2014年09月02日

INOKI GENOME FIGHT2

PRIDE 男道 ミルコ・クロコップ編 [レンタル落ち]
PRIDE 男道 ミルコ・クロコップ編 [レンタル落ち]

石井慧が初防衛戦てのはどうでもいいんだけど、相手がミルコ・クロコップって事で見た。
K-1だのと違って掴んでいいからミルコの蹴りを受け止めてすっころばしたまでは良かったけど、グランドではミルコが逆マウント。寝ているミルコ側が石井の右手を上手く絡めて殺してたせいで石井のパウンドもたいしてダメージ入らず。
そして石井が頭を不用意に近づけたので肘アリルールなので額にミルコが肘を入れてカット。

ドクターストップ+判定で石井は初防衛戦でチャンピオンじゃなくなり、新チャンピオンはミルコ。

ミルコのグラウンドを見れたのは良かったけど、試合としても盛り上がらない事このうえない。
再戦でまた客を入れようというブックじゃねえのかなあと。

番組で一番不快だったのが小川直也の解説モドキ。
石井の贔屓しまくりで入ってもないパウンドを「効いてる」だのウソまで言って褒めるとかウザすぎ。
音消してみたわ。

北朝鮮でスポーツ交流もなにも「見世物」だろうがって映像もエンディングで流してた。
グローブをしたまんまのバンナに藤田和之がコブラツイストとかって絵は失笑モノだし、
ボブ・サップのプロレスとかメンツ含めてほんとショボイ内容。

格闘技ブームは去ってるにせよ、その大きな一因が理由も説明せずにPRIDEを打ち切ったフジテレビ自身であるのに、まだこんなかったるい内容の番組を深夜に流してるスタンスで迷走しまくってるのがよく解る。
まあ勝手に北朝鮮に渡航とかしちまうレベルのあんなのを国会議員にしちまうような連中がいるし、そういう筋での色々なしがらみとしか思えない。

まあプロレスにしたって木谷のステマもひとしきりだし

>買収後売り上げが激増 プロレス人気再燃を新日オーナー語る
http://www.news-postseven.com/archives/20140102_234363.html

流行らせるために“流行ってる感”を出したんですよ


本当に好きな人間は流行ってなかろうが、他人がどう思おうが殴り合う人間を見るだけだ。

よりぬき!浦安鉄筋家族 3 垣&鬼母編 (少年チャンピオン・コミックス)
よりぬき!浦安鉄筋家族 3 垣&鬼母編 (少年チャンピオン・コミックス)

posted by wolf_howling at 04:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

大晦日 格闘技をニコ生で観る(※但しタイムシフトに限る)

Dynamite!! 〜勇気のチカラ 2009〜 [DVD] / 魔裟斗, 石井慧, 吉田秀彦, 山本“KID”徳郁, 桜井“マッハ”速人 (出演)

>ネット独占!! 完全生中継!​! FieLDS prese​nts FIGHT FOR ​JAPAN『元気ですか!! ​大晦日!! 2011』

大晦日、12月31日(土)にさいたまスーパーアリーナで行われる
FieLDS presents FIGHT FOR JAPAN 『元気ですか!! 大晦日!! 2011』の模様をネット独占!全試合完全生中継します!!

・第1部:無料
・第2部:無料
・第3部:有料(ネットチケット2,000PT)


半月前にタイムシフト視聴を予約しておいた。
そして当然、劣悪な画質とクソ重くてイライラするインフラで課金コンテンツを視聴するつもりも更々無く。

というか、そうなるとヒョードル VS 石井とかは観れないのだが、格闘技映像に飢えてたので全然過去分のでもOK。

そして

・長島☆自演乙☆雄一郎、桜庭 和志らが出場!元気ですか!!放送記念!
 『Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜』


・青木 真也、所 英男らが出場!元気ですか!!放送記念!
 『DREAM JAPAN GP -2011バンタム級日本トーナメント 5.29』


・高谷 裕之、所 英男らが出場!元気ですか!!放送記念!
 『DREAM JAPAN GP 2011 バンタム級トーナメント決勝戦』


・青木 真也、川尻 達也らが出場!元気ですか!!放送記念!
『DREAM.17 9.24』

の4本を観たのだが、これ正味でだと7時間+5時間+4時間+5時間とか凄い長時間になるのだが、
年末特番といいながら数ヶ月前の収録VTRを1日の3分の1近く流してたり、その告知番組に1日の6分の1を使うとか手抜きにも程があるって状態のクソみたいなテレビより全然いい。

何故かと言うと先にも述べたようにタイムシフト視聴予約をしておいたので、

・ニコ生なのに自分の好き勝手な時間に観れる。
・生配信じゃないので巻き戻しもスキップも自在=16時間付き合う必要なし。
・視聴ボタンを押すとダイアログには「※視聴は一度のみです」とか出るのだが期限の間は何度でも観れた。
 (最後まで見ていなかったから?その辺の仕様は知らないのだが)

という事で、かったるいインタビュー、入場、PVだのは全部すっ飛ばして自分用のダイジェスト状態で観れるし、
おまけにそれぞれの試合結果は出てるので、その結果を見て判定のはほぼ飛ばして、技で決まったのかTKOを集中してみる事が出来た。


・長島☆自演乙☆雄一郎、桜庭 和志らが出場!元気ですか!!放送記念!
『Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜』
http://www.dreamofficial.com/free/fightcard/?id=20101231

宮田和幸が宇野薫をタックルから回り込んでバックドロップというのを3発も繰り出してるのが良くて、これは判定だったけど通して見た。

宮田和幸 テイクダウンマスター [DVD] / 宮田和幸 (出演)

宇野薫 THE CONTENDERS BEST


確かに総合格闘技は決まり手に到る間の駆け引きも見所なんだけど、gdgdの後の判定とかみたいな状態も結構あるのでダイジェスト状態で面白い所だけみれるのは快適。

所英男の試合は決定打に欠けて長引いてたのを思い出してラストだけ観た。

所英男 [DVD] / 所英男, 小谷直之, レミギウス・モリカビュチス, ダリウス・スクリアウディス, エリカス・ペトライティス, アンタナス・ジャズビタス, 勝村周一郎, 大石真丈, TAISHO, 今成正和, 矢野卓見, 松本秀彦, 中原太陽 (出演・声の出演)

で、この年に一番スカッとした試合が
長島☆自演乙☆雄一郎 VS 青木真也

【送料無料】 自伝乙 スコラムック / 長島☆自演乙☆雄一郎 【ムック】

相手選手の腕をへし折って不遜な態度をした青木が異種格闘戦で1ラウンド目は自分の不利な立ち技ということで、クリンチだのわざと倒れるだのでコソコソ逃げ回ってたのに対して、
2ラウンド目始まって30秒程度で長島の膝が青木の頭にクリーンヒット!青木が失神KOという痛快な試合。何度観ても良い。

んだけど、これを見て思ったのは
「アナウンサーとか解説とかイラネ」って事。
宮田と宇野の試合には余計な音声がついてなくて非常に視聴が快適だったのだが、
長島の試合でアナウンサーが会場のブーイングに
「声援というより、なんか違う感じの声がしますね」とか素人丸出しのコメント。
それに対して長島も「あの時は嫌われていたんですよ」みたいな腕折り事件に触れてないから何の説明にもなってない返しという状態。
これ全く事前知識が無い方には何の解説にもなってねえし、
事情知ってる側からすれば、黙ってろトーク素人ってザマ。

コメントオフに加えて、音もミュートにして観たわ。


・青木 真也、所 英男らが出場!元気ですか!!放送記念!
『DREAM JAPAN GP -2011バンタム級日本トーナメント 5.29』
http://www.dreamofficial.com/free/fightcard/?id=20110529

これは宇野薫の3年ぶりの勝利試合が入ってて、お子さん達二人との勝利記念写真撮影が嬉しそうなパパ状態が印象的だった。

後は主にTKOの凄まじい状態を堪能。


・高谷 裕之、所 英男らが出場!元気ですか!!放送記念!
『DREAM JAPAN GP 2011 バンタム級トーナメント決勝戦』
http://www.dreamofficial.com/free/fightcard/?id=20110716

これはKOとTKOを軸に観た。確かに総合は危険なせめぎあいだし、上級者同士になれば決着がつきづらいのも解るけど、テクニカルな面は面白くてもどうしても試合としては地味になりがちだからなあ・・・

放送の方で言えば、井岡が1ラウンド1分34秒でKOをみせちゃうというのには観る側としては「アッ!」という感じで爽快なのだが、放送してる連中からすると放送時間がスカスカに空いてしまって、入場だ国家斉唱まで再放送・・・
(しかも何処の誰が何のコネで連れてきやがったんだか下手糞な女の自称歌手。声は出てねえ、音は外れる、あんな放送事故レベルを2回も流すとかねえわ!)

一方で10ラウンド以上も続く打ち合いとか、やってる側が大変なのは解るけど、
観てる側は忙しい今日日に時間は貴重で、楽しい娯楽もなんぼでもある世の中だと流石に付き合ってらんなくなる。

しかもコンテンツとして別にリアルタイムで視聴する価値とか意味とか別にねえよ。
勝敗結果を知るのに一刻を争うとか別にねーし。


・青木 真也、川尻 達也らが出場!元気ですか!!放送記念!
 『DREAM.17 9.24』
http://kakutoh.com/pc/results/shosai.php?id=6881


これは割と試合だけは見る価値あったかもなーと思いつつも、所英男だのの判定はパス。

桜庭和志も「犬神家の一族」パロとかはスキップしたが、したら、すぐ負けてやんの。

ぼく…。 [単行本] / 桜庭 和志 (著); 東邦出版 (刊)

犬神家の一族 デジタル・リマスター版 [DVD] / 石坂浩二, 高峰三枝子, あおい輝彦, 島田楊子, 三国連太郎 (出演); 市川崑 (監督)

宇野薫もハイキックもらってKOだし。

ヨアキム・ハンセンも桜庭も肩固めで負けとか…

時代も流れてるけど、若手のスタープレーヤーで圧倒的なのとかが出てこないと、マスメディアは数が取れないとかで放送もしない状態になるんだろうなー。

青木は今回、勝ってるけど、品位や華がないとスターにはなれないし。

青木真也 跳関十段3 [DVD] / 青木真也 (出演)

ニコニコ生放送ポケットガイド

posted by wolf_howling at 05:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

K-1 Dynamite 第10回記念祭

自伝乙 (スコラムック)
自伝乙 (スコラムック)


☆自演乙☆ソング
☆自演乙☆ソング



【送料無料】長島☆自演乙☆雄一郎!応援Tシャツ【楽ギフ_包装】

アリスター・オーフレイム、圧倒的な1ラウンド14秒KO。
相手が膝を腹に貰うのを嫌って右手でガードした後に
アリスターが右左の1、2。膝から腹を庇った右手がダメージのせいでガードとして今度は上がらず、綺麗にチンにパンチが入ってダウン。
でも綺麗な倒し方だったからKOなのに相手選手も勝ち名乗りの時には立ち上がれて話してた


kamipro 153 【表紙】 アリスター・オーフレイム 「世界の格闘技はUFCのためにあるのか」 (エンターブレインムック) (単行本・ムック) / エンターブレイン


【送料無料選択可!】自伝乙 (スコラムック) (単行本・ムック) / 長島自演乙雄一郎

長島☆自演乙☆雄一郎。ネタキャラ扱いされてるけど、実際に強いんだよね!

