局、彼がやったことって、過去作品を大好きなのにdisって世界観を破壊するって事しか出来てない。

アラン・ムーアの『ウォッチメン』はその先駆けなのは明白だけど、

>ウォッチメン(アメコミ)
http://read.seesaa.net/article/464318233.html

WATCHMEN ウォッチメン(ケース付) (ShoPro Books)
WATCHMEN ウォッチメン(ケース付) (ShoPro Books)

マーク・ミラーってアラン・ムーアのファンにせよ劣化版って感じしかない。
この『ウォンテッド』は最たるもの。

映画でもDC作品に重苦しさがつきまとうようになったのは、1989年のティム・バートンの「バットマン」だけど、
ティム・バートンがアラン・ムーアの「バットマンキリングジョーク」(1988年)を目にした影響も大きい。

バットマン:キリングジョーク 完全版 (ShoPro books)
バットマン:キリングジョーク 完全版 (ShoPro books)

バットマン [Blu-ray]
バットマン [Blu-ray]

DCが再興できたタイミングは幾つかあって、ティム・バートン「バットマン」1989年もだけど、
クリストファー・リーヴが紳士的なスーパーマンで1978年に楽しませてくれたタイミングは大きかったと思う。

スーパーマン ディレクターズカット(字幕版)
スーパーマン ディレクターズカット(字幕版)

そして、DCブロンズエイジはアラン・ムーアが1983年に『スワンプシング』を単なるホラー物でなく社会問題や環境問題を交えて描いて人気を復活させ、1986年に『ウォッチメン』が連載される形で大きな節目を迎える。

迷走期のMARVEL側がDCヒーローをパクったり、

デッドプール2のおとぎばなし (吹替版)
デッドプール2のおとぎばなし (吹替版)

figurecomplex AMAZING YAMAGUCHI DEATHSTROKE デスストローク 約170mm ABS&PVC製 塗装済みアクションフィギュア リボルテック
figurecomplex AMAZING YAMAGUCHI DEATHSTROKE デスストローク 約170mm ABS&PVC製 塗装済みアクションフィギュア リボルテック


アカラサマにDCのスーパーヒーローをスクアドロン・スプリームってヴィランに改編したりだの、非常にみっともない事をしてた一方で

アベンジャーズ 最後の抵抗

DCは企業買収でヒーローが加わる事も多かったが、ゴールデンエイジ以来の長年の蓄積も含めて、シルバーエイジには数多の追加ヒーローを生み出し、ブロンズエイジにはアレンジしてのテコ入れを繰り返して来た。

子供向けアメコミがポップカルチャー化できたのはフランク・ミラー『バットマン:ダークナイト・リターンズ』や

バットマン:ダークナイト・リターンズ
バットマン:ダークナイト・リターンズ

アラン・ムーアの影響も大きいけど、重苦しい作品が増える。

90年代にはインパクトをもたせようとスーパーマンを死なせたり、バットマンを引退させたりして、話題性から部数を伸ばそうとしたり…。

スーパーマンの最期 (中公アメリカン・コミックス)
スーパーマンの最期 (中公アメリカン・コミックス)

(その前にも86年にはバリー・アレンのフラッシュや、スーパーガールを死なせたりとかもしてたが。
奇しくも後にドラマでクロス オーバー共演を何度もする二人…。)

クライシス・オン・アースX 最強ヒーロー外伝 [DVD]
クライシス・オン・アースX 最強ヒーロー外伝 [DVD]

ジム・リーがDCに来てジャスティス・リーグ等をリブートさせてくれたおかげでか、

ジャスティス・リーグ:誕生(THE NEW 52!) (ShoPro Books THE NEW52!)
ジャスティス・リーグ:誕生(THE NEW 52!) (ShoPro Books THE NEW52!)

近年は陰鬱な映画からも離れて「シャザム! 」みたいなのも観れるようになった。

シャザム! ブルーレイ&DVDセット (2枚組) [Blu-ray]
シャザム! ブルーレイ&DVDセット (2枚組) [Blu-ray]

マーベルのX-MENやアベンジャーズに追いつくには

X-MEN:ダーク・フェニックス 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]
X-MEN:ダーク・フェニックス 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

アベンジャーズ/エンドゲーム MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
アベンジャーズ/エンドゲーム MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

ザック・スナイダーやクリストファー・ノーランなんて要らなかったんや!

ウォッチメン [Blu-ray]
ウォッチメン [Blu-ray]

ジャスティス・リーグ (期間限定出荷/スペシャル・パッケージ仕様) [Blu-ray]
ジャスティス・リーグ (期間限定出荷/スペシャル・パッケージ仕様) [Blu-ray]

結局、はき違えたコミック原作者や映画監督は先人の人気獲得の苦労に泥を塗って悪目立ちする位しかできてないんだなーと。

アラン・ムーアは自分のエログロナンセンス作品がアメコミに及ぼした影響は有害だったという自覚はあるんだけど、
マーク・ミラーの方はその悪影響側の塊みたいな作品を書いてて、コレもその典型。

マーク・ミラーがアメコミヲタクなのは読めば判る。
この本の巻末付録的な元ネタ解説でも、足りなすぎる位にはなあ。

この作品でしつこく出てくる「86年」には何があったのか?
だけど、前述の流れの中から拾って貰えばちょっと解るんだけど、
DCの50周年記念イベントとしてのマルチバースの統合や住み分けやリブートを大々的にやった『クライシス・オン・インフィニット・アース』があった。

クライシス・オン・インフィニット・アース (DC COMICS)
クライシス・オン・インフィニット・アース (DC COMICS)

その中でカーラ・ゾー゠エルとバリー・アレンが戦死する。

で、前述通り、フランク・ミラー『バットマン:ダークナイト・リターンズ』と、アラン・ムーア『ウォッチメン』の連載が始まるってのはまあ解説されてるけど、


先ず「スーサイド・スクワッドに入る」デッドショットって枕詞が欲しい。

ムービー・マスターピース スーサイド・スクワッド デッドショット 1/6スケール プラスチック製 塗装済み可動フィギュア
ムービー・マスターピース スーサイド・スクワッド デッドショット 1/6スケール プラスチック製 塗装済み可動フィギュア


あと作品自体が時代背景を含めてるつもりで色々と雑なんだよなー。

ソニック ザ ヘッジホッグを遊んでるのが携帯ゲーム機ならゲームギアだろう。

ゲームギア 本体 【ゲームギア】
ゲームギア 本体 【ゲームギア】

TMNTのカートゥーンは1987年。ジム・ヘンソンの実写版で1990年から。

Teenage Mutant Ninja Turtles [DVD] [Import]
Teenage Mutant Ninja Turtles [DVD] [Import]

でもGGソニックは2からで1993年。つまりは子供時代とか言う割には6年もギャップがある!

ソニック ザ ヘッジホッグ2 【ゲームギア】
ソニック ザ ヘッジホッグ2 【ゲームギア】

そして俺もナイトライダーもエアーウルフも大好きだが、
アメリカでの放送年でこの2作品が被ってるのは84年から86年まで。

ナイトライダー コンプリート ブルーレイBOX [Blu-ray]
ナイトライダー コンプリート ブルーレイBOX [Blu-ray]

超音速攻撃ヘリ エアーウルフ コンプリート ブルーレイBOX [Blu-ray]
超音速攻撃ヘリ エアーウルフ コンプリート ブルーレイBOX [Blu-ray]

つまり、
ナイトライダーやナイトライダーごっこをブンドドやってた11歳が、
ゲームギアでソニック2を遊ぶ頃には
少なくとも18歳、84年側と仮定すれば二十歳だっての!


