2017年05月18日

2017年05月17日の遠吼え




















posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

2017年05月16日の遠吼え














posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

2017年05月15日の遠吼え


















posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

美女と野獣の「野獣」イメージの移り変わり2

美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック デラックス・エディション(日本語版)
美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック デラックス・エディション(日本語版)

>美女と野獣の「野獣」イメージの移り変わり
http://read.seesaa.net/article/449892060.html

続き。

http://mjoseph.comminfo.rutgers.edu/Images_Beauty_Beast.html
上記のだとウォルター・クレイン版の挿絵が1870年。

La Belle Et La Bete
La Belle Et La Bete

御覧の通り、野獣の頭部はイノシシである。
なんかベルが野獣を絞め殺してる構図みたいにみえなくもねえけどw

インターネットアーカイブに本の全部が収録公開されてた。
https://archive.org/details/beautybeast00cra

80年代後半は猪、獅子とか悪魔から遠ざかって動物モチーフだらけになる。

1910年を過ぎるとラヴェルのピアノ連弾マ・メール・ロワ第4曲 美女と野獣の対話がバレエになるなどで、

Bolero / Ma Mere L'Oye / La Valse
Bolero / Ma Mere L'Oye / La Valse

ブームがリバイバルしたせいか作品点数が増えるが、割と好き勝手な野獣のデザインが増える。

それでも割と猪が人気で驚くw

俺、ヘンリーフォードの猪みたいな象みたいなデザインの好き。

merchant-caught-by-the-beast.jpg

イタリア版のZelinda and the Monsterを含むともう「バケモノ」前提なのでデザインは超好き勝手。

>Zelinda and the Monster – The Italian Beauty and the Beast.
http://www.pookpress.co.uk/zelinda-and-the-monster-story/

そんな感じでアン・アンダーソン画とかモンスター風デザインの表紙絵も多いんだけど、

9781473326323_BeautyAndTheBeast_Origins_19.png

何のモチーフもないデザインだとデータ的に収拾つかなくなることは見えてるので、
もう他人が纏めてくれて解ってる時系列は無視して、逆にフランスの原典La Belle et la Bête側に遡ってみる事とする。

とかいっても検索してみるとこういうページが既に

>The History of Beauty and the Beast
http://www.pookpress.co.uk/project/beauty-and-the-beast-history/

これを見ると1885年のは猪。

BeautyandtheBeast_PeterThompson_3.jpg

1875年のは黒いサーベルタイガーみたいなの。

BeautyandtheBeast_VBoyle_4.jpg

なんかこのサイトで紹介されてるブログを纏めたみたいな書籍の表紙の象さんが超気になるW

Madame de Villeneuve's Original Beauty and the Beast - Illustrated by Edward Corbould and Brothers Dalziel
Madame de Villeneuve's Original Beauty and the Beast - Illustrated by Edward Corbould and Brothers Dalziel

http://www.pookpress.co.uk/shop/villeneuves-original-beauty-beast/

アーサーラッカムだのの版権切れの絵とか、文章を纏めて売ってるみたいね。
http://www.pookpress.co.uk/project/beauty-beast-illustration-gallery/

でも、ギャラリーに表紙の象のは載ってないという・・・

しかも、画像検索したが邪魔臭いPinterestのばっかかかって結局、原典が解らず。
こういう点、ソース側でないフェイクニュースだの、ただのまとめサイトをSEOだので上位に持ってくるGoogleは検索としてもうオワコンって事が非常に良く解る。

仕方ないので放置。

色んな時代のを纏めた記事がコレ

>The Beast
http://nydamprintsblackandwhite.blogspot.jp/2012/11/the-beast.html

古い方は猪より狼な様子と見とったのはあってる模様。

そしてコレ。

Beauty and the beast
https://www.kb.nl/themas/kinderboeken-en-strips/sprookjes-in-de-kb/beauty-and-the-beast

読み通り、先ずは悪魔や狼が野獣のイメージで

xke425_p_34.jpg

ki7762_p_51.jpg

次に猪ブーム。

Beauty And The Beast (Two Versions) (Golden Deer Classics) (English Edition)
Beauty And The Beast (Two Versions) (Golden Deer Classics) (English Edition)



その次に何故か、熊ブームが到来する!w

Beauty and the Beast: The Ultimate Collection
Beauty and the Beast: The Ultimate Collection

bj02262_p_6.jpg

ki2255_plaat_rosalinde_beer.jpg

La Belle et la bête, livret et cassette audio
La Belle et la bête, livret et cassette audio