青木真也を長島☆自演乙☆雄一郎が「絶対に友達になれないタイプ」って言ってたのが良かった。


【DVD】青木真也 跳関十段

そりゃあスポーツと喧嘩の区別がつかないで、廣田瑞人の腕へし折って大喜びしたり、


Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜 第16試合 青木 真也 vs 廣田 瑞人

今日も自分が不利な立ち技ラウンドはドロップキックとかでちゃらけながら逃げ回るとかマンガなら典型的な三下ヤラレ役キャラまんまだ

バダ・ハリが顔踏みつけで反則負けした次の試合でアリスターにKO食らったの見た時同様に、
青木真也のタックルに自演乙の膝が綺麗に頭に決まって、ダウンの後に鉄槌パウンド連打で完全に青木の意識が飛んでのびてたの観た時にはホントにスッキリした。


Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜 バダ・ハリ vs アリスター・オーフレイム

パンチドランカーになるくらい脳にダメージ受けてるとイイネ

青木真也の「空気の読まなさが好きだ」とか言ってたのって須藤元気?
ざまあ!(WWW

魔裟斗が興奮して「しょっぱい逃げ方してんじゃねえ!K-1なめんな!」って言ったのもいいね!


 この商品は送料無料です。 魔裟斗/Legend of 魔裟斗 DVD-BOX




【送料無料選択可!】所英男 The Golden Boy / 格闘技

所英男と渡辺一久、綺麗な戦い方と折れない心。すばらしい攻防

渡辺一久!パワーと柔軟性で所の決め技を悉く返してる

渡辺一久すごい!後頭部での頭突きやろうとしたり、腕を極められかけたら、相手を持ち上げるってのは何度もみた事あるけど、スイングしてリングの外側へ投げ出そうとしたのは初めてみた。

その結果、掴んでた所のオープンフィンガーグラブのテーピングバンテージでの封印が切れるとか、そんなの格闘技30年以上みてるけど見た事無い


【ISAMI】MIXオープンフィンガーグローブ(1組)


プロアバンセ (proavance) エラスチックバンテージ(伸縮包帯) 76mm巾(10個入) 103 [分類:伸縮包帯]


最後は捉まってタップしてたけど、渡辺一久のテクニックとパワーとスピード、
何より諦めないで切り返すのをあれだけ繰り返せる「闘争心と折れない心」が素晴らしいと思った。良い試合だった。



京太郎。ハングリーさを忘れない為か、家賃3万円のアパートに住んでいるそうだ。

でも、部屋にはドラゴンボールのフィギュアが(W

刃牙の単行本もみえたな


【送料無料】ドラゴンボールZ リアルアクションヒーローズ 孫悟空 メディコムトイ社/Dragon Ball Z Real Action Heroes Son Goku【YDKG-u】【smtb-u】


【新刊全巻セット】【クリアカバー付き】【送料無料】【あす楽対応】【新刊】グラップラー刃牙-バキ-(完全版) 全巻セット1〜24巻完結/板垣恵介(1〜24巻)完結/板垣恵介(全巻セット)


あー!ゲガール・ムサシのフックが綺麗に京太郎のあごをとらえてダウン!

京太郎。うたれづよいけど、ほぼロープダウンTKO状態に近かった。ああいう選手にとって危険なレフェリングするのもK-1の特徴だよな。派手なKOを意図的にさせるために、ボコられてる選手をTKOとかで止めないで倒れるまでやらせるし

レフェリー角田か。どうりで。「次、あぶなかったら止めるよ」ってセコンドに言うとか、審判として中立じゃねえじゃねえか。さすがK-1


Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜 武蔵 vs ゲガール・ムサシ


元野球選手と外人タレントの弟・・・一気にかったるい試合に・・・

石井慧 VS ジェロム・レ・バンナ。

なんか異種格闘が違う意味でかみ合ってなかった感じだな。
慣れない寝技でバテバテのバンナと、決め技に欠ける石井
石井の判定勝ちにせよ、まーそりゃー寝技関節アリじゃアタリマエだろって感じでパッとしない試合。

泉浩 VS ミノワマン とか徐々にどーでもよくなって

アレ?桜庭和志は?って思ったら、最後のダイジェストで

「耳、とれちゃいました。すいません」とかってドクターストップ・・・


桜庭和志プロデュース SAKU★サウナスーツ【smtb-s】

亀田3兄弟とかもイラネエし。

なんかツカミが割と面白かったのに、グングン失速してった感じ。

猪木寛至は「元気があれば、紅白も目じゃない」とか言ってたけど、視聴率、惨敗だろうな。

もしかしたら来年、無いんじゃないの?とも思ったが、パチンコ屋がスポンサーでついてる限りは続くか? まーTBSが続けたいか如何かとか、フジみたいに大晦日にぶつけないって判断するとかは別だろうけど。

にしてもその流してるCMのモバスロってのが、モバゲーロゴのカラーをパクったカラーリングなのがすげえ鼻についた。


Dynamite!!〜勇気のチカラ 2009〜

Fight&Life (ファイトアンドライフ) 2010年 06月号 [雑誌]
Fight&Life (ファイトアンドライフ) 2010年 06月号 [雑誌]

posted by wolf_howling at 03:51 | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

K1グランプリ2010 決勝戦

「ピーター・アーツ VS マイティ・モー」

ピーター・アーツの綺麗な左ハイキックで、モーがラッシュするための突進力を奪われたのが決定的。

足が前に出なくなった後は、ピーター・アーツがロープに追い込むラッシュの後、コンビネーションをみせて、一蹴。


「セーム・シュルト VS 京太郎」

前田健作曰く「シュルトは打たれ弱い」

シュルトが最初に始めた格闘技の空手は確かに顔を狙って殴りあったりはしないからな。
でも、正拳でのなぐりっこで鍛えたボディーを貫通破壊できるパンチはそうはないだろう。
蹴りならあるかもしれないけど。射程は相手の方が長い。

それと、背丈の問題であんまり顔面パンチを入れられてる選手も居ないんだよね。

デカイ相手に向けての大抵の武器は普通は技とスピードしかないよなあ。

まー足を使って左に回ってくしかないよね。

シュルトの左ハイはモーション遅いテレホンキックだし。

京太郎のパンチ受けながらも前進して飛び込む勇気は認めるけど、
首相撲と膝が禁止のルールに変わったとはいえ、パンチの間合い以内に入っても総合格闘技じゃないから攻撃する手段なくなっちまうだけだからなあ。クリンチ状態ってだけで。

蹴りの間合いで戦って、相手の左ハイとかが出たときに軸足狙うとかして、それを切欠に痛めつけた軸足を連続のローキックで削ってくとかしかないんじゃないかなあ。

両手の甲を前に出したガードをしながら飛び込む方法はムエタイ流だからマエケンが仕込んだ技法だな。

京太郎、技術もあるし、ハートもあるけど、破壊力がシュルトに及ばなかったか・・・

まーでも、シュルト相手にKOされないとか、壊されてないってのも相当のものだと思う。


「グーカン・サキ VS ダニエル・ギタ」
ダニエル・ギタ、押し込む蹴りだな。足を捕まれない事前提ルール下での技術だが重さが違うからな。
グーカン・サキもすばやいパンチやキックをミドルに決めてたけど、数は撃っても、他の選手に比べるとやっぱ軽い感じが。
一方でギタの重いミドルがガンガンサキの右脇腹に入って、やられた事に反射する感じでサキもパンチとか返してるけど、ダメージが蓄積してるのはどっちかは明らかだな。

2ラウンド目にサキがローキックを連発されたらしく、足の色が変色。

だけど放送ではカット・・・

最終ラウンドはローの打ち合いだけど、グーカン・サキ、クタクタになって変な間合いで休んじゃったりしてるな。

個人的にはギタの与えたダメージの方が有効だと思ったけど、サキの手数を鑑みてか判定のうち2つはドローで延長戦へ。

でも、延長戦ではギタの方が疲れとダメージが出てきた感じで動きは悪かった。

もう判定の段で自分で負けたの判ってたみたいな感じだったしね。

だけど、勝ち残ったけどもグーカン・サキ、ダメージ重過ぎなのでは・・・


「アリスター・オーフレイム VS タイロン・スポーン」

タイロン・スポーン、86kgを105kgにしてきたとか、スゲーな。
コーチはアーネスト・ホーストなのか。
ホースとも打ち負けないように体作ってきたタイプの選手だしね。

タイロン・スポーン、カウンターからラッシュすげえ!

オーフレイムが反則の首相撲を2回もやっちまったって事はあせってる証拠!

2ラウンド目後半にはオーフレイムもリズムを取り戻してきた感じ。

3ラウンド目後半、オーフレイムが逆にラッシュ。流石にダメージは入った模様。タイロン・スポーンがロープダウン。

「1ラウンド目、2分で倒す」って豪語していたオーフレイム相手にタイロン・スポーンが健闘したって感じかな。

まーオーフレイムやシュルト相手にKOされないテクニックを持った選手も出てきたってのはいい事だと思うよ。


「ピーター・アーツ VS セーム・シュルト」

アーツが前にしょっぱなから出てきたけど、シュルトも前にやられたこの戦法への対策として、自分も前に出てプレッシャーをかける手法で対応。

2ラウンド目ではやっぱりシュルトか・・・と思ったけど、

アーツが右目の横をカットしたのだが、にも関わらずラスト近くになって顔面にパンチを決めてきたのはアーツ!これアーツ側の方がポイント取ってるんじゃね?

3ラウンド目にはアーツが右ロー戦法。それを嫌うと今度はパンチのラッシュにスイッチ!
シュルトが逆にクリンチとか始めた!クリンチが多すぎて警告までうけてるし。

怪我してるアーツの方が見た目のダメージはどうみてもあるんだけど、
シュルトの方が気持ちが折れてるような感じ。

アーツ判定勝ち!数年ぶりというか、もしかしたら初めて?って位にK1の判定で内容をハッキリ納得した感じがした。

VTRで見直すに、シュルトが打たれ弱いってのは、肉体的ダメージのことじゃなくて、
顔を殴られる事で嫌気がさしてしまう精神面だったのかもね。
だってダメージ的にダウンとかじゃないし。

これで、アーツ VS オーフレイムだな。

だってグーカン・サキ。あのダメージじゃリザーバー使った方がいいと思うし。


「アリスター・オーフレイム VS グーカン・サキ」

いきなりダウンじゃないにせよ、グーカン・サキのカウンター回し蹴りでオーフレイムが尻餅。

あー、でもグーカン・サキ右ロー連発で下がった所を、オーフレイムの左ミドルキックをガードした右絵が脱臼・・・

もしもは無いにせよ、先の試合でダメージが無かったらもっと違う展開だったろうね。

初戦で当たってたらもっと面白い試合が見れたかも。
まーそれがトーナメントの組み合わせの妙ってもんだけどね。

で、アーツもダメージは大きいから、オーフレイム優勝だな。


「アリスター・オーフレイム VS ピーター・アーツ」

まー戦いの常套手段でアーツのカットした左眼側を狙って打つのはアタリマエだよなあ・・・

で、左フックで動きが止まった後はラッシュ。

角田!アーツ、ロープダウンしてるだろ!早めに止めろよ!!!

例によってダウンするまでボコられてる選手のカットに入らないK1レフェリー。

結局、1ラウンドKO。

俺、オーフレイムも好きだけど、ちょっとスッキリしない決勝戦だねえ。


これ、例によって谷川が仕込みで決めた形のトーナメント表が意図的にオーフレイム VS シュルトを引っ張ったせいで逆に展開がつまらなくなった感じがスゲーする。

テメーらの余計な演出とかショーアップとかイラネエんだよ!!!

誰が最強か決めるってのがフェアにされるのだったら、それだけで十分だろ!

興行側が余計な匙加減とかしてんじゃねえ。そういうのやりたいんだったらショープロレスやれよ!