レディ・プレイヤー1原作を眺めた時もそうだったが、
細かい設定してるのを自慢げにしてるオタク作品を知識でマウント返し後にパウンド決めてボコボコにするのって何とも気分いいねえ!

>「ゲームウォーズ」(上)アーネスト・クラインがヌルオタだってよく解るレディ・プレイヤー1の原作
http://read.seesaa.net/article/461109447.html

>「ゲームウォーズ」(下)アーネスト・クラインがニワカだってよく解るレディ・プレイヤー1原作
http://read.seesaa.net/article/461179952.html

レディ・プレイヤー1 [Blu-ray]
レディ・プレイヤー1 [Blu-ray]

なによりヤレヤレなのは、凋落国家イギリス人のマーク・ミラーが解ってねえなあと思うのは
「日本人が欲しいのはアメリカ人の嫁だ。」ってセリフ。
敗戦直後のブロンドにコンプレックス持ってる時代ならともかく。
んな事思ってる日本人がどれだけバブル期にいたかね?www
ブリーチで金髪にしてる日本人ほど田舎者だろ。これはそういうブームが見られたころからずっと、都心で代々暮らしてる中には居ない。
地方出身で東京に出てきたオッサン、オバサン世代ほど脱色してる。

お前ら、自称「ぐれーと」ブリテンとやらがダメになってく焦りが、このスコットランド出身者が書いた駄作からは伝わるだけだわ。

バブル:日本迷走の原点
バブル:日本迷走の原点

posted by wolf_howling at 03:38 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

藤子・F・不二雄大全集〔27〕ベラボー

藤子・F・不二雄大全集 ベラボー: 藤子・F・不二雄大全集 第3期
藤子・F・不二雄大全集 ベラボー: 藤子・F・不二雄大全集 第3期

>ベラボー|藤子・F・不二雄大全集 【第3期】|小学館
http://www.shogakukan.co.jp/fzenshu/lineup/berabo.html

秋田書店『まんが王』1968年7月号〜1969年11月号まで掲載された作品。
『まんが王』は冒険王の姉妹誌で1972年に廃刊してるから、打ち切り作品。

だけど、連載時期から解るように
ドラえもんが1970年1月号掲載=月刊誌は1カ月前の号数をつけるので1969年12月からの連作なので、言わばドラえもんプロトタイプの一つだ。

ドラえもん (1) (てんとう虫コミックス)
ドラえもん (1) (てんとう虫コミックス)

本作1話目で主人公である浦島一郎の父親がするマンガ否定の説教台詞に
「大体 今の世の中にだね、
 オバケが出てきたりだね、
 マントをつけた子が空を飛んだりだね、 
 そんなばかげたことがあると思うかい。」

藤子ファンには説明するまでもないが、これはオバQとパーマンの事だ。

オバケのQ太郎 1 (てんとう虫コミックス)
オバケのQ太郎 1 (てんとう虫コミックス)

パーマン (1) (てんとう虫コミックス)
パーマン (1) (てんとう虫コミックス)

オバQは客演までしていて「時代遅れ」「ベテラン」などと自虐ギャグも。
1973年の「劇画・オバQ」の悲哀を早くも感じさせる。

ミノタウロスの皿: 藤子・F・不二雄[異色短編集]  1 (1) (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)
ミノタウロスの皿: 藤子・F・不二雄[異色短編集] 1 (1) (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)

「劇画・オバQ」にも出てくる「オバQ王国」だが、オバQ本編でも土地価格の高騰や空き地がなくなり、子供の遊び場がなくなる等の社会風刺回があったりする。

ベラボーにおいては正にツカミがそれで、
空き地にマンションが建つことになり、宇宙人のペット生物であるベラボーを助けた(?)浦島一郎は、ベラボーの住む地下にある広大な施設を使わせてもらえるようになる。
大人たちを連れてくると、ヤクザが入り込んだりのトラブルも起きるが、施設内のイメージボタンという機械を使い懲らしめ、ベラボーは記憶を操作する能力があるので事なきを得る。
結果、子供達だけの街ベラボータウンをつくる話の運びになる。

藤子Fはドラえもんでも何度か国造りの話もあり、現状国家への不満ストレスから空想での国家運営物語へ何度も繋がっているように見える。

映画ドラえもん のび太と雲の王国
映画ドラえもん のび太と雲の王国

ベラボーは超テクノロジーの持ち主なのだが、広い場所を手に入れて「うんとマンガを読むぞ!」という浦島一郎に「ユメがないな」と言うが
彼がドラえもんと大きく違うのは「世界征服だってできる」とか言ってしまう点!

ドラえもんが、のび太を極端にdisる事は時々はあるけど、基本的にはレアで、時折見せる「きみはじつにばかだな」等の暴言毒舌は、それ自体を意外性からギャグとする位だが、
ドラえもん初期の乱暴な口調の頃はベラボーと割と似た感じなのだ。
1話目のドラえもんは「きみは年を取って死ぬまで、ろくなめにあわないのだ。」とかまで言うし。

ドラえもん 1 (藤子・F・不二雄大全集)
ドラえもん 1 (藤子・F・不二雄大全集)

ベラボーはデザイン的にオバQのO次郎やドロンパのデザイン系列のキャラだが、少ない線数で表情豊かに表現できる優れたデザインだと思う。

非売O次郎オバケのQ太郎景用バンプレストレトロコレクションワンオーナーサイズ約13センチ
非売O次郎オバケのQ太郎景用バンプレストレトロコレクションワンオーナーサイズ約13センチ

オバケのQ太郎 ドロンパ ぬいぐるみストラップ 藤子・F・不二雄ミュージアム限定
オバケのQ太郎 ドロンパ ぬいぐるみストラップ 藤子・F・不二雄ミュージアム限定

藤子キャラとしては「4じげんぼうPポコ」にも似てる。

モッコロくん 4じげんぼうPポコ パパは天さい!ほか (藤子・F・不二雄大全集)
モッコロくん 4じげんぼうPポコ パパは天さい!ほか (藤子・F・不二雄大全集)

読みながら思ったのだが、ポケモンのツボツボってベラボーのパクリじゃね?

ポケモンセンターオリジナル ぬいぐるみ Pokémon fit ツボツボ
ポケモンセンターオリジナル ぬいぐるみ Pokémon fit ツボツボ

浦島一郎のパパの台詞で
「カメを調べるなら動物図鑑の両生類のページを見ればいい」
ってのがあって、当然「カメは爬虫類だモン!」ってツッコミを入れたくなるのだが、

THE MOMOTAROH 2巻
THE MOMOTAROH 2巻

俺はアーケロンは学研の恐竜図鑑で覚えたが、ブロガノケリスはドラえもんで覚えたので、藤子F氏が意図的に爬虫類である亀について両生類というセリフを書いてるのは意図的だと解るんだけど、

アーケロン ビニールモデル(FP-305)
アーケロン ビニールモデル(FP-305)

ZOIDS ゾイドワイルド ZW05 ガノンタス
ZOIDS ゾイドワイルド ZW05 ガノンタス

これ、秋田書店だから通った台詞であって、多分に小学館の学習雑誌なら児童が間違った知識を得てしまうといけないという指摘のもと編集の修正が入って正しく爬虫類と変更されそうだなあと思った。
もっとも、ギャグとしても別に面白くもなんともないので直しておいても構わないと思う。