で、その後に映画の影響だかでライオンブームが来るんだけど、

The Singing, Springing Lark (First Edition): The Brothers Grimm 'Beauty & The Beast' Fairytale (English Edition)
The Singing, Springing Lark (First Edition): The Brothers Grimm 'Beauty & The Beast' Fairytale (English Edition)

La belle et la bête
La belle et la bête

俺が調べてて一番面白くおもったのは1969年のEric Winter画版。

Vintage Ladybird Book BEAUTY AND THE BEAST Well Loved Tales Series 606d Matte Hardback 1970 https://www.arranalexander.co.uk/vintage-ladybird-book-beauty-and-the-beast-well-loved-tales-series-606d-matte-hardback-1969-5990-p.asp

美女と野獣

美女と野獣

美女と野獣

アメリカンパルプなイラストテイストも懐かしくて良いですけど、

野獣は「イケメンゴリラ」ですよ!
でも、逆にゴリラって怒らせなければ怖くは無いから言いえて妙。

イケメンゴリラ 君の瞳に乾杯!
イケメンゴリラ 君の瞳に乾杯!

そして2017年ペーパーバックの表紙をみたら、また猪になってる。
それで気づいたのは多分に野獣のキャラはイメージが定着しちゃうと、本来、ツカミに必須な外見の怖さが薄れてしまうのではなかろうか?

ぱっと見に「え!?」って思ってもらうデザインにする事の試行錯誤であの手この手を300年間、それぞれの時代の挿絵描きやデザイナー達がしてきた結果、飽きたら変える&浮きすぎないってのを意識した結果が、猪、熊、獅子などの一過性ながらも纏まってたり偏ったブームがある理由なのかもしれない。

Beauty and the Beast
Beauty and the Beast

posted by wolf_howling at 05:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美女と野獣の「野獣」イメージの移り変わり

美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック - デラックス・エディション-<英語版[2CD]>
美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック - デラックス・エディション-<英語版[2CD]>

日本科学未来館の「ディズニー・アート展 いのちを 吹き込む魔法」でデザインスケッチやコンセプトアートが多く展示されているのだが、

ディズニー黄金期の幻のアート作品集: THEY DREW AS THEY PLEASED Vol.1 1930年代に活躍した4人のアーティストの人生と、その素晴らしき作品たち (THEY DRAW AS THEY PLEASED)
ディズニー黄金期の幻のアート作品集: THEY DREW AS THEY PLEASED Vol.1 1930年代に活躍した4人のアーティストの人生と、その素晴らしき作品たち (THEY DRAW AS THEY PLEASED)

そういえば美女と野獣ので、デザイン中の野獣の顔はマンドリルだったなと思い出した。

シュライヒ ワイルドライフ マンドリル (オス) フィギュア 14715
シュライヒ ワイルドライフ マンドリル (オス) フィギュア 14715

以前、洋書の画像検索をしていて、ふとした事から美女と野獣の「野獣」イメージの移り変わりに興味を持ったことがある。

絵を纏めてる方も海外にはいたんだけど、
http://mjoseph.comminfo.rutgers.edu/Images_Beauty_Beast.html

これはBeauty and The Beastの歴史で1800年代の作品であって、より原作は古いんだよね。

1740年にガブリエル=スザンヌ・ド・ヴィルヌーヴ夫人が書いた「La Belle et la Bête」が最初。

なのでフランス語の方をあたる。

https://lesmondesdeblanche.wordpress.com/2015/08/03/une-romance-intemporelle-la-belle-et-la-bete-17401757/

このエントリの一番古い挿絵の写真はフランク・ラウが書いたものだそうで、書籍の年数を拡大して見ると「1756年」とある。

https://lesmondesdeblanche.files.wordpress.com/2015/08/img_4079.jpg

「1756年」なのでこれは所謂、ボーモン夫人として知られるジャンヌ=マリー・ルプランス・ド・ボーモン版だと判る。

La Belle et la bête (Classics To Go) (German Edition)
La Belle et la bête (Classics To Go) (German Edition)

ビーストって言葉が悪魔を意味するものでもあるので、この画像だと、狼の容貌で足が鳥みたいな感じ。

この本の表紙と同じ画像がエントリにも載ってるので多分にこの本から撮影したんだろうけど。
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/815yOF2FQ9L.jpg

La Belle et la Bête



収録されている画像を見るに、これなんてまんま狼だね。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51xgAoXpBPL.jpg