--

アリスター・オーフレイムが勝利の秘訣はという質問に

「パパとママだ」
「トレーニングと食事は大切だけど、親に貰った体とのコンビネーションだ」

ってのは優等生的ながらも、彼からの自然な言葉だとも思う。

posted by wolf_howling at 21:07 | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

K-1ワールドMAX2010世界一決定トーナメント決勝戦

☆自演乙☆ソング
☆自演乙☆ソング



【送料無料】長島☆自演乙☆雄一郎!応援Tシャツ【楽ギフ_包装】


【送料無料】長島☆自演乙☆雄一郎!応援Tシャツ【楽ギフ_包装】

途中から観た。つーか30分過ぎたらもう3試合終わってる。


長島☆自演乙☆雄一郎 VS マイク・ザンビディス・・・観れなかった。


ジョルジオ・ペトロシアン VS アルバート・クラウス


Max Fighters ポストカード・アルバート・クラウス<k-1>

アルバート・クラウスも上手いのに、ペトロシアンもやっぱ上手いね。
判定はひんさだと思うけど、まあペトロシアンが押してたかな。


佐藤嘉洋 VS ミハウ・グロガススキー

そういや佐藤ってブアカーオに勝ってるのね。
リーチとコンパスと上背の差で有利に試合を進めた佐藤の判定勝ち。


石井慧 VS 柴田勝頼

石井も流石に身体絞って、フットワークも鍛えてきたね。
でも、服を着てない状態でレスラーと組み合っても、柔道家側がそれをしのぐには相当、練習しないと。

柴田も膝を巧い事出してるし。

石井、腕をとったか!相当、やばい方向に捻ってたので流石にタップ。

ミノワマンに勝ったって言われてもピンと来なかったけど、着実に上手くなってるね。


ジョルジオ・ペトロシアン VS マイク・ザンビディス

アウトで距離とって足技を入れるタイプと、ハードパンチャーのインファイターじゃ有利不利明確。
なんだけど、マイク・ザンビディス打たれ強いし、蹴られても前に出るメンタル面も強い。
まーファイターは前に出るしかないんだけど、にしたって顔真っ赤になるまでやられてるのに、
ラストラウンドはペトロシアンがやや打ち疲れて、何発がもらうシーンもあったけど、
トータル判定ではやはりペトロシアンの勝利は揺るがなかった。


佐藤嘉洋 VS ドラゴ

この試合も佐藤が身体の大きさの有利さを生かしつつ、的確にポイントを稼いだ。

でも最終ラウンドでドラゴが逆襲に入った時はヒヤリとしたけど、落ち着いて膝を入れた佐藤が勝った。


ジョルジオ・ペトロシアン VS 佐藤嘉洋

ペトロシアン相手には佐藤は身長差の有利さもなく、技のぶつかり合い。

ペトロシアンは裁きながらの左。佐藤は右ストレートが良い感じにきまる。

でも、大きな失点もないまま最終ラウンドでペトロシアンがしかけてきた。
佐藤は応援で少し熱くなれたが、ダウンには至らないまでも最後にダメージをもらってしまった。

ペトロシアン優勝。

そんなにこの階級の選手に詳しい訳でも無いことと、判定決着が多いので内容楽しめたかというと微妙。でもまあ、つまんであるのでサクサク観れた感じはある。



【DVD】全日本キックTHE 20th ANNIVERSARYTHE TRUTH

【DVD】全日本キックTHE 20th ANNIVERSARYTHE TRUTH

価格:10,500円(税込、送料込)



K-1 WORLD MAX 2009 日本代表決定トーナメント& World Championship Tournament -FINAL16- [DVD]
K-1 WORLD MAX 2009 日本代表決定トーナメント& World Championship Tournament -FINAL16- [DVD]

posted by wolf_howling at 22:54 | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

K1グランプリ 第18代王者決定戦 開幕戦

外敵だの他団体が殴りこみとか言ってるけど、要はK-1側が縮小してて、他所から来てもらってるってのが実情だろ。
でも、視聴者側はどっちかっていうと、年食ったレジェンドだの、とっかえひっかえの新参ファイターよりも「強い実力者」側が観たいだけで、外敵なんてのはねえっての。

エロール・ジマーマン VS ダニエル・ギタ

ダニエル・ギタはディフェンスもコンビネーションも上手いね。ローキックも鋭い。
ジマーマンは1R目に左足を既に引きずってる感じがしたんだけど。

2Rで動きが止まってガードが開いたジマーマンにすかさずラッシュでKO!
ダニエル・ギタ上手い。


エヴェルトン・テイシェイラ VS ピーター・アーツ

テイシェイラ、ディフェンス含め上手くなったなあ!「空手に先手なし」状態から前に出るファイトスタイルに切り替えた効果は大きいとも思うけど、直線的な動きだから読みやすいかも。

でダッキングだけで伸びてくるパンチをいなしてるアーツも場数キャリアと練習量が流石という面もあるけど、40にしてもまだ目がいい証拠。
それとハイキックが相変わらずの冴え。

テイシェイラうたれづよいし、ロープ際ではクリンチでダウンを逃れる巧さも。

延長か。アーツが流石にガス欠気味に。

え?目尻カット?何時何で?

延長はアーツがクリンチだので逃げてばっかだな。

そして例によってのK-1身贔屓判定でアーツか。
これが嫌で客や視聴者が離れてるって未だに意識が無いから衰退してく一方だな。


グーカン・サキ VS フレディー・ケマイヨ

グーカン・サキ、上背が無い場合ローキックを武器にするのは常套手段にせよ、スピードあるなあ。

そしてパンチのラッシュがいい感じに入ったけど、普通ならTKO状態でも、ダウンKOになるまで闘わせるジャッジ。これもK-1らしいよなあ。


京太郎 VS ジョロム・レ・バンナ

京太郎上手いこと足使ってるけど、バンナは前に出るタイプのファイターだからなあ。

2R目のバンナのラッシュすげえ!けど、顔を振ってその猛攻をしのいだ京太郎巧い!
「はじめの一歩」の伊達のオッサンが使う、打たれた反対側を向いてダメージを殺すって技法使えるんだな。すげえ!


【25%OFF】[DVD] はじめの一歩 New Challenger VOL.3

京太郎の右フック、結構バンナに入ってるけどバンナもまだ前に出てくるなあ。

延長!いいぞ!

え。バンナ試合放棄!!

これ判定が不服とかって言ってるけど、要は次のラウンド分持たない=明確な形で敗北するるのが嫌だって事だろ。マジで逃げてるんじゃん。

これ試合なんだから、今後、出場ペナルティとか必要だろホントなら。
でも、プロモートしてる谷川だのはバンナがまだ商売に使えるのって此処位って知ってるし、バンナはドン・キングにボクシング契約で酷い目にあわされる所だったのをK-1に助けてもらった同士だからどうせまた使うんだろな。


アリスター・オーフレイム VS ベン・エドワーズ

ベン・エドワーズちょっとやるな・・・と思ったら、オーフレイムが動きをみてただけか。
計算どおりのダウンの嵐。ベン・エドワーズも頑張って立ち上がったけど、それこそアリスター・オーフレイムの狙い通りの噛ませ犬状態でした。圧倒的。


マイティー・モー VS ラウル・カティナス

モーが左足にサポーターをしてるからラウル・カティナスが執拗にローキックで狙ったけど、
それが逆にモーに火をつけて短期で相手を倒させる行動に結びつかせたな。
でもフック貰ってダウンした後もデンプシーロールみたいな動きとかラウル・カティナスみせたりとか、なかなか見ごたえある。
で、双方パンチ力あるんだけど、双方打たれづよいから、最期はスタミナ比べに。

ダウンがあるから判定は順当にマイティー・モー勝利。


セーム・シュルト VS ヘスディ・カラケス

カラケスは2mなのに動き早いね。
でも、シュルトも相手の頭の位置があんだけ高いのに顔に膝蹴り入れるとかどんなだ。

というか何時からK-1ルールで首相撲とか禁止になったの?
背丈がある人間がインファイター対策として凄く有効なんだけど、
確かに、見た目は地味だからな。

カラケスもローキックで体制崩してラッシュのいい攻め見せたんだけど、
でも、なんか後半はガス欠っぽかったな。

で、ドローだと思うんだけど、例によって身贔屓判定でシュルト。
韓国の会場ですらはブーイング起きてたぞ。
国際的にK-1のそういう判定が嫌われてる証拠。学習能力ゼロだな。

しかもシュルトにしたって、元々、オランダ極真で、「PRIDE」でキング・オブ・パンクラシストじゃねえか。


【楽天VIDEO会員は見放題】【K-1&HERO’Sアーカイブス】 人気K-1ファイター 日本デビュー戦特集 #04 2002年4月21日 武蔵 vs セーム・シュルト

posted by wolf_howling at 21:13 | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

K-1ワールドGP2010 開幕


バダ・ハリ★DIVE×HAOソフビ<K-1>

アリスター・オーフレイム vs ジャバット・ポトラック

アリスター・オーフレイムのローキックは中途半端だったし、
ポトラックのラッシュからのプレッシャーは良かったんだけど、
オーフレイムのパンチでダウンをもらってから、ポトラックの動きが落ちた後、
首相撲から切り替えたオーフレイムの膝がこめかみに直撃。
カウント9で立ったものの、ファイティングポーズはとれなかった。
やっぱり強いオーフレイム、順当勝ち。


グーカン・サキ vs シング・”心(ハート)”・ジャディブ

グーカン・サキ、速さに加えて上手いなあ。
相手のハイキックを交わして、残った軸足の内側にカウンター。

ジャディブはリーチやコンパスを生かしたつもりのアウトスタイルよりも、
前に出て首相撲からの膝とかに切り替えた方がいいのに。
2ラウンド目の膝は割と良かった。

サキは判定勝ちだけど、やっぱ早いパンチは数はあってもフィニッシュブローにはなりえないよなあ。


京太郎 vs ピーター・アーツ(K-1ヘビー級タイトルマッチ)

アーツは体絞って昔の体に戻った感じで精悍な感じになったな。

京太郎すげえ! 1、2のラッシュでアーツから1ラウンド目にダウンとるとは!

そして2ラウンド目にパーフェクトなカウンターノックアウト!