というか、ベラボーって亀なの?って冒頭からずっと疑問だったんだけど、
最終話である「ベラボーの恋」で、ドラえもんの『すてきなミィちゃん』回と全く同じ展開とオチがあって、
地球の亀を好きになってるので、ちゃんと性別もある生物なんだなと。
(まあソレ言ったらドラえもんやドラミは性別設定してある機械にすぎないので「すこしふしぎ」藤子ワールドでは何の裏付けにもならないかおしれないけど。)

ドラえもん (14) (てんとう虫コミックス)
ドラえもん (14) (てんとう虫コミックス)

「 ドラえもん 」 ドラミ フェイス マグカップ M イエロー 009131
「 ドラえもん 」 ドラミ フェイス マグカップ M イエロー 009131

亀が「ベラボーにはこう見えている」として少女漫画タッチの女の子が描かれていたりもするが、
「美人アンドロイドに大さわぎ」の回では人型を美人としてるのでまあ、そういう雑な設定美観w

でも、その美人アンドロイドは、しずかちゃんやロボ子とも違うタッチ。

フィギュアーツZERO ドラえもん 源静香 約120mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア
フィギュアーツZERO ドラえもん 源静香 約120mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア

ロボ子が愛してる
ロボ子が愛してる

イメージボタンで作った留守番用のコピーロボットみたいなのが、きれいなジャイアンネタだったりするんだけど、デフォルメ的には脇役達は元側が極端なので美形になってるって感じの絵でもなく見える。

ROBOT魂 コピーロボット (1号)
ROBOT魂 コピーロボット (1号)

UDF きれいなジャイアン(ノンスケール PVC製塗装済み完成品)
UDF きれいなジャイアン(ノンスケール PVC製塗装済み完成品)

それもその筈で、ガキ大将のデカ山とかを見た段で多分にそうだろうなあと思ったのだが、
ベラボー・浦島一郎・パパ・ママ以外は明らかに藤子Fタッチより藤子Aタッチの画風で、
脇役や出てくるガジェットなどもアシスタントである、しのだひでお(篠田ひでお)が描いている。

発明・発見のひみつ (学研まんが ひみつシリーズ)
発明・発見のひみつ (学研まんが ひみつシリーズ)

しのだは怪物くんのペン入れを殆どやっていた位でタッチがそのままなので解り易い。
怪物くんは少年画報版が1969年4月、少年キング版が1969年5月に連載終了したので、丁度ベラボーと重なり合ってる連載時期なので影響もさもありなん。

怪物くん ベスト・セレクション 奮闘編 (ビッグコミックススペシャル)
怪物くん ベスト・セレクション 奮闘編 (ビッグコミックススペシャル)

後書きも、しのだひでおが書いている。元々は手塚治虫のアシだったのは知らなかったよ。
手塚が引っ越した跡の並木ハウスを家具までシェアする二人暮らしで借りてて、手塚のいる初台までの間を行き来する経路にトキワ荘があって、酒飲んだり花札やったりの遊びや、藤子Aの参加していた野球チームに入ったりという経緯から、手塚の所で徹夜で仕事した後なのに、当時はまだ赤塚不二夫が自分の仕事しながら石ノ森章太郎を手伝っていた位の頃だったので、ラーメンおごるから手伝ってみたいな形でアシスタントに。
自宅で作業する派だったのに、いつのまにか藤子プロに自分の机があったとも。

昔は藤子Fの方が見かけた時に「おう!」とか声をかけてくれる方で、藤子Aの方は寡黙だったそうだ。
Aの方は「60超えるとキツイ」「70超えると」って会うと言われるそうだけど4、5才違いだそうで年齢は追い越す訳にもいかないw的な事を書いてたので、「…いや、追い越してしまう状況がありうる」と俺は読んでて即時おもったが、やはり締めは亡くなった藤子Fの年齢を追い越してしまったことを書いてあった。

ベラボーにるいてはメインキャラは既に藤子Fが描いてあって、後は好きに描かせてくれたそうで「こんな楽な仕事でいいのか?」って思ったくらいだそうだ。
特に最終回は藤子Fも打ち切りが残念だったようで、逆に凄く描きこんであったとの事。

でも、多分に「不思議な異界からの訪問者が」「高度なテクノロジで主人公を助けようとしてのドタバタ」というパターンは

スラップステイックで抜けてる主人公のQ太郎とも、
ふだんは怠け者だけど、活躍するヒーローのパーマンとも違う。

恩返しをしようとして使う魔法が失敗するジャングル黒べえは1973年作品で、俺はアニメ版大好きなんだけど、裏番組の数字が強かったせいでヒットできなかった。
出崎統も言ってるけど、Aプロとマッドハウスの共作って奇跡の名作だぞ!「ジャングル黒べえ」は。
藤子Fは「破天荒な黒べはあなた」と言ったのはシンエイ動画名誉会長の楠部三吉郎で、楠部曰くは黒べえのキャラ原案って宮崎駿。

>NU SPECIAL INTERVIEW アニメ監督・出崎統氏「ジャングル黒べえ」のメッセージは 今も生きている
https://web.archive.org/web/20040205042319/http://homepage.mac.com/wayang_gamelan/interview/dezaki/index.html

ジャングル黒べえ DVD-BOX(初回生産限定)
ジャングル黒べえ DVD-BOX(初回生産限定)

で、ベラボー、ドラえもん、ジャングル黒べえを比べるに

ベラボーは普段はキツイ物言いだが時々弱みをみせるツンデレ型。浦島一郎はマンガ好き、優しいという以外は普通の子。

ドラえもんは普段は温厚で時々黒いw のび太はドラえもんが助け船を出すキャラな為にトコトンまで多方面でダメな子設定。

ジャングル黒べえはジャングルの常識は近代日本での非常識&魔法が使えても失敗が多いドジっ子。佐良利しし男は弱虫だが心優しい。

これを比べるに、「のび太」というキャラの発明がヒット要因として大きく思う。

ベラボーには気が弱いが知恵は働く代和木(よわき)という男の子が出てくるのだが、
彼は、のび太のベース的なキャラの一つであると言っても良いと思う。

のび太にオバQを組ませてしまうと、ただ失敗するばかりになってしまうので、しっかり者のパートナーがやはり必要。
そして浦島一郎や佐良利しし男は、のび太と比べるとインパクトが弱い。

「日本じゅうがきみ のレベルに落ちたら、この世のおわりだぞ!!」とまでドラに言わせる、のび太はベラボーや黒べえをパートナーにしてしまうと、2人とも割と怒りっぽいし過激なので「流石にやってられない!」って言った後には特訓とか始めてしまいそう…。

ベラボーは、わざと助けないで、一郎が自分だけで解決できるかどうかを隠れて見守る点で、ドラえもんのように甘やかしすぎないタイプ。
黒べえは魔法はあんまり成功しないが、割と暴力で解決するケース多しw

時々は毒も吐くものの、なんだかんだで面倒見が良く、助けてくれる頼りになるドラえもんと、のび太の組み合わせだからこそ大成功したのだろう。

でも、藤子Fが宮崎駿との対談で、のび太が成長しないのが面白いというパヤオに対して、
成長できないのが「作者としても多少苦しい」とまで言ってたので、

映画天空の城ラピュタGUIDE BOOK復刻版(ロマンアルバム)
映画天空の城ラピュタGUIDE BOOK復刻版(ロマンアルバム)

クール延長しない前提企画だったら、ベラボーみたいなキャラが成長する主人公のパートナーになる作品とか、現代の時流ならアリじゃね?