La Belle et la Bête

てことで、大元に遡るとイメージは「悪魔」、後に「狼」。

じゃあ何で今はライオンみてえなのが多いんだ?って事だけど、
ディズニーが白雪姫やシンデレラ、アリスの服装含めてイメージ固定をしてしまっている影響はあるけど、

白雪姫 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
白雪姫 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

シンデレラ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
シンデレラ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

ふしぎの国のアリス MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ふしぎの国のアリス MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

多分にこの1946年のジャン・コクトーのモノクロ映画のデザインパクリなんじゃねえのかなと。

美女と野獣 [DVD]
美女と野獣 [DVD]

舞台含め着ぐるみなり特殊メイクをせざるを得ないのでそれに無理のないデザイン含めてこれにジャン・コクトーの場合はおちついたんだろうなってわけだけど。

絵なら関係ねえよなあー!でぃずにー!(苦笑)

ホントはこういうパターンがあるって版権切れの画像やペーパーバックの表紙をAmazonのエンベッドで纏めるだけのつもりだったんだけど、なんか長くなったからとりあえずここまでで区切る。

美女と野獣 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
美女と野獣 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

posted by wolf_howling at 02:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日の遠吼え










posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

2017年05月13日の遠吼え








posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

[中編]ドラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった件

ドラゴンボールヒーローズ/HUM4-22 ヤムチャ
ドラゴンボールヒーローズ/HUM4-22 ヤムチャ




GW直後に読んでたけど、なんかレビュー書くか迷った。出来が微妙すぎて。

そもそも連載なのか?って位に流石に期間あけすぎで、1発ネタだったのかな?とか思って、忘れた頃にやってもマーケ効果的にはなー。

しかも、中編って事は次でもうオシマイって事だよね。

ネタギレなドラゴンボール本編や要らないアニメも何か話題作って引っ張らなきゃってことなんだろうけど、月刊マンガでも期間空きすぎてかったるいのに。

何より1話目はそれなりに工夫してる感じもあったけど、

>ドラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった件
http://read.seesaa.net/article/444821037.html

今回は内容自体に面白さを全く感じられなかった。

異世界転生ものに加えて、ループネタって糞みたいなアリガチお決まりを無理やりいれてるつもりだろうけど、全く引き込まれない。

異世界転生ってのは現実世界側で落ちこぼれ人間の知識程度でも他所に行ったらチート無双で、リアル世界で褒められることもない読者の夢想欲求を満たすってさもしいコンテンツなんじゃないの?

俺、バローズどころか、アラビアンナイトでもそういうネタって、強さの比較でも、自らの研鑽でもない薄っぺらいハリボテ御都合主義だなー。知識の有無なんてすぐ埋まっちゃうしって幼児の頃から思ってたので、

火星のプリンセス―合本版・火星シリーズ〈第1集〉 (創元SF文庫)
火星のプリンセス―合本版・火星シリーズ〈第1集〉 (創元SF文庫)

アラビアン・ナイト (1) (東洋文庫 (71))
アラビアン・ナイト (1) (東洋文庫 (71))

何年も前から掃いて捨てるほどあって次々と消えていく書籍作品はおろか、
「なろう」自体も眺める気ゼロなんでサイト訪問もしたことない。
アニメでも1話くらい眺めて終わり。追っかける気がしない。

例によって話が逸れたけど、つまるところ今回は、異世界から来た事で先に何が起きるか知ってる設定があまりうまく生かされてると思えない。

ネットでよくあるツッコミで、
神龍はサイヤ人を殺す力はないけど、ベジータだのが乗ってる宇宙船を壊す力はあるからそれで終了
みたいなのこそ、知識と頓智を生かしてる対応だよね?

それだと物語が頓挫しちゃうのでスルーって逆な御都合主義が不自然さを際立たせてて「なんだつまらん」って。

この後にメタ知識で先手うつとしたら・・・

・フリーザや超ベジータ1より遥かに強い18号を先に仲間に入れる。(クリリンの活躍頼みだが…)
・ドクター・ゲロにセルは作らせないか、起動前に破壊。最悪でも完全体になる前に対処。
・バビディを先に倒してブウを復活させない。

って、トラブルってのは先手先手で芽を摘んでおくのが重要なんだけど、
本編の御都合クリフハンガー展開をなくしちゃうと、これもつまんねえなW

HGヤムチャ【2016年02月発売】【限定発売品】
HGヤムチャ【2016年02月発売】【限定発売品】

posted by wolf_howling at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日の遠吼え








posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

2017年05月11日の遠吼え


















posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の記事