京太郎は勝利して直後におばあさんの遺影の所に。

強い日本人出てきたなあ。

佐竹や武蔵なんて身贔屓判定選手で、それで日本人を応援したくない、K-1を見ないって人たちが増えたわけだし。

アーツは減量失敗とかってアナウンサー言ってたけど、
正直、パンチドランカーとかも流石に来てるんだと思う。
まーそういうことはマスゴミは言わないよね。

そして、それでもリングに上る最年長K-1ファイターのアーツも流石だと思う。


バダ・ハリ vs アレクセイ・イグナショフ

マスゴミ、何とかバダ・ハリ人気を出そうと必死だな。

亀田兄弟の人気が実質はないの同様に、マスゴミが人気を捏造できる時代なんてのはとっくに終わってだんだよ。
お前ら中国政府とレベル同じ。

にしても試合内容もあまりにしょっぱい。

かませ犬につれてきたイグナショフも小金持ちになると途端に怠ける旧共産圏として教育をされてきてしまってる人間達の悪い所がまんま出てる感じだよなあ。

K-1の進化?笑わせるな三宅正治。


セーム・シュルト vs エロール・ジマーマン(K-1スーパーヘビー級タイトルマッチ)

スタイルがまるっきり違う二人だから面白いマッチだ。

恵まれたフィジカルと精密な技のスタイルのシュルトに対して、
飛んだり跳ねたりしながらトリッキーなパンチを繰り出すジマーマン。

でも、マスゴミはくだらないあだ名をジマーマンにつけてるけど、ガードの仕方とか裁き方は凄くクレバーで、シュルトの猛撃も上手くいなしてる。

普通の選手だったらあんなにボコられてる風ならとっくにやられちまうだろう。
上手くガードや捌きを使ってるんだよね。
加えて打たれ強さも持ってる。

ハイキックにも避けて胸のあたりで止める形で持ちこたえたし。

シュルトのガス欠とかに持ち込めるまで行ければって感じだけど、
3ラウンドしかないし、

シュルトも3ラウンド目には微妙に打ち疲れてきてたけど、
前蹴りで腹部を攻撃されるのを嫌がってしまったのと、
ジマーマンは1、2の先が出なかったなあ。ラッシュとか見せれば良かったのに。

結果論だけど、早めにラッシュかけるか、もしくは打ち疲れた後に最後に残った力を振り絞ってラッシュって作戦のどちらかの方が有効だったのかも。

posted by wolf_howling at 21:47 | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

Dynamite2009

魔裟斗伝説 最終章 [DVD]
魔裟斗伝説 最終章 [DVD]

K-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament -FINAL8&FINAL- [DVD]
K-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament -FINAL8&FINAL- [DVD]


送料無料 DVD/格闘技 (魔裟斗)/魔裟斗伝説 DVD-BOX/TCED-729

ミノワマン VS ソクジュ

なげーお見合いから、グランドに入ってもお互い精彩を欠く、隙だらけの技の掛け合い。

ソクジュのリーチが長いからパウンド入るのも解るけど、
ミノワはタックルも中途半端で相手倒れないし。間接の取り方も浅くて中途半端。

早々にソクジュがボコって終わりって状態を如何に引き伸ばすかってだけの内容。

にしたってあいも変わらず毎度のしょっぱい試合だな。

で、ミノワがKOしたとかってこれ、

フックとかも頬の辺りに掠ってるだけで、スローで見ると全然首とかも振れてないのも解るから、これ脳揺れてないよな。意識飛んでる様子も無いし。

それでダウン??? 遷移喪失???

ソクジュも殆どパンチとか出してないし、これ「プロレス」って事?
まーTBSだからな。


K-1甲子園

HIROYA VS 野杁正明

野杁正明上手い!!! これ高校一年生の技の切れかよ。ミノワ達、見習った方がいい。

左ジャブから右アッパーのコンビネーション。ハイキックと前蹴りもだけど、さばきが兎に角上手い。

接近戦で顔面のテンプルへの一撃もらったのは、ボクシングスタイルでの攻められ方に慣れてないせいだろうけど、
空手を生かした上手い戦い方だよな。

HIROYAエンジンかけたのが遅すぎたな。TBS的な仕込みも無理な判定負け。

まー怪物一年生とかのほうがマスゴミの話題提供としては煽り易いか。


嶋田翔太 VS 石田勝希

石田は蹴りを食らうと掴む癖で捌けてないし、
嶋田がアウトスタイルで上手く間合いとってるのでやりにくそうだな。

石田は2ラウンド目にラッシュかけてきたけど、
嶋田のキックボクシング風の構えに膝蹴り VS 石田の空手みたいなスタイルだから前に出ないと勝ち目無いしね。

これいい勝負だなあ。

ひん差だけど、1ラウンド目の印象で石田、損したね。
学生の安全性からしても、ドロー延長とかできないし、仕方ない感じか。


DREAM VS 戦極かあ

高谷裕之 VS 小見川道大

ガチの殴り合いいいなあ。

でも、顔の真ん中殴られてる高谷はディフェンスの差が出ちゃってるし、

小見川が偉いのは有利なグラウンドに持ち込まないであくまで殴り合いで決着をつけたところ!


桜井マッハ速人 VS 郷野聡寛

おおおお! 超高度な戦闘!

郷野が決めた時には自然に拍手しちまったよ!

流石、グラバカ!!!


嶋田翔太 VS 野杁正明

双方、新空手だけど、嶋田のキックボクシング風に野杁の空手。

野杁は、ホント落ち着いてる。

アウトスタイルの嶋田の間合いにもガンガン前蹴りを冷静に入れてるし、
嶋田が嫌がって掴んだり投げたり始めてるぞと思ったら、いいのが顔に入ってスタンディングダウン。

堅い守りと冷静な攻め、

5コンビネーション、前蹴り、ハイキックを自在に操る高校一年生!

野杁正明。これただの秀才と違うよ。

このまま修行を続けられれば「達人」誕生コースだな。


泉浩 VS 柴田勝頼

柴田が奇襲かけてボコボコかと思ったけど、お見合い。

泉打たれ強いのはわかったけど、

レスラーと柔道家がテレホンパンチの打ち合いとかってやられても…

泉は最初から体重預けてスタミナ奪っとけば良かったんだよ。

泥臭いというか、洗練されてない試合だったな。
技ってものに遠い内容だった。


金原正徳 VS 山本KID徳郁

スピーディーで面白い。

お互いカウンター入ったりとか。

でも、KIDの金的に対しての説明をTBSアナウンサー何でスルーしてんだよ。

金原とKIDのグラウンド側の練習差が明確に出てるな。

KIDが金原の後頭部を組み合ったポジションを振りほどこうとパウンドするって反則やってたけど、

金原は腕を極めながらKIDの後頭部をリングに叩きつける技を見せてた。

床を武器に使うとか慣れてる証拠だよね。

後頭部殴っちゃダメだけど、叩き付けちゃいけないってルールないし。

でも、KIDは慎重差これだけあるんだったら、相手の腹をリバーブローだの鳩尾狙いで、相手が苦痛で体が曲がって頭が下がったら其処を狙ってきめるってボクシング的な基礎攻撃手順がないのな。
(この場合、キックOKなんだから、前蹴りとかもあり。
タックル食らわないように注意は必要だけど。)

金原は完勝って感じでもないけど、そういうのの差は積み重ねで出ちゃうからなあ。


所英男 VS キム・ジョンマン

キム・ジョンマンの足運びってベタ足で独特だね。

にしても、所の金的も、まーたTBSアナウンサー、スルーしてやがるけど、
入っちゃった後の、内藤とか男性人の微妙な空気が笑ってしまった。

男からするとあの「うっ・・・」って感じは他人事でも何故かテレパシー的に一部共有できてしまうんだよねー。

所、膝蹴りが綺麗に入るようになったなあ。
グラウンド以外の技も確かに身に付けないとねえ。

で、グラウンド側の攻防が楽しい。

腕狙ったり、三角締めにシフトして、また腕十字にとか。

一方、殴り合い側は微妙。

ジョンマンの右顔が膝蹴りダメージで腫れ上がってて、一般的には所はステップを左寄りに動いて死角に入るってのもセオリー的な手のはずだけど、
ジョンマンの闇雲な右をもらうと危ないからなあ・・・と思ったら。

グラウンドで遅れをとらなかったからよかったようなものの、危なかったな所。

ベタ足で右ローをさばけてないから、其処から切り崩せばよかった感じだな。

ジョンマンが予想以上にうたれ強かったけど、
所はグラウンドのチャンスを何度か放して逸しちゃってるから、まだこれからも研ぎ澄ます予知は大有りですね。


吉田秀彦 VS 石井慧

フィジカル的には若い石井有利は解るけど、
総合のキャリアを吉田には見せてもらいたいなあ。

吉田いい感じで殴って洗礼。

石井が打たれづよさ見せてるけど、

でも、柔道家の引っ張る側の筋肉鍛えてるのと、
ボクシングや空手みたいに押し出す筋肉鍛えてるのだと
打突攻撃のダメージの質の差は出ざるをえないからなあ

2ラウンドめはかったるい展開だったけど、
石井の金的はアナウンサーも無視できなかったか。

ファールカップ割れるほどの膝蹴りで金的とか…

ケチついたせいでツマンナイ試合にしちゃったなあ。


魔裟斗 VS アンディー・サワー

やっぱいい動きだし、最後のラウンドまで相手をブチ倒す勢いで我武者羅にやってるし。

まーサワーがダウンしてるから判定での勝ちも納得だけど、
戦闘内容はどちらも見事だったよね。


【DVD】魔裟斗伝説 DVD-BOX

魔裟斗伝説 DVD-BOX
魔裟斗伝説 DVD-BOX

posted by wolf_howling at 19:01 | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

2009 K1グランプリ決勝戦  第17代 世界王者決定

HAOコレクション バダ ハリ
HAOコレクション バダ ハリ

K-1 WORLD GP 2008 COMPLETE BOUTS ~激闘完全版~ [DVD]
K-1 WORLD GP 2008 COMPLETE BOUTS ~激闘完全版~ [DVD]


バダ・ハリ★DIVE×HAOソフビ<K-1>


Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜 バダ・ハリ vs アリスター・オーフレイム

バダ・ハリ VS ルスラン・カラエフ

しょっぱなのカラエフのダウンの前に、目の上のカットってバダ・ハリの左「肘」入ってない?

倒れた時の映像、馬鹿みてえに散々リピートしてたが、右のパンチ当たってねえだろ。

そしてカラエフは顔の右側をカット=相手の右パンチで切る訳無いダメージ個所だろが。


アリスター・オーフレイム VS エヴェルトン・テイシェイラ

テイシェイラの左手を前に出して、距離を測りつつ相手を嫌がらせるのは空手や中国拳法である型の一つだよね。

でも、テイシェイラの左ローキックをピシピシもらったのにカッときたんだろうなー

アリスター・オーフレイムの膝があばらに、
その痛みで体を曲げて下がった顔に更に膝が炸裂!

前のめりに倒れてピクリともしないテイシェイラ。

空手がうたれづよいって言っても、顔を殴るのは反則の空手では、
顔を殴られるのに対しては避ける練習すらしてないので話は別だよね。

馬鹿なアナウンサー、膝を「これだけで!」とか言ってるけど、
前にも膝はあばらに向けて何回か入ってるし、
お前「これだけ」呼ばわりならアリスター・オーフレイムの膝、顔面に受けてみろと。
死ねるぞ。


ジェロム・レ・バンナ VS セーム・シュルト


ジェロム・レ・バンナ “BC”Tシャツ BLACK<k-1>

空手から入ったシュルトの弱点はバダ・ハリにダウンをもらったのを見てもそうだけど、やはり顔を殴られることにボクサーやキックの選手に比べて慣れてないんだよね。

だからラッシュで前に出ることはいい作戦なんだけど、プレッシャーをかけつづけないとダメ。

間合いがあれば空手の基本且つ、人中や内臓を狙える「前蹴り」が出る。

鳩尾やリバーブロー状態で前蹴りが入って苦悶の表情で屈する事に。


エロール・ジマーマン VS レミー・ボンヤスキー


フィギュアストラップ レミー・ボンヤスキー WHITE<k-1>

なんかオーソドックスなキックの試合の風情がなかなか楽しい。

谷川、右と左、間違えてたけど(ボンヤスキー贔屓心理がそういうふうに出る)
ジマーマンの膝上側じん帯にダメージを与えるやや打ち下ろし気味の右ローキックでレミーが左足を壊されてるのは明白。

これ、相手の膝頭を蹴っちゃうと自分がダメージ入るから、超高等テク。

でも、最初にカウンターもらっちゃったせいで踏み込みや前に出る心が弱すぎた。
レミーがカウンター上手いのはわかるけど、逆に前に出るタイプじゃないのでラッシュとかには弱いんだよね。

ボブ・サップ相手ならラッシュいなすとかは出来ても、普通にパンチの練習してる相手にはそうでもないはず。


ピーター・アーツ VS グーカン・サキ

アーツがリザーブか。

綺麗な打ち抜きカウンターダウン以外は、コレといって・・・
拍手がとか言ってるけど、なんか見どころもさして無いしょっぱい試合では。


1ラウンドKOが多かったから、3試合分の殆ど流しても尺余っちゃってるのか。

インチキ判定だらけのいつものK-1に比べれば、いい状態だけどね。


バダ・ハリ VS アリスター・オーフレイム

バダ・ハリ。ちゃんと見てさえいればわかるけど、こっちでもやっぱり左肘何発か入れてるよ。

レフェリーの試合前注意だと肘はまだK-1はダメの筈だけど。

やっぱこれぞK-1。

だったらアリスターの方も総合の技アリでやれば?