というか、ベラボーを底本にしてドラえもんの何話かは成立するんだから、
ドラえもんを底本としてベラボーに置き換えるとかも、また可能だなーとかも思った。

地球は未開で野蛮とか、こんなの子供用のオモチャとか、割と上から目線だったりもするのに、
喧嘩して独りぼっちになったら寂しくて泣いたりするギャップも持ってるし。

原題なら大いにアリじゃね?

アニメ化するネタがなくて1クールでラノベ使い捨てするか、リメイクばかりなら、
ベラボーとか古典の発掘してアニメ化をやってくれよ。

っていうか、シンエイ動画にそういう企画たてる人いないの?

ベラボー 藤子・F・不二雄大全集 第3期 (藤子・F・不二雄大全集) [ 藤子・F・不二雄 ] - 楽天ブックス
ベラボー 藤子・F・不二雄大全集 第3期 (藤子・F・不二雄大全集) [ 藤子・F・不二雄 ] - 楽天ブックス

posted by wolf_howling at 05:53 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

藤子・F・不二雄 まんがゼミナール/恐竜ゼミナール / 藤子・F・不二雄大全集 別巻|藤子・F・不二雄大全集 【第4期】|小学館

藤子・F・不二雄 恐竜ゼミナール (てんとう虫ブックス)
藤子・F・不二雄 恐竜ゼミナール (てんとう虫ブックス)

この本を藤子・F・不二雄作品と言うのはどうなんだ?

まんがゼミナール/と恐竜ゼミナールは編集者がドラえもんの中のコマを抽出してキリバリして構成しただけの内容。

しかも、まんがゼミナールについては藤子F先生の丁寧な「ですます言葉」でなくて「だ、である」調で雰囲気自体が全く違う!

藤子不二雄(F)まんがゼミナール (てんとう虫ブックス)
藤子不二雄(F)まんがゼミナール (てんとう虫ブックス)

一番有意義な末尾個所には藤子先生自身が雑誌連載で本当に描かれているであろう作品で、ココが唯一且つ一番役立つんだけど、
この貴重な資料の扱いが一番酷い!

雑誌連載のサイズとこの書籍サイズに合っていない事はまだしも、
印刷後の活字を雑にスキャンして、その荒れた状態のものをそのまま掲載してる。

漫画家所はコントラスト等をいじるとテイストが変わってしまうのは解るけど、
活字に関しては読みにくいスキャン後状態をそのまま印刷物として掲載してて、
そんなものを売るとかプロのする事ではない!


なんだったら、漫画個所をスキャンして左の1ページ内に掲載し、活字個所は読んでタイピングして書き起こし、右ページ側に普通に掲載しなおせばよいだけ!

だって書籍サイズが違う形式のものをそのままのレイアウトで掲載する必要とかねえし!

担当編集者って素人なのか?雑なことしやがって!
折角の全集が台無しだ!



藤子・F・不二雄 まんがゼミナール/恐竜ゼミナール 〔F全集〕別巻: 藤子・F・不二雄大全集別巻 (藤子・F・不二雄大全集 別巻)
藤子・F・不二雄 まんがゼミナール/恐竜ゼミナール 〔F全集〕別巻: 藤子・F・不二雄大全集別巻 (藤子・F・不二雄大全集 別巻)

posted by wolf_howling at 01:44 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月11日

「ウルトラ兄弟物語」

ウルトラ兄弟物語1 (文春デジタル漫画館)
ウルトラ兄弟物語1 (文春デジタル漫画館)

ウルトラ兄弟物語2 (文春デジタル漫画館)
ウルトラ兄弟物語2 (文春デジタル漫画館)

レッドマンというと何を思い浮かべるだろうか?
多くはカーリー星人も吃驚な「宇宙の通り魔」だろう。

HAF レッドマン ノンスケール PVC&ABS製 塗装済み 完成品 可動フィギュア
HAF レッドマン ノンスケール PVC&ABS製 塗装済み 完成品 可動フィギュア

ウルトラマン、ウルトラセブン、ファイヤーマンの企画時名称と答えるオタクもいるだろう。

『ミラーマン』『ファイヤーマン』『ジャンボーグ9』 円谷レジェンドヒーロー リターンズ【文春e-Books】
『ミラーマン』『ファイヤーマン』『ジャンボーグ9』 円谷レジェンドヒーロー リターンズ【文春e-Books】

だが、かたおか徹治のウルトラマンガに染まっていた子供時代を持つオッサンの中に、セブンの名を貰う前の呼び名論を公式設定として頑迷に譲らない面倒くさいのがいるW

>酒に酔ったウルトラマンが登場!かたおか徹治「ウルトラ兄弟物語」が電子で復刻
https://natalie.mu/comic/news/338625

ネット上ではコマだけを切り取って取り上げてネタ扱いも多い、かたおか徹治のウルトラ漫画。
絵的には宇宙戦艦ヤマトやスターウォーズ、フラッシュゴードンや宇宙空母ギャラクティカの模倣が多々で、
ストーリー的には西部劇や戦争スペクタクル映画の影響が大きいと思う。

フラッシュ・ゴードン [Blu-ray]
フラッシュ・ゴードン [Blu-ray]

宇宙空母ギャラクティカ コンプリート ブルーレイBOX [Blu-ray]
宇宙空母ギャラクティカ コンプリート ブルーレイBOX [Blu-ray]

ただやたらと特攻だの自己犠牲は「日本が戦争に負けた手法」でしかないので、盛り上がるというよりは、ウルトラ族が学習能力がない組織と指導者にしか見えなくなってしまっている。
社員を苦しめる経営同様に、味方に犠牲を強いる組織に勝利は無い。

古臭い漫画の悪役宇宙人風デザインのヴィランは子供心にもカッコ悪いというか成田亨の宇宙人に比べてしまうと明らかに劣って見えた。

成田亨画集―ウルトラ怪獣デザイン編
成田亨画集―ウルトラ怪獣デザイン編

エイリアン的なグロを取り入れようとしている様子はあるんだけど、アレはアレで特殊なデザインだからなあ。

エイリアン/ディレクターズ・カット (字幕版)
エイリアン/ディレクターズ・カット (字幕版)

しかしコロコロコミックの連載とか読んでいた段でも大コマでのウルトラ兄弟の多人数での乱戦描写や、モブで描かれる大量のウルトラ戦士とかは割と圧巻で胸躍らせたものである。

内山まもるのザウルトラマンに出てくるオリジナル宇宙人のジャッカルや、
バルタンが出てくると、やっぱり盛り上がるので、
「何がオリジナルとしての力を持つのか」の線引きを考える点で、良い参考になると言えるとも思う。

本作には内山のザマンから明らかなパクリシーンもあるし。

ザ・ウルトラマン 1 (てんとう虫コミックス)
ザ・ウルトラマン 1 (てんとう虫コミックス)

ただ、内山まもるのザウルトラマンに比べると、あまりに二次創作にしてはオリジナル要素が多すぎる。
ウルトラ超破壊全身発光とやらは「ウルトラ念力」でいいだろ!