顔踏み付けの誰かさん相手にはそれで釣り合うだろ。



セーム・シュルト VS レミー・ボンヤスキー


アナウンサー「セミー・シュルト」って誰だよ。

つづりはSemmyだけど、お前らの放送自体がカタカナで「セーム・シュルト」って書いて放送してんだろ。

ちゃんと発音するなら「セミー・シュー」だろ。

結局、「レミー」と「セーム」を脳内が混ぜちまったって事だろ。

運営側のレミー・ボンヤスキー贔屓がありありバレバレ。

しかもレミー・ボンヤスキーはダウン1回分オマケってなんだよ。


となると、もうバダ・ハリ贔屓の引き倒しがミエミエなんだけど。

果たして誰がじゃねえよ。

となるとセーム・シュルト応援するしかねえ。



バダ・ハリ VS セーム・シュルト

あと放送始まった段階からハア?って感じだったけど
長島一茂とか解説とかありえねえだろ。

なーにが紙一重だよ。

優木まおみが放送運営側の空気を無視してちゃんと言った「圧倒的」って表現でしかないだろ、

映画にせよ何にせよマスゴミは解説=情報操作はいらねえし、
そういうのに踊らされるのは情弱だけだってまだ解ってねえんだな。

Dynamite!! ~勇気のチカラ 2008~ [DVD]
Dynamite!! ~勇気のチカラ 2008~ [DVD]

posted by wolf_howling at 21:18 | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

第17代世界王者決定戦K1グランプリ開幕戦

レミー・ボンヤスキー vs メルヴィン・マヌーフ


HAOアーツ レミー・ボンヤスキー HAOソフビ フィギュア


DREAM.4 第8試合 桜庭 和志 vs メルヴィン・マヌーフ

メルヴィン・マヌーフは前に対戦で折られた前歯を臥薪嘗胆の為に治さないでそのままにして復讐戦らしいけど、
キック対ボクシングスタイルじゃあなあ。
レミーにクリンチして投げて倒すってのを繰り返してるけど、間合いで損をしてるわけで、いいのはテンプルに入れた一発だけだったな。

レミーもがたいを作ったせいで逆にスピード落ちてるし飛べなくなってるだろ。

ローキック数発入れただけで、ダウンも無いのにレミーが判例勝ち。

まーたK1の悪い所が。
身贔屓やチャンピオン経歴者優遇判定かよ。どうみたってドローだろ。


ピーター・アーツ vs アリスター・オーフレイム


ピーター・アーツ WGPフェイスタオル“AX”<k-1>


Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜 バダ・ハリ vs アリスター・オーフレイム

もうしょっぱなからアーツがパンチでダウン。
あれ、スリップじゃないよ。効いてる。

パンチでボコボコ。間合いをつめれば膝。ガードも固い。
アリスター・オーフレイム磐石だな。


ダニエル・ギタ VS セーム・シュルト


Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜 セーム・シュルト vs マイティ・モー

ダニエル・ギタはいいフック持ってるけど、
シュルトは膝やローで削り続けて、顔面パンチ!

ラッシュタイプのファイターでも、ガードじゃ結局、削られるだけだから、間合いとカウンターを身につけるとかかなあ。


武蔵 VS ジェロム・レ・バンナ


【K-1 GRAND PRIX 2003】「武蔵」直筆サインカード(AG-MU)100枚限定!


ジェロム・レ・バンナ “BC”Tシャツ BLACK<k-1>

つーか引退とかおせえよ!
バンナも付き合いいいよな。
そして、3ラウンドまで付き合ってあげてラッシュで仕留めてダウン。

判定で勝った後もバンナの方が先に正座して一礼とか。

ダウンしちまえば得意の身贔屓判定で勝ちとかも無理だし。
バンナが一番解ってるいい奴だと思った。

武蔵は空手の悪い癖だけど、掛け声を出してから蹴るとか殴るとか、モーションがでかい以前にテレホンなんだよね。
口元みてるだけで来るのが解る。
最後まで修正すべき基本的な事が出来ないんだから、辞めて当然だな。


エロール・ジマーマン VS グラウベ・フェイトーザ


Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜 ミノワマン vs エロール・ジマーマン

ジマーマンの飛び跳ねながらのパンチとキック、かと思うと、ガードをかいくぐるようなアッパーや押し込むようなストレート。

グラウベ、ブラジリアンキックのハイとローを組み合わせた柔軟な攻めは有効だったね。
でも、前蹴り出すとか言ってたのに全然じゃん。

で、グラウベがキックで押してスリップとか言ってたけど実際ダウンをジマーマンがしてるのに、判定はジマーマン。

ホントK-1判定はマジウンコ。


ルスラン・カラエフ VS 京太郎

カラエフは体格の小ささから来るパンチの軽さはあるものの、
スピードの速さから来るピンポイントブローが要注意なわけだが、
あのスピードとテクニック相手としては京太郎は良くやった方だと思う。

ただ自分側に相手を仕留めるフィニッシュホールドが無いし、
バックハンドブロー食らってからはガタガタに。

出だしがまあまあだっただけに勿体無かったね。


バダ・ハリ VS ザビット・サメドフ

頭踏みつけ事件を反省してるとか、K-1ファンを悲しませたとか、
まーた誘導伝聞かよ、マスゴミ。

ともあれ、強いことは強い。

ローキックも速いし、リバーブローも一撃で相手を沈める。
でも、嫌いなんだよ。バダハリは。


HAO ARTS OFFICE HAOコレクションフィギュア HAOコレクションフィギュア K-1 バダハリ () 【フィギュア・一般向け】

アリスター・オーフレイムに負けた時はホント、ザマーミロと思った。
またオーフレイムに同じ目にあわせてやってほしい。


Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜 バダ・ハリ vs アリスター・オーフレイム

posted by wolf_howling at 21:09 | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

K-1 2009世界最終予選


ピーター・アーツ WGPフェイスタオル“AX”<k-1>

ピーター・アーツ VS 西島洋介

西島がボクシングシューズ履く形でキック禁止でボクシングのみでキックボクシングと対決の変則マッチ。

もう蹴りの有無だけで結果ミエミエ・・・

いちおー押さえとくかと思って観たんけど、

西島打たれ強いなあ。ガッツあるわ。

・・・でも、それだけじゃやっぱ勝てるわけじゃなくて。

それと西島、オープンスタンスでずっとだし、結局パンチ力に頼ったボクシング手法で、アーツよりもディフェンスがパンチの間合いでも比べ物にならない位下手。

しかも、アーツの方は西島クラスよりも上のハードパンチャーともいくらでも戦ってるしねえ。

ガードがなってないなんてものじゃないから、ハイキックとかほぼモロ食らってたのに立ち上がって、もっと打って来いって挑発とかしてたけど、やっぱローキック貰いすぎて足が動かなくなり陥落。

ただ1度だけ、西島がハイキック貰った時に後ろに飛んでダメージ殺してたのを俺は見逃さなかった。角田ダウンとかとってたけど、何処に目をつけてんだと。

ハートが強いことは解ったけど、空手とかの受けた後にどうするとか忍耐メインのそれじゃ、なるべくダメージを受けないで相手に効率的にダメージを与える効率を重視したキックボクシングには勝てないって事をK−1自体が証明してるだろうに。

もっとダメージを減らすことを覚えないと。

それから悔しがってコーナーポストに頭打ちつけたりとかってリアクション。
見世物としては映えるけど、もっと冷静にクレバーな方が試合展開を客観的に見れるし、普通に勝つよ。

谷川はキックも覚えてほしいとか言ってたけど、多分もう無理だろう。

オープンスタイルのべた足でボクシングスタイルのフットワークすらいまだに持って無いし、

大体、一時期、西島は総合スタイルでやるって練習してたのに、試合では確かにグラウンドはほぼ何も出来ない状態で散々だったけど、その継続を放り出して今回のボクシングスタイルなんだろ。
ヒットポイント高くても、違う意味でこらえ性が無いから無理だろ。

ジェロム・レ・バンナとか、マイク・ベルナルド、マーク・ハントみたいなボクシングスタイルメインのK−1ファイターもいるわけだから、そっちで突き抜ける選択肢しかないだろうな。


ジェロム・レ・バンナ “BC”Tシャツ BLACK<k-1>


K-1戦士フィギュア ファーストタイプ マイクベルナルド


マーク・ハント★HAOソフビ<K-1>

だとしても、上記3名と比べちゃうと諸々見劣りするし。
一番上位に行った所で日本代表どまりじゃないかなあ。

それにしても、バダ・ハリなんか出してんじゃねえぞ谷川。
あの反則野郎を大会のメインに押すフジのマスゴミっぷりにも反吐が出る。
公園全裸タレントだの、麻薬タレントだのの復帰だのにも甘いヤクザな業界らしいよなホント。

バダ・ハリもああいうことやりたいんなら、Kのリングじゃなくて総合でもオクタゴンでも行けっての。


金網オクタゴン総合格闘技 CAGE FORCE II(DVD) ◆20%OFF!

posted by wolf_howling at 02:42 | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

三沢光晴 死去

理想主義者
理想主義者


三沢光晴/PRO-WRESTLING NOAH 三沢光晴

ノア社長、二代目タイガーマスク。
46歳没・・・早すぎるよ。

昔は場外のコンクリの上でテリー・ゴディーにバックドロップされて「今度は俺が逆に場外でジャーマンやってやる」って三沢が言ったそうだが、それを聞いて、
え?技をかける自分の頭部が先に危ないんじゃ・・・ってツッコミを即座に思ったのを思い出した。

その相手のテリー・ゴディーも2001年7月に40歳で亡くなってる。

受身訓練とかうたれづよさの鍛錬が重要なプロレスだが、だからと言って訓練を積んだ上でも危険なものであることに変わりが無いのは言うまでも無い。

自分としてはプロレスの他にもアニメやゲームに理解のある方で好きだったんだけどなあ。

カラオケで新造人間キャシャーンOP「たたかえ!キャシャーン」を歌い、


【送料無料選択可!】新造人間キャシャーン COMPLETE DVD BOX / アニメ


コロムビアミュージックエンタテインメント キャシャーン/新造人間キャシャーン全曲集

ポケモンのカメ系、特にカメックスが好きだった三沢光晴。


ポケットモンスター モンスターコレクション MC-012 カメックス(NEW)


ポケットモンスター モンスターコレクション バトルシーン カメックス【タカラトミー】

強さや逞しさへの憧れと体現を目指してレスラーになられた後でも、
子供心を忘れず趣味にもそれが現れているところがらしくて好感度が高かったのに・・・

ご冥福をお祈りいたします。

HAOフィギュア 三沢光晴 緑(ソフトビニール製、約15p HAOアーツ社製造)
HAOフィギュア 三沢光晴 緑(ソフトビニール製、約15p HAOアーツ社製造)

posted by wolf_howling at 07:24 | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

世界標準ルール金網総合格闘技〜CAGE FORCE09〜


2009年06月20日発売金網オクタゴン総合格闘技 CAGE FORCE 1

廣田瑞人 VS 井上克也 ライト級


【DVD】D.O.G.(Demolition of Octagon Gear)金網オクタゴンファイト


【楽天VIDEO 会員は無料】 プロフェッショナル修斗 「2・17横浜大会出場決定!廣田瑞人特集!」 #01


【楽天VIDEO 会員は無料】 プロフェッショナル修斗 「2・17横浜大会出場決定!廣田瑞人特集!」 #02


【楽天VIDEO 会員は無料】 プロフェッショナル修斗 「2・17横浜大会出場決定!廣田瑞人特集!」 #03


オクタゴンなんて凄い久しぶりに観た。

でも、アルティミットファイティングとか呼ばれてグレーシーだのドンフライだのの頃は取っ組み合いの、もつれあったケンカ同様の状態をずっと観るって感じだったけど、随分と洗練された感じになったんだね。

当然、組合いから相手の上にのしかかっての顔面パンチ応酬とかもあるんだけど、
基本立ち技でパンチ主体から、体勢が崩れたら、グラウンドにシフトして細かい技の掛け合いみたいな感じなのに驚いた。

結構、激しい応酬なのにドロー。判定のバランスもいい感じだ。


鹿又智成 VS 児山佳弘

鹿又がグラウンドに引き込んでるとかアナウンスしてるけど、
児山がパウンドで一方的に攻撃してた形。


根津優太ってのはパンチのガードはまだ微妙な感じで貰ってたけど、蹴りが速いし重い!
オクタゴンぽくないけど面白い試合をみせてくれる。


永田克彦 VS 金原康義

レスリング グレコローマンのオリンピック銀メダリスト対柔道か。
ベースが打撃系じゃないせいで、これが一番見栄えがしない試合。

名前とかだけで放送的にこれがメインって・・・

マスゴミは無理なエンタメを続けすぎたせいで歪つになった感覚が抜けないんだろうな。

盛り上がらないものはそれなりの価値として情報ってのは伝えるべきだろ。

例え新人でも光った試合をするのならそう伝えればいいし。

報道的な感覚を取り戻さないと、ただでもWebにやられて赤字だらけの斜陽産業なんだから、生き残れないぞ。

スポーツだって何だって過剰にあおる必要なんてねーんだよ。

折角、日本のオクタゴンは雰囲気ばっかりのTBSやフジの格闘技に比べて実際のレベル高いなって思ってたのに、最後で台無し。

でも、CAGE FORCE自体は面白い。今後もチェックだな。


金網オクタゴン総合格闘技 CAGE FORCE 1

posted by wolf_howling at 03:40 | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最強格闘技 DREAM8

DREAM.6 ミドル級グランプリ2008 決勝戦 [DVD]
DREAM.6 ミドル級グランプリ2008 決勝戦 [DVD]

所英男 VS DJ.taiki フェザー級


【送料無料選択可!】所英男 The Golden Boy / 格闘技

まーた長島自演乙雄一郎とかと同じ風の売り込みのが出てきたな・・・
如何、DJなんだよ。何が執事なんだよ。

所がずっとアウトファイトで、taiki側がじれてるけど、所がパンチ入れたところでそれでフィニッシュになるほどの破壊力は無いし。逆にガチャガチャ撲られたら所の方が不利。

立ち技系と寝技系ファイターな事と、インファイトアウトファイトでかみ合わないことこの上ない=盛り上がらないマッチング組む感覚が解らない。

桜庭和志とかがもし居なかったら、


桜庭和志プロデュース!サウナスーツが遂に誕生![送料無料!]【桜庭和志プロデュースSAKU★サウナスーツ】

所はグレーシーとかノゲイラ兄弟とかと戦うだのでもっと売れたかもしれないけど、桜庭同様に柔術相手以外にはさほど強いわけではないし、とくに打撃系相手には戦績は良くないよね。


バーリ・トゥード ノゲイラ最強への道


【送料無料選択可!】プロフェッショナル修斗 最強の王者ノゲイラ 褐色の鷹 / 格闘技

アナウンサーがやたらと所持ち上げてるけど、自分からタックルにも行かないし、こんな消極的なファイティングスタイルで勝てるわけが無い。

「もう負けられない」って試合に何回負けてんだ。もう、進退考えた方がいい。


ミノワマン vs 柴田勝頼

リアルプロレスラーねえ・・・


ミノワマン★MiniHAOソフビ<K-1>

プロレス主体で格闘技ってやっても、打たれ強いことと取っ組み合いのグランドメインでこれまた華が無いよなあ・・・

アキレス腱固め合戦ねえ。リングスとかUの時代なら面白かったかもねえ・・・
蹴れよ!反対の足で。近年の総合格闘技ではその対応が普通。

そして最後に柴田はジャーマン・・・でも判定。

これU時代の試合だよね。総合じゃなくてプロレスの。


アンドリュース・ナカハラ VS 大山峻護


2005年(第3回)全世界ウェイト制空手道選手権大会一撃の嵐 地上最強の証明

速いし上手いね!アンドリュース・ナカハラ。
足を狙った大山峻護の作戦は悉く外れて、蹴りもパンチもいいように入ってた。
一方的。


ムリーロ・ニンジャ VS 福田力 ミドル級

福田力いいラッシュみせた。
でも、クリンチさっさと切らないと、スタミナうばわれちまう。総合だし相手掴むのは別に反則じゃないし。

でも、フックのラッシュいいわ!福田力!
これはいい試合。


青木真也 vs 桜井マッハ速人 ウェルター級


青木真也/青木真也 跳関十段2

うわああ。正にマッハ。27秒KO。
器用で多彩な青木だからこそ、技を見せられないうちに潰したな。

【楽天VIDEO会員は見放題】プロフェッショナル修斗 IV Reconquista #02

【楽天VIDEO会員は見放題】プロフェッショナル修斗 SHOOTO TO THE TOP 〜The Final Act〜 #02

【楽天VIDEO会員は見放題】プロフェッショナル修斗 修斗 the Renaxis 1999〜10th Years Annive...

でもウェルター級の外人の試合の方が観たかったなあ。普通に実力がある世界レベル選手とかの試合のほうが、引っ込み思案の消極的試合とか、プロレスとかなんかよりよっぽど観たい。

日本人かどうかなんて関係ねえんだよ!!マスゴミ!
強い人間のパワーやテクニックが見たいだけなんだから。
競技で国籍差別してんじゃねーぞ!狭量なナショナリストが!

しかもさあ、KID解説とかっていらねーっての!
あいつってなんのかんの言い訳して肝心なタイトルマッチだのは試合逃げたりしてて、いまだにDREAMでやってねーだろ。
噛ませ犬相手にしか試合してないメディアイメージだけの最強だろ。

所詮、亀田親子持ち上げてたTBSだよな。


(DVD)Dynamite!!〜勇気のチカラ 2008〜


DREAM.5 ライト級グランプリ2008 [DVD]
DREAM.5 ライト級グランプリ2008 [DVD]


DREAM.3 ライト級グランプリ2008 2nd ROUND [DVD]
DREAM.3 ライト級グランプリ2008 2nd ROUND [DVD]

posted by wolf_howling at 01:49 | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最強格闘技・戦極G! 川村亮vsキング・モー

戦極の乱2009 [DVD]
戦極の乱2009 [DVD]

戦極ーSENGOKU-第五陣 [DVD]
戦極ーSENGOKU-第五陣 [DVD]


戦極/戦極-SENGOKU-第二陣


戦極-SENGOKU-旗揚げ戦 第2試合 川村亮 vs アントニオ・ブラガ・ネト

イマイチな感じだなー。

川村亮は3ラウンドの始め以外ずっと逃げてる感じだし。

キング・モーがバックを取ってるんじゃなくて川村がうしろを見せてるんだよ。

でリフトしての頭からの叩きつけを3度も食らう羽目に。

でも、キング・モーも普段の圧倒的な強さって感じも無かった。

左ひざは最初っから悪かったみたいだし。

入場やリング上の派手なパフォーマンスはエンタメのプロとしてのやり方だよね。

控え室に戻った後はあんな感じじゃないし。


戦極-SENGOKU-〜戦極の乱2009〜 第4試合 キング・モー vs 内藤 征弥


ビッグ・ジム・ヨーク VS ジェームス・トンプソン

ジェームス・トンプソンは相変わらずのゴングアンドダッシュだったけど、
これ双方ともパンチもディフェンスも上手くないね。

ただヘビー級だけあって、単発に破壊力があるから、ブンブン打ってていいの入ればKOってな大味な試合。

でも、格闘技もテレビ局との関係で揉めたりで、細々としか映像観れない状態に徐々になりつつある。

PPVで課金ベースでない内容って言うとこんな感じなのかなあ。

まあその辺もミサイル誤報と同時にケロロ軍曹流してるテレ東って感じで。


PRIDE 男祭り2006-FUMETSU-

戦極-SENGOKU-第二陣 [DVD]
戦極-SENGOKU-第二陣 [DVD]

posted by wolf_howling at 01:06 | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

K1ワールドGP2009開幕戦

K-1 WORLD GP 2008 COMPLETE BOUTS ~激闘完全版~ [DVD]
K-1 WORLD GP 2008 COMPLETE BOUTS ~激闘完全版~ [DVD]

ジェロム・レ・バンナ “BC”Tシャツ BLACK<k-1>

ジェロム・レ・バンナ VS エヴェルトン・テイシェイラ

テイシェイラのミドルキックは、ガードしているバンナの左腕を再度破壊する可能性ありだよね。あの蹴りじゃ入ってるほうはアバラ行ってるかもね。

3ラウンド目にバンナがヒットマンスタイルにスイッチしてるけど、
これって背中側まで真赤にはれてる左わき腹を後ろに下げて庇うって事に加え、前に出ることによって蹴りの間合いをずらすってのは有効な作戦だった。上手い。

おかげでテイシェイラは後ろにステップしてパンチの間合いを蹴りの間合いにずらさないといけないし、
加えてテイシェイラの踏み込みや攻撃が甘く見えるのは、多分、バンナのパンチを実体験して体が嫌がってる感じの動きをしてる。
これ心理的なものだよなあ。だったらテイシェイラはインファイト戦を買って前に出れば良いんだよ。パンチやテクニックに自信が無くとも、実際ダメージでは勝ってるんだから。

でも、4ラウンドで判定勝で逃げるつもりだったんだろうけど、そうは行かなかったな。

リング上でごねたおかげで審判の心象悪くして判定負けか。

これホントはドローだろうけど「K-1の審判」だって事だよな。
にしてもテイシェイラは5ラウンド戦っても全く汗かかず。
まだ何か隠してるのかなー。それともエンジンの掛かり方が、最初だけなのか遅すぎなのか。


エロール・ジマーマン VS ピーター・アーツ


ピーター・アーツ WGPフェイスタオル“AX”<k-1>

アーツはドージョーチャクリキの叱ってもらえる師匠トレーナー トム・ハーリックの所に戻って、
入場テーマも古いのに戻したりってのは、自分が「20世紀最強の暴君」て呼ばれていた頃にカンバックしたいんだろうな。

ジマーマン打たれ強いけど、そろそろボディーが効いて来た感じで、動きが悪くなってきた。
ガードは上手いんだけど、鳩尾辺りは甘いんだよね。

ジマーマンが2ラウンド目に飛び膝みせて時間を置いた後、ゴング近くに今度は飛び前蹴りを見せたね。
でも、アーツは双方避けてる。膝で避けられるのなら、膝より先の分、距離をのばしたんだけど、それもアーツは避けたね。

中途でアーツのガードが下がり気味になって、左フックをもらうようになったけど、最期はワンツー入れたり、蹴りが出てくるようになったね。

判定での延長戦は38歳のアーツにはキツイだろうけど、アーツは対角線上の蹴りのコンビネーションとワンツーで上手さと根性を見せたね。

ジマーマンは苦し紛れの攻撃が増えてきてる事で、自分がメンタル的に追い詰められてるのが見えちゃったよね。

ジマーマンが生まれる前から戦ってきたキャリアを親父が見せた。
ジマーマン、負けても笑って見せてたけど、ちょっとベソって感じだったね。


澤屋敷純一 VS グラウベ・フェイトーザ


【閉店セール】【30%OFF】グラウベ・フェイトーザ “一撃”Tシャツ / イエロー

双方前には出てるけど、38歳のアーツですらあれだけ手数出してるのになんだこのもっさりした試合。

挙句、いいように澤屋敷がポコポコ倒されてるのに、アナウンサーだの谷川だの日本人持ち上げようと必死だけど、実際の強さが無ければ意味ねえよ。マスゴミ。

結局、澤屋敷がバンナに勝ったってのもラッキーパンチでしかなくて、
中堅選手を噛ませ犬的に使って話題性のために勝たせようとしても、
実力差がありすぎるからそんなプロモートも成り立ちっこない。
グラウベとかなめてんじゃねーぞ、谷川。