モブシーンその他でもウルトラ「軍団」とか言っちゃってるのも、
ウルトラを根幹から理解していなくて、ウルトラマンを利用して戦争モノをやりたかっただけというのも伝わってしまう。

ウルトラマン80についても

>地球に送り込まれて来た


って書き方で、地球すら見下した物言いに作者自身がなってるのが表記に出ちゃってる。
それについて全くチェックしてない小学館の児童書編集部もどうかと思うがな。

とはいえ、ウルトラマン80を子供時代にリアルタイム視聴してた側からすると、
公式の企画がダメだったので不人気だった証拠も漫画にも残っている。

ウルトラマン80 COMPLETE DVD-BOX
ウルトラマン80 COMPLETE DVD-BOX

こないだの『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』について海外批評家どもはヒューマンドラマが少ない事を理由に評価を下げているのを見て、
「やったぜ!怪獣プロレスが観たかったんだよ!逆に期待できる!」って流れになったのと同様で、

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(オリジナル・サウンドトラック) - ベアー・マクレアリー
ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(オリジナル・サウンドトラック) - ベアー・マクレアリー

ウルトラマン80の学校ドラマとか子供心にも正直、邪魔でしかなかった!

教師ウルトラマンというのは新しいことに挑んで新規層を開拓する発想ではなく、
熱中時代だの金八だのが流行ったタイミングだったので
安易な人気風潮に寄せた後追い便乗商法が大失敗を生んだ事は明白だ。

熱中時代 DVD-BOX
熱中時代 DVD-BOX

3年B組 金八先生 第2シリーズ DVD-BOX
3年B組 金八先生 第2シリーズ DVD-BOX

またアンドロメロスについても「子供向け」を意識して失敗してる事が見ていた子供からしても明らかだった。

アンドロメロス vol.1 [DVD]
アンドロメロス vol.1 [DVD]


既に80の前にシリーズ打ち切りとなるレオ本編で
「情け容赦なく」レオとアストラの家族を殺して星を滅ぼし、セブンにも大ダメージを与えたマグマ星人が帰って来たかと思ったら、
「情けない」宇宙のストーカーになってた挙句、あっさり負けてしまうのは観ててガッカリだったが。

ULTRA-ACT マグマ星人
ULTRA-ACT マグマ星人

アンドロメロスでマグマ星人が「よーし、綱引きで勝負だ!」とか言った瞬間にチャンネル変えたわ。
子供にとってもコレジャナイ作品になってた。

コレジャナイロボ
コレジャナイロボ

大体、Qやマンやセブンの頃は子供を意識して幼稚な内容にしようとかとは遠かったと思う。
子供に寄せたタロウから救いようのない失速が始まってしまった。

例えアンパンマンを大いに楽しんでいた幼児であろうといつかは卒業するのだ。
それを公式が幼稚な番組に寄せてしまったが為に子供からも見捨てられた結果が一時期のウルトラシリーズ断絶だった。

映画 それいけ!アンパンマン だだんだんとふたごの星
映画 それいけ!アンパンマン だだんだんとふたごの星

子供には背伸びさせる位で丁度良いと俺は思う。
大人だって流行ってる事の猿真似よりも、新しいことへの挑戦が必要だ。

そして模倣ではない「二次創作」に必須なのは原典への尊敬に基づくオマージュであって、
自分が好き勝手したい内容に原作人気を利用したりもダメ。こうやって証拠も残る。

公式とか先行者優位とかは当然あるんだけど、
数が増えていくシリーズコンテンツの中でも独自性が光って心に残る作品てのは幾つかある。

クリエイタが何かの影響を受けるのは仕方ないけど、
プラスアルファ的な工夫含むにせよ、ヒットしているものの模倣よりも、
むしろ「ココが違う!」という個所に魅力を感じる差別化が必要なのは、
ネタ切ればかりでなく、意図的なヒット作パクリによる似たり寄ったりコンテンツだらけの現状についても言えることだ。

ウルトラ兄弟物語3 (文春デジタル漫画館)
ウルトラ兄弟物語3 (文春デジタル漫画館)

ウルトラ兄弟物語4 (文春デジタル漫画館)
ウルトラ兄弟物語4 (文春デジタル漫画館)

ウルトラ兄弟物語5 (文春デジタル漫画館)
ウルトラ兄弟物語5 (文春デジタル漫画館)

posted by wolf_howling at 01:31 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月04日

「わが闘争」  まんがで読破

わが闘争 ─まんがで読破─
わが闘争 ─まんがで読破─

まんがで読破シリーズなのに絵が普通のマンガレベルに上手い画力なので逆に驚いたW
マンガとしても読みやすい。誰が描いてるんだろう? 
このシリーズが酷いのは作家名を載せさせないんだよねー。

ヒラコーとか諌山を感じさせるテイストだけど、この本が出たのが2008念で、

「HELLSING」の連載終了が2008年11月。

HELLSING 全10巻 完結セット (ヤングキングコミックス)
HELLSING 全10巻 完結セット (ヤングキングコミックス)

進撃の巨人は2009年10月に連載開始だからなあ。

進撃の巨人(29) (講談社コミックス)
進撃の巨人(29) (講談社コミックス)

俺は「わが闘争」の邦訳版は読んだ事が無いので本編とマンガの比べようもないんだけど。

内容はヒトラーの生い立ちから、ミュンヘン一揆失敗で逮捕され、獄中でこれをヘスによる口述筆記で執筆させる流れまで。

プロローグとエピローグは追記されてる創作個所だが、割とあっさり。特にラストが2ぺージ位しかなくて拍子抜けした。

第二次大戦での敗戦でドイツ国内では禁書扱いとなったがヒトラーが自殺して70年経過したので2016年1月1日に著作権が切れた。
パブリックドメインとなった時には話題にもなった。

だけど、このマンガが出版されたのは先にも書いたが2008年。
そして角川文庫では1973年から売ってるそうだ。
著作権ガーと普段言ってる出版社どもが著作権侵害を大っぴらにやってる証拠がこうやって残る。
非親告罪だから訴えられなければいいってやり口は違法アップロードしたり海賊版出してる連中と同じじゃねえの?

わが闘争(上)―民族主義的世界観(角川文庫)
わが闘争(上)―民族主義的世界観(角川文庫)

posted by wolf_howling at 02:17 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

メタ・バロンの一族(上)(下)アレハンドロ・ホドロフスキー / フアン・ヒメネス

メタ・バロンの一族 上 (ShoPro Books)
メタ・バロンの一族 上 (ShoPro Books)

フアン・ヒメネスは、この表紙に使ってる絵とか「クロサワの映画を観て」とか言ってるけど、黒沢明の映画でこんな鎧武者出て来ねえよ。

黒沢明集成
黒沢明集成

これMDガイストのパクリだろ。

装鬼兵M.D.ガイスト記録全集 (ビリオンバスター・シリーズ)
装鬼兵M.D.ガイスト記録全集 (ビリオンバスター・シリーズ)

「エルトポ」のアレハンドロ・ホドロフスキー作話で、

エル・トポ(製作40周年デジタルリマスター版)(字幕版)
エル・トポ(製作40周年デジタルリマスター版)(字幕版)

メビウス作画の「アンカル」に出てくるメタ・バロンの外伝。

>L'INCAL アンカル (ShoPro Books) アレハンドロ・ホドロフスキー / メビウス
http://read.seesaa.net/article/465952410.html

アンカル
アンカル

アンカルに出てくるメタグライダーもメタ要塞も、皇帝女帝と黄金惑星、黒の衛兵やテクノ教皇。

後付け解説だけど読んでてメタバロン以外も「ああ、こういう設定にしたのか。」って解る。

時系列的にはアンカルの方が後なんだけど、読む順序はアンカルの方を先に読んでおく方が世界観がすんなり掴めると思う。



ホドロフスキーは「アトレイデス」という古代ギリシャ演劇を観て、現代風にしてやると書いて歩けど「その劇って実存するのかね?」

>父称
https://kotobank.jp/word/%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A6%E3%82%B9-26289
>『イリアス』でアガメムノンとメネラオスが,ともに父親の名アトレウスから,アトレイデス (アトレウスの子) と呼ばれている

ので『イリアス』だってのなら解る。

イリアス〈上〉 (岩波文庫)
イリアス〈上〉 (岩波文庫)

アトレイデスはホドロフスキーが映画ポシャらせたデューンにアトレイデス家って出てくるから、そっちの印象での勘違いじゃねえの?