セーム・シュルト VS ヘスディ・カラケス


Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜 セーム・シュルト vs マイティ・モー

シュルトの前蹴りが鳩尾に入ってカラケスはダウン。
実は俺も前蹴りって速度や間合いの面で有効な技だと思ってるんだけど、キック寄りの練習してる人間達は、何で空手で真っ先に習う蹴りの一つを使わないんだろうねえとずっと思ってる。


メルヴィン・マヌーフ VS 前田慶次郎


【閉店セール】【30%OFF】メルヴィン・マヌーフ “MM”Tシャツ / ブラック

ラッキーパンチに加えて角田がレフェリー。
しかも、勝った側が何で土下座の低姿勢なの。マヌーフ側尻向けたままきづかねえし。


タイロン・スポーン VS グーカン・サキ

グーカン・サキ綺麗なカウンター、しかも早くて見えなかった。何でタイロン・スポーンが倒れたのか最初解らなかった。


前田慶次郎 VS グーカン・サキ
最後の手数は確かに前田が多かったけど、普通ドローだろ。
でもまあグーカン・サキもスピードはあるけどパンチの重さやフィニッシュホールドの決定力には欠けてるんだよね。


レミー・ボンヤスキー VS アリスター・オーフレイム


【閉店セール】【30%OFF】レミー・ボンヤスキー "The Flying Gentleman" Tシャツ / ブラック


Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜 バダ・ハリ vs アリスター・オーフレイム

オーフレイムに2008の決勝戦でバダハリに反則でレミーが倒された後は「オスカーものの演技だ」って言っただけじゃなくてオスカー像のレプリカまで渡してたけど、あれはその後のチャンピオンとしての王冠だの被ってる後だののリアクションみれば、だれだってそういうよな。ダメージある感じないもの。

オーフレイムの右ローからパンチってのは有効だった。

でも、3ラウンド目のボンヤスキー打ち下ろし右ストレートで判定勝ちって例によってのK-1だなー。

2ラウンド目にゴングに救われた形だけど、ボンヤスキーのあれはスリップじゃないだろ。出血までしてたし、ロープにもたれた形含めダウンだろ。

まー、結局、K-1だからルールと審判に守られた形だな。

ともあれオスカー像を返したボンヤスキーはジョークに対するセンスは大人だね。


ハイクラスな表彰やコンペにアカデミー賞のR.S.Owens社製【輸入ブロンズトロフィー】クラシック...


アカデミー賞のオーエンス社商品を日本独占販売!!【輸入ブロンズトロフィー】クラシックアチ...


【DVD】K-1 WORLD GP 2008 COMPLETE BOUTS 〜激闘完全版〜/格闘技

posted by wolf_howling at 21:28 | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

Dynamite2008

年末のテレビ局の手抜き番組なんて見てても仕方ないからGyaOをガッツリみてたんだけど、
19時前にやや早めにTVつけて見て一瞬愕然。

何で魔裟斗の試合やってんだよ!と思ったら、
WBA世界フライ級タイトルマッチ「坂田健史×デンカオセーン・シンワンチャー」で
坂田が2RKOで早々に番組終わっちまったかららしい。

この辺、放送ってのは時間の使い方ってのに穴が開く訳にはいかないから不自由極まりないよな。仕組みの関係上。

でも、ダイナマイト自体もスカスカで試合前のつなぎのくだらないVとかいらねーんだよ。

その間、かったるいから結局、WebみててTVがあくまで添え物なわけだが。


ミノワマン VS エロール・ジマーマン

つーかミノワマン自体要らないんだけど・・・超人とかイイカゲンイタイ。
そんなんでキャラ立て盛り上がらないっての。
プロレス的なショーのノリだと、所詮八百長だろみたいなノリになるんで、格闘技番組としての見せ方ホントいいかげん考えろというか慣れろ!

ジマーマンて色物だけど実力は実際あるからなあ。

と思ったら、タックルから足首固めか。

立ち技K-1選手にはベタベタの正攻法だけど、
ジマーマン、グラウンドに対して何の対策も無しか。ヤレヤレ。


坂口征夫 VS アンディ・オロゴン

素人のケンカっぽいものを見る意味では楽しめた。

坂口って空手を習ったって言ってるけど、結局、親父譲りの柔道ベースの格闘スタイルだな。
でもさあ、最初の頃のタックルから相手を倒して上に乗ってるのに何も決められなかったり、腕固めとか入りかけてたあの体勢から決められないツメアマさが色々物語るよな。
結局、打突に対してのディフェンスの甘さから、アッパー貰ってダウン。


K1甲子園! 俺、これ好き。若いのに彼らホントに上手い!

日下部竜也 VS 卜部功也

ウエイトが軽いだけあってスピードがあって面白い。

足の運び方もホント上手いんだけど、日下部は空手の癖で前に直線的に出すぎ。
プレッシャーかけるのはいいんだけど、卜部が的確に顔を狙って仕掛けてくるので逆に前に出る力がカウンター気味に入ってしまう。

でも、卜部って方も上手いんだけど、掴んだり、こっそり肘入れたりってルール上いいのかよ。後頭部撲ったりとかよお。

どんな手を使っても勝ちたいってそういうこと?(苦笑)

にしても日下部打たれ強いわー。これが空手だなあ。

でもTKOって事には鼻血でしたけど、実質まだこれドローだろ。


HIROYA VS 嶋田翔太

キック 対 空手か。

HIROYAはローキックにカウンター出せるほど上手いけど、
嶋田の前蹴り有効だなあ。
ムエタイとかキックボクシングだと回し蹴りの避け方や殺し方は習うけど、
その点、俺は実は空手の前蹴りって有効だと思ってるんだよね。
モーション小さくて済むからテレホンキックになりにくいし、
相手を蹴り退ければ距離が開くから交差法的にも使える。
みるみるHIROYAの腹が真っ赤に。

だけども、嶋田はガードが2ラウンド目は明らかに下りてきちゃってる。
両手ぶらり戦法?とか思ったら顔に貰ってたから、ただバテちゃっただけだな。
でも、HIROYAも打ち疲れてる感じが。
二人とも蹴り出せない状態にスタミナ切れてる。
そうなるとHIROYAはフックがある分は有利か。

けれど、魔裟斗が冷静に解説してたけど、最初はワンツーとかみせてたのにHIROYAもコンビネーションとかださなくなってるし。

嶋田も心が折れないで前出るよなー。これが空手だよ。

この判定も可哀想だよなー。確かに差がある感じはややするけど、決定打無いんだからまだ実質ドローだろ。
とはいえ、子供に限界まで戦わせるなんてのは絶対やっちゃダメだけどね。
(とかいっても、この子供達はそこいらの大人なら簡単に叩きのめせるだろうけどね。)


佐藤嘉洋 VS アルトゥール・キシェンコ

実質、これが軽量級K-1の最強決定戦だろ。
だって魔裟斗って、この両選手双方からダウン貰ってるのに身贔屓判定で勝ってるなんてことにしてるだけだし。

あー、佐藤、まっすぐ下がっちゃダメだって。それはラッシュを避ける事には繋がらなくて続けざまに貰っちまうから。

でもさー、キシェンコもそれなりに貰ってるんだよね。
色白だから、背中は真っ白なのに、体の前面、一通り真っ赤だもの。

ひんさだけど、キシェンコ勝ちは順当かな。


桜井“マッハ”速人 VS 柴田勝頼

柴田のゴング直後の速攻は見事だったけど、
後からマウント状態でマッハにボコボコだったなあ。
でも柴田打たれ強い。数分あの体勢でいるのに心が折れてない。
容赦ないマッハの頭部への膝とか凄かったけど、
組まれて後も踵でマッハのこめかみ切ったりとかな。
どうせ止めるならもう少し早くしてあげた方が良かったのと違うか。
あの体勢で3分て辛すぎだろ。


所 英男 VS 中村大介

腕十字の取り合い!
所も最初のは上手く逃れたけど、中村が素早く、上手く、しかも信念をみせたな。


バダ・ハリ VS アリスター・オーフレイム

流石だな谷川! K-1はケンカやエンタメじゃねえとか言いながら、出場停止どころか、客さえ呼べれば反則野郎バダ・ハリでも使うって訳だよな。クソ興行主。

K-1ルール使うなよ!オープンフィンガーグローブ使えよ!


オープンフィンガーグローブKB-2105

イエー!バダ・ハリざまあねえ!
1ラウンド2分で2ダウン!しかもノックアウト!
オーフレイムGJ! 年末にホントいい仕事した!!
清原もザマー、バダハリ負けてうっすら涙目。


武田幸三 VS 川尻達也

パンチ対キックと思いきや川尻のワンツーラッシュ、飛び膝、そしてフックで3ノックダウン。


ボブ・サップ VS キン肉万太郎

はいはい。プロレスプロレス。お芝居お芝居。

DJオズマどうでもいいから、HUSTLE MUSCLEちゃんとフルでかけろや!


河野陽吾/テレビ東京系全国ネット キン肉マンII世 オープニング・テーマ: HUSTLE MUSCLE(CD)

オイオイ、マスクマンって弱点の視界と呼吸用の穴開きすぎ(WWW

タックルから、サップの顔面攻撃とか結構容赦ない万太郎(WWW

国籍、身長、体重全て不明とか言ってるが
「ボブサップをテイクダウン取れる日本人てそうはいませんからねえ」とか
「日本人のへビュー級でここまでボブサップとできるのはなかなかいませんね」とか
谷川言っちゃってやんの。オイオイ、空気読めよ!!(WWW

そして、グラウンドで決め技を持たなかった相手に立ち上がったあとは、ボブサップがフルボッコ。

何がしたかったんだか。これ。


ミルコ・クロコップ VS チェ・ホンマン

イエローカードとか出てるけど、そりゃ双方やりづらい相手だよねえ。

片や相手の顔面にはなかなか攻撃入らないし、
片や攻撃だけじゃなくディフェンスも上手いしね。

結局、順当な正攻法でローで膝の内側を地味に攻めてたミルコの勝利か。


HIROYA VS 卜部功也

卜部落ち着いてる。
一方、HIROYAは嶋田との試合で打ちつかれてる感じがする。
2ラウンド目、相当ラッシュの打ち合いとか、クロス気味にいいの入ったりとかしてるけど、ややHIROYAが押されてる感じが。
鼻血出してるし。
3ラウンド目には差は無いけど、競技的にみれば手数貰ってる方は顔とか見れば明らかジャン。

また例によってマスゴミ毎日系放送局と身贔屓判定k-1か。


武蔵 VS ゲガール・ムサシ

どちらが本物のムサシか!
偽者早々にダウンカヨ、武蔵(WWW
インチキ身贔屓判定がなければこうだよなあ。
これにて、今後、偽武蔵とかにすればぁ(WWW
清原固まってやんの!(WWW
コイツのこういうリアクションみる度にスカッとするな。


青木真也 VS エディ・アルバレス

如何に打突を交わして寝技に持ち込むかだけど、蹴りを受け止めて素早く背後から倒してヒールホールド!見事!綺麗な勝ち方。一発も撲られなかったしね。


桜庭和志 VS 田村潔司

相変わらずバカな入場やってるなープロレスラー(誉め言葉)
でもオチが中途半端。

あれ?ファイナルとか言ってるけど、実際の試合と放送のって違うんじゃないの?
タレントのコメントとかイラネーヨ!