【Amazon.co.jp限定】ホドロフスキーのDUNE / リアリティのダンス 初回生産限定版 Blu-ray BOX(ポストカード付)
【Amazon.co.jp限定】ホドロフスキーのDUNE / リアリティのダンス 初回生産限定版 Blu-ray BOX(ポストカード付)

デューン (字幕版)
デューン (字幕版)

それと、フロイトの子供達とやらの精神分析医が怒り狂うだのも序文で書いてるけど、
精神分析医って倫理や道徳の守護者でもなんでもねえよ無知無学。
むしろ、上辺だけでそういうことを言ってる連中の化けの皮を引っぺがす学問だろうに。

精神分析学入門 (中公文庫プレミアム)
精神分析学入門 (中公文庫プレミアム)

「サイコパスキャラ達の下品なバンドデシネだね」って、そのままを普通に分析してくれると思う。

とまあ、口の悪い前書きには暴言+知識マウントでカウンターを入れてみもするけど、

下地になってる、ギリシャ悲劇や騎士物語の寄せ集め感もあるけど、それをSFに置き換えているにせよ

密度が濃いとは言えると思う。

アンカルの時もだが、どんどん敵や事件のスケールアップがインフレしていくんだけども、6話目の後半なんて、今のgdgdやってる週刊連載マンガだったら1コマ分で1週間用として使う位に大法螺アイディアは豊富満載。

とはいえスケールのデカいバトルを描くと言っても、1コマ目で説明、2コマ目で決着みたいなやり方がバンドデシネだからか多い。

それとホドロフスキーの法螺も全8話にせよ、やはり4世代は多すぎたんじゃねえのかなーとか。

後半はブシタカやカスタカの掟にせよ「どうせまた」って繰り返しパターンになっちゃうし、
トントとロタールの掛け合いも「あー、これ実はこうなんだろうなー」って思ったらラスト絡みは完全に当たってた。
俺って色々知ってるのと感が良いので、これ位だと超展開とは言えないのよな。

トントって言えばメビウスの絵でのデザインを観た時から思ったけど「宇宙からのメッセージ・銀河大戦」に出てくるトントから名前から形状からパクリすぎだよね(苦笑

宇宙からのメッセージ 銀河大戦 VOL.3<完> [DVD]
宇宙からのメッセージ 銀河大戦 VOL.3<完> [DVD]

で、フアン・ヒメネスはメビウスが描いたパートを何ページか作画しなおしてるんだけど絵のタッチがなあ…。

比較する程にメビウスは「絵」としての書き込みと省略のバランスが絶妙なんだと改めて感心させられる。

メビウス / アルザック・ラプソディ [DVD]
メビウス / アルザック・ラプソディ [DVD]

ホドロフスキーがメビウスは仕事が早くて、フアン・ヒメネスはゆっくりと作業するって書いてるのも、まあそうだろうねと思う位には凄く描きこんでるのも解るけど、写真の模写やギーガー諸々の寄せ集めって印象しか受けないんだよな。

DARK STAR H・R・ギーガーの世界【初回限定特別版】 [Blu-ray]
DARK STAR H・R・ギーガーの世界【初回限定特別版】 [Blu-ray]

しかも、ゴチャゴチャ描きこんでる事が汚らしく見えちゃう。
シンプルなメビウスの線画が美しいのに対して気の毒な位に対照的…。

下巻冒頭の5話目でメビウスがシンプルなフォルムラインで美しくデザインしていたメタグライダーにゴテゴテと余計かつ無意味なトゲだかヒレだかみたいなのをつけて汚したのには怒りすら覚えた。

写実的な人物画の顔も目を見開いて叫んでるような表情ばっかり。しかもそういう場面ならまだしも、穏やかな台詞内容を言っている女性の顔が怯え狂って絶叫しているみたいな絵に描かれてると「読解力が無いというか、人の表情の描き分けできないのかな?」とまで思う。

エログロ&バイオレンスがやりたいのかもしれないけど、
「綺麗さ」「生物らしさを理解した上での違和感」「バトル描写」の何れも無くて、ただただ汚らしいだけでは魅力がない。

加えて言わせて貰えば、

小学館集英社プロダクションや、装丁引き受けたデザイン会社にせよ、

下巻の以下にあるみたいな表紙にして売れる?
というか、手に取って中身を見ようと思うか?


しかもこの人物、メタバロン一族と何にも関係ないし!美観とビジネス感覚を疑う。

メタ・バロンの一族 下 (ShoPro Books)
メタ・バロンの一族 下 (ShoPro Books)

posted by wolf_howling at 04:50 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

『猫の目』メビウス/アレハンドロ・ホドロフスキー

猫の目
猫の目

アレハンドロ・ホドロフスキーが序文で書いているように、メビウスが元々「これじゃ5ぺージで済んでしまう」というのを25ページに水増しする為に「芸術的技法」としたって感じ。

しかも左側ページはほぼ同じで其方に短文がかいてあるだけだから眺める分には数分しかかからない。

アート的かもしれないけど、これで課金はなー、と思う内容だが、

それもそのはずで、本来は定期購読者用の非売品付録な上に、レ・ユマノイド・ アソシエは作者二人に原稿料も著作権も認めないという酷い契約で、仕事でもなんでもない制作作業だったからだ。

アンカルの連載と交換条件的に引き受けたらしいが酷いもんだよなあ。
まあ海賊版が出たので、こうやって売るようになったらしい。

アンカル T1 : アンカル
アンカル T1 : アンカル

俺的にはアレハンドロ・ホドロフスキーがカンヌに「デューン」の始動発表した時に、

ホドロフスキーのDUNE [Blu-ray]
ホドロフスキーのDUNE [Blu-ray]

コーヒースタンドでバンドデシネを物色した際に
メビウスの作品と、ジャン・ジローのブルーベリーを見て「両方の作家に制作協力を仰ぎたい!」とおもったそうで、

でも、バンドデシネを御存知の皆さんには常識なんだけど、メビウスとジャン・ジローは同一人物W

ブルーベリー [黄金の銃弾と亡霊]
ブルーベリー [黄金の銃弾と亡霊]

仕事を抱えてたメビウスは断ろうとするんだけど、ホドロフスキーが「じゃあフィリップ・ドリュイエに依頼する」って言ったら、メビウスと衝突を繰り返してたライバルなので引き受けたというのも面白い。

ローン・スローン (ShoPro Books)
ローン・スローン (ShoPro Books)

でもデューンは制作に至らず。

建造物デザインのH・R・ギーガーはエイリアンのクリーチャーデザイン業務へ。

エイリアン/ディレクターズ・カット (字幕版)
エイリアン/ディレクターズ・カット (字幕版)

ホドロフスキー曰く特殊効果担当ダン・オバノンは精神科にかかることになってしまったそうだ。
でも、彼もエイリアンの原案脚本の仕事へってなってるからなー。

リドリー・スコットが一言文章を載せてるのも何とも皮肉。
なんか本編より序文の裏事情の方がドラマチックで面白い。

ブレードランナー ファイナル・カット(字幕版)
ブレードランナー ファイナル・カット(字幕版)

posted by wolf_howling at 18:23 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

L'INCAL アンカル (ShoPro Books) アレハンドロ・ホドロフスキー / メビウス

L'INCAL アンカル (ShoPro Books)
L'INCAL アンカル (ShoPro Books)

アレハンドロ・ホドロフスキーって『エル・トポ』や

エル・トポ HDリマスター版 [Blu-ray]
エル・トポ HDリマスター版 [Blu-ray]

『デューン』の監督やろうとして失敗した人じゃん!

ホドロフスキーのDUNE/リアリティのダンス 初回生産限定版 Blu-ray BOX
ホドロフスキーのDUNE/リアリティのダンス 初回生産限定版 Blu-ray BOX

主人公の辿る数奇な運命とバトルの連続、そしてSFスケールの大きさも成程といえる。

その物語の作画をバンド・デシネのメビウスが作画してるんだから、確かに納得の結構な作品だと思った。

読みながらメビウスってとんがり帽子とテラノドンがホント好きだよなと。アルザックとかどうしても想起する。

メビウス/アルザック・ラプソディ [DVD]
メビウス/アルザック・ラプソディ [DVD]

俺が読んだのは2010年版で、何故、このコマを表紙に選んで装丁してんのかなー?って思ったが、ラストまで読んで「成程ね」とは少し思った。

まあインフレ気味に事件のスケールアップが進むと、終わらせ方としてはこうせざるをえないよねえ。
読みながらどうすんだろう?って思ってたけども。

この版には前日譚「ソリューンの誕生」が収録されているが、執筆された順番的には後でも、物語の時系列で差し込んでもらいたかった気も…。

この本の欠点としては大型書籍の部類なのにフキダシの中の文字の級数がもっと上で良いと思う。読みづらくて仕方ない。DTPデザイナーや編集者がヘボ。

メビウス略歴や主要作品リストに加えて、谷口ジローと藤原カムイの特別対談なども収録されている。

藤原カムイが神保町「すずらん通りのはずれ」にある洋書店を谷口ジローが源喜堂って言ってるけど、

源喜堂は小川町だから全然場所が違うと思う。

>源喜堂書店について
http://www.genkido.jp/about.html

「すずらん通りのはずれ」で嘗て書泉ブックマートがあった駿河台を更に小川町側に行くところにある「崇文荘書店」の方だろうと思う。

>崇文荘書店 店舗案内
http://www.subun-so.com/04.annai.html

谷口ジローは

>「孤独のグルメ」とか、ああいうものがが海外でうけるとは思わなかった


って自身で言ってるけど、確かになあと。

孤独のグルメ 【新装版】
孤独のグルメ 【新装版】

そもそも「孤独のグルメ」はドラマだので話題になる前に、SPA!で連載したあと、単行本は全1巻で3刷で絶版になる位に不人気だった。

孤独のグルメ Season7 DVD-BOX
孤独のグルメ Season7 DVD-BOX

ブレイクした切欠は文庫版が出た後に、ふたばちゃんねるでコラとして弄られて井之頭五郎の認知がネット上でミーム的に広がって、
それすらお結構経過した2012年にドラマ化って流れだからな。

海外人気って言っても韓国や台湾とかだし。

当初に万カツサンドやアームロックで喜んでたのは20世紀の頃、まだ電気街だったアキバに行ってたオタク位じゃねえの?

「孤独のグルメ」の打ち切りが1996年で、

1997年にメビウス原作で、谷口ジロー作画の「イカル」ってのがあったけど、1部だけで打ち切り。

イカル
イカル

藤原カムイは「LOVE SYNC DREAM」を描いてた頃か。

LOVE SYNC DREAM(ラブシンクドリーム) 1 (リュウコミックス)
LOVE SYNC DREAM(ラブシンクドリーム) 1 (リュウコミックス)


2015版「アンカル」は解説集『アンカルの謎』を併録してるのか。ふむ。

アンカル
アンカル

posted by wolf_howling at 15:44 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

ドビンソン漂流記 (藤子・F・不二雄大全集)

ドビンソン漂流記 (藤子・F・不二雄大全集)
ドビンソン漂流記 (藤子・F・不二雄大全集)

藤子・F・不二雄作品は好きな私だが、正直に言えばあんまり面白くなかった。

マレビト系作品だし、1971年から1972年までの作品なので既に絵柄は1969年初期ドラえもんよりも安定している。

内容はドラえもんの「テレビ局をはじめたよ」回と被ってるネタなどもある。

テレビ局をはじめたよ
テレビ局をはじめたよ

多分にオバQの大ヒット後にパーマンはヒットしたものの、

オバケのQ太郎 1 (てんとう虫コミックス)
オバケのQ太郎 1 (てんとう虫コミックス)

パーマン (1) (てんとう虫コミックス)
パーマン (1) (てんとう虫コミックス)

その後のスランプ期とされる作品群の一つで、
1968年から1969年の21エモンや、その設定を継承して最後まで描きたかったモジャ公は、作者自ら「楽しんで描いた」というものの、双方アニメ化しているけど、子供達の評価は…という形で、モジャ公においては打ち切り作品でもある。

21エモン (1) (てんとう虫コミックス)
21エモン (1) (てんとう虫コミックス)

藤子・F・不二雄大全集 モジャ公
藤子・F・不二雄大全集 モジャ公

21エモンが未来の日常&宇宙人との異文化交流というネタがウケなかったので
1968年から1970年までのウメ星デンカはマレビト型+宇宙人の異文化+「ひみつ道具」というスタイルだった。

ウメ星デンカ (1) (てんとう虫コミックス)
ウメ星デンカ (1) (てんとう虫コミックス)

ドラえもん最新ひみつ道具大事典 (ビッグ・コロタン)
ドラえもん最新ひみつ道具大事典 (ビッグ・コロタン)

ドビンソン漂流記もマレビト型+宇宙人の異文化+「ひみつ道具」なのだが、
ウメ星デンカも図々しい居候だけど、ドビンソンの方が偉そうで高圧的な態度が多い。地球人や地球にあるものや技術を見下しているし。

多分に1965年からの藤子不二雄Aのヒット作である怪物くんの怪物太郎っぽいものを狙おうとして失敗している気がする。

TVアニメ 怪物くん DVD-BOX 上巻
TVアニメ 怪物くん DVD-BOX 上巻

怪物太郎は人間界では世間知らずでワガママぼっちゃんでもあるけど、割と正義感は強いし物事の筋道は通す子だ。

だけどドビンソンは上から目線で、スラップスティックギャグの対象になるのは何の罪もない周囲にいる地球人というの回も多い。
(不良や嘘吐きを結果的に懲らしめる事になる回もあるが、スッキリするラストではない。)

名前の元ネタであるロビンソン・クルーソーも捕虜をフライデーだの勝手に名付けてるけど、普通は人の名前を聴くべきだろう。
結局、当時のイギリスどもは白人が主人で黒人が奴隷という設定に何の疑問も抱かない差別主義者しか存在しなかった証拠になってる。

完訳ロビンソン・クルーソー (中公文庫)
完訳ロビンソン・クルーソー (中公文庫)

ウメ星デンカは故郷ウメ星が爆発したため地球に避難してきた立場に対して、
ドビンソンは故郷に帰りたい立場ではあるものの、彼に同情の余地が無い。

またドビンソンを受け入れる地球人家庭のマサルも、のび太や、怪物くんのヒロシみたいキャラがあまりたたず、平凡な男の子とするにしても、なら、何故ドビンソンなんかと暮らしているのか?という理由付けがあまりに中途半端。
唯一あるとすれば、金もうけの提案をドビンソンにする回が多い印象。