最初は桜庭いい体勢だったのに、ガードポジションとか言っても、顔面にいいようにパンチと鉄槌もらってるだけじゃん。

田村上手いよなー。地味に。

桜庭もよくこらえた。10分凌いだ。
でも、最後の腕十字はロープに足かけたりとかしてるし、レフェリーとっとと分けとけ!

桜庭仕掛けたの遅すぎたね。というより田村がそれだけ上手かったんだよな。


メルヴィン・マヌーフ VS マーク・ハント

あー、やっぱバンナ、出場ダメだったのね。
腕破壊されて負けてたのにリングにまたすぐ上がるとかやっぱり無理だって。

うおおお!マヌーフのカウンターワンツー!!!18秒KO!

体重差50Kgを跳ね除けたどころじゃない。
しかもマーク・ハントだってめちゃくちゃ打たれ強いんだぜー!
いいもの観れた。


セーム・シュルト VS マイティ・モー

マイティ・モー折角上をとってたのに、セーム・シュルトはグラウンドもできるから腕十字で交わし方を知らないマイティ・モーからギブアップをとった。

あれ?

ヨアキム・ハンセン VS J.Z.カルバンは???

posted by wolf_howling at 19:09 | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

第16代世界王者決定!!K1グランプリ決勝戦 前代未聞最悪の結末

バダ・ハリ VS ピーター・アーツ


【2008年4月下旬入荷予定】DIVE×HAO フィギュア バダ・ハリ【HAO】


ピーター・アーツ “AX”Tシャツ / ネイビー

うおお!いきなりアーツダウン!
バダ・ハリのラッシュにTKO

アーツ可哀想に。これじゃ何のためにセーム・シュルトに勝ったんだか・・・


エロール・ジマーマン VS テイシェイラ

トリッキーな我流キックボクシングと、極真空手か。

お互い打たれづよいなー。ローとかバンバン入ってるのに。

でもジマーマンのあれだけ変則なジャンプからのパンチに
テイシェイラ、カウンターあわせてるし。上手いなー。

でもテイシェイラ、アレ?って感じのダウンもらっちゃったね。
アッパーかー。

でも双方、ダメージ蓄積はしてるし、打ち疲れちゃってる感じもする。


グーカン・サキ VS ルスラン・カラエフ

うわああ。知ってはいるけど、やっぱ凄い速射砲だなカラエフ。

でもグーカン・サキもディフェンス上手いし、左ハイキックいいね。

あー、バックナックル!

グーカン・サキ凄く有効な奇襲を使ったね。

しかも、カラエフは手数とスピードはあったけど、パンチの重さが無いんでガードをこじ開けられなかったので実質ダメージは少なかった様子。

なるほどねえ。


ジェロム・レ・バンナ VS レミー・ボンヤスキー

双方、ディフェンスも上手いし、そこそこの打たれづよさもあるし、
決め手に欠く試合だったけど、

嘗てアーネスト・ホーストに破壊されたバンナの左手の古傷が腕を蹴られた段で再発のドクターストップ。

無冠の帝王は継続。


ポール・スロウィンスキー VS メルビン・マヌーフ

双方、フックの打ち合い凄いけど、
荒削りながらメルビン・マヌーフが左フックで相手を撃破。


バダ・ハリ VS エロール・ジマーマン

ダメージの蓄積からするとバダ・ハリが圧倒的に有利な筈だけど、
ジマーマン打たれ強いね。しかも、トリッキーなだけでなくて実は堅実なテクニックも持ってるね。

バダ・ハリボディーをブローと前蹴りで狙ってたけど、
えええ!結構、貰ってたジマーマンの方がバダ・ハリを右ストレートでダウンさせた!
でもでも!そのラウンドのうちに今度はバダ・ハリがジマーマンを右フックでダウンさせる!

16年前から見てるけど、これもなかなか稀な試合だな。
ダウンを同じラウンドに取り返すってどうよ!

しかも強烈且つ綺麗なカウンターでバダ・ハリがジマーマンを沈めた!
これで準決勝って!


グーカン・サキ VS レミー・ボンヤスキー

グーカン・サキは固いコンビネーション+トリッキーな技って感じだけど、ちょっとそれではレミーを切り崩せてる感じはしないな。

逆にやや棒立ちの体制を崩した所にレミーがレッグラリアート!
苦悶の表情のままグーカン・サキはテンカウント内には立ち上がれなかった。


バダ・ハリ VS レミー・ボンヤスキー

波から言えばバダ・ハリだけど、1度ダウン貰ってるダメージがあるからなー。やっぱり試合の間は休んでた。

一方、レミーは重いダメージは無い形でここまであがってきたし、
試合の間もアップを続けてる形。

この条件だけなら、レミー?

でも、それを跳ね除ける強さが今のバダ・ハリにありそうだ。

レミーの左フックがなんかイイカンジにチンに入っちゃったね。
でも、ダウンして沈んだおかげで逆にバダ・ハリはフライングハイキックを食らわなくてよかったかも。

あー、これはひどい!
足を掴んで倒したレミー相手にバダ・ハリがパンチと頭踏みつけ。

これ角田偉いな。他のレフリーじゃ体をいれてバダ・ハリ止めるなんて真似できないんじゃない?

バダ・ハリ当然の失格! K-1初のレッドカード。

(まぁ映像で見た所はレミーの頭部へのダメージが本当に重度かは疑わしい感じもあるけど。
あいつは頭の回転も速いし、勝負というのは色々な意味で好機は逃さないって事も必要だろうし)

これまで久々に相当良い試合の連続だったのに、ホントツマラナイ真似してくれた。

トーナメントに参加した全ての選手達のトレーニングや勝負の結果などの労苦に泥を塗った行為だ。

どんなに強かろうとも、客を呼べようとも、
ホント、魔裟斗が言うようにバダ・ハリ1年間出場停止位でも当然じゃね。

まぁ谷川は金にならなくなっちまうからそういうことはしない可能性が高いけどさ、
そんなことじゃタダでも身贔屓判定でファンをなくしてきたK-1て競技の信頼性が落ちるぜ!しっかりしてくれよ!

折角、身贔屓判定対象になる日本代表とかいなくて、
大晦日に他の格闘技番組と被せたりとか余計な事してなくて楽しめてたのに。

そんなに倒れた相手を踏むとかって事とかをしたいのなら、オクタゴンでもバーリトゥードでも行けよ!
立ち技世界一を決めるK-1にはバダ・ハリはふさわしくない。

posted by wolf_howling at 21:16 | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

また例によって身贔屓判定 K―1 WORLD MAX

格闘王「魔裟斗×佐藤格闘技史に残る死闘の舞台裏密着」

を深夜新番組アニメチェックに続いてみたけど、何これ。

K―1 WORLD MAX 準決勝で初の日本人対決って組み合わせからしたって、じゃあ今までは何だったのっていう異常な選定条件だったわけだが、

ダウンした方が減点2程度って、ええっ!
しかも、カットのつなぎ方が妙でなければ、魔裟斗のダウンカウントのとり方自体変じゃなかったか?

結局、魔裟斗だの武蔵だの意図的なヒーローを判定で生成する体質が総合格闘などと比べてあまりに見劣りして落ち目になってK-1はTBSが扱う羽目になったんだろが。

所詮、亀田親子テレビ局にお似合いのエンタメってことか?(苦笑)

まぁフジのSRSもこないだ最終回で、あっちは
K-1プロデューサー正道会館館長、石井和義が脱税で逮捕(今年8月に刑務所を出所)
司会の田代まさしは盗撮、覗き、挙句、覚醒剤所持使用で再三逮捕(こっちは今年6月に刑務所を出所)という犯罪者達がメイン状態で番組が構成されてたわけで、

その上、フジはPRIDEを明確な理由発表もなく放送打ち切ったり、格闘技自体の内幕はマスコミとの関係でドロドロだし、そろそろマスゴミどもの都合ではブーム消沈って様子だな。

自分は自らの肉体を鍛えて、戦う術を身につける事自体は悪い事ではありえないし、そういう競技を見る事も大好きだから、ブームだのはどうでもいいのだが、
メディアの内幕事情や不公正、心無い連中の犯罪がらみで、努力している人々が踏みにじられたりという方が許せない。

そろそろマスゴミと距離をおいて、Web配信やPPVベースでの視聴側に行かざるを得ないのかもね。

posted by wolf_howling at 02:59 | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

DREAM5ライト級GP2008決勝戦

http://www.tbs.co.jp/dream-mma/dream5/index-j.html#cut

マーク・ハント VS アリスター・オーフレイム

マーク・ハントが何で技も無いのにグラウンドに持ち込んだのかが不明


宇野薫 VS 青木真也

1ラウンド目から宇野薫が散々体勢をとられてずっとあぶなかったけど、
バックマウント切り替えしたり、腕十字がかかりかけると持ち上げたり、返し技はキャリアのなせる技だな。

でも、青木が一方的に責めてたから判定は妥当。


エディ・アルバレス VS 川尻達也

解説の「チンに頭を押し付けると相手の防御体制が崩れて守りにくくなる」ってのは良い事聞いた。

エディ・アルバレスが右目側切ってるのに死角側に回る位の事、セコンド指示含めやればいいのに。

双方ハードパンチャーって振れ込みだけど、じゃあキックでとかグラウンドでって感じでの切り返しもない。
フロントチョークのチャンスがあっても自分側から離しちゃうし。

ラッシュ合戦みたいなシーンが5回位。

しかも最後のフック合戦だけどスロー再生みてても両方とも相手みえてない闇雲パンチだな。


ヌル山成勲 VS 柴田勝頼

ヌル山が微妙な回し蹴りとかみせてんなぁと思ったが、グラウンドに持ち込んだら落とした。袖車か。レスラーは胴着を身に着けた相手の締め技の防御策学習してなかったというわけだな。


中村大介 VS アンディ・オロゴン

中村大介がトリッキーな動きと腕十字でなんなく。


所英男 VS 山崎剛

山崎へのローブローからリズムが・・・
しかも2回・・・これはひどい

膝蹴りをタックル切るみたいに交わすのが観れたり、
所が逆関節を体を横回転で翻してかわずってのがみれたけど

諸々噛合わなかった点でもったいなかったナァ。


ヨアキム・ハンセン VS ブラックマンバ

タックルに対してブラックマンバが膝蹴りでしとめるってのが黄金パターンなんだけど、
タックルしながら膝を受け止める形で狙うってカウンター方法があるのか!

まぁ前もって来る事が解ってれば対策はしやすいとはいえ、
それをやってのける技や反射神経や訓練がないとできないわな。

そして腕十字ですんなり、というか決まってないに等しい段階でタップしてる点、対策技を自分が持たないってのもあるんだろうけど、
ダメージを蓄積しないように我慢しない、ギブアップ早めってのも戦いなれてるというか利口なやり方だよな。


エディ・アルバレス目の中壊してるじゃん・・・


青木真也 VS ヨアキム・ハンセン

ヨアキム・ハンセンが先に綺麗な勝ち方してる分、ダメージやスタミナ面で明らかに有利だよね。

グラウンドで青木も有利にしてた所もあったんだけど、
寝技に引き込もうとしてもヨアキム・ハンセンのリーチの長さが想定外だったか。

でも、フルコンタクトのハードな戦いなので怪我とか仕方ないけど、
リサーバー優勝ってのも普通は微妙だけど、ブラックマンバ倒した後なら、まぁ調整としては十分だな。

posted by wolf_howling at 21:39 | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の記事