つまり金もうけをしようとして失敗を繰り返すとか、ただドビンソンに周囲の人が酷い目にあってオシマイというよりも、
結果はドタバタの失敗談になろうとも「のび太を助けるドラえもん」構図での導入が如何に優れているかが際立つ。

児童雑誌『こどもの光』のドビンソン漂流記は連載終了後、およそ1年ぶりの1974年から連載されたのがキテレツ大百科だ。

キテレツ大百科はアニメはヒットしたが、原作は全3巻40話で、最終回も奇天烈大百科が燃やされちゃって、キテレツ斎の発明を再現することが出来なくなってオシマイという酷い終わり方だった。

結果論でなはあるが、
オバQの頃はマレビトのドタバタギャグが人気だったのだろうけれども、
そういうのや宇宙ものよりも「ひみつ道具」ものにアレンジしたアニメ版キテレツが大ヒットした事からしても求められているのは其方なのだろうなと。

まあ地球に来た「オヨ〜」が口癖の常識ギャップからポンコツに見えるキャラである羽衣ララはセンターピンクの主人公よりも人気あるからな。

PixivのPV数は
羽衣ララ  閲覧数 145223
https://dic.pixiv.net/a/%E7%BE%BD%E8%A1%A3%E3%83%A9%E3%83%A9

星奈ひかる 閲覧数 79302
https://dic.pixiv.net/a/%E6%98%9F%E5%A5%88%E3%81%B2%E3%81%8B%E3%82%8B

つまりは「キャラ」と見せ方だよね。

スター☆トゥインクルプリキュア キュアミルキー iPhone7/8兼用ケース
スター☆トゥインクルプリキュア キュアミルキー iPhone7/8兼用ケース

スタートゥインクルプリキュア キューティーフィギュア Special Set (1セット) 食玩・ガム (スタートゥインクルプリキュア)
スタートゥインクルプリキュア キューティーフィギュア Special Set (1セット) 食玩・ガム (スタートゥインクルプリキュア)

posted by wolf_howling at 19:48 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

ドラえもん (44) (てんとう虫コミックス)

ドラえもん (44) (てんとう虫コミックス)
ドラえもん (44) (てんとう虫コミックス)

ドラえもんのてんとう虫コミックスは全45巻で、コレは最終巻の1本前である。

ドラえもん (45) (てんとう虫コミックス)
ドラえもん (45) (てんとう虫コミックス)

連載当時は子供心にも卒業していた感があったので、てんコミを買い集めるのをストップしていたが、
ふと読む機会に恵まれ、逆に最終巻の寸前はどうだったのだろう?と。

内容を確認するに私が購入していたコロコロコミックで読んだ話の回と、主に小学館の学習雑誌の4年生からピックアップされた作品が収録されていて、ほぼ「これ知ってる。」状態でややガッカリした感。

書誌情報的には

44巻 1993年5月25日初版発行(1993年4月27日発売)
45巻 1996年5月25日初版発行(1996年4月26日発売)

でインターバルがそれなりに長い様子。

それまでの発刊ペースを見るに、連載を一旦止めようと編集が判断していて纏めて出していた状態に近い最初期の6巻までは月次ペースというはやさで

1巻 1974年8月1日初版発行(1974年7月31日発売)
2巻 1974年9月1日初版発行(1974年8月26日発売)
3巻 1974年10月1日初版発行(1974年9月30日発売)
4巻 1974年11月1日初版発行(1974年10月31日発売)
5巻 1974年12月1日初版発行(1974年11月28日発売)
6巻 1975年1月1日初版発行(1974年12月25日発売)
7巻 1975年5月25日初版発行(1975年5月2日発売)

以降も年3冊というハイペースだった。

打ち切り予定だったので6巻末には最終回的な「さようなら、ドラえもん」が収録されている。
6巻の主要キャラ勢ぞろいの表紙も、そういえばカーテンコールっぽい。

ドラえもん (6) (てんとう虫コミックス)
ドラえもん (6) (てんとう虫コミックス)

ページ数が2ページもの作品などの少ないものもあるものの、『よいこ』、『幼稚園』 、小学館の学習雑誌の『1年生」から『6年生』まで全て、『てれびくん』、『月刊コロコロコミック』という現代のデジタル化された漫画家でも考えられないような大量の並行連載をこなしていた作品がドラえもんである。

これだけの作品アイディアを出せる藤子Fの才能を再確認するわけだが、当然にハードワークだった事を想像するのも易い。

初期の45巻には「46巻に続く」と書かれており、藤子・F・不二雄 が如何に急逝されたかのようでもあるが、
1986年に胃癌が、1992年には肝臓癌が見つかっており、

37巻 1986年8月25日初版発行(1986年7月28日発売)
38巻 1987年1月25日初版発行(1986年12月16日発売)
39巻 1989年1月25日初版発行(1988年12月16日発売)
40巻 1990年1月25日初版発行(1989年12月18日発売)
41巻 1990年8月25日初版発行(1990年7月28日発売)
42巻 1991年1月25日初版発行(1990年12月18日発売)
43巻 1992年1月25日初版発行(1991年12月14日発売)

と、それまでの年3冊ペースからほぼ年1冊に近いペースにまで発刊が落ちている。

藤子F氏は1996年に机で鉛筆を持ったまま亡くなられたわけだが、大量の作品制作と闘病の中で亡くなられた事がデータ的にも判ると思う。

しかし、掲載されている内容は古い作品も収録されていたので、編集方針はよくわからんな?というのが最終巻の1つ前を読んでシミジミ思った。

未収録作品を後から纏めて『ドラえもん プラス』として出したり、

ドラえもん プラス (1) (てんとう虫コミックス)
ドラえもん プラス (1) (てんとう虫コミックス)

編集者と称しながらページ数の都合を合わせる位しか気にしていなかったんじゃねえの?としか見えんわな。

てんとう虫コミックス ドラえもん 全45巻セット
てんとう虫コミックス ドラえもん 全45巻セット

posted by wolf_howling at 14:01 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

蛸の八ちゃん 田河水泡

国立国会図書館デジタルコレクションで見つけた。

>蛸の八ちゃん - 国立国会図書館デジタルコレクション
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1168970

のらくろ作中にゲストで出たりしているのでキャラは知っていたけど、どんなマンガなのかは読んだ事がなかった。

のらくろ決死隊長 (のらくろカラー文庫)
のらくろ決死隊長 (のらくろカラー文庫)

長生きして知能が高くなった大きなタコが人間の模倣をしつつ社会を学ぶんだけど、色々と失敗もする話。

田河水泡は落語家だった時期もあるせいでか粗忽話のギャグが続く。

滑稽の研究 (講談社学術文庫)
滑稽の研究 (講談社学術文庫)

今となっては大爆笑というものでもないし単調なコマ割りだが、
その分、子供にも解りやすいと思うし、七面倒な理屈も考えずに素直に「マンガ」としてすんなり読める。

田河水泡はデザイナーだった経歴もあるだけに、モブシーンっぽい見開きとかの子だこが色々とごちゃごちゃやってる絵が楽しい。

蛸の八ちゃん (のらくろカラー文庫 (別巻1))
蛸の八ちゃん (のらくろカラー文庫 (別巻1))

posted by wolf_howling at 02:27 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の記事